福岡工業大学 電気工学科。 電気工学科

電気工学科|工学部|学部・大学院|福岡工業大学

福岡工業大学 電気工学科

新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う 電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。 エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。 まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。 さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。 私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。 知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。 目指せる仕事• 家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。 それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。 あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。 それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。 大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。 電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。 コンパクトな燃料電池車両の開発 高原研究室では、活性アルミ微粒子と水との化学反応を利用した水素発生装置を組み込み、発生した水素を燃料として走行する小型燃料電池車両の研究、開発をしています。 水素ボンベがいらないので、コンパクトな作りが期待できます。 CO2を発生させない環境にやさしい乗り物の実用化に夢が膨らみます。 ナノテクから10メガワット制御まで、「不可能」を「可能」にする電気技術 わずか1平方cmの面積に20万分の1mmのトランジスタを100億個も埋め込んだ集積回路。 1万ボルト、数千アンペアの電力を楽々と制御できるサイリスタ。 師岡先生の専門「半導体」の分野では、多くの技術者によって、先生の学生時代には想像もできなかったことの「不可能」が「可能」になり、今なお発展を続けています。

次の

電気電子工学科

福岡工業大学 電気工学科

学習する内容 機械工学科では、機械分野の学習を中心に据え、生産・管理運営していくことに必要な実践的な知識や 態度を養うとともに、機械を制御するための電気・電子、コンピュータ技術の分野についても基礎・基本と なる知識や技術の習得を目指します。 授業内容は機械設計や機械工作といった生産技術系を中心に学習し、自ら学び、考え、創意工夫しながら ものづくりに取り組む実践的な態度を育てることを目標にしています。 所得できる資格• 機械設計技術者3級• 2級ボイラー技士• 第2種電気工事士• 危険物取扱者乙種• 溶接関係資格• 工業英検• 基礎製図検定• 機械製図検定• ワープロ検定•

次の

福岡工業大学

福岡工業大学 電気工学科

学科のポイント 現代社会において必要不可欠なもの。 そのような電気工学系の研究は情報・通信・計測から新素材の開発、環境に配慮した新エネルギーの創出まで広範囲にわたります。 本学科ではそれらへの発展を意識した学びを基礎から段階的に取り組み、次代の社会が求めるエレクトリカル・エンジニアへと育成します。 電気エネルギー、ロボット、モーター、情報通信、環境、電気材料などに関心がある。 電気関係の知識や資格を生かした職業に就きたい。 電気について知りたい。 アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針) 養成する人材像・教育課程の特色 人類社会は自然との調和を保ちつつ発展してゆかねばなりません。 電気工学科は、電気工学を通じてこれに貢献できる人材、すなわち、電気系の広範囲にわたる知識に加えて高い応用力と実務能力を身につけ、これらの力をふるう者としての社会的責任を自覚した電気技術者を養成することを目標としています。 この目標を達成するため、教育課程は、まず、人文社会科学といった一般教養を高めるとともに、数学、物理、化学などの工学系の基礎を学ぶことから始め、それから徐々にエネルギー・電気材料・情報通信・自動制御など電気工学に係る専門知識の習得へと発展していきます。 最後に、卒業研究を通してこれらの知識と技術を磨き上げます。 時代の変化に合わせて教育内容を見直していますので、常に最新の知識を学ぶことができます。 求める人材像(求める能力)• 知識・理解 電気工学を学ぶに十分な基礎学力を高等学校において身に付けた人• 技能 言葉を正確に理解し、分かりやすく伝えることができる人• 態度・志向性 日々能力を高めていくための情熱と積極性を持つ人• その他の能力・資質 英語に関する資格を取得した人や競技会等で顕著な成績をおさめた人 入学者選抜のねらい 電気工学科は、電気工学に興味があり、積極的に専門知識を身に付けて人類社会の発展に貢献したいという意欲を持つ人材を国内外から広く受け入れます。 そのために、学ぶための基礎学力、グローバル化に対応できる語学力と言葉を理解し伝える力、経験から得られた能力や学びに対する情熱などを、多面的・総合的に評価する多様な入学試験を実施します。 総合型選抜(・)• 学校推薦型選抜()• 一般選抜(・・・・共通テスト利用型(・))• その他の入試制度(・・) 募集人員や、他の学部・学科で実施する入試制度は、をご覧ください。 パンフレット 学部ガイド・入試ガイド・大学案内など、パンフレットはからダウンロードできます。 ミニ講義ビデオ 福岡大学教員によるミニ講座や夢ナビWebでの模擬内容の閲覧のほか、講義ビデオや教員からのメッセージビデオを視聴いただけます。 (工学部 電気工学科 教授 西田 貴司)• このような方におすすめ• 日々の生活で興味関心のあるものが学問分野とどう関わるのかを知りたい• まずは学部・学科のイメージを知りたい コラムを読んで、詳しく知りたい学問分野や学部・学科ができた方はや、などをご覧ください。 話題になったキーワードと学問分野の関わりを紹介したコラムとしてご覧ください。 Face IDとは、本体に内蔵された赤外線センサーが、ユーザーの顔の輪郭や微妙な凹凸を「3万の点」で瞬時に認識・特定し、端末のロックを解除するというもの。 このような顔認証システムは、コンピューターが取り込んだ画像情報のノイズやゆがみを取り除いたり、対象物の輪郭を強調したり、明るさや色合いを調整したりして、対象物を抽出しやすくする高度な画像処理を行うことで実現可能となります。 こうした画像処理技術を研究するのが「電気・電子・通信工学」の分野です。 画像処理技術は、スマートフォン以外にも、車の自動運転支援システムや人工知能(AI)ロボットの開発、出入国手続きやコンサート会場で導入される顔認証ゲート、監視・防犯カメラへの応用など、幅広い分野で活用されはじめています。 【参照元】 ・Apple社HPより ・『顔認証ゲートの導入について』法務省HPより ・AERA dot. これまでの新幹線と違って特殊なモーター(リニアモーター)を利用することで車体を線路から浮かせ超高速で走らせることができます。 クリーンな電気エネルギーを有効活用しているため、1人を1キロメートル運ぶ際の二酸化炭素排出量が航空機の半分以下まで削減でき、省エネと環境保全の面からも理想的な乗り物といわれています。 また、自動車においてもバッテリーとモーターを利用した「電気自動車」の開発が進み自動運転技術などが実用化されることで私たちの生活環境も大きく変わっていくことでしょう。 このように電気エネルギーを活用した乗り物や設備、機器の需要は今後一層増えていきます。 このクリーンで便利な電気エネルギーの発生方法やその伝送、変換、製品への応用技術などを総合的に研究するのが「電気・電子・通信工学」の分野です。

次の