日立 製作所 水戸 事業 所。 茨城県ひたちなか市コロナ感染日立製作所水戸事業所の30代男性の病院名はどこ?

茨城県ひたちなか市コロナ感染日立製作所水戸事業所の30代男性の病院名はどこ?

日立 製作所 水戸 事業 所

ひたちなか市コロナ感染者についての詳細情報を整理しました。 今回感染したのは、ひたちなか市に住んでいる30代男性会社員です。 この男性はイタリアに出張しており、帰国後発症しています。 3月18日に、2例目の男性がコロナ感染したと判明しました。 この男性も海外渡航者であることが判明していますが、こちらは欧州旅行とだけ公開されていて、職業も不詳です。 男性がどのような人物なのかということを調べたりしている方も大変多く、年齢や国籍、居住地はどこに住んでいるのかということや、職業も気になっている情報ではあります。 また、この男性の症状について、どうなっているのか、そして、男性はいつイタリアへ出張して、いつ日本へ帰国したのかということや、職場へ出勤していたのかしていなかったのか、マスクをしていたのかという濃厚接触者に関する情報も探しているかと思います。 この男性に家族がいるのか?ということやいるのなら妻はいるのかということや、子供は何人いて、何歳くらいなのかということなども気になるかと思います。 もう冬マスクは暑い! 夏マスクを手に入れよう! え?アベノマスクで夏を乗り切る?やめとけw ひたちなか市コロナ感染者の情報について 茨城県ひたちなか市が発表した情報によりますと、3月16日にひたちなか保健所に、男性が相談したようです。 そして、県衛生研究所でコロナの検査を行いました。 そして翌日の17日13時頃に新型コロナウイルス感染症に感染したということが判明しました。 コロナ感染者の年齢や性別、住んでいる場所は? コロナ感染者の年齢は30代とまで公開されています。 性別は男性で国籍は日本国籍の方です。 居住地ですが、茨城県ひたちなか市とまで公開されています。 これ以上は個人情報的なものになるので公開されていなさそうです。 30代男性の家族構成は妻と子供? 家族構成ですが、30代の妻と子供が2人いるとのことです。 1人が1歳?くらいで自宅養育で、もうひとりが幼稚園に通園しているようです。 記者が性別を確認しようとしましたがそれは回答されませんでした。 職業は?会社員で職場は日立製作所水戸事業所? 土地が広いのでその方角だけしか撮れませんでした。 職業は会社員です。 職場は日立製作所水戸事業所だと判明しています。 職場までの距離は徒歩10分から15分程度のところです。 水戸事業所を中心におおよそ10分から15分程度の徒歩の距離です。 付近には日立関係の建物のほか、水戸刑務所がすぐ向かいにありました。 職場については、5階建ての5階にあるフロアです。 150名ほどのフロアのようです。 男性は帰国後もここで仕事をしていたようです。 本人は欧州から帰国後であることを考えて感染症対策を講じていたとのことで、マスクを着用。 昼食は自席1人。 また他の社員と近距離接触は無しとのことです。 こちらの情報に関してもそれ以上の情報は公開されていないようです。 イタリアに出張や帰国後、職場に出勤 行動歴一覧 日程 行動歴 症状等 2月24日~2月27日 イタリア・トスカーナ州に出張 症状無し 2月28日~3月1日 自宅 症状無し 3月2日~3月4日 出勤 マスク着用有り 症状無し 3月5日 出勤 マスク着用有り 微熱 37. 咳、頭痛、倦怠感有り 3月16日 患者の家族がひたちなか保健所の帰国者・接触者相談センターに相談して帰国者接触者外来を受診。 マスク着用有り 体温36. 感染症指定医療機関へ入院 体温36. 出勤中は,欧州からの帰国後であることを踏まえ,感染症対策を講じていた。 (マスク着用。 一人で自席で昼食。 他の社員と近距離接触なし) 参考:新型コロナウイルス感染症患者の発生について この男性は、「欧州からの帰国後であることを踏まえて」感染症対策を講じてたわけなのです。 男性は2月24日から27日にイタリアへ行きました。 このことについて、知事の会見時にある記者がこのご時世にどうして行かれたのですか?といった質問をされていましたが、知事は会社が決めることだろうからといった感じで答えませんでした。 これは2月26日の記事です。 イタリアで新型コロナウイルス感染拡大、欧州の警戒強まる 新型コロナウイルスの脅威が世界に広がっている。 発生源となった中国から遠いイタリアでも、感染者が急増。 2月24日までに200人以上の感染と、6人の死亡が確認され、世界各地での株価急落の要因の1つとなった。 (日経ビジネス) この頃ちょうどイタリアでは感染者の急増が報じられていました。 社会では、仕事を優先することが正しい選択だという傾向があり、当然、このようなときでも仕事をするのが当然なので、イタリアへ行ったのだろうと思います。 ところが帰国して、3月5日のときに微熱となりながらもマスクを着用していました。 そして6日から8日にかけて自宅にて療養です。 体調が悪いので休んだのだろうと思います。 が、 ここでなにかおかしいことに気づきませんか? 自宅療養中でも病院へ行ってないことが判明 出勤中は,欧州からの帰国後であることを踏まえ,感染症対策を講じていた。 にも関わらず、この男性、病院へ行ってないのです。 は?って思いませんか? イタリアでもコロナが猛威を振るっていることを自覚して、マスクをしたり、食事中も気を使うなどして、感染症対策を講じるわけですから、言い換えるならば、自分が感染している可能性があるかもしれないっていうことですよね。 それなのになぜ、病院へ行ってないのでしょうか? 3月5日に微熱(37。 この人はその後、熱がさがったのか出勤しています。 たしかに37. 帰国者接触者相談センターへは体温が37. また、条件としては他にも 発熱と呼吸器症状があり、14日以内に流行地域に渡航歴がある方、または航歴がある方と濃厚接触した方 というのがあります。 WHOの公表内容から流行が確認されている地域 流行地域については3月18日確認した所、下記の国になります。 中華人民共和国 : 湖北省、浙江省• 大韓民国 : 大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡• イラン・イスラム共和国 : コム州、テヘラン州、ギーラーン州、アルボルズ州、イスファハン州、ゴレスタン州、ガズヴィーン州、セムナーン州、マーザンダラン州、マルキャズィ州、ロレスタン州• サンマリノ共和国 男性はイタリア・トスカーナ州に行っていたので、たしかに流行地域ではないのかもしれませんが、 今回は帰国者接触者相談センターがまともな対応をしたおかげで(おそらくイタリアから帰国したことで)、外来を受診できたのかもしれません。 それは濃厚接触者を増やすだけでしょうし、感染して免疫が弱い人がどんどん倒れていくということになるかと思います。 でも実際に症状が出ない人がいるのも事実なので、濃厚接触者だけを特定してクラスターを防いだと思い込むのはあまりに浅はかさな考えなのだろうと思いますよね。 日立製作所水戸事業所の対応 3月17日の定時で、コロナ感染者が勤務していた建物を全館閉鎖することにしました。 そして全職員(全社員、派遣)に3月25日までの14日間の自宅待機を要請しています。 自宅待機となる人数はあらためて確認した所、1000人ほどのようです。 また、出入りのあった取り引き業者に対しても可能な限り把握をして連絡をとるようにするようです。 このページの内容は整理されていますが、以下の知事が会見した内容を拾い上げたものは少し雑ですが、他にも情報があるかもしれませんので下記よりご確認ください。 エビデンスについてはYou Tubeなどで茨城県知事の会見を探してご確認ください。 参考: 参考:知事会見.

次の

廃線探索 日立製作所水戸事業所専用鉄道(歩鉄の達人)

日立 製作所 水戸 事業 所

茨城県は17日、日立製作所水戸事業所(ひたちなか市)に勤める30代の会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 2月24~27日にイタリアに出張していたという。 県内での感染確認は初めて。 男性が勤務していた建物は3月18日から閉鎖し、社員ら約1千人は、男性が最後に出社した11日の翌日から14日間となる25日まで、自宅待機するという。 感染確認を受け、大井川和彦知事は同日記者会見し、「濃厚接触者は限られている。 県民の皆さんには冷静な対応をお願いしたい」と呼びかけた。 県によると、男性はひたちなか市在住で、同僚2人とイタリア・トスカーナ州に出張。 羽田空港を使って先月28日に帰国し、3月1日まで自宅にいた。 発熱などの症状はなく、2~5日はマスクを着けて徒歩で出社。 5日に微熱が出たため6日は欠勤した。 平熱に戻ったことを確認して9~11日に出勤したが、12日に37度台の発熱があり、再度会社を休んだ。 せきや頭痛の症状もあったことから、16日に家族が保健所に相談して帰国者・接触者外来を受診。 17日にPCR検査をした結果、陽性と判明した。 男性は現在、県内の感染症指定….

次の

日立製作所

日立 製作所 水戸 事業 所

茨城県は17日、日立製作所水戸事業所(ひたちなか市)に勤める30代の会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 2月24~27日にイタリアに出張していたという。 県内での感染確認は初めて。 男性が勤務していた建物は3月18日から閉鎖し、社員ら約1千人は、男性が最後に出社した11日の翌日から14日間となる25日まで、自宅待機するという。 感染確認を受け、大井川和彦知事は同日記者会見し、「濃厚接触者は限られている。 県民の皆さんには冷静な対応をお願いしたい」と呼びかけた。 県によると、男性はひたちなか市在住で、同僚2人とイタリア・トスカーナ州に出張。 羽田空港を使って先月28日に帰国し、3月1日まで自宅にいた。 発熱などの症状はなく、2~5日はマスクを着けて徒歩で出社。 5日に微熱が出たため6日は欠勤した。 平熱に戻ったことを確認して9~11日に出勤したが、12日に37度台の発熱があり、再度会社を休んだ。 せきや頭痛の症状もあったことから、16日に家族が保健所に相談して帰国者・接触者外来を受診。 17日にPCR検査をした結果、陽性と判明した。 男性は現在、県内の感染症指定….

次の