サビ とり。 元自転車屋がサビ取り法伝授!サビに備えるメンテナンスの方法

頑固なサビを簡単に?最強サビ取り方法とアイテム9選!こんな裏ワザも!

サビ とり

「サビ」って何? そもそも「 さびる」とは、金属が化学反応を起こして、他の物質に変化してしまうこと。 金属が「さびる」と、見た目が悪くなったり、ボロボロになったりします。 代表的なサビには 3つの種類があるんです。 赤サビ もっともよく見るのが、赤茶色のサビです。 一般的には 赤サビと呼ばれています。 鉄が水や空気中に放置することで、鉄が酸化して赤サビが発生するんです。 赤サビを放置しておくと、酸化がドンドン進み、金属の内部部分までボロボロになる危険があるので注意が必要です。 黒サビ 黒サビは 自然には発生しません。 「サビ」と聞くと、悪いイメージを持ちがちですが、黒サビは赤サビから鉄を保護してくれる「良い」サビなんです。 南部鉄器など、 あえて黒サビで表面をコーティングしている製品も多く存在しています。 青サビ 青サビは、真鍮(しんちゅう)や銅の表面に派生する青緑色のサビです。 緑青(ろくしょう)とも呼ばれています。 表面だけでなく内部までサビが侵食する前に、早めにサビを取り除いておくことが大切なんです! それでは、実際にサビを落として行きましょう! 今回は最も一般的な 赤サビの落とし方についてご紹介していきます。 「緑青」の落とし方を知りたい方はこちらをチェック!赤サビよりも簡単に落ちるので、ぜひお掃除してみてくださいね。 真鍮・ナイロン・ステンレスの3種類の材質のブラシのセットです。 鉄など金属のサビ落としには、真鍮とステンレスのブラシを使ってくださいね。 もう1つのナイロンのものは、サッシなど傷つきやすい面のサビ落としに使うのがおすすめです。 ステンレスの方がサビを落としやすいですが、周りに傷がついてしまうリスクも高いです。 何についたサビを落とすのかに応じて、使い分けましょう。 重曹ペーストで安心・安全にサビ取り 重曹をサビ取り剤のように使うことができます。 重曹の粒子がサビを削り落としてくれるのです。 少量の水で ペースト状に溶かすのがポイントですよ! ステンレスもサビる? 家庭では、主にシンクなどに使われている、 ステンレス。 「 サビない」という意味のステンレスなのですが、全くサビないのかというと、答えは NO。 ステンレスは、鉄に他の金属を混ぜて、表面に膜が出来るように作られています。 その膜があるおかげで、ステンレスはサビが出来にくいんです。 ただ、サビにくくなる加工をしているだけで主成分は鉄のため、使い方によってはサビてしまうんです。 ステンレスがサビる原因 サビにくいステンレスがサビる原因は、主に 2つあります。 表面のこすりすぎ ステンレスは表面にサビに強い膜が出来ていますが、 たわしや クレンザーなどを使ってゴシゴシこすりすぎると、膜が剝がれてしまいます。 膜自体は、時間が立てば復活します。 しかし、膜が復活する前にサビが出来てしまうと表面がサビに覆われてしまい、サビが広がっていくんです。 もらいサビ ヘアピン空き缶をステンレスのシンクに放置していたら、シンクに跡が残っていることがありませんか? それが もらいサビなんです。 ステンレスがサビているのではなく、ステンレスの上に長時間放置されている金属がサビてしまい、サビがステンレスの表面に付着している状態です。 水や油、塩分はサビには大敵。 これらを日常的に使用するシンクには、サビができやすいので注意してください! ステンレスのサビの落とし方 ステンレスの表面の膜は剝がれやすいので、ブラシでゴシゴシしたりするのはNGなんです。 軽いサビには、鉄に付いた赤サビを落とすときにも使った 重曹で落とす方法が効果的です。 もしこの方法を行ってもサビが落ちない場合はステンレス専用のサビ落としを使ってみて下さいね!ステンレス用を使うことで必要以上にステンレスを傷つける心配がありません。 粉末還元型漂白剤が効果的です。 40~70度くらいのお湯で溶き、ペースト状にした漂白剤をサビの上に塗り、10分~20分程おいてください。 (お湯の温度については商品の取扱説明書をご覧ください)その後、水に浸して固く絞った古ストッキングで擦ると、 綺麗にサビを落とせます。 柔らかいストッキングを使うので傷が付かずに安心ですよ。 お風呂のサビのほとんどが「 もらいサビ」です。 重曹や茂木和哉など、サビを落とすことができる洗剤を使うのが良いのですね。 また、ハイドロハイターなど 粉末還元系漂白剤を使ってもサビ落としができるようです。 この他にも、 歯磨き粉が使えるという意見もありました! お風呂のサビに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! サビ落とし後にやるべきたった1つのこと サビ取りが終わったから、一安心…ではありません!むしろ、サビ取り後だからこそやってほしいことがあります。 それが、 サビ止めです。 サビを予防しておかないと、一旦綺麗になってもすぐにサビが出てしまいます。 特に、サビを削り取った後は、金属表面に細かい傷がある状態なので、実はとてもサビやすいです。 さて、さっそくサビ止めの方法を紹介します。 柔らかい布で磨く サビ止め剤を吹き付けたところを、柔らかい布で磨きます。 これでサビ止めの処理は完了です。 サビ落としをする前でも、傷が気になったときにはぜひやっておきましょう。 サビを予防できます。 また、サビ止め剤の効果は、 1ヶ月程度。 定期的に塗り直しましょう。 まとめ 今回は、サビ取りの方法を紹介しました! サビは削り落すのが基本です。 頑固なサビにはサビ取り剤が効果的ですよ。 わざわざサビ取り剤を買うのはもったないな、と言う方はお掃除にも使える重曹でサビを落としてみてください。 水垢洗剤「茂木和哉」もおすすめですよ。 サビ取りの後は、サビ止め剤でサビを予防するのも忘れないようにしましょう。 放っておくと、サビはどんどん広がってしまいます。 ぜひ早めに対処するようにしてくださいね!.

次の

サビのひどすぎるバイクのスポークをきれいにするには

サビ とり

赤茶色のサビは鉄のサビ サビには種類があり、色で見分けることができます。 そもそもサビとは、金属の表面の不安定な金属原子が、環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)をおこし生成される腐食物(酸化物や水酸化物や炭酸塩など)による汚れのことを言います。 この茶色くなってしまう現象は、サビ跡やもらい錆といった呼ばれ方をします。 多くはうっかり置いてしまった方のサビが、移った汚れ。 サビを「もらった」(付着してしまった)側の原因で汚れたわけではないのが、「もらい錆」といわれるゆえんです。 存外、知られていない「もらい錆」の落とし方を、今回はご説明しようと思います。 サビ汚れの落とし方1:表面だけのもらい錆は歯磨き粉で! 「もらい錆」汚れ落としのキモは、 「発見したらなるべく早く対処すること」です。 付いたばかりのもらい錆であれば、錆成分は意外に表層に留まっています。 それが洗面所なら 歯磨き粉をちょっと付け、指先でこするだけでも落とせるくらいです。 磨き粉が歯磨き粉であれば、洗面台や洗面ボウルの素材も問いませんので、安心です。 しかししばらく、「なんか汚れてるな……」と気づきながらも放置してしまったような場合は、サビが染み込んでさすがに歯磨き粉では落とせなくなっています。 サビ汚れの落とし方2:歯磨き粉で落とせないもらい錆の対処法 お風呂場の樹脂製の浴槽や、キッチンの人造大理石製のカウンター、ステンレスシンクなどに付いてしまった、少し厄介な「もらい錆」を落とす際には、本体が幾分傷ついてしまうリスクを負って掃除をすることになります。 以下の方法を試す際には、かえって汚くなってしまうかも知れないことを了承の上でお試しください。 1.クリームクレンザーでこする キッチンなら食器用の、お風呂場なら浴室(浴槽)用の、市販の「クリームクレンザー」を少量取り、もらい錆に乗せて古歯ブラシなどでこすります。 その後、水でよく濯ぎます。 2.「還元型漂白剤」で湿布する 「二酸化チオ尿素」や「ハイドロサルファイト」を主成分とする、還元型漂白剤と呼ばれる漂白剤があります。 市販品では「ハイドロハイター(花王)」などがあり、基本的に白色の粉末状です。 この還元型漂白剤は、鉄分による汚れを落とすことに適したもので、汚れから酸素を奪う(還元)反応をつかって汚れの色素を除くものです。 もらい錆汚れの上に、やや熱めの湯(70度程度)で練った還元型漂白剤を置き、10分程度湿布したあとで古歯ブラシなどでこすります。 その後、水でよく濯ぎます。 3.「酢(クエン酸)」と「クレンザー(粉末)」を使う もらい錆部分に、少量の酢(食用でも甘味の強くないもの。 すし酢などはダメ)を塗り、20分程度置いた後で粉末状のクレンザー(クリームクレンザーよりも研磨剤の割合が高い。 クリームクレンザーの研磨剤割合が50%程度なのに対して、粉末状は90%ほどにもなる)を少量振りかけ、古歯ブラシや食器洗い用スポンジの硬い部分でこすります。 その後、水でよく濯ぎます。

次の

工具のサビ・汚れ取りには熱した酢が効果的!工具の簡単メンテナンス方法を解説

サビ とり

サッシ アルミサッシにサビが見つかり、金属用研磨剤で磨いてもサビが全く落ちない場合は、ホームセンターで金属表面を削るためのスクレイパーと、240番位の耐水ペーパーを用意します。 まず、表面に盛り上がった部分をスクレイパーで削り落とすのですが、この時押して削らず引いて削るのがコツです。 スクレイパーで表面のサビを落としたら、水をつけながら耐水ペーパーで内側にあるサビを落とします。 この耐水ペーパーの選び方にコツがあり、耐水ペーパーと言うのは番号の小さい物であるほど目が荒く、研磨面に傷をつけるので、180番以下は使わないようにします。 ちなみに、アルミサッシは「ヘアライン仕上げ」と呼ばれる仕上げをしてあり、よく見ると一定方向に研磨されたような感じになっています。 研磨をする時、この仕上げのラインに沿って磨くと傷がついても目立ちにくいので、磨く前によく見てみてください。 フレーム アルミフレームが白くサビてしまった場合は、コンパウンドと言う研磨剤を使用するのが一般的です。 この時にも使い方にコツがあり、ひどい白サビの場合は荒めのコンパウンドを布に取り、力を込めてゴシゴシと磨くのが1番簡単な方法なのですが、これだとすごく時間がかかるので、もしドリルを持っていたらそれにフェルト製の軸付き研石をはめ、細か目のペースト状コンパウンドで磨くと効率がすごく良くなります。 いずれにせよ、ある程度サビが取れたら今度は液体コンパウンドの細か目で磨き、次に仕上げ用の液体コンパウンドを使用すると鏡のようにピカピカにする事ができるので、休日の時間がある時にやってみましょう。 しかし、アルミフレームはほったらかしにしていれば、遅かれ早かれ曇りや汚れが目立ってきます。 こうなったら再びコンパウンドで磨く事で、一定のコンディションを常に保つ事ができ、最終的に1番リーズナブルになります。 バイクエンジン バイクのエンジンはむき出しになっているので、使っていれば必然的にサビてくる部分になります。 このバイクエンジンのサビは、まず石鹸の含まれていないスチールウールを使用して磨きます。 この時、サビた部分が垢のように粉状にポロポロ落ちてきたらサビが落ちている証拠です。 サビを落とした後、研磨剤をスチールウールにつけて艶が出るまでよく磨きます。 しかし、「時間をかけ磨いても汚い」「どうしても落ちないサビがある」と言う場合は、ウェットブラストやサンドブラストを使用します。 研磨剤は色々なメーカーから出ていますが、特にこれと言った大差はないため、鉄則である荒めのコンパウンドから徐々に細かいコンパウンドに切り替えて行くという工程を守れば大丈夫です。 ちなみに、普段の手入れはネバダルと言う棉に研磨剤が染み込んだものを使用し、仕上げにウエスで磨くようにすると便利です。 ハンガー アルミ製のハンガーについたサビは、240番程度の耐水ペーパーかコンパウンドで丁寧にサビを落とします。 その後、サビ予防にニスを塗ってコーティングをします。 もしニスがなければ、スプレー式のラッカーでも構いません。 しかし、サビを落とすという事は、大なり小なり製品自体を削る行動になるので、細いアルミ製ハンガーの場合、サビを取るとハンガーの強度を下げてしまう可能性があるので注意しましょう。 アルミのサビ止め・サビ防止方法について ところで、あらかじめサビを予防する方法と言うのはないのでしょうか。 この方法は、何にサビ予防をするのかでやり方が分かれます。 まず、バイクの場合はこまめに洗車を心がけるのがサビ予報の基本になります。 その後、ブルーマジックなどの金属用サビ防止剤を塗り、1カ月か2カ月に1度はウエスにケミカル剤を含ませ、金属部分を拭くようにします。 アルミサッシの場合は、こまめに水洗いをするのがサビ止めの近道になります。 毎年の大掃除はもちろんの事、溝に汚れがたまっている場合は、使用済みの歯ブラシなどで溝の両端に向けて汚れを吐き出しましょう。 そしてその後しっかりと水洗いをします。 特に気をつけるのは、冬場の結露や湿気がひどい時の水滴です。 この結露や水滴をほったらかしにしていると、そのままアルミサッシの下にたまり、サビの原因になります。 これを解決するには新聞紙で拭くのが1番です。 アルミのサビ取りにおすすめのアイテムをご紹介! ところで、アルミのサビ落としと言うのは耐水ペーパーで磨いたり、研磨剤で磨いたり、スクレイパーでこそぎ落としたりと、かなりの労力と時間のかかる作業ばかりになります。 そこで、サビを取るのに便利な商品があるのをご存知でしょうか。 ここからは、サビ取りに便利な商品を紹介します。 サンポール サンポールと言うのは、1960年代からあるトイレ用洗剤になります。 時代によって変化はしていますが、緑色のボトルで、このボトルを逆さましにし押すと黄色い液体の洗剤が出てきます。 しかし、最近このサンポールがサビ落としに良いと言う噂があります。 その真偽に関してですが、「まず危険であるからやめた方が良い」と言うのが結論です。 サンポールと言うのは強力な酸素系洗剤でして、便器のちょっとした黄ばみや尿石、こびり付きなら即効果を発揮するでしょう。 しかし、元々塩酸が9%含まれていますので、アルミを溶かしてボロボロにしてしまいます。 何より、「まぜるな危険」マークが付いている商品ですので、多用途での使用は非常に危険になります。 磨く労力は大変ですが、サビ落としは正当法で行いましょう。 ピカール液 液状金属みがき デザインと缶ボトルがなんともレトロで歴史を感じさせますが、なんと昭和24年、1949年から販売されている日本のサビ取り剤です。 真鍮・銅・アルミニウムはもちろんの事、なんとヘッドライト、各種管楽器にまで使用できると言うオールマイティーな金属磨き剤で、今なおサビ取り剤の代表になります。 乳液状の磨き剤を布に取り、磨いて行くだけと言う行程になるので、誰でも気楽にかつ簡単に、そして少ない分量で使用できるためコストパフォーマンスもなかなかです。 特に、インパクトドライバーをお持ちの方は、フェルト製の研石パーツと組み合わせて使用する事で最強の力を発揮するため、バイクなどの広範囲を手で処理するには大変そうな場合、このフェルト製研石パーツと組み合わせて使用してみてください。 バイクの整備に使用しています。 サビが出た場所を軽く擦り脱脂した後タッチペンで補修するような使い方です。 雑にやっているので参考にしないで下さい。 バイクは塗装していないように見えてクリアが吹いてあったりと、 素人には良く解らない所が多いですね。 SHiZAK ポリッシャー バフ ポリッシャー用スポンジ そして、こちらがその先に紹介した電動ドライバーを持っている人にはぜひおすすめしたい、電動ドライバー用のフェルト製研石になります。 このアタッチメントを使用する事で、研磨にかかる時間と労力が何倍も少なくなります。 電動ドライバー自体が頻繁にDIYをする人にとっては必須アイテムになるのですが、台所掃除の時などにも使えるので、もし電動ドライバーをお持ちでしたらぜひこれをピカールとともに購入してみてください。 ホームセンターで買うと2倍くらいします ピカール液つけて車のヘッドライトを磨いたら、黄ばみが取れてかなりきれいになりました。 キッチンの流しの研磨等、色々なものに使用出来そうです。 【カーピカル 業務用アルミ錆取りクリーナー 500ml】 アルミ専用のサビ取り剤になります。 スプレータイプで使いやすく、今まで困っていたアルミホイールの汚れを確実に落として行きます。 ちょっとこすっただけでは落ちないサビには、洗剤を塗ったまましばらく置いておくと洗剤がサビの内部に浸透し、すぐに落ちるようになります。 使い方によって評価が変わるのか、口コミでは満足とそうではないと言う意見が真っ二つに分かれますが、試して見る価値のある商品です。 それは、アルミの塊である1円玉を見ればすぐにわかる事なのですが、サビた1円玉と言うのを見た事がある人はそうそういないでしょう。 もちろん、アルミ製の片手鍋などでも焦げ付いたのを見た事がある人ならたくさんいるでしょうが、アルミ製の片手鍋がサビた事を見たことのある人はほとんどいません。 しかし、それでも確実にアルミと言う素材にサビができている時はあります。 ただし、アルミの場合「サビる」と言うのは俗な表現になり、正確には「腐食する」と言います。 そのアルミの腐食ですが、実はアルミの腐食は「白サビ」と呼ばれる白いサビか「黒サビ」と呼ばれる黒いサビになります。 なので、アルミの場合サビは「サビ=赤茶色」とおもっているとサビだと言うことに気が付かず、使用を続けてもサビには効果がないので注意が必要です。 黒サビ ところで、アルミの黒サビは一体何が原因なのでしょうか。 よく車のホイールの裏などにこの黒サビは発生していますが、実はこれはサビではなく、アルミホイールの汚れなです。 その汚れの原因というのは、鉄粉だったり道路から巻き上げられた泥汚れだったりするのですが、とにかく長年溜まりに溜まった汚れの結果です。 これを落とすためには、アルミのサビ取りクリーナーを使うのが1番早い方法なのですが、少し力入れて磨くだけでもかなりサビが落ち、綺麗な状態になって行きます。 しかし、長年の汚れが溜まりに溜まった状態がこの黒カビを作っていますので、そうそう簡単に落ちると言う事はありませんので、根気と体力が必要になります。 アルミが錆びる原因は? アルミはサビに強い金属の1つになりますが、それは表面に酸化アルミニウムと呼ばれる被膜で覆われているからになります。 そして、この酸化アルミニウムのさらに上に水和酸化物と言う薄い膜があり、この薄い膜が白いので、アルミのサビは白サビです。 しかし、この白サビは酸化アルミニウムがある限りアルミ本体をサビさせる事はないため、アルミ自体はとてもサビに強い金属となれているのですが、この酸化アルミニウムは酸性とアルカリ性に弱く、酸性かアルカリ性の環境だと酸化アルミニウムが破壊され、アルミそのものの表面に小さい穴が空く局部腐食が進む事になります。 このアルミの局部腐食が進みやすい環境というのは、身近な所だと潮風のある海になります。 海は空気中に塩化物イオンが漂っているので、アルミの保護膜である酸化アルミニウムを破壊してしまいます。 なので、海岸沿いの家ではアルミのピンチハンガーは使えません。 サビ予防は普段のメンテナンスが肝心.

次の