トリプル ネガティブ 乳がん。 小林麻央乳がんトリプルネガティブの生存率と抗がん剤の副作用

トリプルネガティブ乳がんはどんな乳がんなのか?

トリプル ネガティブ 乳がん

トリプルネガティブは乳がんの種類 国立がん研究センターによると、2012年に女性のがん罹患者数が最も多かったのが乳がんです。 近年は30歳代からの乳がん罹患者数は増加し、40歳代に突入すると罹患率が格段に上がります。 乳がんは若年層のがんとも言え、60歳代を超すと罹患者数は減少します。 若い時期から気を付けないといけない乳がんは、大きくわけて5つのタイプに分類できます。 乳がんを分類することをサブタイプ分類と呼ばれます。 通常、がんは進行度合いによってステージ付けされます。 ステージ1が症状が進行していない状態で、ステージ4が最も症状が進行している状態ですね。 乳がんの場合は、進行度合いのステージ付けではなく、がん細胞の種類によってサブタイプ分類もされないといけません。 サブタイプ分類を行う目的は、最適な薬物療法を選択するためです。 以下がサブタイプ分類とそれに合った化学療法です。 サブタイプ分類 適切な薬物療法 ルミナルA型 ホルモン療法(化学療法) ルミナルB型(HER2陰性) ホルモン療法、化学療法 ルミナルB型(HER2陽性) ホルモン療法、分子標的療法、化学療法 HER2陽性 分子標的療法、化学療法 トリプルネガティブ 化学療法 薬物療法の目的は以下の通りです。 ・手術や他の治療効果のサポート ・手術前に腫瘍(しゅよう)を小さくする ・延命や生活の質を高める 薬物療法の効果を十二分に発揮するために、乳がんのタイプに合ったものを選ばないといけません。 薬物療法では、がんの再発を防ぐことが大きな目的です。 例えば、ルミナルA型乳がんは再発のリスクが比較的低いです。 そのため、ルミナルA型乳がんは効果が強い反面、副作用も強い化学療法が行われないことがほとんどです。 では、トリプルネガティブ乳がんはどのような特性を持つのでしょうか? トリプルネガティブと聞くと、かなりマイナスなイメージを持ってしまいますが、それほどネガティブなものではありません。 よく読まれている人気記事 スポンサードリンク トリプルネガティブ乳がんは、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、そしてHER2の3つのがん増殖に関する細胞を持っていないという特徴があります。 3つの細胞を持っていない(=陰性))ということなので、トリプルネガティブと呼ばれるのですね。 乳がん全体の約10~15%がトリプルネガティブと診断され、増殖能力が高いものが多いです。 つまり、治療後にも再発の可能性が高くあるということ。 また治療手段も限られ、再発後の生存期間も他のタイプの乳がんと比べると短いという特徴があります。 トリプルネガティブ乳がんは再発・転移の可能性が高く、命に影響を与える程度などが高いと言われています。 3年以内の再発の可能性は他よりも高いですが、3年後の再発の可能性は低くなります。 トリプルネガティブの治療方法 トリプルネガティブ乳がんの主な治療方法は、化学療法です。 がん細胞には無限に増殖し続けるという厄介な性質があります。 トリプルネガティブ乳がんに対して行われる主な化学療法は、抗がん剤治療。 抗がん剤治療を受けることによって、がん細胞の増殖を抑えることができます。 抗がん剤治療は、手術前と手術後に行われます。 ここからは、それぞれの抗がん剤治療と副作用について解説しましょう。 手術前の抗がん剤治療 手術前に行われる抗がん剤治療の目的は、腫瘍を小さくすることです。 手術前に必ずしも抗がん剤治療が行われるとは限りません。 例えば、腫瘍が手術で切除しにくい位置にあったり、乳房切除術(ちぶさせつじょじゅつ)ができないほどしこりが大きいときなどに行われます。 治療期間は約3か月~半年です。 手術前抗がん剤治療のおかげで、外科手術を受けられる人が以前よりも増えています。 もし抗がん剤治療の効き目が薄いようならば、追加で放射線治療やホルモン療法が行われるかもしれません。 手術後の抗がん剤治療 手術後に行われる抗がん剤治療の目的は、がん転移・再発の可能性を低くすること。 リンパ節や他の臓器に転移していない早期の乳がんの場合は、外科手術で完治できる可能性が高いです。 しかし、腫瘍を切除しただけで完治というわけではありません。 もしかすると、あまりにも小さすぎで発見できなかった転移があるかもしれません。 小さな転移細胞も放っておくと、どんどん成長してしまいます。 それを防ぐためにも、仕上げの意味で抗がん剤治療が行われます。 研究で、手術後に化学療法を受けることで死亡率が低下することが明らかになっています。 また複数の抗がん剤を組み合わせた方が効果的だと実証されています。 しかし、トリプルネガティブ乳がんの問題点は抗がん剤治療が効果を示さなかったとき。 これが他の乳がんタイプと大きく異なる点です。 トリプルネガティブ乳がんでは、薬物療法以外に大きな効果を示す治療法が見つかりません。 治療技術が発展した今、トリプルネガティブ乳がんに有効性を示す治療薬がいくつか開発されています。 しかし、ほとんどが保険適用外の新薬などで費用が全額自己負担となります。 トリプルネガティブ乳がんは抗がん剤薬に高い効果を示すので、それほど悲観的にとらえる必要はありません。 抗がん剤治療の副作用 広く知れ渡っているとおり、薬物療法には副作用がつきものです。 使用される薬の種類によって副作用は異なりますが、主に薬の影響を受けるのは新陳代謝の動きが活発な細胞です。 髪の毛、骨髄、口や消化管の粘膜などが該当します。 以下が主な抗がん剤治療の副作用です。 吐き気 アンスラサイクリン系やシクロホスファミマドといった抗がん剤を使用したときに起きやすいのが、吐き気です。 薬の投与から24時間以内に突然起こる吐き気、24時間から1週間の間に起こる吐き気、さらには予期性の吐き気までがあります。 アンスラサイクリン系はトリプルネガティブ乳がんにも使用される薬です。 脱毛 アンスラサイクリン系やタキサン系の薬を投与することで、よく起きる副作用が脱毛です。 脱毛スピードは個人差もありますが、一般的に治療後2~3週目に急激に髪の毛が抜け始めます。 脱毛は頭髪だけだと思われますが、眉毛やまつげまでもが抜けることがあります。 薬によって脱毛副作用が変わりますので、強い薬を投与する前にはウィッグなどを用意しておくといいでしょう。 卵巣機能障害 卵巣機能障害とは、月経が一時的にもしくは完全に止まることです。 また、それに伴い更年期障害の1つホットフラッシュが発症することもあります。 大量の汗が止まらなくなったり、急に顔が熱くなったりします。 白血球、血小板、赤血球の減少 白血病などが減少するスピードは個人差にもよりますが、一般的には抗がん剤投与7日から10日で減少し初め、10日から14日目で最も減少し、3週間目くらいから数が増加し始めます。 もし白血球が減少しているときに発熱が起きた場合は、菌を倒す抗菌薬(こうきんやく)を投与したり、白血球の一部である好中菌(こうちゅうきん)を投与したりします。 また貧血などが起きた場合には、輸血して対処することがあります。 その他 抗がん剤治療を行うと、甘みやうまみなどの味覚が低下したりする味覚障害や爪の色素変化や割れ、全身のだるさ、手足のしびれ、肝臓の機能障害といった副作用が起きます。 トリプルネガティブの生存率 トリプルネガティブの最大の特徴は、ほかの乳がんとは違い3年以内の再発率が高いことです。 そのため、生存率が大幅に変わるというわけではありません。 ステージによって生存率は大きく異なりますが、乳がん全体の生存率は比較的高いです。 以下が国立がん研究センターによるステージ別の乳がん5年生存率です。 ステージ 5年生存率 ステージ1 96. 8% ステージ2 92. 4% ステージ3 77. 0% ステージ4 31. 6% 5年生存率とは、がん治療開始してから5年後に生存している人の割合のことです。 症状が最も進行したステージ4の場合は、5年生存率が30%台になってしまいますが、ステージ2までだと90%以上の生存率になります。 乳がんは早期発見することで、生存率を大きく上げることができます。 5年生存率を理解するうえで注意したいのは、生存している人の中にはがんが再発や転移している人もいるということです。 つまり、5年生存率=完治率ではありません。 ここは勘違いしやすいポイントなので、注意しておきましょう。 トリプルネガティブの再発予防法 3年以内の再発率が高いトリプルネガティブ乳がんの再発予防方法は、現在のところ抗がん剤治療しかありません。 抗がん剤治療にはつらい副作用がつきものなので、理想は転移する方とそうでない方をはっきりと分けることです。 しかし、現代の技術でそれは不可能なので、再発・転移の可能性ある患者には抗がん剤治療が勧められます。 また、せっかく受けた抗がん剤治療も効果を示さないという可能性があります。 技術が発展しているとはいえ、がん治療には限界があります。 抗がん剤治療を受けるかどうかは、あなた次第です。 担当医と話し合うことが大切ですが、再発予防の意味を込めて抗がん剤治療が勧められたら受けるといいかもしれません。 再発の可能性と比較すると、副作用や治療の効果がないというリスクは大きくないでしょう。 まとめ 女性特有のがんである乳がんにも、いくつか種類がありました。 その中でも、3年以内の再発率が高くて、治療の選択肢も外科手術と抗がん剤治療しかないのがトリプルネガティブ乳がんです。 一見すると、マイナスのイメージが強いですが、抗がん剤医療に高い有効性を示す、3年後の再発率は他の乳がんよりも低いというポジティブな面もありました。 再発の可能性があれば抗がん剤治療が勧められるので、担当医とよく相談するようにしましょう。 日本人の2人に1人はガンになると言われています。 高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。 いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。 また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。 がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。 ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。 また、ガン保険は思い立ったが吉日。 今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。 実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。 保険は人生で2番目に高い買い物。 月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。 失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。 よく読まれている人気記事.

次の

進行性乳がんの原因は?トリプルネガティブとは?生存率は?

トリプル ネガティブ 乳がん

トリプルネガティブ乳がんの免疫染色パターン ER - PgR - HER2 - 高Ki67 初めに トリプルネガティブ乳がんはエストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR)、HER2蛋白の過剰発現をいずれも認めないがんのことです。 これらはがんの増殖がホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)やHER2蛋白に依存していないことを示しています。 そしてトリプルネガティブ乳がんはホルモン剤、HER2蛋白受容体をターゲットにした薬剤には効果がありません。 トリプルネガティブ乳がんは乳がん全体の15%程度を占めています(日本)。 トリプルネガティブ乳がんとは? 細胞の受容体は細胞内や、細胞表面にある特殊な蛋白であり、これらの受容体蛋白は細胞のいわば目や耳に相当するものです。 正常の乳腺細胞の内部や表面にあるホルモン受容体はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンから情報を受け取ります。 ホルモンから見ると、これらは細胞にある受容体と結合し、細胞が増殖などの機能を果たす指令を提供することになります。 70%程度の乳がんがホルモン受容体が陽性であり、ホルモンが増殖に関与しています。 一方で、15%くらいの乳がんにおいてHER2蛋白が過剰発現しています。 正常の乳腺細胞においては、HER2は細胞の増殖を刺激する働きがあります。 乳がん細胞においてHER2蛋白が過剰にある時は、細胞は非常に早く増殖し、分裂することになります。 ホルモンの働きやHER2を標的にした治療(標的療法)では、エストロゲン、プロゲステロン、HER2蛋白の効果を減弱させ、乳がん細胞の増殖を遅らせ、停止させます。 トリプルネガティブ乳がんの特徴 トリプルネガティブ乳がんのは他の乳がんに比較してよりアグレッシブで、予後不良であり、これらはトリプルネガティブ乳がんを標的とする治療薬が少ないことが関与しています。 トリプルネガティブ乳がんは転移を起こす確率、再発する確率が他の乳がんより高いことが知られています。 トリプルネガティブ乳がんはがんのグレードが高く、多くはグレード3です。 また多くがベーサル様細胞(これは乳管の基底膜細胞様という意味)と言われており、ベーサルタイプ乳がんは進行が早く、より悪性度が高い乳がんです。 ベーサルタイプの乳がんの多くが、トリプルネガティブ乳がんで、またトリプルネガティブ乳がんの多くがベーサルタイプという関係になっています。 どういう人がトリプルネガティブ乳がんに罹る傾向があるか? 誰でも罹る可能性はありますが、以下のような特徴があります。 1) 若い方~50歳以下の方 2) 黒人、ヒスパニック系の方~アジア人は比較的少ないとされています 3) BRCA1遺伝子に変異がある方(遺伝性乳癌卵巣癌) トリプルネガティブ乳がんと診断された場合 乳がんの中でもより悪性度が高く、治療標的(ホルモン受容体、HER2蛋白)が限られていると告げられるとより衝撃は大きいと思います。 しかしながら冷静にこの二つの標的が欠けている(ホルモン受容体とHER2蛋白)だけだというように、冷静に捉える必要があります。 病期(ステージ)やがんのグレードも一方で重要な要素になります。 また、ホルモン療法と抗HER2療法以外にもいくつかの治療法があることを理解しておくことが重要です。 トリプルネガティブ乳がんの治療について トリプルネガティブ乳がんの治療は通常、手術、放射線治療、抗がん剤治療で行われます。 がん剤治療は、しばしば手術の前に行われます(数か月間の外来治療)。 抗がん剤が先に行われ、手術の結果がんの組織が完全に消失する場合が30~50%に見られ(pCRという言い方をされます)、このような効果が得られた場合は完治できる可能性が高いと期待できます。 PARP inhibitors(商品名リムパーザなど) HER2蛋白の過剰発現がなく、遺伝性乳がん(BRCA1またはBRCA2に病的変異あり)の場合はこの系統の薬剤が期待できます(相同組換え修復関連遺伝子変異を有する患者さんに効果が期待できると表現されます)。 免疫療法(商品名テセントリックなど) 免疫療法(テセントリック:アテゾリズマブ)が進行再発乳がんでPD-L1陽性のトリプルネガティブ乳がんに適応となっています。 テセントリックは化学療法薬であるアブラキサンと併用して用いられます。 免疫チェックポイント阻害剤であるこの薬剤は、がんが免疫システムを回避するのを助けるPD-L1蛋白を標的にした薬剤です。 PD-L1を阻害することでテセントリックは免疫システムががん細胞を見出し、排除することを可能にする薬剤です。

次の

トリプル・ネガティブ乳がんの補完・代替医療

トリプル ネガティブ 乳がん

乳がん同時再建の際につけていた医療テープを外す 私の場合、自家組織による同時再建を受けています。 正しくは「腹直筋皮弁法」というのですけれど、 自分のお腹の筋肉と血管と脂肪を左胸によっこらせ、と皮膚の下を通って持ってきているので、 お腹は半分近く横に切る必要があり、傷も長ーくついているんですね。 (もちろんおへそも新たに作られています。 ) その傷の治りを良くするために、肌色の医療用テープを胸とお腹の傷に付けているんですが、 これは、はがれるまでつけていて、はがれたら新しく貼る、というやり方だったので、(もちろんつけたままお風呂に入れます) 肌がちょっとかぶれ気味だったんですね。 私の場合、手術は秋だったので、まだ寒い時期だったからあせもはできませんでしたが、夏だったらきっと大量にできていたと思います。 この医療用テープが見事に術後5か月で取ることができました! 形成外科の先生に傷跡を見てもらい、化膿している様子もなかったので取ることができたんです。 この瞬間が妙にうれしかったですね。 少しずつ体は治ってきているんだ、と実感できたんです。 ですが、同時に胸の傷やお腹の傷をよく見るようになって、改めてすごい手術をしたんだな、と思いました。 形成外科の先生には ぴいまんさん。 こんにちは。 検査の結果ですが、数値に異常はないですね。 腫瘍マーカーも正常値です。 ただ、中性脂肪値が高いですが…。 まあいいでしょう。 元気にすごしてくださいね。 という感じです。 実際に血液検査の紙を渡されるのは、次の検診の時ですので、数値なのは全くわからないままです。 トリネガの治療が終わると、本当に普通な感じ トリプルネガティブは、抗がん剤しか治療法がなくて、 しかも私の場合、特殊型。 振り返ってみると 超音波検査も毎回あるわけではないですし、血液検査も毎回行いません。 CT検査も5年間で2回のみです。 そして検診と検診の間は3か月。 それが次第に4か月になり、そして5年で1年ずつになりました。 初めての検診は、本当にドキドキして、 待合室でもどうしよう、どうしよう、の繰り返しでした。 でも、主治医の先生の、なんとなく普通にしている様子を見て、乳がんに怯えていても転移するかもしれないと思うよりも、普通の毎日を丁寧に生きていくことが大切なのかも、と感じていました。 なので、形成外科の先生にも 「普通の生活をしていいよ!」と言われたので、 ふつーに生活をしていたら(?)2か月後、胸が痛くなり入院騒ぎに。 普通って本当に難しいですね…。

次の