生活 作文 書き方。 人権作文の書き方!中学生・小学生・高校生が構成とテーマで他と差をつけるコツは?

生活作文の書き方とテーマ<<中学生は部活を題材にしよう>>

生活 作文 書き方

「生活作文」といわれてもどんなことをテーマにしたら良いんだろう? と迷ってしまいますよね。 作文というだけで上手に書かなければと身構えてしまう小学生・中学生も多いようです。 「生活作文」はうまく書かなくてもいいのです。 なぜならば、 自分が感じたことを自分なりに表現することで、いま自分の周りで起きたことやこの夏で成長できたということを思いのまま文章にすることで完成するのが生活作文だからです。 生活作文のテーマ例 生活作文のテーマと参考になるような例を紹介していきますね。 生活作文のテーマといえば、自分のことや体験したことを選ぶと書きやすいと言われています。 小学生低学年の生活作文テーマ例 夏休みに入るまでに経験した運動会や 社会科見学のことをテーマに選んだり、 家族とかかわりお手伝いやペットのこと。 毎日の通学時間を使って 考えていること・ 想像していたことをテーマにするという書き方もあります。 新聞や本を読んだりする小学生高学年・中学生であれば 興味のある記事や昆虫好きなどであればその昆虫の成長過程において気になることをテーマにしたり、 国語の教科書で習ったことわざや四文字熟語などからその成り立ちなどをテーマにするという書き方もあります。 色々と考えてもテーマが浮かばない場合は両親がテーマのヒントをいくつか作ってからテーマを選ばせてあげると効率よく生活作文を書くことができそうです。 与えてもらう生活作文のテーマには• 自分の家族の紹介• 飼っている犬の秘密• 友達の良いところ• 月の満ち欠けの観察日記• 理科の勉強で感じたこと• お母さんが掃除をするときにあったらいいな• 母の実家を体験してみた などから選んで書いていくと自分の言葉で書き進めていけそうです。 例えば、1年生であれば入学してからすぐに運動会の練習が始まるのでその時に不安やドキドキ・ワクワク感を書いていくと読みたくなる生活作文を書くことができます 1年生はまだ学校に慣れる前から運動会の練習が始まることで通常よりも早く友人を作ることができたり話をする機会が増えることで学校にすぐに慣れるという利点があり作文も書き進めやすくなります。 今回の運動会で娘は学年ごとの見学の順番を告げる係をしていました。 このように小学高学年になると係が割り当てられるとその時に感じた苦労やこういう風に声掛けをしていれば嫌がらずに動いてくれたのになどの反省を作文に書くことで運動会の係で自分が成長できたことも表現しやすくなります。 中学生の場合生活作文テーマ例書き方例やコツ! 1. 部活に所属して感じたことをテーマにする。 息子は運動部には向いていなかったのもあり最近でこそ注目されるような将棋部にほぼ幽霊部員として所属していました。 将棋部にも大会があり参加したときに遊びで将棋を打っていたのとは違い静かさの中にも独特の緊張があったそうです。 そういう緊張感を作文に書いてみると自分を違う視点をみるという書き方もあります。 将来の職業をテーマにする 息子が中学時代に15年後の職業についての作文を書いていました。 今は違う仕事をしようと思っているのですがその時はSE(システムエンジニア)を夢みていました。 そのSEについて自分なりに調べて将来自分が考えたソフトを使ってもらうためにどうしていけばいいかなどを書いていました。 将来の職業をテーマにするとその仕事について調べることでより興味を深めることもできるので参考に作文を書いてみてはどうでしょう。 生活作文テーマ部活の場合 8月1日、部活動地区予選がありました。 私はここで、努力することの大切さを学びました。 ・・・ 部活動を通して、チームでがんばる大切さをしった。 部活以外にも、受験勉強なども努力しよう思う。 文化祭で演じた役は大人になっても覚えていることもあるので生活作文に書いておくことは学生時代の思い出となることでしょう。 生活作文は読書感想文と違い自分の考えを書くことで自分をアピールすることのできる作文となります。 この夏休みに今考えていることを作文に書いてみてはどうでしょう。

次の

【具体例あり】高校生活の抱負の書き方!【これ読めば書けます】│Kaioblog

生活 作文 書き方

このページのまとめ• 作文試験では、応募者の人柄や考え方、字の丁寧さ、文章力がチェックされる• よく出題されるテーマは、大きく分けると「未来」「過去」「社会への関心」の3つ• 作文は、「序論」「本論」「結論」の3つで構成する三段構成がおすすめ• 文章は、相手の読みやすさに配慮し、一文一義を心がけ、ねじれ文に注意する 採用試験の一つとして、作文を課す企業があります。 普段作文を書く機会はほとんどありませんから、戸惑ってしまう人も多いかもしれませんが、基本的な書き方のポイントを押さえておけば、そう難しいことではありません。 以下では、作文を課すねらいや、よく出題されるテーマ、内容の組み立て方、文章を書く際のコツをご紹介します。 企業が作文からチェックすること まずは、企業が作文から何を見ているのかを把握しておきましょう。 応募者の人柄や考え方 作文の内容は、応募者の人柄や考え方そのものです。 たとえば、「最近のニュースで関心を持ったこと」というテーマなら、 何に対して興味があるのか、それに対してどのような考えを持っているかが分かり、応募者がどういう人間なのかが読み取れます。 字の丁寧さ 気持ちを込めて書かれたものかどうかは、作文の字を見ればすぐに分かります。 どんなに素晴らしい内容でも、殴り書きのような雑な字で書かれているとやはり印象は良くありませんから、できるだけ丁寧に書くよう心がけましょう。 文章力があるか メールや日報、会議の資料など、仕事を行うにあたって文章を書く機会は多いです。 そのため、 正しい日本語を使えているか、誰が読んでも分かりやすい文章を書けているかなどは、評価の対象になります。 よく出題されるテーマ 作文試験で頻出するテーマは、「未来」「過去」「社会への関心」の3つです。 以下では、それぞれのテーマについてご説明しますので、事前に対策を練っておきましょう。 未来に関するテーマ 自分が将来どうなっていたいかが問われます。 テーマの具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。 ・10年後(20年後)の自分 ・どんな社会人になりたいか ・私の将来の夢(目標) ・やってみたい仕事 これらのテーマでは、自分の目標や夢を企業の方針に沿わせることが大切です。 また、企業研究や業界研究を十分に行っていることや、目標のために努力していることなどを伝えられると、入社意欲が高いという印象を与えることができます。 過去に関するテーマ 自分の過去の出来事について問われます。 テーマの具体的な例としては、以下のようなものがあります。 ・大学で頑張ったこと ・学生生活で得たもの ・これまでに最も打ち込んだこと ・価値観が変わったエピソード 過去に関するテーマで重視されるのは、どれだけ大きなことをしたかではなく、「頑張った理由」や「どう成長できたか」ということです。 また、困難な状況に陥ったとき、どのようにして乗り越えてきたかを書くと、将来性や可能性について高い評価を得やすくなるでしょう。 社会に関するテーマ 社会問題やニュースなどに対する、自分なりの考えが問われます。 具体的な例としては、以下のようなものがあります。 また、選んだニュースの内容が、応募企業と関連のあることなら、そこから志望動機に繋げることも可能です。 内容の組み立て方 作文に書きたいことがイメージできたら、全体の構成を決め、内容を組み立てていきましょう。 作文の構成は、「序論」「本論」「結論」の3つからなる、三段構成がおすすめです。 序論は、本論への導入部分であり、文章の方向性を定めるためのもの。 本論は、序論で示したことを受け、読み手に最も伝えたいことを伝える部分です。 結論は、序論の答えであり、本論を要約した全体のまとめとなります。 文章は序論から始まりますが、序論から書き始めてしまうと、本論で書きたい内容に上手くつながらないことがあります。 そのため、文章を書く際は、以下の順番で考えると組み立てやすくなるでしょう。 1)最も伝えたいこと(本論) 2)本論につながる印象的な導入部分(序論) 3)全体のまとめ(結論) また、 ピンポイントな質問の場合は、「結論」「理由」「結論」の3つで構成する双括型(そうかつがた)も読み手に伝わりやすい構成となります。 必要に応じて上手く使い分けられるよう、練習しておくと良いでしょう。 構成は作文全体の骨格です。 骨格が決まってしまえば、後は考えていた内容を落とし込んでいくだけなので、時間配分に気をつけながら組み立てていきましょう。 タイトルと内容は一致させる 作文は、書き出す前に全体の構成やおおまかな内容を考えておくことが大切です。 書いていくうちにあちこち話が飛んで、 タイトルとは全く異なる内容になってしまっていた、ということがないように気をつけましょう。 字は丁寧に書く 「企業が作文からチェックすること」でお伝えした通り、字が丁寧に書かれているかどうかで採用担当者の印象は違ってきます。 字の上手い下手に関係なく、相手に読んでもらうためのものという意識を持って丁寧に作成しましょう。 文字数の下限や上限を守る 文字数の指定がある場合、当然ですが上限を超えてはいけません。 とはいえ、空白部分が多すぎると寂しい印象になってしまいますので、 上限の9割程度を埋められるのが理想です。 前置きは省く 就活の作文では、言葉の意味や定義、説明といった前置きは必要ありませんので、省きましょう。 無意味と思われるような前置きがあると、場合によっては文字数稼ぎをしているような印象を持たれるかもしれません。 一文一義を心がける 一文一義とは、一つの文章に一つの事柄のみ書くことです。 たとえば、次の文章は、一つの文に複数の情報が入っているため、読み手にとって分かりづらい文章になってしまっています。 「お客様から返却があったクレーム品の調査結果で、部品Aが取れている状態と、部品Bが引き抜けない状態であることが分かり、対応は部品交換ということになりましたが、このような状態になってしまった原因はまだ分かっていません」 これを一文一義を意識したものに直すと、読みやすく理解しやすい文章になります。 「お客様から返却があったクレーム品の調査結果のご報告です。 部品Aが取れている状態と、部品Bが引き抜けない状態になっていることが分かりました。 対応としては、部品交換になります。 このような状態になってしまった原因はまだ分かっていません。 」 ねじれ文に注意する ねじれ文とは、主語と述語の関係がおかしくなってしまっている、文法の誤りのことを言います。 たとえば、「私の夢は、弁護士になりたいです」という一文。 「私の夢」が主語なので、「なりたい」というのは変です。 この場合、「私の夢は弁護士です」または「私は弁護士になりたいです」という文章に直せば、主語と述語の関係が成り立ちます。 文章を書く際は、主語と述語の関係を意識して書くように心がけましょう。 「私の将来の夢」をテーマにした作文の例文 最後に、「私の将来の夢」をテーマにした、600字の作文の例文を見てみましょう。 この例文では、主に自分がその夢を持つにいたった理由が述べられています。 また、その中で、 自分の夢が企業の方針に合っていることや、目標のために努力していることも伝えています。 「私の将来の夢」をテーマにした作文の例文 私は将来、利用者様とそのご家族を笑顔にする介護士になりたいと考えています。 理由は、要介護と診断された私の祖母を熱心に介護し、祖母の笑顔を取り戻してくれた貴社の介護士の方々に憧れたからです。 私は小さい頃から祖母が大好きで、よく遊んでもらっていました。 しかし、私が学生の頃、ちょっとした転倒がきっかけで介護が必要になり、施設へ入所することになったのです。 祖母は施設をとても嫌がり、面会のたびに「帰りたい」と繰り返していましたが、私にはどうすることもできませんでした。 そんな祖母と私に対し、優しくフォローしてくださったのが、貴社の施設の介護士の方達です。 どんなに祖母の世話が大変でも、心に寄り添った丁寧な介護をしてくださり、面会に来る私のことも気にかけてくださいました。 今では祖母も施設に慣れ、面会の際に笑顔を見せてくれるようになり、楽しそうに施設でのことを話してくれます。 こうして、祖母が穏やかに過ごせるのも、私達家族が安心して祖母を任せられるのも、利用者様だけでなく、ご家族に対しても配慮を欠かさないという貴社の方針があってこそだと思います。 私は、このような出来事から、自分の中で介護に対しての関心が大きくなり、介護施設でのボランティア活動を積極的に行うようになりました。 それは将来、貴社で働く介護士さん達のように、利用者様とそのご家族を笑顔にできるような、心強い存在になりたいと考えるようになったからです。 「応募書類が上手く書けない」「面接が苦手」「そもそも自分に合う企業が分からない」という方は、一人で悩まず、就職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。 キャリアチケットは、新卒向けの就職エージェントです。 就活のプロであるアドバイザーが個別サポートを実施し、あなたの強みや価値観から、あなたに合った企業をご紹介します。 また、就活セミナーも行っておりますので、選考の事前対策もしっかり行えます。 まずはお気軽にご相談ください。

次の

中学生の作文の書き方の質問です。 「3年生の目標」の作文が休校中の宿題

生活 作文 書き方

「抱負」という言葉は、「今年の抱負を語る」というような使い方をすることが多いのではないでしょうか。 「抱負」とは、心の中に抱いている決意という意味をもちます。 抱負を聞かれたときには、現実的に自分が達成したい物事や胸のなかで堅く決心していることを「抱負」として表現しましょう。 抱負の作文の書き方と例文・目標との違いなどをご紹介します。 目標との違い 「抱負」と「目標」は、似たような意味をもつ言葉ですが、それぞれ違う意味をもっています。 「目標」は、目指すところへ行きつくための目印を意味します。 「目標を設定する」などの言葉の使い方をします。 「目標」は、計画を成し遂げた先にある最終到達地点です。 「抱負」は、「目標」にたどりつくまでの計画や過程です。 抱負の作文の書き方 一年の始まりや入学・入社の機会に「抱負」について作文を書いて発表するということは、学生の頃からよく課題として出されることも多いでしょう。 自分の抱負をどのようなことに気を付けて書くことで自分自身の意志や気持ちやが相手に上手に伝わるのでしょうか。 抱負の作文の書き方についてご紹介します。 ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。 書き出し 抱負についての作文は、 書き出しで、自分の抱負がどのようなものか始めに書いて伝えることがポイントです。 自分の抱負を宣言することから作文を書きだし、自分の意思表示をはっきりさせます。 次に抱負の理由を書いてどうしてこのような抱負にしたのかを書いていきましょう。 最後のまとめ方 抱負についての作文のまとめ方は、自分が自分の抱負に対してどのように行動していくかを具体的に書きます。 そうすることで、抱負に対する強い意思が作文を読む人に伝わり、作文がまとめやすくなります。 最後のまとめ方は、自分の抱負をどのようにして実現させるのかということをアピールすることに重点をおき考えて書きましょう。 好印象を与える抱負の作文の例 読む人に好印象を与える自分の抱負を伝える作文は、どのように書いたらいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。 好印象を与える作文のポイントは、読んでいる相手にどれだけ自分の気持ちや意気込みが伝わるかということです。 好印象を与える抱負の作文の例を年代別にご紹介します。 例文1「小学生の抱負」 小学生の抱負の作文は、しっかりと自分の抱負が書けているかどうかが重要です。 「1学期はあいさつの声が小さかったので大きな声であいさつできるようにがんばります。 」など反省を踏まえた前向きな抱負の書き方をしましょう。 自分の抱負に対してどうしていきたいのか前向きな言葉が書かれていれば、好印象を与えられる作文になります。 例文2「中学生の抱負」 中学生の抱負の作文は、具体的な抱負を自分の気持ちの変化とともに表現することが大切です。 「今までは、勉強で思ったような成績がとれずに悩んでいました。 これからは、しっかり予習と復習をして日々努力したいです。 」など抱負に対する意気込みを具体的に伝えましょう。 抱負に対して自分がどのような考えをもっているかをアピールすると好印象になります。 例文3「高校生の抱負」 高校生の抱負についての作文は、自分の抱負をいくつかピックアップすることがポイントです。 「高校生になっての抱負は、3つあります。 ひとつ目は、友達をたくさんつくること。 2つ目は、勉強を頑張ること。 3つ目は、部活に参加すること。 」など抱負を複数掲げます。 抱負に対しそれぞれ何をしたらいいのか書くことで文章もまとまり好印象になります。 例文4「大学生の抱負」 大学生の抱負についての作文は、自分の未来に向けたビジョンについての抱負を書くことが好印象になります。 「大学生になり、社会性を身につけるためにもボランティア活動に参加したり、大学に在学中に習得できる資格にチャレンジしたいです。 」などの抱負の書き方がいいでしょう。 将来につながる身につけたいことを抱負としてアピールすることがポイントです。 例文5「社会人の抱負」 社会人の抱負についての作文は、新入社員の場合は、最初に自己紹介の一文を入れるといいでしょう。 「この会社で戦力になるように日々努力していきたいです。 未熟者ではありますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」など仕事に取り組む姿勢を書きます。 会社での行動や仕事についての抱負を書きます。 前向きに頑張れることをアピールしましょう。 抱負の作文に使えるおすすめの四字熟語 抱負の作文に四字熟語を入れることによって自分の意気込みや気持ちを四字熟語で簡潔に表現することができます。 年代別に抱負の作文に使えるおすすめの四字熟語をご紹介します。 小学生におすすめの四字熟語 自分の持てる力を精一杯発揮するという意味や口に出したことは、実行するという意味をストレートに表現できる四字熟語がいいでしょう。 小学生におすすめの四字熟語は、低学年の子どもなら「一生懸命」、高学年の子どもなら「有言実行」などがあります。 中学生におすすめの四字熟語 学問と部活動の両方を頑張れるようにという意味や訓練などを積んで心身と技能を成長させるという意味を表現できる四字熟語がいいでしょう。 中学生におすすめの四字熟語は、「文武両道」や「切磋琢磨」などがあります。 高校生におすすめの四字熟語 高校生になると自分がなりたい理想の人間像も見えてきます。 一度決めたことは、最後までブレずに貫き通す意味や飾り気がなく温厚で誠実という意味などの人間性を表現できる四字熟語がいいでしょう。 高校生におすすめな四字熟語は、「初志貫徹」や「温厚質実」などがあります。 大学生におすすめの四字熟語 大学生になると情熱や行動をアピールできる四字熟語を使うことがポイントです。 勇気をもってひとつのことに打ち込み行動する意味や体や精神のすべてを注いで頑張るという意味を表現できる四字熟語がいいでしょう。 大学生におすすめな四字熟語は、「一意専心」や「全身全霊」などがあります。 社会人におすすめの四字熟語 社会人になると人間関係なども複雑になってきます。 感謝を忘れずに声をかけてもらったことにありがとうと素直に言える人になりたいという意味や時と場合によっての行動を柔軟にできるようになるという意味の四字熟語がいいでしょう。 社会人におすすめの四字熟語は、「一言芳恩」や「臨機応変」などがあります。 抱負の意味を理解して、抱負の作文を上手に書こう.

次の