リクナビnext 口コミ。 リクナビNEXTの口コミ&評判は?退会・ログイン・CMについても調査

リクナビNEXTの評判を20代の僕が実際に使って確かめてみた

リクナビnext 口コミ

進みたい道を目指すために転職を決意した人も、職場に不満があり転職を決意した人も、新たな道を進むということはとても不安なものです。 「いい職場を見つけたい!」 誰しもがそう願っていることでしょう。 リクナビNEXTはリクルートが運営する国内最大級の転職サイトで、転職者の約8割が活用していますから、実績も十分です。 しかし、 「本当にリクナビNEXTって登録してメリットあるの?」 「そんなに簡単にいい職場が見つかるはずないでしょ!」 転職は失敗が許されませんから、このように慎重になっている人もいるはず! この記事では、リクナビNEXTを実際に活用した人の良い評判と悪い評判を分析して、あなたにとってメリットのある転職サイトなのかどうか検証してみました。 これから転職活動する人や転職活動がうまくいっていない人は、ぜひ参考にしてくださいね。 リクナビNEXTの特徴と強みについて リクナビNEXTは、リクルートが自信を持ってサービス提供している求人サイトです。 どのような特徴や強みを持っているのかお伝えします。 登録会員数786万人!国内シェア最大級 リクナビNEXTは、登録会員数が786万人(2018年3月時点)であり、間違いなく国内シェアでは最大級の求人サイトです。 登録会員数が多いということは、企業側からしてもいい人材を確保できるチャンスが多いと言い換えることができますので、転職者も採用者もメリットの多い求人サイトであるといえます。 そもそも「リクナビ」という名称は就職・転職市場においてはブランド化していますので、聞いたことがないという人はそれほど多くないでしょう。 学生時代にリクナビにお世話になったという人もかなりおられるはずです。 「登録者数が多いと、それだけライバルが多くなるのでは?」 「経験が短いから、企業に相手にされないのでは?」 と考える人がいますが、それはまったく逆であるといえます。 のちほど詳しくお伝えしますが、あなたにあった転職活動ができるように、さまざまな機能を活用することができます。 経験者でステップアップを考えている人• 新たな業界で新しい道を模索している人• とりあえず前職が嫌で転職を希望している人 すべての人にマッチできるようになっていることが、国内シェア最大級の由縁でもあるでしょう。 転職決定数No. 1!転職者の約8割が利用 リクナビNEXTは、2015年1月に実施された調査において、国内の転職情報サイトのなかで転職決定数において第1位を獲得しています。 調査機関は、第三者機関である楽天リサーチです。 2年以内に転職した正社員などへのWEB調査によって明らかとなりました。 この数値から明らかになることは、単に登録者が多い、登録企業が多いということだけではなく、• 質のいい求人が多い• 求職者へのマッチング力が高い と言い換えることができるでしょう。 実際、登録して転職活動している人のデータや行動分析を行い、転職希望者と企業とのベストマッチングのために改善を重ねていることが、明らかになっています。 リクナビNEXTには、日本最大級の求職者のデータベースがありますし、それを日々分析することで転職者においても、企業側においてもサービスの改善ができるのです。 例えば、転職者が本当に知りたい情報を検索できるのかどうかはとても大事なことです。 検索条件の設定をより詳細に行うことで、自分自身の希望する求人を見つけることができるように工夫されています。 企業ではどのような環境のなかで就業することになるのか、より詳しく掲載されるようになり、現場の写真なども豊富になりました。 その絶え間ない改善が、「転職者の約8割が利用」という高い水準のシェア獲得に繋がっていることは間違いありません。 毎週2回更新!1,000件以上の新着求人! ほかの求人広告などをみて 「いつも同じ求人がでている」 「目新しい求人がない」 と感じたことはないでしょうか。 普通に考えてみれば、転職市場はとても賑わっていますので、このように感じることはおかしいことだといえます。 何かしら理由があって転職を希望している人であれば、自分だけが転職活動しているような気持ちになるかもしれませんが、決してそんなことはありません。 どうしても転職活動していると、気持ちが焦ってしまって、自分の希望する条件よりかけ離れているとしても応募してしまう人がいます。 採用されてから、「早まるんじゃなかった」と後悔している人も少なくないのです。 しかしあなたが大きく妥協しなければならないわけではないのです。 リクナビNEXTの強みとして、求人数の多さがあるだけではなく、毎週2回更新されるという求人の「新鮮さ」がウリとなっています。 企業側からしても、掲載を申し込んで早ければ1週間を待たずに掲載されるようになっています。 自分自身の転職に対する気持ちと企業側が採用したい気持ちが、ドンピシャになるのはいうまでもありません。 また限定求人の多さにも注目です。 求人全体の85%はリクナビNEXTだけの求人となっており、企業側のリクナビNEXTに対する信頼度の高さを実感することができるでしょう。 「この求人はほかでも見たことがある」 というものがそれほど多くないことに気がつくはずです。 また、 「この求人は少し前には掲載されていなかった」 ということも感じることができるでしょう。 それほどまでに新しく質の高い求人が多いといえるのです。 リクナビNEXTに登録して機能を使いたおす! リクナビNEXTでは、すべての人が転職を勝ち取ることができるように、さまざまな機能が用意されています。 これらの機能を徹底的に使いたおして、あなたに合った転職先を見つけましょう。 グッドポイント診断であなたの強みを発見する! リクナビNEXTに無料登録すると、「グッドポイント診断」を利用することができます。 これは、自分自身では気がつかない強みを把握することができるツールです。 リクルートが長い年月をかけて積み上げてきた、独自のノウハウやデータベースを駆使して開発されたものです。 ほかの転職サイトなどにあるような簡易なものではありません。 約30分ほどの時間をかけて行う、本格的な自己診断ツールなのです。 キャリアアップのために転職活動している人• まったく初めての業界に転職する人• 自分に自信が持てない人• 転職活動をどのように進めていっていいのか分からない人 などに最適です。 かなり細かく診断していきますので、自分では発見できなかった自己分析をすることができます。 「そんな強みがあったんだ!」と自分の自信にも繋がるでしょう。 自分自身の強みを発見することができれば、応募書類や面接などにおいてアピールすることもできます。 そのような前向きに自分自身をアピールする人材を企業は高く評価する傾向にあります。 診断結果は、「親密性」「慎重性」「冷静沈着」「継続力」「社交性」「柔軟性」など18種類のなかから、あなたの強みを5つ診断されます。 新たな自分を発見してみてはいかがでしょうか。 未経験でも安心!「転職成功ノウハウ」で退職から転職まで リクナビNEXTの公式サイトには、「転職成功ノウハウ」が掲載されています。 初めて転職する人• どのように転職を進めればいいのか分からない人• 履歴書や職務経歴書の正しい書き方が分からない人• 面接の注意点を知りたい人• どのように退職準備をすればいいのか分からない人 などに人気のあるノウハウです。 転職活動は孤独になってしまうことがあります。 孤独のなかで転職活動を行うことはとても不安なことでしょう。 リクナビNEXTではそのような転職者の心理を十分に理解しています。 かなり細かくノウハウが記されていますので、少しずつ読んでいくことで正しい転職の方法を身につけることができます。 また実際に求人を出している企業側からのインタビュー動画を観ることもできます。 企業側がどのような視点で採用を考えているのか知ることができます。 さらに実際に転職を勝ち取った人の動画を拝聴することもできます。 あなたと同じ思いだった人たちの活躍する姿をみて、転職へのモチベーションを高めることができるでしょう。 スカウト機能は本当に効果的?評判を徹底検証! リクナビNEXTの特徴的な機能に「スカウト機能」があります。 これは企業担当者から転職希望者を探し出して、採用したい人に直接スカウトすることができるという機能です。 このスカウト機能は、リクナビNEXTに登録すれば必ず活用してほしい機能です。 というのも、登録しただけでは検索することができない「非公開求人」からのオファーもあるからです。 「本当にスカウトなんてされるの?」 と思う人もおられるかもしれませんが、実際にこの機能を活用した人の口コミや評判を調べてみると、• 意外に多くの企業からのオファーがありビックリした• 経験した業界だけではなく、未経験の業界からもオファーがあり視野が広がった• 他の業界からのオファーに応募して、とても好意的に内定をもらった• 今までの経験を評価され、いい条件で内定をもらった というものを数多く見つけることができました。 このスカウト機能を有効に活用するためには、情報をより詳細に登録しておくとオファー率がグンと高まります。 このスカウト機能のデメリットとして、 「希望していない業界や業種からのスカウトも多い」 というものがありますが、これはある意味、光栄なことであると捉えておきましょう。 自分自身を必要とされていることほど、ありがたいものはありません。 リクナビNEXTの評判からおすすめできる人の特徴を考えてみた! リクナビNEXTを利用した人の口コミや評判を見ていると、良いものが多いことは確かですが、悪いものも一定の割合で存在しています。 この口コミや評判をうまく活用すれば、自分自身に適している求人サイトなのかどうか判断することができます。 リクナビNEXTの口コミ総合評価 ポジティブな評価• ゆずれない条件に合う求人を見つけることができた• スマホアプリがあり求人の検索や応募が手軽• サイト登録した情報を履歴書・職務経歴書としてダウンロードできた• スカウトによって今まで知らなかった企業や業界を知ることができた• 未経験の転職を「ノウハウ」や「自己分析ツール」で乗り越えられた• 女性を求めている求人も多い• ほかの求人サイトと比べても面接に進む率が高い• リクルートが運営している他の人材紹介サービスでアドバイザーに相談することができた 良い評判から分かること 総じていえば、やはり「求人数が多い」ということがいえ、さらに「質の高い求人が多い」といえるでしょう。 また、未経験やキャリアアップのために転職を希望している人であっても、独自の機能を駆使してうまく転職することができます。 便利な機能も人気の一つです。 安定的な求人数を誇っていますし、また同系列のサービスを利用することで、アドバイザーに直接相談しながら転職を決めることもできます。 ノウハウ紹介などのコンテンツがよかった 転職のノウハウの紹介や自己分析ツールが役に立ちました。 他職種への転職だったので、これまでの仕事で身につけてきたことが他のフィールドでも通用するのかどうか不安でしたが、改めて一般的なビジネスマナーや面接のコツなどを再確認できました。 特に面接は、新卒の就活の時にも苦手で緊張してしまう方だったので、事前の準備や練習の仕方を勉強しなおすつもりで取り組んだところ、自信をもって本番に臨むことができました。 いろいろな業界の人へのインタビュー記事などのコンテンツも充実していておもしろいし、自分の仕事観を振り返るきっかけにもなりました。 悪い口コミや評価の気になるポイント 悪い口コミや評価についても見ていきましょう。 代表的なものを集めてみました。 悪い評価は全体の割合としては少ない印象がありますが、特に自分自身の状況と照らし合わせて適切な求人サイトなのか判断することができそうです。 登録者が多いので競争が激しい 登録者数が多いせいか、人気がありそうな求人は競争が激しく、なかなか選考に進めませんでした。 履歴書の内容を工夫したり、求人情報が更新されたらなるべく早く応募したり、いろいろと工夫もしましたが、働きながら転職活動をするのは大変でした。 私の経歴やスキルに原因があったところもあると思いますが、他のサイト経由では面接に進めた企業もありました。 企業の人事の担当者も、登録者が多いリクナビNEXTでは、経験者やハイスキルな人材を優先的に探しているのかな、という印象を持ちました。 悪い評判から分かること リクナビNEXTは質の高い求人が多いことから、人気の企業については応募が集中してしまうということがあるようです。 そのためどうしても企業側で精査され、内定を獲得することができない人が出てきます。 特に大企業がここだけで求人を出しているような場合や非公開求人だけ登録しているような場合があります。 そのような求人に募集が集まることがどうしても起きてしまいます。 大企業や人気企業を狙っているということであれば、それ相応な覚悟も必要になるでしょう。 なお同じ企業からのスカウトメールが多いと感じるようなことがあれば、「ブラック企業設定」によってその企業からのスカウトを制限することができます。 必要に応じて活用するといいでしょう。 リクナビNEXTをおすすめできる人の特徴は? リクナビNEXTは国内最大級の求人サイトですので、登録されている企業数は最大級であることはもちろんのこと、転職のために登録している人もかなり多くなっています。 みんなが憧れるような大企業の求人も掲載されていますが、多くの人が募集に応募しているという現状もあるのです。 しかし転職に対して真摯に取り組み、戦略的にキャリアアップを狙うのであれば、大企業への転職も不可能ではありません。 もしろリクナビNEXTからの申し込みが比較的面接にまで進みやすいという口コミ・評判もあることから、期待もできるのではないでしょうか。 また大企業や人気企業だけではなく、質の高い求人はとても多く、スカウトも積極的になされ、非公開求人の割合もとても多いので、満足のいく転職活動をすることができるでしょう。 いずれにしても、求人サイトに任せきりではなく、自分自身の目標に向かって転職活動することができる人にはおすすめできます。 年代としては20代や30代の転職が中心となりますが、中高年においても求人数は少なくありません。 未経験の求人に対しても、積極的にチャレンジすべきでしょう。 まとめ リクナビNEXTはリクルートが運営している求人サイトであり、「求人数」「求人の質」「非公開求人数」「サイトの機能」など、どれをとっても水準以上で安定しています。 まず間違いなく登録しておくべき求人サイトであるでしょう。 ただし求人サイトに任せきりではなく、自分自身の目標に向かって主体的に転職活動を進めていくことが大事です。 仮に未経験の分野に進む場合であっても、積極性を持った人材が採用される傾向にあります。 人気の求人であれば、それだけライバルも多くなりますし、リクナビNEXTだけの力で転職が決められるわけではありません。 とはいえ、圧倒的なシェアを誇っていますし、活用しだいではみなさんにとって大きなサポートになるでしょう。 \ SNSでシェアしよう! / マネー原人の 注目記事を受け取ろう•

次の

リクナビNEXTの評判を20代の僕が実際に使って確かめてみた

リクナビnext 口コミ

転職サイトは一人で情報収集• 転職エージェントはプロについてもらってマンツーマンで対策 詳しい違いは下記の表の通りです。 転職サイト 転職エージェント 求人 自分のペースで求人が見れるが、自分で探す必要ある 転職のプロが自分に合った求人を紹介してくれる 情報 転職体験談・転職ノウハウなどの情報が豊富 アドバイスはくれるが、転職サイトほどの情報量はない サポート マンツーマンでの面接対策・職務経歴書添削サービスはないので自分で頑張る必要がある マンツーマンで面接対策・職務経歴書添削してくれる 場所 webで完結 アポイントを取って対面での面談が必要 リクナビNEXTでできないこと リクナビNEXTは転職サイトなので、上で述べたとおり下記の4つはできません。 あらかじめ出来ないことを把握した上で利用しましょう。 キャリア相談 あなたのキャリアについて相談できるような相手はいません。 ただ一方的に他の人の転職事例をみれるだけです。 確かに情報量は多いのですが、 「結局自分の場合はどうすればいいのか」を考える必要があります。 求人紹介 スカウト機能(後述)がありますが、あなたに合った求人を厳選して提案してきてくれる訳ではありません。 結局は自分が興味がある範囲でしか検索できないので、 自らアンテナを広く持って探す必要があります。 履歴書や職務経歴書の添削 経歴を入力するだけで自動で職務経歴書を作成してくれる素晴らしいサービスがあるのですが、 正直それをそのまま提出するとレベルが低いです。 転職エージェントとは異なり、書かれた内容に不備がないか、書類選考の合格率を上げるような書き方に改善できないかとアドバイスをくれる訳ではありません。 面接対策 面接対策の情報はたくさん載っていますが、こちらも転職エージェントとは異なり、実際に模擬面接をして面接通過率を上げるような対策を一緒にとってくれる訳ではありません。 このように、転職サイトだけでは転職対策をすべてカバーしていないので、基本的には 転職エージェントとの併用をオススメしています。 職務経歴書を簡単作成• 豊富な転職ノウハウ• 求人特集• グッドポイント診断• スカウトメール• リクナビNEXTのアプリ 職務経歴書を簡単作成 転職活動をする際に必須な書類は「履歴書」と「職務経歴書」ですが、職務経歴書は初めてなので何をどう書いていいのかわからないですよね。 そこで便利なのがリクナビNEXTの職務経歴書作成機能。 プロフィールや職務経歴を入力すると、入力内容に従って自動で職務経歴書が作成されます。 Wordでダウンロードすることもできるので、修正を加えたりして企業に提出できます! 豊富な転職ノウハウ リクナビNEXTには過去の転職経験者のノウハウが体系化されてまとまっています。 転職活動の流れや求人の探し方、面接対策から退職の手続き方法まで、 これを見れば転職活動の流れがすべてわかるくらい情報量が豊富です。 求人特集 情報量が多いと自分にあった求人を探すのが大変です。 リクナビNEXTには下記のような求人特集が組まれていて、自分の状況にあった求人を探しやすくなっています。 グッドポイント診断 転職活動には自己分析が欠かせません。 人にはそれぞれ強みがありますが、 自分では客観的に把握しづらいものです。 会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。 無料なのにかなり質が高いので、 グッドポイント診断をする為だけにリクナビNEXT登録してもいいくらい。 18種類の中から、あなたの強みを5つ診断してくれます。 実際に僕もやってみたのですが、 結構精度が高く自己分析の参考になりました。 診断結果はリクナビNEXT経由での応募時に添付できるので、企業側に自分の強みが伝わりやすい工夫もあります。 スカウトメール 先ほどリクナビNEXTには求人の紹介はないと言ったのですが、職務経歴などを記載しておくことで企業や転職エージェントからスカウトが来るようになります。 下記は転職エージェントからスカウトが来ている画面です。 職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能です。 今は未だ転職意向が低い人でも、 自分の可能性を広げる機会として活用できます。 リクナビNEXTアプリ リクナビNEXTにはアプリもあるので隙間時間で転職活動ができます。 希望の条件を入力すると、条件にあった会社がみれます。 また職務経歴書を登録しておくと企業側からオファーが来ているのもみれます。 \転職者の約8割が利用/ リクナビNEXTを実際に使った人の口コミ評判【良い点悪い点】 ではここからは実際に利用した他の人の口コミを見ていきましょう。 まずはポジティブな意見から。 リクナビNEXTの良い点 リクナビNEXTの利用に向いている人• 初めての転職活動の人• とにかく手間をかけずに転職活動をしたい人• 転職することをまだ決めていない人 初めての転職活動の人 転職活動をしたことがない人は、まずなにから始めればいいのか手探り状態で不安だと思います。 そんな時に、転職の流れや転職経験者の声を見ると、 具体的なノウハウはもちろん「なんとなくほっとする」安心感を得ることができます。 これは初めての転職では重要。 自分でも転職していいんだと勇気をもらうことができます。 とにかく手間をかけずに転職活動をしたい人 とにかく時間がない、転職活動が面倒だという方は、リクナビNEXTとそのスカウト機能を使って転職活動をすると良いでしょう。 転職活動で最も時間がかかる作業の1つが「企業探し」なので、その部分を割愛できるのは効率性で言うとかなりメリットがデカいです。 転職することをまだ決めていない人 まだ転職することを決めてないんだけどな…それでも使ったほうがいいのかな という人でも大丈夫です。 むしろ転職をまだ決めていないからこそ使ったほうがいい。 最初は登録して、リクナビNEXTの特集や体験談を眺めているだけでも良いです。 流れてくる案件に反応せず、ただメールを見ているだけでもOK。 転職することを決めていなくても、心の中では「本当にこのまま今の会社に居続けてもいいのだろうか」と疑問を持っているはず。 上記でみたように、リクナビNEXTには転職体験記や転職ノウハウの記事がたくさんあります。 眺めているだけでも転職に対するイメージが具体化していくので、オススメです。 \転職者の約8割が利用/ おまけ|リクナビNEXT以外にも転職活動の際に登録すべきオススメサイト【用途別】 リクナビNEXTは万人受けする総合型の転職サイトなので、次のような人はリクナビNEXTだけでは物足りないでしょう。 まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない• 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも• エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い• エージェントに登録をしなくても、自分で探せる もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。 転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。 むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。 僕は直近で転職意向がなくても、 1年に 1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

次の

リクナビNEXTの2ch (5ch)や知恵袋の評価は?口コミから分かった真実とは

リクナビnext 口コミ

1、希望勤務地に居住都道府県を条件に含めて検索をしているが希望していない都道府県の求人が出る 2、土日祝休み、転勤なしを条件に含めて検索しているが、シフト制(しかも月何日休みか書いていない)、転勤ありの求人が出る 3、既に加入している転勤サイトからオファーが届く 4、急募、採用大人数予定、未経験歓迎、転勤なしと書いてある求人に応募したら書類選考で不採用 5、求人の説明と実際に受ける説明に乖離がある。 事例1 某派遣会社の求人に人材コーディネーター、土日祝休みと書いてあったので応募したら、入社したらしばらくは携帯会社に派遣されますとの説明があり(この時点で土日祝休みではないし、人材コーディネーターではない)さらにジョブチェンジ可能と求人に書いてあったので質問してみたが、周りが認めたら可能との事(そんな事求人には書いていない) 事例2 某派遣会社からオファーが届き、書類選考に通過したので面接のアポを取ったが面接日に都合が悪くなったので日程変更の連絡をいれたところ、その場合再度書類選考になります。 不採用ならメールしますと伝えられ1週間待ったが不採用(なにがしたかったのw?) その派遣会社は100社落ちた人が沢山いる寄り添える人材コーディネーターとの記述あり (私は200社は落ちました100社で止めないとダメなのか) 6、コロナ全盛期に面接するから来い。 密室で対面の面接、1対3の面接にこだわるズームやパソコンを知らないクズ企業がある(リクナビnextが改善をしなければ全社のレビューを晒します) 7、地域限定社員ありと書いておきながらその待遇について書いてない会社がある(一緒ならそう書けばいい。 手抜き) 8、オファーが届いたので面接に行ったら(希望勤務地で転勤なしの求人)不採用になった。 後日求人を見ると私が面接に行った都道府県だけ募集から削除されていた(だったら募集するな) 9、一度求人を閲覧しただけでオファーが届く会社がある。 (リクナビnextの検索がクソだから他の都道府県の求人を間違って見ただけで受験しないよ) 10、私は大卒ではないが大卒限定の求人のオファーが届く、案の定書類選考で不採用(だから何を求めてるのw?) 11、求人を見て面接を受けたら不採用の電話が来て(100歩譲ってここまではいい)求人より低い条件の職種なら採用出来ますと言われた(これは詐欺では?) 12、求人の非表示機能がない(一度落ちた求人見たくないでしょw ホントに転職希望者に寄り添ってる?) 13、そんな中200社受けてやっと採用されたが、そこも話が違う(周りが認めれば昇進出来ると求人にあったので上司に質問したら、この支店では君は3番目に昇進すると言われた。 それは年功序列では?) 14、旅行サイトの法人営業のオファーが届いたので面接に行ったが(もちろん私の希望条件通り)コロナの時期に密室で1対1で面接。 後で1人来ますと言われその間質疑応答をしていたら途中でもう1人入室してきて全く同じ事を聞かれた(まず時間を守れ、社会人だろ)面接終盤に合否は連絡しますとの事だったが1ヶ月たっても合否の連絡なし(まあそれだけ非常識の企業だから働きたくないけど) 15、面接時こちらから自己紹介をしても名乗らない面接担当がいる(1対1で名乗らない?社会人として終わってるだろ。 オメー誰だよ名刺くらいだして身分証明しろよ。 本物の面接担当かわかんねーだろ) リクナビnextがどう思うか知らんが理不尽に落とした企業全部メモしてるからな 交通費返せ 時間返せ リクナビnextはマジで時間のムダだと思う 改善できないならこのアプリ消せ なくなっても誰も困らんよ このレビューを見て頂いた方へ このアプリはアプリを通して会社の恥を晒すアプリです。 人それぞれ意見が違うとは思います。 しかし私は200社受けて採用はたったの1社だけです。 もちろん私の学歴職歴や人間性に原因があるかもしれませんがw 求職者の方がこのアプリを利用するのであれば非常識な企業を探す目的でご利用下さい。 それ以上の目的で利用するのは私はオススメ致しません。 そしてあくまで私の意見なので求職者は他のレビューも見て総合的に判断して下さい オファーが来て現職を退職して転職。 しかし入社後、給与減額。 スキルがあるからと言ってオファー条件以外の業務をさせられる。 それらの業務も時間短縮の会社の方針と合わないと1か月で退職勧告。 挙句にミスすると懲戒解雇をちらつかせ、辞めるか残るかを迫られる。 様子見で残ることを選択すると時間給へ条件変更。 あほらしくなってやめました。 その際もリクナビに支払った費用を請求されそうになりました。 もちろん支払う義務なんてありませんが。 結局こんな企業ばかりの集まりでしょう。 いいところ見つかったらラッキーですが、そのラッキーと現職の条件とよく見比べたほうがいいと思います。 転職者に後の保証なし。 転職者の早期退職理由も調べない。 結局のところリクナビへの斡旋料30万円~80万円リクナビ丸儲け。 リクナビを儲けさすために自分の経歴を差し出し、現企業での実績をフイにするのか?現職と比較してよく考えたほうがいいです。 求人数および、情報量はかなり膨大です。 比較的、希望する細かい内容まで検索条件を指定でき、検索できます。 しかし、条件をそれなりに絞っても、ヒットする求人情報がかなり多く、選別に手間取ることもありました。 また、自らのキャリアを登録してスカウトメールを受けることも可能ですが、企業側が大まかな検索条件でヒットした対象者のほとんどにスカウトメールを送信しているようなきらいがあり、定型文的なスカウトメールも多くありましたが、中には内容をちゃんと精査している企業もあります。 しかし、多くのスカウトメールが届くため、そのような貴重なメールが埋もれてしまうこともあり、豊富な情報量が弊害となっているような気もしていました。 なお、担当者、サポートについては利用しなかったため、評価3とさせていただきました。

次の