振替 受払 通知 票 web 照会 サービス。 振替受払通知票Web照会サービス-ゆうちょ銀行

「振替受払通知票 Web照会サービス」というのがあるらしい。

振替 受払 通知 票 web 照会 サービス

振替受払通知票Web照会サービス開始 振替口座の入金は、イメージ印刷の払込票が2、3日後に郵送されていた。 しかし、このサービスを使うと処理の翌日早朝9時以降に入金確認ができるようになる。 すごく便利になりそうだ。 オレンジ色のバナーが体験サイトの入り口になっている。 イメージを見ながらメモ欄に手入力してください。 着金情報はCSVファイルにして出力しますよ。 イメージファイルはPDFに変換するので、独自に保管してくださいね。 と言う趣旨だ。 このサービスを使うと紙イメージは送付されなくなる。 再発行して欲しい時は有償で発行しますよ。 価格を尋ねたところ、見出しも明細も1枚514円とのこと。 ちょっと高くない。 利用している払込票は、コンビニ収納対応のバーコードがついたものである。 イメージ画像でバーコード入力ができると便利だなと思っていたのだが、 入力項目は10桁までしか対応していない。 バーコードを読み込んだとしてもすべては拾えないようだ。 LCDディスプレイのイメージをバーコードで読み込もうとしたところ失敗してしまった。 iPhoneの画面にイメージを表示してならバーコードリーダーで読み込めたので、今回のゆうちょサービスでも 読み込める可能性はあるかもしれない。 ゆうちょ銀行にバーコードは読み込めるでしょうかと尋ねたが、想定外と取り合ってくれない。 また、判断は自分でしてくださいととってもつれない。 実際の検証をするすべがないのだが。 どなたか、コンビニ収納のバーコード付き払込票でバーコードが読み込めるか試してくれないでしょうか。

次の

振替受払通知票Web照会サービスのご利用方法-ゆうちょ銀行

振替 受払 通知 票 web 照会 サービス

フィッシングメール本文(フィッシング対策協議会より) 三菱UFJ銀行をかたり、フィッシングサイトへ誘導する不審なメールに関する報告を受けたとして、フィッシング対策協議会が情報を公開した。 10月21日14時時点で誘導先のフィッシングサイトは停止しているが、引き続き注意が必要だ。 同協議会が公開しているメールの件名は以下の通りだが、これ以外のものが使われる可能性がある。 (三菱UFJ銀行)口座情報• 【三菱UFJ銀行】 個人名義の口座を開設されるお客さまへ• 【三菱UFJ銀行】-口座振替受付サービス• 【三菱UFJ銀行】振替受払通知票Web照会サービス」でご確認ください• (三菱UFJ銀行)振替口座に入金する「口座間送金」のみとなります。 【三菱UFJ銀行】貯金等規定の改定等のお知らせ• 【三菱UFJ銀行】送金等が利用できるよう、設定できます• 【三菱UFJ銀行】お客さまの口座間送金管理• 【三菱UFJ銀行検索アプリ】のサービス開始• お客様の【三菱UFJ銀行】口座・通帳一時利用停止中、再開のお手続きの設定してください。 メール本文では、ユーザーの三菱UFJ口座のリスク回避のために利用制限をかけたなどとし、リンク先のウェブサイトで解除を行うよう促す内容になっている。 正常な利用に影響しないように、ご自分で制限を解除してください。 フィッシング対策協議会ではこれらの情報を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けている。 なお、このほかにもさまざまな理由でワンタイムパスワードを詐取して不正送金を繰り返す手口や、携帯会社を装って銀行口座情報を詐取する不審なSMSが確認されているとして注意を促している。

次の

入札情報一覧(政府調達) : 振替受払通知票Web照会サービス利用勧奨状等の発送等の委託

振替 受払 通知 票 web 照会 サービス

正太寺御持会の会費請求に使うゆうちょ銀行の払込取扱票の残部がわずかになり、今年度分に足りないことが判明したので、あわてて請求をしに郵便局へ。 窓口で請求書を出すと数日して郵送されてくる、だったと思います。 局内にも在庫はあるわけですが、あくまで窓口で記入するためのものなので、それを分けてもらうことは出来ません。 急いでいるときは特に疑問しかわかないのですが、今ではそういうものだと納得しています。 たぶん、局で配布をすることになったら、結構な量の在庫を抱えることになるのでしょう。 入出は小さい村なので大量の請求はほとんどないでしょうが、そばに会社があったりするだけで事情が変わってきそうです。 ゆうちょ銀行の振替口座への払込があると、振替受払通知票が郵送されてきます。 自分で出金しても同様です。 通帳がない口座なので、お金の出入りを通知票の郵送で知らせてくれるんです。 電信払ではない、払込取扱票で入金されたものについては、取扱票のコピーも同封されてきます。 郵便振替口座を扱ったことがない方はびっくりするかもしれませんが、あの票がそのまま届くんです。 通信欄だけでなく、全部です。 私なんかは悪筆ですので、その事実を知ったときは恥ずかしかったです。 それ以来、悪筆なりに丁寧書くようにしています。 通信欄の内容がどうやって相手に届くのか、疑問を持ったことはあるんです。 まさかコピーがそのまま届いているとは。 その振替受払通知票の郵送が、今年の4月から有料化されます。 かわりにゆうちょ銀行のネットバンクであるゆうちょダイレクトからメールで通知が届き、見ることが出来ます。 すでに数年前からサービスは始まっていたのですが、いよいよ電子化に梶を切ってきた、というわけです。 最初に有料化の案内が来たのが2018年だったと思います。 長めの準備期間がありましたし、そこそこの規模の会社は電子化されていた方が便利でしょうから、大きな問題は起こらないとは思います。 振替口座は利息の付かない口座ですが、マイナス金利のせいで少しでも経費を減らしたいのでしょう。 紙代だけでもかなりのものでしょうしね。 ただ、正太寺ではワークフローを変えなくてはなりません。 師匠が中身を確認して相手先の名前と入金額を封筒に記入して、それを頼りに私が帳簿を付けるという具合。 師匠の仕事が自動消滅で、全部私がやることになります。 近い将来どのみちそうなるのですから問題はないのですけど、師匠が寂しがらないかな、と。 会計帳簿としては、今までは届いた通知票を保管していたのですが、これからはどうなるんでしょう。 証憑という認識ならばとにかく保管しなくちゃならないので、現行制度では印刷するしかありません。 たしかそのうち電子保存でよくなるはずでしたけど、電子的に発行された証憑類の保管って、どうするんでしたっけ。 調べることが出てきてしまった。 あの記事はどこで読んだんだっけか。 えーと。

次の