エジソン 映画。 【映画】エジソンズゲームのあらすじ結末ネタバレと感想!

エジソンズ・ゲームの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

エジソン 映画

解説 発明王エジソンとライバルたちがアメリカ初の電力送電システムをめぐって繰り広げたビジネスバトル=電流戦争を映画化。 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のベネディクト・カンバーバッチがトーマス・エジソン、「シェイプ・オブ・ウォーター」のマイケル・シャノンがライバルのカリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスを演じ、共演にも「女王陛下のお気に入り」のニコラス・ホルト、「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランドら豪華キャストがそろった。 19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。 白熱電球の事業化を成功させた天才発明家エジソンは、大統領からの仕事も平然と断る傲慢な男だった。 実業家ウェスティングハウスが交流式送電の実演会を成功させたというニュースに激怒したエジソンは、ネガティブキャンペーンで世論を誘導。 事態は訴訟や駆け引き、裏工作が横行する世紀のビジネスバトルへと発展していく。 監督は「ぼくとアールと彼女のさよなら」のアルフォンソ・ゴメス=レホン。 もちろん、妻への愛情など人間的な面も描かれてはいる。 それでも、本作の主題である電流戦争に関しては、直流方式を推すエジソンが名声と資金力に物を言わせ、ウェスティングハウス+テスラ陣営のより優れた交流方式をあの手この手で潰しにかかる姿が実に憎らしい。 ニコラス・ホルト演じるテスラが不憫だ。 史実に基づくドラマなので仕方ないが、テスラがもし出会いに恵まれ、若い頃から存分に発明の数々を実用化できていたら、今の世界も相当違っただろうにと思わずにはいられない。 エジソンが不利な直流送電にこだわるアホのごとく描かれているのは少し微妙です。 いろいろな条件で直流が良い場合も有り、現在の日本でも直流送電されているところもあります、要は関連機器と相対的なコストの問題にエジソンは敗れただけなので、その点については、取り立てて問題にすることはありません。 この映画のテーマは、エジソンが人格破綻者でありながら、偉人としてアメリカや世界で尊敬され続けていることです。 日本では、電気椅子のネガティブキャンペーンや嘘、詐欺、だましが伝わっていませんが、アメリカでは、あれだけマスコミを使って下手な宣伝をするわけですから、エジソンが人でなしであることは周知のことなのです。 それを知った上でアメリカでは尊敬される、勝てば官軍、それがアメリカなのです。 原爆を落とそうが、卑怯であっても強ければ良い、それがアメリカだと開き直った、それが、この映画のテーマです。 だから、現在なら、黒人を殺すことを多数のアメリカ白人は悪いと思っていない、しないのはコストが悪いからです。 この映画の警告を知り、アメリカに対処すべきと注意してもらっている、良い映画です。 レビューは低評価が多いのであまり期待しないで鑑賞。 やはり低評価が頷ける内容でした 途中久々に睡魔が、、。 カンバーバッチ主演でこの出来はかなりもったいない!もう少しどうにかならなかったのか・・残念過ぎる。 まずエジソンとウェスティングハウスのそれぞれの妻のエピソードは要らないだろう。 完全に蛇足、時間の無駄。 家族の話は全カットしてエジソン vs ウェスティングハウスのビジネス物に徹するべきだったのではないか?下手に家族の話を入れた事によって全体がぼやけた印象。 特にウェスティングハウスの妻の"私頭いいのよ"的な話し方や態度が鼻についた。 夫の威を借る妻・・。 話の本筋に全く関係ない妻のエピソードに時間を割いてテスラの話をほとんど描かないのは理解不可能。 テスラの天才ぶりが全く伝わってこず、ただ要領の悪い若者みたいになってしまって気の毒。 専門的な用語等は言葉だけでなく、視覚での説明・解説があればかなり分かりやすくなっただろうと思う。 エジソンとウェスティングハウスがずっといがみ合い・足の引っ張り合いをしているばかりで、成功して"ヨッシャー👍!!"みたいに歓喜で盛り上がりがる場面が無いので単調に感じる。 これではヒットは難しく興収的にかなり厳しいだろう。 もう少し工夫すれば良作になる題材だったと思うので本当にもったいない。 確かに邦題もイマイチですね。 そのまま"電流戦争"でもいい気がする。 カンバーバッチならイミテーション・ゲームの方が断然おもしろかった。 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画『エジソンズ・ゲーム』試写会レポート:三菱電機 CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

エジソン 映画

世界でトップクラスの質を誇る、エジソンの発明品コレクションを展示しています。 偉大なる発明王エジソンの発明品やその考え方、人間性や情熱に触れることで、新しい発想や想像力を育み、発明やものづくりの面白さや素晴らしさ、努力することの大切さを学ぶことができます。 バンダイコレクション財団は、玩具及び発明品の収集、公開及び普及等に関する活動を行い、 次世代を担う子供たちの交流、学習、レクリエーションの一助となることで、 子供たちの心身の健全な育成と豊かな発想の増進に寄与することを目的としています。 「発明王」の名を持ち映画の父とも言われている。 ゼネラル・エレクトリック (GE) の社長でもあった。 「電球を発明した」人物として有名だが実際には、電球のような家電を含めて発電から送電まで電気の事業化に成功したことが最も大きな功績である。 たんに、うまくいかないだろう1万の方法を見つけただけだ」 「私は決して失望などしない。 エジソンの肉声が聞ける!「蓄音機」 蓄音機「ファイアサイドB型」 制作年:1912~1915年 今から約130年前に世界で初めて「音」を記録し、再生することのできる「蓄音機」がエジソンにより発明されました。 蓄音機はエジソンが30歳で発明してから、レコード事業から撤退する82歳まで、一番情熱を注いだ発明品だったと言われています。 写真はエジソン社より発売された蓄音機の上位機種のひとつです。 特徴的な形状のホーンは、シグネットホーンと呼ばれています。 ダイヤモンド針のリプロデューサーを取り付けることができ非常にクリアな音を楽しむことができます。 世紀の大発明!白熱電球 白熱電球 制作年:1879年~ エジソンは最善のフィラメント素材を探し、調査の結果、京都八幡村の竹を使って白熱電球を実用化しました。 1879年にエジソンは木綿糸を炭化させたカーボンフィラメントを用いた実験で約40時間の連続点灯に成功します。 その後、エジソンは最善のフィラメント素材を探して6000種以上の素材を実験し、その中で竹の繊維が優れている事を発見します。 そして世界中の竹を調査し、京都八幡村の竹が最も優れている事を確認すると、この竹を使って実用化に耐える白熱電球を生産し、世の中に送り出す事に成功しました。 世界初!映像化を実現 映写機「キネトスコープ」 制作年:1891年 キネトスコープは、1891年に映画を見る装置としてエジソンによって発明されました。 ちなみに映画を撮影するカメラは、キネトグラフと呼ぶそうです。 キネトスコープは、1893年にシカゴ万国博覧会で展示されると話題となり、その後、約3年で全米の街に映画館が作られました。 電話機を実用化 テレボイスレコーダー グラハム・ベルによって発明された電話機をエジソンが実用的に改善しました。 電話は1876年3月10日、アレキサンダー・グラハム・ベルによって発明されました。 しかし、距離が離れると音が不明瞭になる欠陥があった為、長距離通話を可能にしたエジソンがいなければ、実用化することはできなかったでしょう。 写真は「テレヴォイスライター」という機種で、会話を録音することもできました。 ダイヤル以外はほぼ現代の黒電話の完成型となっています。 初めての電話テストの時にエジソンが発した言葉が「ハロー」で、実はこの言葉もエジソンの発明のひとつなのです。 手を触れずにパンを裏返しできる! ラジオトグルトースター 制作年:1910~1930年 扉を開閉するたびに、自動的にパンが裏返しとなる、エジソンのアイディアが使われています。 パンを手にとって裏返すことなく、両面をきれいに焼くことができます。 また、当時は1日に2食が一般的でありましたが、トースター販売のため、朝食を食べようというエジソン社のキャンペーンもあり、現代では1日に3食が定着しています。 注:エジソン社の製品であって、トースターの一部に発明が使われています。

次の

映画『エジソンズ・ゲーム』感想,あらすじ,口コミ,キャスト,作品情報まとめ

エジソン 映画

解説 発明王エジソンとライバルたちがアメリカ初の電力送電システムをめぐって繰り広げたビジネスバトル=電流戦争を映画化。 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のベネディクト・カンバーバッチがトーマス・エジソン、「シェイプ・オブ・ウォーター」のマイケル・シャノンがライバルのカリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスを演じ、共演にも「女王陛下のお気に入り」のニコラス・ホルト、「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランドら豪華キャストがそろった。 19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。 白熱電球の事業化を成功させた天才発明家エジソンは、大統領からの仕事も平然と断る傲慢な男だった。 実業家ウェスティングハウスが交流式送電の実演会を成功させたというニュースに激怒したエジソンは、ネガティブキャンペーンで世論を誘導。 事態は訴訟や駆け引き、裏工作が横行する世紀のビジネスバトルへと発展していく。 監督は「ぼくとアールと彼女のさよなら」のアルフォンソ・ゴメス=レホン。 もちろん、妻への愛情など人間的な面も描かれてはいる。 それでも、本作の主題である電流戦争に関しては、直流方式を推すエジソンが名声と資金力に物を言わせ、ウェスティングハウス+テスラ陣営のより優れた交流方式をあの手この手で潰しにかかる姿が実に憎らしい。 ニコラス・ホルト演じるテスラが不憫だ。 史実に基づくドラマなので仕方ないが、テスラがもし出会いに恵まれ、若い頃から存分に発明の数々を実用化できていたら、今の世界も相当違っただろうにと思わずにはいられない。 エジソンが不利な直流送電にこだわるアホのごとく描かれているのは少し微妙です。 いろいろな条件で直流が良い場合も有り、現在の日本でも直流送電されているところもあります、要は関連機器と相対的なコストの問題にエジソンは敗れただけなので、その点については、取り立てて問題にすることはありません。 この映画のテーマは、エジソンが人格破綻者でありながら、偉人としてアメリカや世界で尊敬され続けていることです。 日本では、電気椅子のネガティブキャンペーンや嘘、詐欺、だましが伝わっていませんが、アメリカでは、あれだけマスコミを使って下手な宣伝をするわけですから、エジソンが人でなしであることは周知のことなのです。 それを知った上でアメリカでは尊敬される、勝てば官軍、それがアメリカなのです。 原爆を落とそうが、卑怯であっても強ければ良い、それがアメリカだと開き直った、それが、この映画のテーマです。 だから、現在なら、黒人を殺すことを多数のアメリカ白人は悪いと思っていない、しないのはコストが悪いからです。 この映画の警告を知り、アメリカに対処すべきと注意してもらっている、良い映画です。 レビューは低評価が多いのであまり期待しないで鑑賞。 やはり低評価が頷ける内容でした 途中久々に睡魔が、、。 カンバーバッチ主演でこの出来はかなりもったいない!もう少しどうにかならなかったのか・・残念過ぎる。 まずエジソンとウェスティングハウスのそれぞれの妻のエピソードは要らないだろう。 完全に蛇足、時間の無駄。 家族の話は全カットしてエジソン vs ウェスティングハウスのビジネス物に徹するべきだったのではないか?下手に家族の話を入れた事によって全体がぼやけた印象。 特にウェスティングハウスの妻の"私頭いいのよ"的な話し方や態度が鼻についた。 夫の威を借る妻・・。 話の本筋に全く関係ない妻のエピソードに時間を割いてテスラの話をほとんど描かないのは理解不可能。 テスラの天才ぶりが全く伝わってこず、ただ要領の悪い若者みたいになってしまって気の毒。 専門的な用語等は言葉だけでなく、視覚での説明・解説があればかなり分かりやすくなっただろうと思う。 エジソンとウェスティングハウスがずっといがみ合い・足の引っ張り合いをしているばかりで、成功して"ヨッシャー👍!!"みたいに歓喜で盛り上がりがる場面が無いので単調に感じる。 これではヒットは難しく興収的にかなり厳しいだろう。 もう少し工夫すれば良作になる題材だったと思うので本当にもったいない。 確かに邦題もイマイチですね。 そのまま"電流戦争"でもいい気がする。 カンバーバッチならイミテーション・ゲームの方が断然おもしろかった。 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の