デイブ フロム ショー。 TDLの園内で聞ける声優さん

【InterFM897 The Dave Fromm Show】陰謀コーナーに出演しました|宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか)

デイブ フロム ショー

来歴・人物 [ ] 父親はのエルウッド・フロムで、母親は日本人のハーフ。 父・エルウッドは北海道をはじめ日本各地でとして活動した人物。 生まれは。 幼少期から日本とアメリカの両国で過ごし、日本では北海道や東京都調布市などのインターナショナルスクール()、アメリカでは高校から大学時代()を主に過ごす [ ] [ ]。 日本にて外資系音楽機材メーカーの営業社員を経て、その声の良さをに見出されに所属、ラジオDJやを始める [ ]。 2003年より続く『』では、卓越したトークとユーモア、優れた選曲での看板DJとして活躍中。 番組内で相棒となるとの掛け合いトークは、幅広い層のリスナーを獲得し、多くの有名ミュージシャンたちからも支持されている。 2017年2月に催された番組イベントでは、のタイムフリーレーティング調査にて局内トップ聴取率であったことが発表された [ ] [ ]。 『LEON』編集長のが創刊したファッション雑誌『GG』にて2017年7月号よりモデルとして活動。 180㎝を超える身長とその容姿により、仕事で訪れていたゴルフイベント会場にてスカウトされたことがモデルデビューのきっかけとなる。 趣味はゴルフ、野球観戦(とのファン)。 二人の娘を持つシングル・ファーザーで、次女はモデルの。 出演 [ ] ラジオ [ ]• 「ANTE MERIDIAN」• 「City Lights」• 「Harbor lights」• 「Hypersonic」 FM横浜• 「Midnight Cruise for Lovers」 2007年4月 - 、• 「SUNSET DRIVE」 FM横浜• 「THE NITE」 FM横浜• 「THUNDER STORM」 - 2003年3月31日、FM横浜• 「WHAT'S UP YOKOHAMA」 FM横浜• 「The Dave Fromm Show」 2003年4月1日 - 、• 「セッション2009」 2004年10月 - 、 、オープニングナレーション• 「ヨコハマ・ソウル・トレイン」 FM横浜 番組ナレーション [ ]• 「GOLF NOW」• 「Making the video」• 「NEWS ZERO」 、コーナータイトル• 「ZiP! 」 NTV、コーナータイトル• 「おすぎのシネバラ! 「たけしの誰でもピカソ」 TX• 「ガールズ・ライク・マネー! 」 2009年2月 - 、NTV• 「ゴルフ14本の美学」 TX• 「ゴルフトーナメント」 TX、オープニングNa• 「シネ通! 」 TX• 「ジャングルTV」• 「スクールLIVE SHOW」 2012年4月 - 、、オープニングNa• 「スポルト」 、サウンドロゴ• 「ズームインSUPER」 NTV、コーナータイトル• 「ディズニーLIVE! ミッキーとハッピーバースディ くまのプーさん」• 「ワールドカップバレー」 CX、タイトルコール• 「中田英寿 僕が見た、この地球。 」 NTV• 「催眠の森」 NTV• 「朝までROCK YOUギリギリまる生QUEEN祭り」 NTV• 「来日直前特番 WE WILL ROCK YOUがやってくる」 NTV• 「東京JAZZ」• 「歌スタ」 - 2010年3月、NTV• 「番宣」• 「番宣まつり」• 「穐吉敏子ジャズオーケストラ」 NHK• 報道特番「ACTION2009」 NTV 雑誌 [ ]• GG(GGメディア)レギュラーモデル(2017年7月号 - ) その他 [ ]• アルバム「440Hz with〈LIFE OF JOY〉」(2020年2月29日、エムアイティギャザリング) - 5曲目「ねぎねぎフルフル」に参加 脚注 [ ]• 2017年2月12日 イベント「陰謀バレンタイン」にて• 2017年9月22日、The Dave Fromm Show放送分、本人発言より 外部リンク [ ]• - チャンネル• davefrommchannel -• DFS897 - この項目は、一般(・・・以外のなど)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

Dave Fromm Channel

デイブ フロム ショー

「放課後は終わらない!」を合言葉に、いつまでも青春!いつだって文化祭気分!のオバカな野郎の他愛ないヒマネタ閑話休題です。 「同時代性」の大好きな70年代の洋楽や邦楽のカルチャー 枠にとどまらず、 「路上観察」ネタや益にもならない放談の 日々で攻めてみたいと思います。 かなり気まぐれな 不定期アップと不連続な話題がウリ(?)の 「気まぐれな 鉛の飛行船」とでも思ってくださいな。 「浜名湖フォークジャンボリー」では記録係のカメラマンの1人として当日スタッフや実行委員 2010年度 などもしていました。 しかし、その正体は、某写真週刊誌の取材記者を30年以上も勤めているという怪しい噂も…? 笑 2010年、老舗アコースティックギターメーカー「K. Yairi」のトラベルギター・ニックネーム公募で「TEKTEK テクテク 」で最優秀賞受賞。 同社からシリアルナンバー0001の同ギターを貰い図にのる中年57歳。 一応は自動二輪限定解除免許もあったりして? 笑 昨日(10月1日)の東京でもロック好きな局地的ローカルな話題としてはインターFMの人気看板番組のDJデイブフロムの二か月ぶりの番組復帰でした。 記憶では7月21日くらいに突然消えてしまった気がしたから二か月強のブランクかな? 当初、交通事故とか大病とかUFOに誘拐されたとか色々と心配や憶測が飛び交いましたが入国ビザ切れで警察と入管に一か月くらい拘留されていたそうです。 残りの一か月は謹慎期間? 笑 番組の存続さえ危ぶまれただろうしね。 この番組がないと往年のロックファンは悲しいのです。 平日の午後3時から6時までの3時間の空しいこと空しいこと 笑。 デイヴさんが消えた二か月間の代打番組のつまらないことといったらありませんでした。 正直ひどかった・・・。 無理! …というか、やらないと怒られるので…。 ご幼少の頃、T. 中坊時代は朝から晩までスージー・クアトロで日が暮れる始末。 初めて買ったLPはエルトン・ジョンの「ピアニストを撃つな」、2枚目に買ったLPは「ミッシェル・ポレナレフ・ゴールデンベスト20」、3枚目のLPはエマーソン、レイク&パーマーの「展覧会の絵」。 最初に買ったEPはホットバターの「ポップコーン」、次がデヴィッド・ボウイの「スターマン」かな?そんな時代です。 その弾けなさではダントツの遠州1のパンキッシュぶり!何事も一番はいいものです。 愛機は30数年前の高校時代に購入した「roje 全音 」のリッケンバッカー4003・コピーモデル RB-100 を後生大事にメインで使用中。 当時からグレコに比べれば相当にマイナーな部類なので、こんなのが国内に現存しているだけでも、グヤトーンよりも希少価値かもなんてね 笑。 唯一無二の乾いたトーンでメイプルスルーネックボディは渋~く甘~くディープに鳴ります…と本人だけは思っている節あり 笑。

次の

水曜日名物・陰謀コーナー、2度めの出演【InterFM897 The Dave Fromm Show】|宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか)

デイブ フロム ショー

「放課後は終わらない!」を合言葉に、いつまでも青春!いつだって文化祭気分!のオバカな野郎の他愛ないヒマネタ閑話休題です。 「同時代性」の大好きな70年代の洋楽や邦楽のカルチャー 枠にとどまらず、 「路上観察」ネタや益にもならない放談の 日々で攻めてみたいと思います。 かなり気まぐれな 不定期アップと不連続な話題がウリ(?)の 「気まぐれな 鉛の飛行船」とでも思ってくださいな。 「浜名湖フォークジャンボリー」では記録係のカメラマンの1人として当日スタッフや実行委員 2010年度 などもしていました。 しかし、その正体は、某写真週刊誌の取材記者を30年以上も勤めているという怪しい噂も…? 笑 2010年、老舗アコースティックギターメーカー「K. Yairi」のトラベルギター・ニックネーム公募で「TEKTEK テクテク 」で最優秀賞受賞。 同社からシリアルナンバー0001の同ギターを貰い図にのる中年57歳。 一応は自動二輪限定解除免許もあったりして? 笑 昨日(10月1日)の東京でもロック好きな局地的ローカルな話題としてはインターFMの人気看板番組のDJデイブフロムの二か月ぶりの番組復帰でした。 記憶では7月21日くらいに突然消えてしまった気がしたから二か月強のブランクかな? 当初、交通事故とか大病とかUFOに誘拐されたとか色々と心配や憶測が飛び交いましたが入国ビザ切れで警察と入管に一か月くらい拘留されていたそうです。 残りの一か月は謹慎期間? 笑 番組の存続さえ危ぶまれただろうしね。 この番組がないと往年のロックファンは悲しいのです。 平日の午後3時から6時までの3時間の空しいこと空しいこと 笑。 デイヴさんが消えた二か月間の代打番組のつまらないことといったらありませんでした。 正直ひどかった・・・。 無理! …というか、やらないと怒られるので…。 ご幼少の頃、T. 中坊時代は朝から晩までスージー・クアトロで日が暮れる始末。 初めて買ったLPはエルトン・ジョンの「ピアニストを撃つな」、2枚目に買ったLPは「ミッシェル・ポレナレフ・ゴールデンベスト20」、3枚目のLPはエマーソン、レイク&パーマーの「展覧会の絵」。 最初に買ったEPはホットバターの「ポップコーン」、次がデヴィッド・ボウイの「スターマン」かな?そんな時代です。 その弾けなさではダントツの遠州1のパンキッシュぶり!何事も一番はいいものです。 愛機は30数年前の高校時代に購入した「roje 全音 」のリッケンバッカー4003・コピーモデル RB-100 を後生大事にメインで使用中。 当時からグレコに比べれば相当にマイナーな部類なので、こんなのが国内に現存しているだけでも、グヤトーンよりも希少価値かもなんてね 笑。 唯一無二の乾いたトーンでメイプルスルーネックボディは渋~く甘~くディープに鳴ります…と本人だけは思っている節あり 笑。

次の