オセロニアデッキ。 【オセロニア】楔デッキのレシピと使い方を解説|天楔デッキ|ゲームエイト

【逆転オセロニア】竜デッキは弱すぎる!?その弱点の多さと勝つための方法

オセロニアデッキ

ご無沙汰しております。 さにーです。 記事の執筆は久々ではあるが、オセロニアの環境はそれなりに追っているのでその点、心配は無用である。 勝てるとは言っていない さて。 GWの逆転祭にて3つ 4つ の新スキルが追加されたのは記憶に新しいだろう。 天楔 神雷 、アビス、獄炎である。 特に獄炎は新たなを確立するほど強力であり、アビスも多大なアドバンテージを稼ぐ役割として魔デッキで活躍している。 天楔スキルはリリース当初、ゼウスしか存在しなかったため、真価が分からないままだったが、その後にリリースされた天雷の楔コレクションやストチャーセット『master of 』にて一気に数を増やし、デッキが作れるまでに至った。 今月の超駒も神雷スキルと、今運営に押されに押されまくってる天楔。 そんな天楔スキルの中で一際異彩を放つ駒がある。 それが今回の主役〈タクハタチヂヒメ〉だ。 手駒オーラから毎ターン継続して楔を増やすスキルを持つこの駒はデッキの要として、天楔デッキでは必須級の活躍を見せている。 しかし、私はこの駒に別の可能性を感じていた。 それは、第2の納涼として運用できる可能性である。 あと最後のやつぐうの音も出ない正論で草 つまり天楔デッキ以外でもこの駒は運用出来ると考えたのだ。 もちろん、に比べると神単であることや序盤のダメージ不足がデメリットとなることは承知している。 しかし、暗黒やアンデッドに対処されないのは最近の暗黒の隆盛や獄炎の台頭を考えると軽視できないメリットではないだろうか。 さらに他のオーラ毒は魔駒である。 神駒である〈タクハタチヂヒメ〉は他の神単条件の強力な駒を使用できるメリットがあるのだ。 そんな訳で今回はこの〈タクハタチヂヒメ〉にスポットライトを当てていく。 コンセプト 今回のコンセプトは単純だ。 〈タクハタチヂヒメ〉を納涼のように使った『神"単"』である。 「は?いねーじゃん」 「性能的にはどちらかというとシエンティアだろ」 「まーた代替品商法かぁ… 呆れ 」 …今回はツッコミ要員が多い様だが気にせず進めていく。 コンセプト自体は単純だが、このデッキを作る上での最大の課題は 「デッキの劣化にならないこと」だろう。 これが最大の差別化点で今回の構築の要となる部分だ。 神駒であることを最大限に活かし、デッキとは別の強みを見出すことがこのデッキが成立するかのカギを握っていそうだ。 構築 まずは正直なところデッキの構成すら知らないので、某のテンプレ構築を参考に採用されている駒を確認していく。 「デッキのテンプレ知らない奴マジ?」 「夏シュクレ以外のパーツ適当に組んで5連敗したからって頼るのやめろ」 「パクる気満々で草」 …ちょうど良いところに賑やかしがいるので、彼らにデッキの中核であるよく使われるS駒を解説してもらおう。 まずは、唯一知っていた定番駒〈サマー・シュクレ〉。 「の女」 「実質HP7000のやべー奴」 「」 次に、〈闘化ヴィーナス〉。 「ダメージレースぶっ壊しお姉さん」 「強いよね。 序盤中盤終盤隙がないよね。 」 「」 そして、〈闘化トール〉。 「「「人権おじさん」」」 そう、魔デッキとして組まれることが多いデッキだが、実は以外のS駒は神駒のみで構成されていることが多いようだ。 もちろん例外はあるが つまり、神単であることにより、大きくデッキが歪んだり、パワーが落ちることは無さそうだ。 では何故、 S駒がほぼ神で構成されているのに、デッキは魔デッキで組まれるのか。 それはやはり優秀な魔A駒達の存在に他ならないだろう。 その中でも特筆すべきは安定したダメージソースでのサポートをする駒。 、リッチ、ハル、サマーブランジェッタの存在だ。 これらの優秀な魔駒達のダメージによって幅広いデッキと撃ち合うことが出来ているのだ。 このダメージソースを神単で実現することはできないだろうか… 私は駒箱とにらめっこをして神単における、リッチ、ハル、サマーブランジェッタを探した。 そして、長い年月 10分 をかけ、ようやくそれらの駒を発見する事に成功した。 「は?」 「まーたはじまったよ」 「どうせ劣化版でしょ」 …では見てもらおう。 まずこれが神単におけるである。 自身のHPを叩きつけ低HPデッキに負荷をかける様はまさに。 多少の代償と引き換えに終盤でも強い性能とコンボでのプレッシャーを手にした。 神単故に採用できるという独自のメリットも活かせている。 「確かに」 「一理ある」 「超」 …珍しく納得頂けたようなので、次はリッチを見ていこう。 盤面端からダメージを与える姿はリッチそのもの。 序盤は弱いが、中盤以降はリッチ以上のダメージソースとなる。 コンボもリッチとは対照的に後半ほど強いものとなっており、この点は一長一短だろう。 「微妙」 「弱そう」 「」 …まあ、流石にリッチが優秀すぎる為、ここは劣化に見えてしまうかもしれない。 しかし、ある程度の仕事はしてくれるはずだ。 そして、が魔デッキにする理由でもあるハル。 こちらも実は神駒に存在していた。 しかも…2枚も同時にだ。 イザベラは1600の特殊ダメージとコンボでの削りで実質ハルと同様に扱える。 ゲートはリンクが少し扱いづらいが、こちらもスキルで2000、コンボで2500と充分な打点を持っている。 「バフ入ってないデッキのイザベラのコンボは微妙だろ」 「ゲート初手にきたらキレそう」 「2枚も同時にだ、のネタ前回と被ってるぞ」 …ハルほど気軽に置けないため取り回しが難しいのが難点だが、削り性能としては近いものがあるはずだから目を瞑ろう ハルが優秀すぎるのが悪い そして、最強の削り駒サマーブランジェッタ。 神単における代わりの駒はこいつだ。 3ターンで最大3000の削りやバフによるエンデガサポートはほぼサマーブランジェッタだろう。 流石に召喚駒のコンボによる制圧力は劣るがこちらは毎ターンダメージを与えるため無駄になりづらい。 最強駒の代替としては悪くないだろう。 「こいつ強い」 「罠回収にも使えるのが優秀」 「サマーブランジェッタには及ばないがめちゃくちゃ強い」 …完全な代替とはいかないが、かなりの高性能駒だ。 削り要員としては文句ないだろう。 ここに防御要員の、イシュケ、サマー、シルヴィエ、アイドルアンナを加えればデッキの骨組みはほとんど完成だ。 「でも、これって結局の劣化じゃね」 「同意。 でヨシ!」 「閉廷!解散!」 待て待て待てぇ〜い! 江戸っ子 確かにここまで見るとの劣化に見えるかもしれない。 神単の強みも〈4周年メーティス〉くらいでしか活かせてない。 しかし--- 実はここまでの駒達には魔法が掛かっているのだ。 最後のピースで、別の輝きを放つ魔法が。 このデッキをの劣化なんかじゃない。 「クソデッキ」へと昇華させるその駒こそ。 [癒しの清風]ラファエルである。 もうお気づきだろう。 掛けられていた魔法の正体に。 そう、実はここまでに登場した駒のほとんどが、 『蘇生によりスキルの再利用が可能な駒』なのだ! ラファエルのスキル【奇跡を導く導魂の風】は1度返された駒を盤面に再び戻すというもの。 この際に「〜ターンの間」という記載のあるスキルを持つ駒が復活した場合は、なんと 再度スキルが発動するのだ。 リリース当初はこの蘇ボが強烈過ぎると様々な波紋を呼び、スキルの如く旋風を巻き起こしたが、なかなか扱いが難しく、今やたまに神囁きに入っているのを見るくらいとなってしまった。 しかし今、そんな忘れ去られた蘇ボにより、魔駒の劣化と思われた神のA駒達は新たな輝きを放ち躍動するのだ。 ハルだったゲートはティターニアとなり、サマーブランジェッタだったはアズリエルとなる。 基本パーツのイシュケやアンナも蘇生によりサマーシュクレや進化ティターニアに生まれ変わり、本家デッキよりも更に強力に使うことができる。 そして極め付けは 闘化ヴィーナス。 想像してみて欲しい。 一手で勝利を引き寄せるこの駒をもう一度盤面に叩きつけるその光景を。 二度目のヴィーナスの降臨に驚き困惑する対戦相手の表情を。 ワクワクするじゃねぇかーーー。 そうだ、これだ。 これこそが「クソデッキ」の醍醐味なんだ。 さあ、「クソデッキ」進撃の時間だ。 デッキ ラファエルの蘇生によりデッキとは違った展開を作れるこのデッキはもはや『神単』なんかじゃあない。 雷撃で攻め、蘇生でひっくり返す… このデッキの名は… 『リザレクションボルト』だ! 「致命的にクソダサい」 「マジでセンスない」 「5分以上考えてこれしか出てこないの人間としての底が知れる」 …は? いや、このデッキ名マジで超カッコいいから。 リザレクションボルト。 あーゆーおーけー? 「よくその程度の説明の薄さで弁明する気になったな」 「メンタルが強過ぎる」 「ヒアソフィアでATK下がらなそう」 ………デッキ名募集中。 実践 何はともあれ、完成したこのデッキでシーズンマッチに潜ってみることにする。 お相手は暗。 仮想敵のひとつなのでここは勝ち切りたいところ。 対戦よろしくお願いします。 一見まともに出せる駒が1枚しかない事故に見える初期ハンドだが、なんて事はない 完全に事故ってる。 だが、幸いラファエルが打てることが確定しているためゲームプランは立てやすい。 エンデガを切りたい気持ちをグッと堪え、シルヴィエをラファエルで蘇生する動きを意識して初手にシルヴィエを打つ。 だが苦しい事に変わりはないので、次のトップで、ラファエルで蘇生できる他の駒を引き込みたいところ… はい。 神トップ。 完全運だけdreamer これで完全にゲームプランは定まった。 あとはきっちりとライフ管理と盤面を整理するだけだ。 エンデガを辺につけ、事故ってるアピールで相手を油断させたのち、 一転攻勢のヴィーナスX展開。 お相手はヴィーナスを放置できないので、このターンか次のターンには返してくるはず。 お相手のD5に対してこちらはヴィーナスを返して欲しいのでA3にゲートで角を誘う。 しっかり雷撃による蓄積ダメージも入って相手を追い詰めていく。 暗黒は盤面端につけたい駒が多いため恐らく角を取ってくるはず…! お相手はやはり角にジリアン! …舞台は整った。 さぁ、ラファエルよ、見せてやろう。 神単のみに与えられた「奇跡」の力を。 そして、見返してやろう。 リリース当初は騒がれたが、ほとんど使われることの無かったこの環境を。 盾とデバフによる鉄壁の守備力。 絶対避けられないコンボルートを複数作る制圧力。 神単だからなし得るラファエルによる超アドバンテージこそ、このデッキの真骨頂である。 最後はきっちりダブルコンボで締めてGood Game. 対戦ありがとうございました。 シーズンマッチではダイヤモンドマスターまでこのデッキで到達。 対戦数少ないけど そこそこの勝率を残せているので、デッキ自体はなかなかの出来に落ち着いたと思う。 ちなみに 苦行コロシアムこと昇龍杯で、デッキ調整してたらいつの間にか100勝してた。 ・今日の教訓 流石に100勝分デッキ調整すれば、 クソデッキだろうと そこそこまともなデッキになる。 あと語り 本文が長くなってしまったのであと語りは短めに。 今回のクソデッキいかがだっただろうか。 少しでも面白いと思ってくれた方は、チャンネル登録も高評価もしなくて良いので、是非君の手でクソデッキを作ってみてくれ! いつかみんなのクソデッキと戦える事を楽しみにしている。 2020. この時は、まさか自分のデッキが載るとは全く想像もできなかったぜ… しかもメンツの中、トッププレイヤーのデッキとして紹介頂いたのだ! 「重くないか?その称号」 「を書くだけでトッププレイヤーになった男」 「なんだこのおっさん!? 読者感想 」 …とはいえこれまでもこれからもやる事は変わらない。 今まで通り、クソデッキを作るだけだ。 2020. このデッキを面白い!組んでみたい!もっとこうした方がいい!と思った貴方… ようこそ「クソデッキ」の世界へ。 クソデッキはこれだけじゃない。 もっと魅力的なクソデッキが我々を待ってるはずだ。 それではまた次のクソデッキでお会いしましょう。 bob-yaminohukushin.

次の

【オセロニア】神囁き(召喚)デッキのレシピと使い方を解説|ゲームエイト

オセロニアデッキ

楔の消費数に応じて威力がアップする神雷で、より手軽にダメージを稼ぎやすい仕様となっている。 また、天楔・神雷ともに、ダメージソースの扱いとしては火炎と同系。 (実装時点では)罠にも防御にも竜鱗にもアンデッドにもどこにも引っかからない。 もちろんデバフの影響も受けないため、楔の数さえ出そろっていれば、安定した固定ダメージに期待できるのも魅力だ。 ちなみに楔は出現がランダムで、そのマスに駒を置いたら消滅してしまうものの、何をどうやっても相手が踏んで消せる楔は1個のみ。 そのため、順調に増やしていけば、毎ターン1000以上のダメージが見込める点も優秀と言えるだろう。 ・長期戦が苦手 ・ダメージが頭打ちになる ・楔は楔で上書き可能 楔はまだ駒が置かれていないマスに出現する特性上、中盤以降はどうしても不利。 長期戦を視野にいれたデッキ相手では、楔の数が足りず、神雷が使えないこともある。 また、これはガブリエルやリトスの囁きデッキにも共通することだが、ダメージが頭打ちになりやすい。 回復、吸収、暗黒が相手だと、せっかく与えたダメージがリカバーされてしまうし、かといってダメージは固定のため、竜や神殴りのようにコンボを絡めたオーバーキルが見込めない。 中盤までにテンポよく楔を大量生産し、「やられる前にやる」姿勢で押し切ることも重要となってくる。 「楔は楔で上書き可能」なのは厳密に弱い点ではないのだが、ミラー対決になった場合、スキルを使うタイミングが非常に難しい。 ゼウスのような一気に楔を作れる天楔は、高確率で相手の楔を上書きしやすく、相手の攻撃手段を大きく削ぐことが可能。 しかしこれに対して同じく楔スキルで上書きをされた場合、こちらが同じ目に遭ってしまう。 ミラー対決の場合、この上書きというのがよくも悪くもクセモノで、駒巡りと状況判断がとにかくモノをいう。 このあたりは実装されたばかりということもあり、使い込んで感覚を掴んでいく必要があるだろう。 重要なのは楔マネージメント! 長所・短所について挙げてきたが、プレイして痛感したのが「いかに楔を増やし、どのタイミングで神雷を使うか」ということ。 使う前は「とりあえず楔増やして殴るんだよな。 簡単簡単」と気楽なものだったが、実態はそんな単純なものではなく、「楔のご利用は計画的に」という、リアルのお財布事情に近いものが見えてきた。 神雷は楔がないと発動ができないし、最低でも3本の楔消費が求められるものがほとんど。 ある程度の楔を残しつつダメージを稼いでいくためには、現存する楔の数と、神雷が消費する楔の数をしっかり照らし合わせていくことが必須となるのだ。 このあたりは「給料入ってパーっと使ったら家賃払えなくなった」とか、「後先考えずに銃をぶっ放してたらリロード中にやられた」という点にも通じるものがある。 これを防ぐには天楔持ちを多めに入れるのも手だし、とりあえずスキルが発動するキャラで凌いでいくのも有効。 楔に関わらず何かできるキャラが「つなぎ」として役立つので、トール、エンデガ、ヴァイセあたりは穴埋め要因として非常に相性がよいと言える。 現時点での楔デッキは、「突出して強くはないが、しっかり考えればちゃんと戦える」という「ほどほど」なところだと思う。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 言わば「あればあるだけ食べちゃう」大食漢キャラが多いため、ここぞという場面で楔の貯蓄が切れやすいのだ。 低燃費でほどほどのダメージを出せる「丁度いい」神雷持ちが登場すれば、天楔デッキの評価がまた違ったものになると楽しみにしている。

次の

【オセロニア】属性別のテンプレデッキ一覧【最新版】|ゲームエイト

オセロニアデッキ

楔の消費数に応じて威力がアップする神雷で、より手軽にダメージを稼ぎやすい仕様となっている。 また、天楔・神雷ともに、ダメージソースの扱いとしては火炎と同系。 (実装時点では)罠にも防御にも竜鱗にもアンデッドにもどこにも引っかからない。 もちろんデバフの影響も受けないため、楔の数さえ出そろっていれば、安定した固定ダメージに期待できるのも魅力だ。 ちなみに楔は出現がランダムで、そのマスに駒を置いたら消滅してしまうものの、何をどうやっても相手が踏んで消せる楔は1個のみ。 そのため、順調に増やしていけば、毎ターン1000以上のダメージが見込める点も優秀と言えるだろう。 ・長期戦が苦手 ・ダメージが頭打ちになる ・楔は楔で上書き可能 楔はまだ駒が置かれていないマスに出現する特性上、中盤以降はどうしても不利。 長期戦を視野にいれたデッキ相手では、楔の数が足りず、神雷が使えないこともある。 また、これはガブリエルやリトスの囁きデッキにも共通することだが、ダメージが頭打ちになりやすい。 回復、吸収、暗黒が相手だと、せっかく与えたダメージがリカバーされてしまうし、かといってダメージは固定のため、竜や神殴りのようにコンボを絡めたオーバーキルが見込めない。 中盤までにテンポよく楔を大量生産し、「やられる前にやる」姿勢で押し切ることも重要となってくる。 「楔は楔で上書き可能」なのは厳密に弱い点ではないのだが、ミラー対決になった場合、スキルを使うタイミングが非常に難しい。 ゼウスのような一気に楔を作れる天楔は、高確率で相手の楔を上書きしやすく、相手の攻撃手段を大きく削ぐことが可能。 しかしこれに対して同じく楔スキルで上書きをされた場合、こちらが同じ目に遭ってしまう。 ミラー対決の場合、この上書きというのがよくも悪くもクセモノで、駒巡りと状況判断がとにかくモノをいう。 このあたりは実装されたばかりということもあり、使い込んで感覚を掴んでいく必要があるだろう。 重要なのは楔マネージメント! 長所・短所について挙げてきたが、プレイして痛感したのが「いかに楔を増やし、どのタイミングで神雷を使うか」ということ。 使う前は「とりあえず楔増やして殴るんだよな。 簡単簡単」と気楽なものだったが、実態はそんな単純なものではなく、「楔のご利用は計画的に」という、リアルのお財布事情に近いものが見えてきた。 神雷は楔がないと発動ができないし、最低でも3本の楔消費が求められるものがほとんど。 ある程度の楔を残しつつダメージを稼いでいくためには、現存する楔の数と、神雷が消費する楔の数をしっかり照らし合わせていくことが必須となるのだ。 このあたりは「給料入ってパーっと使ったら家賃払えなくなった」とか、「後先考えずに銃をぶっ放してたらリロード中にやられた」という点にも通じるものがある。 これを防ぐには天楔持ちを多めに入れるのも手だし、とりあえずスキルが発動するキャラで凌いでいくのも有効。 楔に関わらず何かできるキャラが「つなぎ」として役立つので、トール、エンデガ、ヴァイセあたりは穴埋め要因として非常に相性がよいと言える。 現時点での楔デッキは、「突出して強くはないが、しっかり考えればちゃんと戦える」という「ほどほど」なところだと思う。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 言わば「あればあるだけ食べちゃう」大食漢キャラが多いため、ここぞという場面で楔の貯蓄が切れやすいのだ。 低燃費でほどほどのダメージを出せる「丁度いい」神雷持ちが登場すれば、天楔デッキの評価がまた違ったものになると楽しみにしている。

次の