インフォ デミック 意味。 1世紀で150万倍に増大した情報伝達力~情報の急速な伝染「インフォデミック」とは

インフォデミックとは?WHO「『パンデミック』ではなく『インフォデミック』が起きている」【新型コロナウイルス】

インフォ デミック 意味

Contents• インフォデミックとは? インフォデミックとは、ネットで噂やデマも 含めて大量の情報が氾濫し、現実社会に影響を 及ぼす現象のことです。 情報(Information)と感染症の広がりを 意味するエピデミック(Epidemic)を組み 合わせた造語です。 疫病流行の際には出所不明の情報が広がり やすく、 世界保健機関(WHO)も科学的に 根拠のない 情報を信じないよう、 公式サイトで注意を呼びかけています。 デマの怖さとは? SNS(交流サイト)が浸透したことで、 過去より情報が拡散しやすくなっています。 1日に受け取る情報量などを元に算出した 「情報拡散力」は、2003年の重症急性呼吸器 症候群(SARS)流行時と比べて68倍に なりました。 2月末、トイレットペーパーの買い占めが起きた のもSNSのデマ投稿が発端でした。 怖いのは、 デマ投稿よりもデマを否定した情報 の方が拡散 し、結果的にトイレットペーパーの 買い占めを 招いた可能性がある、という指摘です。 デマを否定した投稿者は「正しい情報を広めたい」 というつもりでも、投稿を見た人が品不足を 連想して行動を起こす可能性もあります。 SNSに投稿する際は、慎重な情報発信を 心がけたいものです。 新型コロナとデマは? 🔸トイレットペーパー、発注増で卸困惑 新型コロナで誤情報 トイレットペーパーを 扱う卸業者や小売店の 一部で発注が急増 しており、担当者が対応に 追われている。 新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が 続くなか「トイレットペーパーやその原料が 中国輸入に依存しており品薄になる」 という 誤った情報がSNS(交流サイト)などで 拡散 しており、業界団体の日本家庭紙工業会は 「冷静な対応を」と呼びかけている。 🔸「デマ退治」が不安増幅 買い占め騒動 ツイッター分析 デマを打ち消 そうとする投稿の急増が、 意図せぬ形で 逆に社会を混乱させていた。 2月末から全国に広がったトイレット ペーパー の買い占め騒動に関し、ツイッター 上の 投稿と商品の販売状況を分析すると、 意外なメカニズムが浮かんだ。 当初は「主犯」とされたデマ投稿は実は 拡散していなかった。 ネット上の情報が現実社会に及ぼす影響は 複雑さを増している。 手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう 」 とTwitter上で注意喚起している。 根拠のない話。 新型コロナは初めての経験で、誰もが 情報 不足なのです。 良かれと知れば、誰でも飛びつくのは 当たり前です。 根拠のない「デマ」は慎んでいただきたいのです。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

インフォデミックとは?コロナやマスク問題の原因と行き着く先も!|こあらの散歩道

インフォ デミック 意味

新型コロナウイルス感染症の話題が、連日テレビのトップニュースで報道されている。 そして、国民感情としては、パニックとまではいかなくても浮足立っている状況になっているのではないだろうか? このように国全体が不安に襲われているような状況に際して、きまって便乗してくるのが、怪しい民間療法である。 「ニンニクを食べると感染予防になる」「ゴマ油を塗ると予防できる」など根拠のない大量の情報が拡散している現状を、世界保健機関(WHO)は「インフォデミック(Infodemic:情報の伝染という意味のinformation epidemicを短縮した言葉)」と指摘している。 今回、なぜインフォデミックのような状況が起こるのか、そして解決策はあるのかについて考えてみたい。 まずは、民間療法で商売をする立場の視点で考えてみる。 健康に良いとされる商品の販売方法にはパターンがあるとされる。 そもそも「免疫力」という言葉そのものが医学用語ではないのだが、商業用にキャッチーなフレーズとして広く受け入れられている現状がある。 そのほかにも「アンチエイジング」「腸活」など類似のフレーズは枚挙にいとまがない。 つまるところ、多くの民間療法は、人の不安や恐怖といった感情と抱き合わせで販売されている。 そこで、新型コロナウイルス感染症の報道が繰り返され、国民の多くが不安や恐怖に襲われている今のような状況は、商売をする側からすれば絶好の機会になるわけである。 次に、情報の受け手であり消費者にもなりうる立場で考えてみる。 行動経済学分野におけるプロスペクト理論では、人は損失を回避する傾向(損失回避バイアス)があり、危機的状況に置かれるとリスクテイカーになることが指摘されている。 新型コロナウイルス感染症に関して言えば、国民の多くが、少しでも感染を避けるための行動をしやすい傾向にあり、不確かな情報であっても試してみようという傾向(リスクテイカー)に陥っている可能性がある。 では、民間療法側に有利で国民側に不利な状況における解決策はあるのだろうか? 筆者自身、「怪しい民間療法にだまされないためには、これだけ注意すれば大丈夫!」といった特効薬のような解決策は残念ながら持ち合わせていない。 ただ、解決策の一つになるのではないかと期待していることはある。 2017年に東京都が報告した「健康と保健医療に関する世論調査」によると、健康や医療に関する情報の入手方法は「テレビ」が78%と圧倒的な割合を占めている。 つまり、テレビを通じて、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報がわかりやすく解説され、世の中に出回っている不確かな情報に関する注意喚起が繰り返し伝えられることで、怪しい民間療法に騙される国民が減るのではないかと考える。 地味で退屈な報道になってしまう(視聴率もとれない)かもしれない。 しかし、視聴率重視で国民の不安を煽るようなセンセーショナルな報道は、怪しい民間療法に騙される国民を増やすことに加担しているということにもなりかねない。 他人任せの解決策になってしまうが、メディアの矜持に期待したい。

次の

インフォデミックとは?新型コロナでの“デマ”列挙とその怖さ多は?【新型コロナ用語集】

インフォ デミック 意味

インフォデミックの意味 インフォデミックとは、誤った情報が拡散され間違ったまま人に伝播していくことで混乱が生じる現象を言います。 インフォデミックの由来 情報の伝染という意味の「information epidemic」を短縮した言葉が「Infodemic インフォデミック 」となります。 中国から感染が広まっている新型コロナウイルスを巡って、中国の閉鎖に対する武漢民の反応やマスクをしていても意味がないと言ったような様々な情報がしていることに対して2020年1月4日、の医師がが世界的大流行を指すではなく根拠のない情報が大量に拡散されるインフォデミックが起きていると会見で発言しました。 インフォデミックの文章・例文 例文1. インフォデミックが起こしている事象は他にもたくさんある 例文2. インフォデミックによって混乱する国民がたくさんいる 例文3. 彼の動画は説得力がある内容だったためにインフォデミックが起きてしまった 例文4. の感染拡大のように不安にさせられる内容のニュースはインフォデミックが起きやすい 例文5. インフォデミックの原因のほとんどがだ インフォデミックについての例文になります。 誤った情報というのは非常に多いため、公式で公開されていない情報は信用しすぎないほうがいいかもしれません。

次の