茨城新聞コロナマップ。 感染者の発生状況及び報道発表資料など新型コロナ情報まとめ/茨城県

【最新版】茨城コロナウイルス感染者マップ&一覧【7月17日分更新】

茨城新聞コロナマップ

茨城版コロナNextの対策Stageは、7月3日(金曜日)から『』に強化されました。 8% (3. 3%) Stage1 10. 6% (10. 6%) Stage1 2. 7人 3. 1人 Stage2 2. 0人 2. 3人 Stage2 2. 3人 (87. 茨城版コロナNext Ver. 2 現在の本県のStage:総合的に判断し 報道発表資料(対策本部資料)• <参考>• 皆さまへのご協力のお願い• 相談窓口・支援制度等 感染が疑われる方• 一般の方向け 【生活福祉資金制度の特例貸付】 【住居確保給付金】 事業者の方向け 労働者の方向け 【生活福祉資金制度の特例貸付】 【住居確保給付金】 児童・生徒・保護者の方向け 外国人の方向け(For Foreigners) 私たちにできること• 関連サイト.

次の

新型コロナウイルスのリアルタイムマップが公開【使い方を解説】

茨城新聞コロナマップ

茨城県茨城町にあるJA全農いばらきの直売所ポケットファームどきどき茨城町店に併設する「森の家庭料理レストラン」は今月、独自の新型コロナウイルス対策を講じ、営業を再開した。 ビュッフェカウンターに並ぶ料理に特注のアクリル製ケースをかぶせたり、来店者に体調を確認したりして対策を徹底。 感染拡大の未然防止に全力を挙げる。 ケースは厚さ8ミリのアクリル板をトンネル状に加工したもの。 料理を見せながら、天板や側面の板で飛沫(ひまつ)を防ぎ、正面の開口部から手を入れ料理を取り分けられる。 来店者には体調確認や手指の消毒を呼び掛ける。 客席数を通常の6割に抑え、営業時のスタッフも半減させて密集を避けた。 トングも小まめに交換したり、消毒したりしている。 店長の田村勇人さん(49)は「直売所のレストランには、旬の素材を生かして提案する役割がある。 今後もメニューを固定しないビュッフェ形式と安全にこだわりたい」と再出発への思いを込める。 (染谷臨太郎).

次の

感染者の発生状況及び報道発表資料など新型コロナ情報まとめ/茨城県

茨城新聞コロナマップ

新型コロナウイルスがどこまで広がっているかをリアルタイムで確認できるサイトが、米システム科学技術センターによって世界保健機構(WHO)と米国、欧州、中国の疾患管理センターのデータを元に作成されました。 このサイトでは コロナウイルスによる感染者と死者数がリアルタイムで表示され、他にもコロナウイルスについての役立つ情報が載っています。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 コロナウイルスの対策 現段階でのコロナウイルスに対しての対策は、うがい手洗いマスクなどのインフルエンザと同じような予防で十分とされています。 を確認すると現在では中国全土に広がっている状況が目立っていますが、この 新型コロナウイルスは潜伏期間中にも感染するという事が指摘されているため、日本でも爆発的な感染者の増加が予想されます。 (日本では人から人への感染は確認されていません) 実際に確認済み感染者の増加率を見ると、 日に日にその増加率は上昇傾向にあります。 今は確認されている感染者が少ないですが、 潜伏期間を終えて実際に発症する人が多く出る事も考えられなくないので、細心の注意が必要です。 コロナウイルスオンラインマップの見方 の見方を紹介します。 スマートフォンだと小さく格納されているため、それぞれの右上にあるボタンを押して大きくしてください。 合計感染確認人数 右上の Total Confirmedでは合計感染者数が表示されています。 合計死亡者数、合計回復者数 右上の Total Deathsが合計志望者数、Total Recoveredが合計回復者数です。 赤丸の規模の説明 死亡者数と回復者数の左に3つの四角があります。 その真ん中をクリックすると、 現在の赤丸の大きさに対する合計感染確認者数の確認が出来ます。 更に 赤丸の真ん中にバツ印がある場合は、 そこで死亡者が発生したことを示しています。 地図の種類変更 先ほど紹介したボタンの右では、地図の種類変更が出来ます。 デフォルトではグレー基調の地図が表示されていますが、他にも 航空写真や川などが確認しやすい地図の種類が用意されています。 都市ごとの感染確認人数と死亡者数 合計死亡者数と合計回復者数の下の欄では、 各都市ごとの感染確認人数と死亡者数を確認できます。 感染者の出身地 左上の合計感染確認人数の下では、 感染が確認された人の出身地が表示されています。 感染確認人数のグラフ 右下のグラフでは 感染確認人数がグラフで分かりやすく表示されています。 ここでは 中国本土とそれ以外の土地で集計が分けられています。 地図の見方 メインの地図では赤い丸が都市ごとに表示されています。 この赤丸が大きければ大きいほど感染者が多いという事です。 更に 真ん中にバツ印がある都市では死亡者が発生したという事です。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 嘘の情報に注意を このような危機的状況の際、 インターネット上で嘘の情報を拡散する人が一定数いますので、そのようなウソの情報に振り回されずに落ち着いて行動してください。 僕の住んでいる北海道で起きた胆振東部地震の際にも多くの人が嘘の情報に振り回されていました。 自分の身の危険を感じる状況で焦るのはわかりますが、 その様なネットに転がっている情報を鵜呑みにしないように気を付けてください。 以下に信用できる情報を提供している所を載せておきます。 他にも信頼できる情報ソースを知っている方はTwitterのリプにお知らせ下さい。

次の