今宵 の 月 の よう に 倖田 來未。 2月27日に発売する倖田來未のカバーアルバム 「Color The Cover」。 収録...

今宵の月のように / 倖田來未 ダウンロード・試聴

今宵 の 月 の よう に 倖田 來未

アーティストがマーケティング商法としてカバーアルバムを出すことに道義的な問題があるとは思いませんが、手当たり次第、何でもやっていいということはないという気がします。 倖田來未さんは自分が歌うことで、「時代を受け継がれても輝き続ける名曲を残したい」という風な考えをお持ちのようですが、名曲はそんな軽々しいアーティストの小手先のコピーやカバーなどなくても、自然に後世に残されていきます。 下手なカバーはむしろ、原曲に対するパロディーかアンチテーゼのようなものにしか感じられず、原曲を知らない世代が不用意に聞いたら、原曲の持つ良さや意味も理解できないまま、カバー曲の風味だけでそんなもんかと終ってしまう恐れがあるように思います。 小沢健二の「ラブリー」が元々、ベティ・ライトの曲のサンプリングですから、カバーされることを彼自身が疎ましく思うことはないでしょうが、ソウルフルでシャウトなナンバーをあざとくなぞりながら、ポップでセンスの好い世界観へ変化させた彼のスマートさや理知的な楽曲作りに比べると、倖田さんのいかにも今流行の青文字系ガーリーファッションを表向きそのまま持ってきながら、実は自分のエロカワ路線のテイストで容赦なく上塗りするというPVの醜悪さ、原曲の芸術性をまったく超えない歌の中身のなさ(上手下手ではなく、オザケンの妙に稚拙っぽいのに哀愁があって心に引っかかるたどたどしいポップさの意味を踏襲していない倖田さんの上滑りな歌のくだらなさ)といったものが、往年の原曲ファンやオザケン世代などに「大惨事」という痛々しい感情をもたらせているのではないでしょうか。 名曲をカバーするのなら、(ラブリーだけでなく、ピンクスパイダーやほかの曲もすべて)PVも含めて、原曲に新しい意味を付け加えるようなクリエイトな冒険をしつつ、原曲が本来持っている歌詞やメロディーの美しさを伝える努力を、カバーするアーティスト側がもっと重ねるべきでしょう。 ラブリーのPVがヤフーニュースで話題になっていたのでyoutubeで見ました。 正直、なんであんなに非難されるのか分かりませんでした。 倖田來未って元々あんな感じなので あぁ、ラブリーは倖田來未が歌うとこうなるわけね・・・と思ったくらいです 彼女がイタイと呼ばれるようなファッションをするのは周知の事実だと思っていたし そもそも歌はそこそこ上手い方です。 ひどいとかリスペクトしてないなんて書き込みがあったから よほどひどい(しかも半裸で踊ってるの?)と思ったら 彼女なりの「ラブリー」を表現していました(まぁ、おばちゃんのきゃりーぱみゅぱみゅ・・みたいだったけど。 あくまでも真似ではなく、「見た目が」という意味合いです。 ) ちょうど下の方にオザケンのラブリーもありましたのでついでに見たら 「オリジナルは良いなぁ」という感想ではありました。 やっぱり私の知るラブリーはオザケンなので。 くねくねしていてオカマちゃんみたいだけど 倖田來未はアルバムだけなら歌唱力はあるので、問題ないですね 結局の所、彼女の失言から異様にバッシングする人がいるだけで、 世の中にはカバーばっか出すのに対してバッシングされない人もいますから。 結局人間性というか、彼女を好きか嫌いか・・・でいうと「嫌い」の人が大多数なんでしょう。

次の

小沢健二、UA、エレカシ、美空ひばりの楽曲を倖田來未がカバー

今宵 の 月 の よう に 倖田 來未

くだらねとつぶやいて 醒めたつらして歩く いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙 いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ 俺もまた輝くだろう 今宵の月のように... 夕暮れ過ぎて きらめく町の灯りは 悲しい色に 染まって揺れた 君がいつかくれた 思い出のかけら集めて 真夏の夜空 ひとり見上げた 新しい季節の始まりは 夏の風 町に吹くのさ 今日もまた どこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か 輝くだろう あふれる熱い涙... Oh yeah ポケットに手を つっこんで歩く いつかの電車に乗って いつかの町まで 君のおもかげ きらりと光る夜空に 涙も出ない 声も聞こえない もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける 明日もまた どこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か 輝くだろう あふれる熱い涙 明日もまた どこへ行く 愛を探しに行こう 見慣れてる町の夜空に 輝く月一つ いつの日か 輝くだろう 今宵の月のように... Powered by この曲を購入する プロフィール 倖田來未 コウダ クミ 【生年月日】1982年11月13日 【星 座】さそり座 【出 身 地】京都府 【血 液 型】A型 2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。 同曲で同年12月に日本デビューを果たす。 2005年、06年に発売したベストアルバムは、いずれも100万枚を超えるセールスを記録。 また、05年12月から、12週連続でシングルを発売し話題に。 同年末、『第47回日本レコード大賞』受賞、『NHK紅白歌合戦』に初出場した。 06年には、3楽曲同時トップ10入りし、女性アーティストでは初の快挙を成し遂げる。 07年12月、自身の夢であった東京ドーム公演を開催。 09年3月には、実妹のmisonoとコラボレーション曲「It's all Love! 」で、初登場首位を獲得。 06年〜09… SINGLE このアーティストの人気シングル.

次の

倖田來未、カバーアルバムに小沢健二「ラブリー」、エレカシ「今宵の月のように」など11曲

今宵 の 月 の よう に 倖田 來未

概要 [ ] 系『』の主題歌として制作された。 同ドラマのに依頼され、ドラマの内容に沿うようが作詞・作曲した。 エレファントカシマシ初のドラマ主題歌である。 シングル初のオリコントップ10入り、かつ最大のヒット作品となった。 この曲でエレファントカシマシは広く知られるようになった。 宮本はタイアップが決定した当初「ドラマなんて絶対見ない」と話していたが、いざドラマが始まると毎回見ていたという。 2017年、にて初出場を果たした際にも本曲を披露した。 2018年11月16日より、メンバーゆかりの地であるにある(JR東日本)の6番線においてとして使用されている。 編曲はが手掛けた。 収録曲 [ ] 全作詞・作曲:• 今宵の月のように 編曲:宮本浩次、• 赤い薔薇 編曲:宮本浩次• 今宵の月のように(カラオケバージョン) 収録作品・カバー [ ] 発売日 タイトル 規格品番 1997年08月20日 サウンドトラック『月の輝く夜だから MOONY MOONLIGHT』 PCCR-261 1997年09月10日 オリジナルアルバム『』 PCCA-1125 2000年09月20日 ベストアルバム『』 BFCA-75003 2001年03月16日 DVD『クリップス』 BFBF-7602 2002年03月27日 ベストアルバム『』 BFCA-75007 2002年06月05日 『トロウ ストリングス リラクシング』 PCCR-00342 2004年04月01日 『ラブ・ストーリーズ V』 PCCA-02017 2004年06月23日 『ドラマニア』 AVCD-17486B 2006年09月29日 『J-POP STATION』 WQCQ-19 2006年10月01日 『音盤社史 1 ポニーキャニオン40周年・わたしのパパと同い歳』 PCCA-02335 2007年02月07日 『』 CRCP-40172 2007年07月04日 『Hot Summer』 MHCL-1116 2007年08月15日 『LOVERS』 SFTL-1026 2007年10月03日 『セレクション あばよ!! 』 PCCA-02542 2008年07月16日 『Only One』 TOCT-26601 2008年10月08日 『決定盤!! 「ニュー・ミュージックの時代」ベスト』 PCCK-20006 2009年03月04日 『』 AVCW-13108 2009年07月01日 『BEST SUMMER』 MHCL-1547 2009年09月16日 ベスト『』 PCCA-03011 2009年10月07日 『決定盤!! ::ドラマの時代 ベスト』 PCCK-20041 2010年03月03日 『めざましテレビ ガクナビ -春盤-』 PCCA-03123 2010年03月03日 『ソウルズ』 feat. PCCA-03099 2010年08月04日 『ONE STEP - MASTERPIECE』 feat. Sachiko Ito KNCA-12005 2010年08月18日 『CLIMAX Cool ~男性ヴォーカル・セレクション』 MHCL-1793 2011年04月20日 『胸キュン90's ~あの頃、わたしの恋の唄~』 AVCD-38254 2011年07月06日 with Great Artists『』 TFBQ-18117 2011年10月05日 『R40'S SURE THINGS!! 本命ララバイ ~安らぎの歌謡曲~』 TKCA-73702 2011年12月21日 『絆レゲエ~明日に向かって歌え! ~』 OTCD-2451 2012年08月22日 『クライマックス ラヴストーリー~第1章~』 MHCL-2120 2012年10月17日 『ザ プレミアム ベスト 人気テレビドラマ主題歌集』 PCCA-03721 2012年12月12日 『』 DFCL-1960 2013年02月27日 『』 RZCD-59333B RZCD-59334B RZCD-59335 2013年06月19日 『LOVE STORIES IN SUMMER』 PCCA-03857 2013年12月18日 トリビュートアルバム『エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 A Tribute To The Elephant Kashimashi』 UMCK-1468 2014年03月05日 『SAKUMA DROPS』 VICL-64136 2014年06月18日 10-FEET『Re: 6-feat』 UPCH-20357 UPCH-29168 2014年06月25日 『エンドレス・サマー -フォー・ア・ロング・バケーション-』 MHCL-2450 2014年10月15日 『ドラマの時代 ベスト』 PCCK-20092 2015年06月24日 『夏色音楽~paradiso』 MHCL-2536 2018年03月21日 『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi』() UMCK-1573 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の