ラクーア ジェット コースター。 ラクーアにディズニーシーにあるタワーオブテラーのようなアトラクションがあ...

ご利用料金

ラクーア ジェット コースター

東京ドームの隣りに作られたラクーア。 元々は後楽園ゆうえんちとして親しまれていた場所ですが、今では天然温泉などがある施設としてリニューアルされたのは記憶に新しいところです。 夜遅くまでやっている事もあって、一度温泉に入りに行ってみたいと思ってます。 そんな感じに温泉の方がクローズアップされがちですが、新しく作り直されたジェットコースターやお化け屋敷もなかなか楽しいんだそうで。 お化け屋敷はテレビで紹介されていたのを観て、面白そうだと思いました。 ジェットコースターも建物の間を潜ったりして、狭い敷地に作られた物としてはかなり面白そうな気もします。 そんなラクーアのジェットコースターに問題が出てきたんだそうです。 なんでも、周辺住民がジェットコースターや乗客の絶叫の騒音対策を求める公害調停を申請したんだそうです。 遊園地に対して公害調停の話が出るのは前例のない事なんだそうでして。 周辺住民によると「ジェットコースターの機械音に絶叫や東京ドームのイベント時の音響が加わると騒音規制値を超えるのは明白」と話しているんだそうで、高さ60メートルの防音壁の設置などを求めているんだとか。 対策を取らない場合には法的措置も検討するそうなんですが…。 これ、かなり難しい問題ですよね。 実際に自分が住んでいたとしたら文句を言いたくなる気持ちもわかります。 東京ドームでコンサートがあると、地鳴りのような音が聞こえる事もありますもんね。 とはいえ、そもそもジェットコースターの騒音のレベルには絶叫などは含まないわけです。 実際に文京区も「人の声は測定の対象にしない」と言っているわけですし。 東京ドームのイベントが重なった時、という話もちょっと強引と思えなくもありません。 そういった前提で作られたラクーアからすれば、60メートルの防音壁や営業時間の短縮を求められても「わかりました」とはとても言えないでしょうね。 うーん、この問題どうなるんでしょう?絶叫を加味した騒音という主張は通らないと思いますし、東京ドームのイベント騒音はまた別問題として扱われるような気がします。 そうなると住民側としては、一連の施設の騒音をまとめて民事訴訟という流れになるのでしょうね。 そこで和解となるかどうかだと思われます。 住民側にとっては厳しい状況でしょう。 それにしても一番の問題は、ラクーア側の事前の住民への説明や補償といった根回しのようなものが足りなかったのでしょうね。 こういった施設の運営では、周辺住民との関係はかなり重要な部分ですから。 実際にどういう結末になるかはまだわかりませんが、お互い納得できるような案を出して、ラクーアには頑張って欲しいところです。

次の

サンダードルフィン

ラクーア ジェット コースター

高速スタートのあと、すぐにループで1回転します コースターというのは「最初はゆっくり」スタートするという常識を真っ向から覆し「最初から高速」でスタートし、みんなの度肝を抜いたのがシャトルループです。 ガイドも最初に乗ったときの「うわ、速~~い」という衝撃を今でも覚えています。 としまえんや横浜ドリームランドなど、日本に数カ所設置されていましたが、老朽化などで次々撤去され、今ではナガシマスパーランドにあるのが日本唯一となってしまいました。 つまり、コースに吊り下げられ、足元ブラブラ状態でコースを進むコースターのこと。 基本的に、このタイプは「今、自分がどこを向いているのかわかりましぇ~ん」というのが多く、ワケのわからないうちに終わってしまいます。 その中にあって、ピレネーは、高さ33mの世界最大級の垂直ループやスパイラルインターロックループ、それに地面の下に沈み込むピットなど、ポイント多数で、もう一度乗りたくなること間違いなしの傑作だと思います。 敷地は決して広くなく、ここにコースターを設置するのはかなり苦労したはずです。 しかし、このサンダードルフィンの素晴らしいところは、その狭さを逆手にとったコースレイアウトの妙にあります。 ラクーアビルの上空を波打つように走り、ビルの穴やセンターレス観覧車の円の真ん中を通ったり、東京ドームや都心の風景を見下ろしながら走ったり、ここでしかあり得ないコースを快適な乗り心地で楽しめますよ。 当初期間限定でしたが、あまりの人気に常設となりました。 「絶景コースター」としては前向きのほうが上ですが、後ろ向きは独特の爽快感があってどちらもいいですよ(前向き、後ろ向きとも、に乗車体験レポートがあります)。 当時は読売ロケットコースターという名称でした 現存するコースターでは日本最古。 コース自体は設置当時とほとんど変わっていないというレトロ感に加え、民家に突っ込んだりする下町の遊園地・花やしきならではの演出が素晴らしい! ぜひとも一度乗ってみてください。 ちなみに、ライドが狭いので隠れた密着アトラクションでもあります。 上昇や下降、ひねりやループなど、息をもつかせぬ展開でコースターは進んでいきます。 ガイドが一番好きなところは、同エリアの看板アトラクション「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」が水面に落下するのとタイミングがあったとき。 コースターに乗りながら見た、水しぶきをあげるライドは圧巻でした。 これはいつも見られるとは限りませんが、ほかにもおすすめポイントはいっぱいありますので、の体験レポートを読んでみてください。 高さ97mのインパクト」 ライトアップされたスチールドラゴン2000。 夜はまた一段とスリル満点 ガイドが「スチールドラゴン2000」に初めて乗ったのは、取材でフジQ「フジヤマ」に乗った翌日でした。 コースターが上昇し、フジヤマの最高到達点79mのあたりから「まだ、このあと20mくらい上る」と考えたら、思わずゾ~~ッ。 その高さのスゴさを肌で実感させられました。 そして、そこからの落下はさらに想像を超え、ものすごい風圧に顔が痛いほど。 さらにさらに、落下後、もう一度上昇し、今度は高さ77mから落下するんです。 このインパクト、多分一生忘れないと思います。 みなさんも、どうか一度「97m&77m、ふたこぶの衝撃」を体験してみてください。 ちなみに、11位以降は、順不同で、「ビッグバーンコースター」、「サーフコースター リヴァイアサン」、「ド・ドドンパ」、「エルフ」、「バックナンジャー」、「ジュピター」などです。 いずれもベスト10に入ってもおかしくないコースターばかり。

次の

スピニングコースター舞姫

ラクーア ジェット コースター

東京ドームシティアトラクションズ >> 東京ドームシティ アトラクションズ 東京のど真ん中にある都市型遊園地。 旧:後楽園ゆうえんちが、2003年のラクーア開業を機に、名称を『東京ドームシティ アトラクションズ』に変更。 入園無料のフリーゲート制となり、目的にあわせて気軽に利用しやすくなりました。 センターレス大観覧車とジェットコースターなど大人も楽しめる。 世界初のセンターレス大観覧車『ビッグ・オー』、爽快感を重視しつつスペック充分なジェットコースター『サンダードルフィン』。 この2機種は携帯電話で乗車予約できるので便利。 1周約15分で、東京のど真ん中から眺める都心の眺望&夜景は必見で、選べるBGMもカップルに嬉しい。 横揺れの少ない爽快感を重視したジェットコースター『サンダードルフィン』。 高さ約80m、時速130km、最大角度は80度! ポイント 3 「1度は体験したい」 高さ約13mからの急降下ダイブが楽しめるウォータースライダー『ワンダードロップ』、夜のライトアップが幻想的な水上メリーゴーランド『ヴィーナスラグーン』、地上61mからの眺望・夜景が楽しめる『スカイフラワー』、音楽噴水『ウォーターシンフォニー』(無料)も、カップルに人気が高い。 ポイント 4 「入園無料が気軽」 入園が無料なので、野球観戦やスパ利用後、イベントの合間などはもちろん、仕事や学校帰りに気軽に立ち寄り、乗りたいアトラクションだけをお得に楽しめます。 たっぷり遊びたい人はアトラクション乗り放題の『ワンデーパスポート』や17時以降に発売される『ナイトパスポート』がお得。 ポイント 5 「体験型本格RPG」 2009年4月には体験型RPGアトラクション『』、特殊効果付きの4Dライド『』、ルパン三世をテーマにした『』の3つのアトラクションが登場。 2010年3月には小さなお子様と親子で楽しむエリア『スプラッシュガーデン』が誕生。 ポイント 5 「パラシュートランド」.

次の