アドレノクロム ヒラリークリントン。 ヒラリー担当医の証言|shionanon|note

セレブたちの危険なドラッグ「アドレノクロム」世界で一斉取り締まりか

アドレノクロム ヒラリークリントン

ハリウッドとは こんにちはー 今回はトンデモ系のハリウッドの都市伝説です。 ハリウッド地区はロサンゼルス近郊にあり、世界の映画市場を独占しています。 有名な映画製作会社はワーナーブラザーズ、ウォルトディズニーピクチャーズ、、ピクチャーズ、ユニバーサルピクチャーズがあります。 ハリウッド地区で作られた映画をハリウッド映画と呼び、活躍している演者達はハリウッド俳優と呼ばれています。 そんな ハリウッド俳優の世界では新生児の血を呑むことで若さを保っているというのです。 初めて耳にした人は衝撃を受けますよね? ではなぜこのような噂が世に出始めたのでしょうか? 2年前の2018 年9月10日に発売された米国のニャーヨーク・ポスト紙、サン紙は若者の血液が健康に良いという研究発表を掲載しました。 そのことにより、亡くなったスタンリー監督が撮影した アイズワイドシャットの噂や2019年に逮捕された プタイン氏の所有する島での事件、ピザゲート事件を通してこの都市伝説が加熱したと考えています。 はじめにこの3つの事件について説明していきます。 スタンリー監督の映画、アイズワイドシャットに纏わる話 内容はやのの儀式を具体的にそのまま描写したと言われています。 世界を牛耳る支配者達は儀式の際に生贄にする子供の血を飲むそうです。 当映画の試写会5日後に天才監督は急死しました。。 死因は発作要因不明の心臓発作と されています。 なお、の人類が月に到着した映像は監督が作成したもので実際には当時月には入っていないという話もあります。 そもそも監督の描く世界はについて世間に晒していく意図があったのではないかと捉えてます。 エプスタイン島の事件 高校教師をしていたジェフリーエプスタインは20代の頃に金融業界のつてを得てベアースタンプ に入行しました。 その後、独立しの 経営を通じて財を成し大富豪になりましたが児童売買の 罪で有罪判決を受けます。 初めの刑事事件では2006年に起訴され、2008年に18ヵ月という判決が言い渡されますがこの際の検事は、児童買春1件の罪を認めて性犯罪者として登録する見返りに、連邦レベルでの起訴を免れるとする司法取引が行われました。 2回目の刑事事件では2019年7月6日、自身の島から自家用機で帰国した際に逮捕されます。 容疑は、2002年から2005年までの間にマンハッタン、NY、パームビーチの自宅で14歳を含む未成年の少女数十人を性的に搾取した疑いでした。 交友関係はイギリス王室 のアンドルー王子 など著名人が多数存在し、エプスタイン逮捕後には、彼らにも疑念の目が向けられました。 中でも 元大統領は週末にプライベートジェットでエプスタインの島に 頻繁に通っていたこともわかっています。 そうしたことから各界の有力者たちが使う少女人身売買ネットワークがあったのではないかという噂が流れたのです。 具体的には彼自身がのであり所有する島にや米国の財界人を呼び児童売買をし後で脅していたという話です。 数々の被害者女性の動画やツイートが多く存在します。 元大統領は週末にプライベートジェットでエプスタインの島に頻繁に通っていたこともわかっています。 ピザゲート事件 この事件の概要ですが、2016年の秋に上にあるピザ屋が児童売買のメッカであり、ヒラリーが元締めに関わっているというトランプvsヒラリー大統領選挙のさなかにネット上で流れたニュースを鵜呑みにして「俺が子どもを助けたら有名人になれる」と思った男が店内で発砲した事件です。 幸い怪我人はいなかったようです。 今になりここで思うのは、トランプ陣営を支えているのは話題の組織Qですが、もしかしてこのヒラリーがピザ屋を利用して児童売買しているという噂を拡散させたのはQ?だったのかと考えられます。 なにせ60000され中にはボットもあり時期も総裁選です。 結果トランプが当選しましたが、ネット上に出回った児童売買の噂は米国メディアはと断言したのです。 けど、フェイクなんですかね?フェイクではなければ仮にもQは正義の組織としか思えないんですが、どうなんでしょう。 Qについてはまたの機会に取り上げますね。 そしてピザゲート事件はだったと事態は沈静化し始めたのですが、2020年の現在では、もしかしてフェイクではないのではと振り返し考察され始めています。 ほとんどのジャーナリストは自分の身に危険を感じ口を閉ざしましたが、そんな中で勇気を出してではないと主張したジャーナリストだそうです。 ハリウッド俳優、海外セレブの証言 さて、みんな大好き三角マークでお馴染みの、そして噂がまつわる児童売買を通した子どもの生き血を飲み若さを保つというトンデモな話の信憑性を高めていった発端としてはハリウッド俳優達のの存在の暴露証言です。 日本でもブラピの呼び名で親しまれていたブラッドピットの暴露 またブラッドピットの離婚相手はアンジェリーナジョリーですが 2016 年に離婚していますが、ブラピはアンジがの勧誘を受けて相当なストレスを抱えていたという噂があります。 次はハリウッド女優ティラの証言です。 以下のブログにティナの証言の和訳があるので転載させていただいてます。 またの先駆者として台頭し、 の分野で世界的名声を得るデビッドボウイも暴露しています。 そして米国ヘビー級プロボクサーデビッドニードリゲスも暴露しています。 極め付けはトムハンクスの息子チェトハンクスのインスタ動画です。 この動画の投稿後にまた別の動画を上げて、以前の動画は自分なりのユーモアであると答えています。 こちらは初めに上がった動画です。 和訳 親父がコロナのスポークスマンになるというの予言以降8chanで真実が暴露され始め、が成功するのか心配になってきたよ…もっと人間を生贄にしないとな…腹減ったからでも食べようかな…俺を奴は送りにしてやる! そしてマスクでお馴染みのコメディーハリウッド俳優の一度見ると忘れられないの支配暴露と、暴露した後の動画です。 是非見比べてみて下さい。 一体暴露した後に何が起きたのか?と思う動画です。 による支配の暴露 暴露後の 一体何がここまで彼を変えたのか このように現地にいる海外セレブが言えば信じる人も多くなりそうですよ。 さて、ここまでの動画は衝撃的ではありますが、問題はなぜ血を欲しがるのかとうことです。 その血にはアドレノクロムという成分があり、それを欲しがっては飲むというのです。 アドレノクロムとは では、アドレノクロム とは何なんでしょうか。 分子構造がウサギに似ていることからホワイトラビットとも呼ばれているようですが、ここからはアドレノクロムの存在、またその物質を摂取することで若返りが期待できるのかどうかを考察していきましょう。 先ずアドレノクロムとは血中のアドレナリンの酸化によりできる化合物だそうです。 一般人には幼児の脳のより取られる成分らしいです。 調べてみますとはにある研究所でアドレノクロムを作り販売もしているようです。 かなりディープな情報はありますが。 そして、合成で作成できるアドレノクロム、または幼児を怖がらせてアドレナリンをより酸化させてから子供の目を突いて、を取り出して摂取するアドレノクロムの2種類があると思われますが、ひぇーーーーーー!やはりにわかには信じられませんよねー? もしアドレノクロムを摂取し続ければ肌が若返るとしてハリウッドに売られていて、何も知らずに効果だけ聞かされ購入してしまい、後から子供の血と知らされて脅されるなーんて想像しちゃうんですけど、話がぶっ飛びすぎてて現実として捉えにくいのは変わりありません。 が、ここからまだ妙な噂は続くのです。 それはアドレノクロム中毒者は摂取をやめれば目にでかいあざがつくと言うんです。 片目にアザ のツイートからですが、たくさんの著名人が左目にアザをつけた画像が2019年に投稿されました。 この画像は相当衝撃的なもので瞬く間に広がっています。 片目にアザをつけるのは名誉なことでブラックアイドクラブという組織があるようです。 このアザの付け方は噂によると手術という方法と考察されてます。 本来は頭から手術されるものですが、目の辺りから人間の感情をなくすために神経を抜いてしまうという説とアドレノクロムを飲まないことでこのアザができる説もあります。 まー調べましたがアザが浮き上がるという因果関係の論文も見当たらなければ、明確な証拠を示す記事もありませんでした。 だからといって噂が真実ではないとも断定できない状況です。 まーなかなか片目にアザなんて大人になってから交通事故を起こさない限りはつかないですよね?そこは本当に不思議ですね。 科学的な見地から考察 では若い血液摂取がはたして若返る効果が科学的に証明されているのかどうか調べていきます。 では並体結合に似た実験が行われました。 若いマウスと高齢のマウスの血液を交換させる実験で、その結果高齢のマウスは活発に活動することができたというものでした。 この研究発表によりとある企業が若い血を販売し始めました。 その企業の名前はElevian社です。 気になった人は調べてみて下さい。 Elevian社は若者の血液がもつ再生機能を促すとされGDF-11を抽出し、この成分を土台にした薬を開発しています。 またにおける研究ではGDF-11について、若い血液からの増殖タンパク質であるという結果をだし、脳内で若い血液の刺激を受けると新しいが形成されることを発見しました。 そして共同研究を通して若い血液は加齢によって肥厚が進む心臓壁を逆に薄くしていくことも発見しています。 2014年のサイエンス誌ではGDF-11だけを注射した高齢のマウスは脳の血流が増加し記憶力も向上すると報告しています。 逆に製薬会社ノバルティスの研究者は筋肉の減少を引き起こすと発表したのです。 こうした論争の中、Elevian社のCEOマークアレンは GDF-11はすぐに分解してしまうので毎日の注射が必要になると発言したのです。 もちろん専門家達はマークアレンに対して、課題のある状況での取り扱いは反対であると抗議しています。 さて、ここまではマウスの実験についてでしたが、人間を対象にした実験結果も出ています。 2016年にambrosia社はを行いました。 内容はGDF-11を含む若い血を2L輸血するという初の治験であり、参加者が90万程度を支払うというものでした。 その結果、試験参加者は力強くなった、頭がはっきりした、記憶力もよくなったと感想を述べていたようです。 こちらは論文として未発表です。 しかしRecodeのテク・カンファレンスでは発表しています。 マウスの実験結果と同じ効果が人間にも現れていると公言しています。 それ以降ambrosia社のCEOカーマジンは高齢化が進む大都市にクリニックを開業をしていく見通しを立てているようです。 こうした背景より一部で他の会社も同じような治験を治療のためと称して進めています。 考察のまとめ ここまでの情報から1番驚いたのは 若い血液には、細胞の再生機能があるという実験結果です。 摂取すればが形成されること、それが持続的ではあるけれど永続的ではないということ。 これって... 都市伝説視点をオンにしてみますと、者の行っているとされる子を生贄にする際に怖がらせることでアドレナリンを酸化させて、アドレノクロムを生成し、それをドリンクとして販売し、ハリウッド俳優はを若返らせるために摂取する。 しかし永続的ではないために持続的に飲まなければならない。 ハリウッドセレブ達はなんとなくアドレノクロムが良からぬ薬であることに気づき自分に恐怖を感じ始め、中には暴露し始める者が出始める。 その一方でどっぷりその世界にハマり、合成アドレノクロムや企業から若い血液を購入する者も出てくる。 最後にはの一員になり儀式に参加してしまい、自身の感情が邪魔になり促されるまま目から神経を抜く手術の結果、ある種の感情を抜き、不安や怖さを感じない人間に生まれ変わり、の存在をハンドサインなどでメディアを通して拡散していく。 そう考えればゾッとしますが、ここまでの考察での事実を論理的につないでいったらこういうまとめの結果になりました。 もちろん信じたくはありませんが、 です。 最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ無広告チャンネル登録よろしくお願いします 都市伝説 都市伝説考察 アドレノクロム ハリウッド俳優 人身売買 learn-english.

次の

【セレブ乱用】300万人が犠牲!アドレノクロム最前線=9歳未満の子供の血液が原料

アドレノクロム ヒラリークリントン

ついに暴かれる!オバマの全てが嘘だらけだった 第44第アメリカ大統領である、。 ハワイ出身のアフリカ系アメリカ人とされてきましたが、私たちが与えられていたこれらの情報全てが嘘だったようです。 トランプ氏「調べれば調べるほど疑わしい。 オバマは出生証明書を見せない。 持っていればいいが、持っていないんだ。 彼はアフリカ生まれだ。 大統領になれる資格はない。 」 その後、オバマは出生証明書をフォトショップレベルで偽造するも、すでに本物と疑われる出生証明書が出回っていた。 ロシアによるサイバー攻撃を捏造してプーチン氏を誹謗中傷するオバマは、自分のケニアの出生証明書(本物)の方を心配した方がいい。 Illegitimate President. — Eyes On Q EyesOnQ オバマの出生証明書を検分した人物が、飛行機事故で死亡したという情報も。 もみ消しを行ったようですが、こちらのツイートでは暗殺に失敗したのではという話もあるようですね。 生きていたとしても、オバマが逮捕されるまでは、公の場に出てくるのは危険かもしれません。 「驚いた。 しかも死んだのは彼だけで、他の乗客は全員生きてたっていう」 大統領の昔のtweet。 歴代大統領のなかでオバマほど経歴不明の人物はいないという。 オバマの本名は「Barry Soweto」だと、8年も前からトランプ大統領は公言。 When I was 18, people called me Donald Trump. When he was 18, was Barry Soweto. Weird. — Donald J. Trump realDonaldTrump アメリカ国内ではオバマの嘘が暴かれ、誰もが彼の本名も嘘であったことを知っています。 オバマの本名が、バリー・ソエテロであることが高速道路の脇の掲示板で暴露されていますね。 アメリカにおけるオバマゲート、もはやマスコミでは隠せませんね。 オバマの妻・ミシェルは男だというのです。 にわかに信じがたいと思いましたが、数々の証拠画像や映像が流出している限り、この話も信じるしかないようです。 — Scienceismymuse scienceismymuse ミシェル・オバマの本名は「マイケル」で、オバマもうっかり「マイケル」と呼んでしまった場面がありました。 (動画開始2分頃から) 動画の中でも語られていますが、 人気コメディアンのジョーン・リバーズは、オバマはゲイで、ミシェルトランスジェンダー(性同一性障害)だと暴露した後、2014年9月に喉の手術の最中に死亡しています。 ジョーン リバーズ コメディアン、女優 「オバマがゲイで、ミシェルがトランスジェンダーだってことくらい、みんなとっくに知ってるわよ。 いいじゃないそれで。 みんなに知られてたって」 この発言から2週間後、急死。 では2人の娘たちは養子?とおもいきや、友人の子供をレンタルしていたそうです。 娘たちはレンタルです。 名前も国籍も性別も子供も何もかもウソで固めたド変態が、数年前まで米国大統領でした。 オバマ元大統領のインドネシアでの学校手続書。 オバマの本名は、バリー・ソエトロで、クリスチャンではなく、イスラム教徒。 — charomini d0BqXm5jXujF9DS 更に、 テロの危険があるという理由でキリスト教の集会を制限し、それとは反対にイランには資金を提供し、テロ組織を作る手伝いをしました。 ノーベル平和賞を受賞したオバマ氏は、実際はどんな大統領だったのでしょう? これは2016年の記事ですが、彼を「無人機戦争の育ての親であり、大量の爆弾を世界でばら撒いた」と表しています。 さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」 — とりではないので syuuikikikan0 出生から家族までが、嘘で塗り固められていた人物が、アメリカの大統領だったとは、考えるだけでおぞましい事実。 オバマの嘘を、トランプ大統領は8年も前から指摘しているにも関わらず、彼の意見に耳を貸さなかったのは、 オバマを大統領に押し上げた、ディープステイト(DS)と呼ばれる闇の政府が、これらの事実をもみ消してきたから。 DSがどれほど強大な金と権力を持っているのか。 に由来。 オバマゲートはオバマ疑惑とも言われ、 オバマ自身や政権内で行ってきた事全ての疑惑を、トランプ大統領は追及しています。 オバマ政権がヒラリー当選のためにでっちあげた「ロシア疑惑」 事の発端は、トランプ大統領補佐官である、将軍が、の中で、 民間人の立場で、ロシアの駐米大使と協議した事実を隠蔽していたとして、 トランプ大統領就任直後の2017年2月に、辞任に追い込まれたことから始まります。 【ロシア疑惑】 2016年アメリカ合衆国大統領選挙において、共和党のドナルド・トランプ候補(当時)を勝利させるため、ロシア連邦が、サイバー攻撃やSNSを使った、プロパガンダの手段を用いて行ったとされる、一連の世論工作、選挙干渉に関する疑惑のこと。 アメリカではといって、アメリカ合衆国と争っている外国と、政府の許可がない個人が交渉することを禁じる法律があるのです。 しかし ロシア疑惑は、オバマ政権がトランプ候補を陥れ、ヒラリーを当選させるために、でっちあげたものだと判明。 2020年5月8日、フリン将軍の起訴が取り下げられました。 米司法省、トランプ氏元側近の起訴取り下げ 米司法省は7日、マイケル・フリン(Michael Flynn)元大統領補佐官(国家安全保障担当)の起訴を取り下げた。 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領にとって大きな政治的勝利となった。 クリントン陣営と民主党本部は資金を出し、英国のMI6のクリストファー・スティールに、ロシアとトランプ候補に関係があったと、嘘のレポートを書かせました。 そのレポート根拠として、FBIと司法省に、 トランプ陣営の盗聴や情報監視をさせると同時に、スパイまで送り込むなど、妨害行為を行っていたのです。 これには、 ロレッタ・リンチ司法長官やジェームズ・コミーFBI長官も関与しており、トランプ大統領は就任後、FBI長官だったコミー氏を更迭しました。 トランプ大統領、FBI長官を更迭 ジェームズ・コミー氏 — めぬけ livingdining ロレッタ・リンチ司法長官も、ロシア疑惑は無かったことを認めたようですが、罪は重いでしょう。 Former Obama officials pushed the Russia hoax narrative against President since before he entered office. They had no evidence. 更には現役の大統領でありながら、大統領選に関与。 スパイ行為まで行っていたことは、アメリカ史上最悪の出来事です。 「 とは?」 「これは始まりに過ぎない 元大統領が捜査されると言う 不名誉な事が起きた アメリカ🇺🇸の歴史上最も酷い犯 罪 私が当選する前からの事 二度と起きてはいけない」 「近々一般に公開されるが君達 メディアが正直に真実を伝えて くれるのを願う」 — 🇯🇵 🇩🇪 JK Trump Supporter Japan🇺🇸 TTrumpSJapan トランプ批判を行っている人々が、オバマやヒラリー側の人間、ディープステートであることがこれで明らかになるでしょう。 オバマ政権が、何としてでも当選させたかったヒラリーが大統領になっていたらと思うと、オバマ政権以上の惨事が起こっていたかもしれません。 オバマやヒラリーはISISを設立し人身売買にも関与していた オバマ、ヒラリーはISISを設立し人身売買にも関与 トランプ大統領を非難し続けた者たちは、この事実を隠蔽したかったのでしょう。 公共の場で、トランプ大統領はヒラリーが行っている人身売買の事実を明らかにしています。 今日は 🎏 トランプは子ども救いたかった。 だから大統領を引き受けた。 ヒラリーのクリントン財団は子どもをさらって売買する人身売買組織でした🤢 トランプはヒラリーを許しません。 オバマがキリスト教徒を憎み、イスラム教徒へ肩入れしていることからも、彼らの行為は全て繋がってきます。 トランプ大統領 「オバマとヒラリーがISを作った」 — せんせんしゃる 天ざる おなしゃす 濃厚接触自粛中 METALMAX185 ベンガジ事件の真相!ヒラリーは口封じに部下を殺害 オバマ政権下で国務長官だったヒラリーは、自らの保身のためなら殺人もいとわないようです。 2012年9月リビアの東部ベンガジにある、アメリカ領事館にイスラム過激派が襲撃し、アメリカ大使らを殺害する、ベンガジ事件が発生。 しかしこの事件に関し、後に重大な事実が判明します。 ベンガジ事件の前年の2011年、 ヒラリーは忠実な部下である、スティーブンス米リビア大使に対し、リビアのカダフィー大佐の殺害を指示し、テロ組織・アルカイダがそれを実行させました。 そして 証拠隠滅のため、ヒラリーはスティーブンス大使を、惨殺させていたのです。 スティーブンスは在リビア外交官。 表向きは、イスラム教徒に襲撃され殺されたことになっているが、実は(カダフィー殺害の口封じのため?)オバマとヒラリーによって殺された?. また、カダフィー暗殺の2日前にヒラリーは、リビアにアフガニスタン人傭兵を連れて電撃訪問。 任務終了後、傭兵はアフガニスタンに戻ったがカブール空港で飛行機ごと「事故」で爆死。 後日、 カダフィー暗殺に関するスティーブンス大使と、ヒラリーとのメールのやり取りが発覚しています。 リビア カダフィー大佐殺害実行犯たちを祝福するヒラリー・クリントン。 その後この実行犯たちは飛行機墜落事故に遭い全員死亡… — よく手を洗い、STAY HOME のブレードランナー2017 bladerunner1985 ヒラリーメールの発覚は、NSA アメリカ国家安全保障局 及び、CIAの元局員エドワード・スノーデンが、NSAの極秘情報を内部告発し、身の危険を感じて持ち出した、機密情報の中に、そのメールが含まれていました。 現在ロシアに亡命中だが、恐らくプーチンはその非公開の内容を知っていると、言われています。 オバマ、ビルゲイツ、ビンラディン、ライス、ヒラリークリントン。 みんなつながってるんだね — ナカムラクリニック nakamuraclinic8 ロシア疑惑に関与したヒラリーの起訴確定か ロシア疑惑について、ヒラリーが関与していたことを、クリントン陣営の弁護士が証言。 ヒラリーの起訴はほぼ、確定といって良いみたいです。 これだけのスキャンダルを、オバマやヒラリーが逮捕されるまで、日本のメディアは取り上げないつもりでしょうか。 日本国内で一切報道しないのは、同じくDSがメディアや政権内にはびこっている証拠。 アメリカ大統領選挙でヒラリーにだけ会った安倍首相。 そろそろ繋がるよ。 — fis fis79517391 イルミナティやフリーメイソンはDSの一部であり、もはや都市伝説ではありません。 真実を語ろうする者は排除していくのが、DSのやり方。 誰が真実を語っているのかは、自ら調べていけば、自ずと分かってくるでしょう。 現在の日本は、オバマ同様、いつわりの選挙で当選した首相によって、好き放題されています。 今は批判を恐れず、ひとりひとりが声を上げる事が、我々の最大の武器であることを、忘れないでいきたいですね。

次の

Eriスレ|クリントン財団の内部告発|FBIのネイト・ケイン氏|

アドレノクロム ヒラリークリントン

自分と関係ない仕事にはできるだけ関わらないようにしていたんだが、 ある日、FBI内で聞こえてきた上司たちのヒソヒソ話を聞いてしまったことからこの件に巻き込まれることになってしまった。 それは、ヒラリー・クリントンの件について、とんでもない証拠を発見したという内容だった。 この会話を聞いて私は耳を疑ったが、その後、FBIネット FBI内部機密情報サイト で関連情報を調べてみたところ、 そこにはたくさんの秘密情報書類が存在した。 私はショックで言葉を失った。 それぞれの書類には、複数の分析官各々が担当している事件のメモが添付されており、大掛かりな捜査が進行中であることは明白であった。 私はその後数ヶ月の間これらの内容について調べた。 それはそれは物凄い数の取引だった。 いろんな人がウラニウムワンについて話しているが、実態はそんなもんじゃない。 ウラニウムワン問題は、皆んなの予想を遥かに上回るスケールだ。 たくさんの国々、その中には、米国への資金流入が受け入れ難い国もあり、非課税非営利団体を含むダミー企業やダミーNGOを通すという手口で、非常に巨額のカネが取引されていた。 ウラニウムワンにはとても強大な権力が関与していたのは明らかであり、何億ドルというカネが動いていた。

次の