シェード 取り付け。 リビングの目隠しや日除けにいい感じ!!【サンシェードの取り付け方】

オーニング風サンシェードをDIY!取り付け方を解説 [DIY・日曜大工] All About

シェード 取り付け

梅雨明けしてる地域も多くなってきて、エアコンを稼働してるお家も多いのではないでしょうか? 我が家も節電対策とそろそろプール開きをしようと思ってるので、庭にサンシェードを取り付けましたので、簡単な設置方法について。 サンシェード始めました 窓から入る熱の影響で室温はあがりますので、暑い日にカーテンを閉めてるお家もあると思いますが、部屋が暗くなるからカーテンを閉めたくないという方も多いはず。 サンシェードはそんな外からの日差しを直接カットしてくれるので、カーテンを閉めるよりも効果的に部屋の室温上昇を抑えてくれます。 もちろん、ベランダや庭に取り付ける事でちょっとした日陰が出来るのでそこでプール遊びをしたりと夏はとっても活躍してくれますので、我が家も夏前からずっと検討していました。 サンシェードを決めよう まずは、取り付けるサンシェードを決めるわけですが近くのホームセンターなども見たのですが、希望はホワイト系のシンプルなものが良かったのですが、見つけられなかったので、楽天で購入しました。 購入したのはこちら。 紫外線を85%カットしてくれて、サイズも大きめのを選択しました。 アイボリーが明るくて良い感じです。 実際にサンシェードを取り付ける方法ですが、サンシェード用の取り付け金具が色々な種類がありますので、自分の家に合うものを選択して購入すると良いと思います。 マグネットタイプのものや、サッシに取り付ける物など、たくさんの種類があるので、外壁に直接付ける事が出来ないお家や賃貸のお家などでも使えます。 サッシに取り付けるタイプ 接着剤タイプ 吸盤タイプ サンシェードを窓サッシに付けて使う事に サンシェードは簡単に取り付け出来るのが魅力です。 本当は外壁に直接フックを取り付けてサンシェードを引っかけるようにしたかったのですが、自分たちでやるのも少し不安だし、とりあえず今年は窓サッシに取り付けて使用してみる事にしました。 とりあえず、私はカインズで窓サッシ用の金具を購入しました。 サッシ枠にはめて、ネジで固定するというシンプルなものです。 どんなサイズのサッシにも対応しそうな感じです。 我が家も特にサッシのサイズまでは確認しなかったけど、多分大丈夫だろうと購入してきました。 値段も数百円で購入できます。 実際に取り付けてみる とりあえず、取り付けてみました。 サッシの枠に下からはめていきます。 後は、2箇所のネジを止めるだけです。 簡単すぎて脚立さえあれば、女性でももちろん出来ます。 しかし、この状態だと網戸が閉まらないです。 窓を開けて網戸だけにする事も考えて、上ではなく横につけてみる事に。 こんな感じもいけました。 これなら網戸も閉める事が出来ました。 反対側もこんな感じで。 私が購入したシェードはハトメが4箇所あるので、網戸にもフックを付けました。 このようにサッシ枠だけでなく、網戸の隙間に入れて取り付ける事も出来ますので、網戸もちゃんと使えますよ。 シェードを付けていく シェードを付けると言ってもフックに引っかけて、紐を固定してあげるだけです。 シェードの取り付けはスマイルパパにしてもらいました。 完成したシェードがこちらです。 少しだけ窓よりもシェードの方が大きいのでピンっとはなってませんが、かなり良い感じです。 私の希望のタイルデッキの上をしっかりとカバーしてくれてます。 シェードの下で何かする目的があるなら、やはり3メートルくらいは欲しいかもしれませんね。 ちなみに、シェードの下部は紐で固定するだけなんですが、この紐をしっかり固定しないと風などで外れる可能性があるので、しっかり固定してあげてください。 我が家は物置の下のブロック部分に。 紐がすれて切れてしまわないように、タオルをはさんでるようです。 反対側はメッシュフェンス部分に。 固定するものがない場合はブロックにフックが付いてるものなど、ホームセンターでも売ってます。 こういった水を入れて使うタイプのものもあります。 これなら使用しない時はコンパクトに収納しておく事が出来ますよね。 室内が暗くなる事もないですし、取り付けてからは真夏日の気温の日中でもエアコンを使用しない日もありますので、効果はバッチリです。 我が家のプール開きは今週末を予定していますので、このシェードの下でさっそくプールをしてみようと思います。 今年の夏はこのシェードが役立ってくれる事を期待しています。

次の

オーニングのDIY方法は?サンシェードのベランダ取り付けアイデアも

シェード 取り付け

賃貸でも工夫すればサンシェードが取り付けられます! わが家は、 猛烈な西日が入る賃貸物件。 日没までずっと日が当たるので、部屋の中まで日焼けしそうなほどです。 しかも、春の終わりから秋始めまでの暑い時期…。 そこで 賃貸ですが、サンシェードを取り付けました!!これがもう、 最高の働きをしてくれています!! 冬の間は日の光を入れたいので撤去していましたが、ゴールデンウイークから再び活躍しています。 今年で5年目ですが、サンシェードは劣化していません。 この記事では、 サンシェードを賃貸物件で取り付ける際の注意ポイントをご紹介します。 さらに、1年半後に1枚追加するために一度取り外したのですが、その際に 原状復帰できたのか?も併せてご紹介します。 手すりより外に物を出さない。 手すりを利用して布団等を干すことは禁止。 ベランダから物が落ちないよう配慮する。 ベランダでの喫煙は禁止。 ベランダにペット放置しない。 などなど、持家の方はマンションの規約で決まっていました。 高層階は風の影響もあるので、高層マンションは規則がしっかりとあります。 マンションによっては、サンシェードが取り付けが禁止されている場合もあります。 安全に快適に暮らすために、サンシェードを設置する前に規約の確認することをおすすめします。 サンシェードを取り付ける以外でも、窓にフィルムを貼ることで紫外線を防いだり日よけ効果をwることもできます。 窓のフィルムもDIYで貼れるのであわせて行うのもおすすめです。 賃貸のサンシェード|現状復帰できるのがポイント Gbunが 今住んでいるのは賃貸です。 しかも新築物件だったので、引っ越しする時はなるべくキレイに出て行かなければなりません。 壁に穴なんて開けるとかできない状況です。 しかし、 工夫することでサンシェード取り付けを成功させました! なんてたって、西日がガンガン入ってきて暑い!! 放っておくと室温は、15時あたりから一気に35度を超えそう。 ワンズがいるからクーラーは点けっぱなしなのですが、そうなると電気代がね…。 この西日を防ぐべくサンシェード取り付けを実施です! サンシェードを取り付ける位置 窓に取り付けるのではなく、物干しざおより外側へ付けることを選択しました。 理由は3つ。 洗濯物の日焼け防止• 風の通り道の確保• ベランダが狭くならないように 1つは、 洗濯物が日焼けするのを防ぎたかったからです。 西日が強すぎて、昼まえからずーっと直射日光に当たると洗濯物が痛みそうだったので、洗濯物に直射日光が当たりすぎないようにしたかったのです。 2つめは、 日を避けながらも風は通したかったから。 サンシェードは直射日光を遮ることができますが、設置場所を失敗すると風が通らず熱がこもってしまいます。 ベランダの空間を広く取ることで風が通るようにしました。 窓に取り付けると、窓を開けた際に風の通りが悪くなってしまうので却下しました。 3つ目は、 ベランダを広く使いたかったから。 付け方にも寄りますが窓に付けると、立てかけるタイプなどはベランダが狭くなってしまうので、洗濯物を干すのがとてもやり辛くなってしまします。 サンシェード取り付け前の、元の状態に戻せること• 下の階へサンシェードが落下しないこと 賃貸のサンシェード|取り付けに使ったフック サンシェードを取り付けるのに使ったのは です。 もともとフックに両面テープが付いているのですが、その両面テープではなく3Mの両面テープ張り付けて使っています。 詳しくは、取り付け方でご説明します。 付属している両面テープと3Mの両面テープでクッション性が生まれるので、多少の凹凸があるところでも貼り付けられます。 わが家の貼り付け個所も 凹凸がある化粧版ですが、問題なく取り付けられました。 さらに家は海の近くなので、 かなり風が強いのですがビクともしません! さらに、台風の時などサンシェードを外したいときも フックが簡単に開閉できるので、簡単にサンシェードを片付けることができます。 賃貸に取り付けたサンシェード わが家が取り付けたサンシェードは、という製品です。 大きな1枚物のサンシェードではなく、小さなものを複数取り付けています。 分割することでメリットがあります。 小さなサンシェードを複数張れば、 サンシェードとサンシェードの隙間から風が逃げるので、風を含み過ぎることを防げます。 風が強い地域なので、大きなものを1枚張るとヨットの帆のように風を含んでしまいます。 風を含むとフックにもインシュロックにも、余計な負荷がかかるので外れてしまったり、壊れてしまったりするリスクが増えます。 また、 大きな一枚物だとフックは2ヶ所ですが、我が家では3枚に分けているのでフックも6ヶ所となっています。 取り付けフックやインシュロックの箇所が増えるので、ガッチリ固定することができ強度が上がります。 フックが外れても落下しない工夫 しっかり3Mの両面テープで張り付けているフックですが、万が一フックが外れてしまった場合にも下へ落下するのを防いでいます。 どうしているかと言うと、 サンシェードの下の部分をインシュロック(結束バンド)で止めています。 1つのサンシェードあたり、 下側を4ヶ所インシュロックで止めることで、たとえ フックが外れても、インシュロックが何本か切れても、サンシェードが落下してしまわないようにしています。 万が一の事態が発生しても、下に落ちないようにしておくことで安心してサンシェードが取り付けられます。 ビニール紐などの場合、炎天下で徐々にパサパサに劣化してしまうので、耐久性のあるインシュロックがおすすめです。 万が一フックの粘着テープが外れた場合も、フェンスにインシュロックで結びつけてあるので、サンシェードが落下することはありません。 ちなみに2年半使っていますが、粘着テープが外れてサンシェードが外れてしまったことは1度もありません。 まずは、サンシェード自体の劣化具合を見てみましょう! サンシェードの布地 ビニール の部分は、1年経過後も劣化は見られません。 汚れは、それなりに付いていますが、 破れたりたわんだりはしていません。 とてもきれいな外見です。 フックを付ける部分は、太陽での劣化が一番気になる部分です。 1年以上使用していても、脆くなったりすることもなく、 まだまだ安心して使えそうです! フック自体の様子 つぎに、ずーっとサンシェードの重みに加えて、風による負荷もかかっている取り付けフック。 取り付け時から、一番劣化を心配していたアイテムです。 フック自体はプラスチックでできています。 長期間、直射日光にさらされて、風になびくサンシェードを固定し続けている高負荷のアイテム。 2年以上経過しても…購入時と同じ。 劣化していません! 台座とフックの接合部の可動域もそのまま、スムーズに回転します。 とっても優秀です。 1年半前に取り付けたフックの取り外し 今年は梅雨が明けてから、めちゃくちゃ暑い日が続いています。 西日が強く当たるので、エアコンなしだと連日30度以上になります…。 今までサンシェード2つで頑張っていた我が家ですが、 暑さに負けてサンシェードをもう一つ追加することにしました。 step 11年半前に取り付けたフックの取り外し step 2フックの粘着テープの除去と新しいテープ取り付け step 3サンシェードを3つ並べて取り付ける サンシェードの追加で用意したもの まずは、サンシェード追加するにあたって必要な物品の準備です。 いつものAmazonでポチっと購入しました。 5年使っても、劣化もなく使えているお気に入りのセットです。 フックが外せるようになっているので、サンシェード自体は簡単に取り外しができます。 今付けているサンシェードの位置だと3枚張れないので、 1度フックを外して移動させて再度取り付ける必要がありました。 新しいフックを取り付けるために、今使っているフックを外します。 取り外しは、あとからはがせる超強力プレミアムゴールドに付いている、釣り糸みたいなものを利用します。 この左にある釣り糸でフックを外します。 天井とフックの間に釣り糸を入れて、左右に糸を動かしながらグイグイと奥に滑らせていきます。 そうすると少しずつ両面テープが剥がれてきます。 両面テープはキレイに取れるので、天井に傷や汚れは残りませんでした! しっかりくっ付いているので、釣り糸が何度か切れましたが、十分な長さが同封されているので足り無くなることはありませんでした。 フックの粘着テープの除去と新しいテープ取り付け 続いてのステップは、フックに付いた粘着テープを除去して、新しく両面テープ(あとからはがせる超強力プレミアムゴールド)を張り付けます。 古い両面テープごと、すべてフックから取り除きます。 力は必要ですが、割と簡単にキレイに剥がれました。 両面テープを撤去し終えたら、フックの汚れと油膜をアルコールで拭き取ります。 アルコールがない場合は、車用品の脱脂材がとでも便利です。 脱脂しないと使用途中にフックが外れたり、サンシェードが落下する恐れがあります。 優秀です! 賃貸サンシェード|ベランダにサンシェードをDIYで取り付ける方法 まとめ この記事では「賃貸サンシェード|ベランダにサンシェードをDIYで取り付ける方法」についてご紹介しました。 賃貸でも工夫次第で DIYでサンシェードの取り付けができます! 賃貸ですと原状復帰できるように、取り外すことができる強力な両面テープでの固定がおすすめです。 さらにワンタッチで外せるフックを使い、台風などで風が強い日などに取り外ししやすいように取り付けるのが良いと思います。 結束バンドは取り外すたびにハサミやニッパーで切ってしまいますが、たくさん入っているので全然なくなりません。 しっかりと下の部分を固定できるのでオススメです。

次の

オーニングのDIY方法は?サンシェードのベランダ取り付けアイデアも

シェード 取り付け

この記事まとめ• 日差しの軽減に日よけって必要?口コミで人気のリクシル スタイルシェードが気になる! みんな日よけ(サンシェード)ってしてる? 春になり、そろそろ日差しも厳しくなってきましたよね。 特に1年を通じて紫外線が多いのが春の季節。 そんな季節に、日よけもなしでカーテンを開けておくなんて、奥さん曰く絶対NGとのこと。 特に、うちは南がリビングになっているので直射日光がすごい! フローリングが日焼けするのはもちろん、室内にいても肌が日焼けしてしまいます。 そろそろ、窓にUV予防のフィルムを貼ったり、スダレなどのサンシェードも検討するタイミングなのかもしれません。 おすすめはやっぱりリクシル スタイルシェード! 地元のホームセンターや楽天市場で口コミをみたり探していても、全然いいのがないいんですよね。 壁に穴開けるのも嫌だし、本当に効果があるのか分からないような磁石で固定する物とか。 ヨシズやスダレは、すぐにボロボロになるし、そもそもガルバニウム鋼板の家に合わない!ってことで、モダンなデザインのシェードってないのかな?って探していくと、発見しました! それがこれ。 枠付け• 壁付け• これにボックスカラー5種類、そしてシェードカラーが9種類もあると、選ぶのも楽しくなりますよね。 いろんな用途に使えるんじゃないかな?って思ったり。 ボーターもいいなーなんて思いながら、最終的に選んだのは、枠付タイプのボックスカラー(黒)・記事カラー(ナチュラルグリーン)のW1820・H3030のスタイルシェードです。 楽天市場でリクシル スタイルシェードの最安値を検索&購入 家を建てたハウスメーカーさんに相談したところ、多分ネットの方が安いよ!って教えてもらったので、自分で購入することに。 枠付けタイプなら、10分もあれば一人でDIYで取り付けできるとの言葉を信じて…。 即楽天市場で購入。 リクシル スタイルシェード到着 楽天市場で購入した「リクシル スタイルシェード」が到着。 早速中を開けてみると。 シェードとこの金具のみ。 めっちゃシンプル。 肝心のシェードは…。 ナチュラル・グリーンです。 ボックスのカラーは黒。 高級感があるので、取り付けが楽しみですね。 ワクワク! 早速DIYしてみましょう。 リクシル スタイルシェードをDIYで自分で取り付け開始 今回は、トステムのサッシに取り付けていきます。 まずリクシル スタイルシェードが付けられるのかサッシをチェックします。 このような形状なら問題なし! 早速取り付け金具を付けていきましょう。 +ドライバーだけで1分以内に固定できました。 これは簡単。 固定した金具にさらにパーツを取り付けていきます。 取り付け金具にスタイルシェードボックスを取り付ければ完了。 こんな感じに仕上がります。 ざっくり言うと、金具の穴にリクシル スタイルシェードを合わせてネジ止めするだけ。 たったこれだけで完了です。 あとは、シェードを引き出すだけ。 これなら素人でもDIYでおしゃれなスタイルシェードを設置できますよね。 色も、ガルバニウム鋼板の黒に合わせて「ナチュラル・グリーン」を選択。 どうかな? 僕は選んで大正解!って感じてます。 スタバのようなカフェ感が増しましたね。 あえて言うなら、室内が少しグリーンがかったので、室内のことを考えるならグレーのスタイルシェードでもよかったかな?と思いました。 リクシル スタイルシェードのデメリット 付属のリングの強度は弱い! 設置して3日目に春一番が…。 あまりの強風に、スタイルシェードがバサバサと揺れています。 これはやばいと、巻き上げると …。 せっかく買ったオプションの取り付け金具が変形してしまいました。 リクシル スタイルシェードはDIYでも簡単取り付けできて便利。 クオリティーも高いのでめっちゃおすすめ:まとめ いかがでしたか? 今回は、「リクシル スタイルシェードのDIYにチャレンジ!素人でも簡単に自分で取り付けできるって口コミは本当?黒ガルバにナチュラル・グリーン(緑)の施工例をブログでレビュー」についてブログで紹介しました。 初めはDIYでもできるかな?って少し不安もありましたが、そんなこと関係なし。 一人であっという間に取り付けすることができました。 必要ないときは自動巻き上げするだけなので、邪魔にもなりません。 この手軽さで、この品質ならほんとお買い得! 楽天市場なら2万円台で購入できるので、真夏の日差しよけにスダレやヨシズを探している方は、まずスタイルシェードを検討してみてはいかがでしょうか?.

次の