恋人 ごっこ 歌詞 マカロニ。 ”恋人ごっこ” by マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつの新曲“恋人ごっこ”PV公開、配信リリース

恋人 ごっこ 歌詞 マカロニ

正直、昨今の量産型バンドの恋愛ソングは響かない。 ねっとりとした歌詞に、それをかき消すかのごとく爽快なメロディ…遠回しで繊細に自らの好きという感情や欲求を張り巡らせている。 これが両想いにも失恋にも片思いにも使われている。 恋愛ソングを聴く者がどんな境遇にあっても、ぼんやりと一般化された最近の恋愛ソングはそこそこの人気を博す。 だから、そういった恋愛ソングを描くバンドが量産されている。 その中でも、じんわりとその名が知られてきたマカロニえんぴつは、それとは「ズレ」ていた。 量産型バンドとはっきりと異なっていると言うよりは、「ズレ」である。 生活感があり、どこか古臭くて、さらに男臭かった。 メロディについて、私はギターやベースのことはさっぱり分からないし、コード進行がどうとか語れる立ちにいない。 代わりと言っては申し訳ないほど伝わりそうにない、思い浮かんだ例えを用いると… 「ラムネのビー玉を、蓋を開けずに取ろうとしているようなキス」である。 つまり、人懐っこいのだ。 歌詞からもメロディ面からも、マカロニえんぴつは、流行的な量産型バンドとは確かな「ズレ」があったと思う。 『恋人ごっこ』の話をしたい。 マカロニえんぴつ2枚目のフルアルバムとなる『hope』に収録される新曲のうち配信第一弾となったものだ。 PVはマカロニえんぴつとして、最速の100万回再生を記録した。 ところが、私は『恋人ごっこ』を聴く気になれなかった。 また、『恋人ごっこ』配信の数日後にフルアルバム『hope』のジャケット写真が公開された。 唇を重ね合わせている。 さらに初回限定盤になると透明スリーブケースになり、可動式だ。 これもまた、私の『恋人ごっこ』の聴く気を削がせた。 理由は、流行的な量産型バンドとマカロニえんぴつの「ズレ」解消が、タイトルやアルバムのジャケットからみてとれたからだ。 広く、マカロニえんぴつの『恋人ごっこ』は好評だ。 「マカロニえんぴつ待望の新曲」として紹介されているところが多かった。 それゆえに、バンド史上最速の100万回再生。 PVの演出も大絶賛。 それだけではなく、ストリーミング配信のランキングでも上位の方にかなりの期間居座っていた。 やっぱり今キてるバンドであるだけあって、同じクラスにマカロニえんぴつの名を知っているものが増えた。 人気が出てしまった、寂しいという感覚よりは、私はただ単純にマカロニえんぴつの「ズレ」が失われていくのが恐ろしいという感覚を覚えた。 クラスでもマカロニえんぴつが好評、波に乗る中、ある友人と『恋人ごっこ』について話をした。 意外にも彼女とは意見が合った。 「マカえんってそっち系に行っちゃうんだって思った。 」という感想を語り合った。 私もその友人もマカロニえんぴつの全てを知らない。 しかし、朧げにもマカロニえんぴつ像があった。 ブームやブレイクと言われて終わってしまう気がしたからだ。 ここまで言ってきたが、私はまだ『恋人ごっこ』を聴いていない。 ワーワー言うだけあってずっとその名は気になっていた。 量産型バンドが描きがちの「シーツの湿り」の描写を通過。 終始、相手をネチネチと想っていた。 しかし、メロディは爽快とはかけはなれたものだ、ネチネチ。 実は、いきなりの「ひーふーみー」に、私は少し微笑んでしまった。 「ズレ」解消はいつになっても訪れないと思った。 もし、この文章をマカロニえんぴつが見ていたならば、「OKKAKE」を爆音でかき鳴らしてくるであろう。 そんなことを思いながら私は、Amazonで『hope』初回限定盤をカートに入れた。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

”恋人ごっこ” by マカロニえんぴつ

恋人 ごっこ 歌詞 マカロニ

どこかで聴いたことある気がする マカロニえんぴつの新曲『恋人ごっこ』を聴いた。 良い曲だと思った。 バンドの個性も感じる。 聴けばマカロニえんぴつの曲だとわかる。 実力も個性もある。 若手バンドの中で最も注目されていることも納得だ。 『恋人ごっこ』のMVではボーカルのはっとりが女優とイチャついてチューをヤりまくっている。 キャリアが必要な大人の恋をしている。 はっとりは世界を独り占めしているのだ。 曲もMVも良いのだが、なぜか懐かしさを感じる。 新曲のはずなのに、どこかで聴いたことがある気がする。 ストリングスの奏でるメロディ。 エレキギターの音色。 何かと似ている気がする。 何度か聴いて気づいた。 これはOasisだ。 Oasis『Whatever』 『恋人ごっこ』のサウンドがOasis『Whatever』に似ているのだ。 おそらく意識してサウンドを取り入れたオマージュだと思う。 Oasis自体が日本でも人気のバンドではあるが、その中でも『Whatever』は特に日本人に人気な楽曲だ。 『Whatever』は1stアルバム『Definitely Maybe』と2ndアルバム『 What's the Story Morning Glory? 』の間に発売されたシングル曲。 人気が上昇している時に発表された楽曲だ。 全米位1位を記録したデビューアルバムはギターが印象的なバンドサウンドだった。 それに対して『Whatever』はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を招きストリングスが印象的なナンバーになっている。 1stアルバムからの変化が刺激的で新鮮に感じる。 テレビCMで何度も使われた。 そのため日本では最も有名なOasisの楽曲かもしれない。 『 Whatever』を使用したCM一覧 ソニー・VAIO(2002年)、トヨタ・マークXジオ(2007年)、アサヒ・オフ(2009年 - 2015年)、ファミリーマート30周年記念(2011年)、大和証券グループ(2017年) オリジナルアルバムに収録された曲ではないく、本国での人気は日本ほどではないらしい。 そのため作詞作曲したノエル・ギャラガーは日本で『Whatever』が人気であることに疑問を感じていたらしいが、日本人の琴線に最も響くサウンドだったのかもしれない。 『Whatever』のオマージュ J-POPではストリングスを問い入れたサウンドが多い。 そのためか海外の人気バンドがストリングスをフィーチャーした楽曲を発表しヒットさせたことは刺激的だったのかもしれない。 そのためか『Whatever』は日本人アーティストがオマージュとして楽曲に取り入れることが多い。 特にストリングスの音色やリフから影響受けた楽曲が多いように思う。 GLAYの『HOWEVER』からも『Whatever』の影響を感じる。 フレーズやメロディを引用しているわけではないが、ストリングスの音色やエレキギターとストリングスの重なり方に近い部分を感じる。 しかしGLAYの音楽として昇華し唯一無二の名曲に仕上げている。 くるりは『Remember me』でリフを引用しオマージュしている。 あえて『Whatever』から引用したことがわかるように楽曲を組み立てているように感じる。 オマージュをおり入れた曲にくるりのメロディと歌詞が乗ることで、くるりとして個性を感じる楽曲になっている。 なぜこういった楽曲を作ろうと思ったんですか。 はっとり 最初からこういう曲を作ろうと思っていたわけじゃないんですよ。 この曲はけっこう前に弾き語りで歌詞も含めて1コーラスできていて。 そのデモを自分でも気に入ってたし、スタッフの反応もよかったので、大事に大事にしていました。 で、レコーディングが近付いてアレンジをしていく中で、なんの気なしにDAWソフトでOasisの「Whatever」みたいな質感でストリングスを入れてみたら、全然違和感がなくて。 はっとり そもそも乾いた音がマカロニえんぴつの特徴の1つだと思うから、これまで曲にストリングスを入れたことはなかったんですよ。 でも今回入れてみたらすごく好きな質感になって、新しい発見でした。 で、そこからアレンジを加えて「Whatever」らしさを足していって。 すごくわかりやすくしましたけど、これは愛のオマージュであると僕は言い張りたいです(笑)。 オマージュするなら中途半端にしたくないし、徹底的にやりたかった。 実際のレコーディングでは、大学が一緒の長谷川の知り合いにストリングスを弾いてもらったんですよ。 (引用:) 実は過去にもマカロニえんぴつは『春の嵐』という曲で『Whatever』をオマージュしていた。 マカロニえんぴつ• ロック• provided courtesy of iTunes ボーカルのはっとりはOasisを自身のルーツの一つと発言したこともある。 Oasisへの愛があるゆえのオマージュのようだ。 しかし同じ曲をオマージュして2曲作ることは珍しい。 なぜ『恋人ごっこ』でも『Whatever』をオマージュしたのだろうか。 歌詞から感じる「オマージュした理由」 英詞 Free to be whatever you Whatever you say If it comes my way it's alright 和訳 俺は自由になんでも言える 何が好きだったとしても 間違っていたとしても正しかったとしても なんでもいい 英詞 Whatever you do Whatever you say Yeah I know it's alright 和訳 君が何をしても何をを言っても構わない それは俺も君ももちろん知っていることだ 解釈の方法によって訳し方も変わるとは思うが『Whatever』の上記の歌詞について、自分はこのように和訳し理解した。 どことなく『Whatever』の歌詞が『恋人ごっこ』の歌詞の世界観と繋がるように感じるのだ。 相手に対しても同じようにどんなことを言っても構わないとメッセージを贈る。 そしてそれを受け止めるという言っている。 しかし『恋人ごっこ』の主人公は言いたいことを言いそびれている。 伝えられなかったことを後悔している。 『恋人ごっこ』の内容は「言えなかったこと」だらけの歌詞だ。 オマージュ元の『Whatever』は言いたいことを言っている。 『Whatever』をオマージュとして曲中に隠すという表現により、主人公は本音を伝えられるに隠しているということを表現しているのかもしれない。 「Whatever」を日本語に直訳すると「なんでも」という意味になる。 Oasisの『Whatever」も「なんでも」という意味で使用している言葉だとは思うが、この単語はスラングとして使われる場合がある。 スラングとして使われる場合は「無関心、興味がない、どうでもいい」という意味になる。 Yeah, sure, whatever. どうでもいいです。 このように使われる。 『恋人ごっこ』の主人公とヒロインは恋人同士ではないようだ。 しかしかつては惹かれ合っていて、主人公は今でもヒロインのことが好きなように感じる。 「恋人ごっこでもいいから」と関係が続くことを望んでいる。 歌詞にヒロイン側の視点はないが、ヒロインは主人公に関心を持っていないような表現で歌詞が綴られている。 ヒロインにとって主人公はWhatever(どうでもいい)という状態だ。 だから『Whatever』をオマージュしたのかもしれない。 しかしこれはマカロニえんぴつのメンバーが語った話ではない。 自分の想像であり妄想だ。 偶然『Whatever』に似ている部分があったのかもしれない。 「こういう感じ方をする人もいるんだなあ」ぐらいの感覚でいてほしい。 つまり、この記事もWhatever(どうでもいい)記事なわけです。

次の

”恋人ごっこ” by マカロニえんぴつ

恋人 ごっこ 歌詞 マカロニ

どこかで聴いたことある気がする マカロニえんぴつの新曲『恋人ごっこ』を聴いた。 良い曲だと思った。 バンドの個性も感じる。 聴けばマカロニえんぴつの曲だとわかる。 実力も個性もある。 若手バンドの中で最も注目されていることも納得だ。 『恋人ごっこ』のMVではボーカルのはっとりが女優とイチャついてチューをヤりまくっている。 キャリアが必要な大人の恋をしている。 はっとりは世界を独り占めしているのだ。 曲もMVも良いのだが、なぜか懐かしさを感じる。 新曲のはずなのに、どこかで聴いたことがある気がする。 ストリングスの奏でるメロディ。 エレキギターの音色。 何かと似ている気がする。 何度か聴いて気づいた。 これはOasisだ。 Oasis『Whatever』 『恋人ごっこ』のサウンドがOasis『Whatever』に似ているのだ。 おそらく意識してサウンドを取り入れたオマージュだと思う。 Oasis自体が日本でも人気のバンドではあるが、その中でも『Whatever』は特に日本人に人気な楽曲だ。 『Whatever』は1stアルバム『Definitely Maybe』と2ndアルバム『 What's the Story Morning Glory? 』の間に発売されたシングル曲。 人気が上昇している時に発表された楽曲だ。 全米位1位を記録したデビューアルバムはギターが印象的なバンドサウンドだった。 それに対して『Whatever』はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を招きストリングスが印象的なナンバーになっている。 1stアルバムからの変化が刺激的で新鮮に感じる。 テレビCMで何度も使われた。 そのため日本では最も有名なOasisの楽曲かもしれない。 『 Whatever』を使用したCM一覧 ソニー・VAIO(2002年)、トヨタ・マークXジオ(2007年)、アサヒ・オフ(2009年 - 2015年)、ファミリーマート30周年記念(2011年)、大和証券グループ(2017年) オリジナルアルバムに収録された曲ではないく、本国での人気は日本ほどではないらしい。 そのため作詞作曲したノエル・ギャラガーは日本で『Whatever』が人気であることに疑問を感じていたらしいが、日本人の琴線に最も響くサウンドだったのかもしれない。 『Whatever』のオマージュ J-POPではストリングスを問い入れたサウンドが多い。 そのためか海外の人気バンドがストリングスをフィーチャーした楽曲を発表しヒットさせたことは刺激的だったのかもしれない。 そのためか『Whatever』は日本人アーティストがオマージュとして楽曲に取り入れることが多い。 特にストリングスの音色やリフから影響受けた楽曲が多いように思う。 GLAYの『HOWEVER』からも『Whatever』の影響を感じる。 フレーズやメロディを引用しているわけではないが、ストリングスの音色やエレキギターとストリングスの重なり方に近い部分を感じる。 しかしGLAYの音楽として昇華し唯一無二の名曲に仕上げている。 くるりは『Remember me』でリフを引用しオマージュしている。 あえて『Whatever』から引用したことがわかるように楽曲を組み立てているように感じる。 オマージュをおり入れた曲にくるりのメロディと歌詞が乗ることで、くるりとして個性を感じる楽曲になっている。 なぜこういった楽曲を作ろうと思ったんですか。 はっとり 最初からこういう曲を作ろうと思っていたわけじゃないんですよ。 この曲はけっこう前に弾き語りで歌詞も含めて1コーラスできていて。 そのデモを自分でも気に入ってたし、スタッフの反応もよかったので、大事に大事にしていました。 で、レコーディングが近付いてアレンジをしていく中で、なんの気なしにDAWソフトでOasisの「Whatever」みたいな質感でストリングスを入れてみたら、全然違和感がなくて。 はっとり そもそも乾いた音がマカロニえんぴつの特徴の1つだと思うから、これまで曲にストリングスを入れたことはなかったんですよ。 でも今回入れてみたらすごく好きな質感になって、新しい発見でした。 で、そこからアレンジを加えて「Whatever」らしさを足していって。 すごくわかりやすくしましたけど、これは愛のオマージュであると僕は言い張りたいです(笑)。 オマージュするなら中途半端にしたくないし、徹底的にやりたかった。 実際のレコーディングでは、大学が一緒の長谷川の知り合いにストリングスを弾いてもらったんですよ。 (引用:) 実は過去にもマカロニえんぴつは『春の嵐』という曲で『Whatever』をオマージュしていた。 マカロニえんぴつ• ロック• provided courtesy of iTunes ボーカルのはっとりはOasisを自身のルーツの一つと発言したこともある。 Oasisへの愛があるゆえのオマージュのようだ。 しかし同じ曲をオマージュして2曲作ることは珍しい。 なぜ『恋人ごっこ』でも『Whatever』をオマージュしたのだろうか。 歌詞から感じる「オマージュした理由」 英詞 Free to be whatever you Whatever you say If it comes my way it's alright 和訳 俺は自由になんでも言える 何が好きだったとしても 間違っていたとしても正しかったとしても なんでもいい 英詞 Whatever you do Whatever you say Yeah I know it's alright 和訳 君が何をしても何をを言っても構わない それは俺も君ももちろん知っていることだ 解釈の方法によって訳し方も変わるとは思うが『Whatever』の上記の歌詞について、自分はこのように和訳し理解した。 どことなく『Whatever』の歌詞が『恋人ごっこ』の歌詞の世界観と繋がるように感じるのだ。 相手に対しても同じようにどんなことを言っても構わないとメッセージを贈る。 そしてそれを受け止めるという言っている。 しかし『恋人ごっこ』の主人公は言いたいことを言いそびれている。 伝えられなかったことを後悔している。 『恋人ごっこ』の内容は「言えなかったこと」だらけの歌詞だ。 オマージュ元の『Whatever』は言いたいことを言っている。 『Whatever』をオマージュとして曲中に隠すという表現により、主人公は本音を伝えられるに隠しているということを表現しているのかもしれない。 「Whatever」を日本語に直訳すると「なんでも」という意味になる。 Oasisの『Whatever」も「なんでも」という意味で使用している言葉だとは思うが、この単語はスラングとして使われる場合がある。 スラングとして使われる場合は「無関心、興味がない、どうでもいい」という意味になる。 Yeah, sure, whatever. どうでもいいです。 このように使われる。 『恋人ごっこ』の主人公とヒロインは恋人同士ではないようだ。 しかしかつては惹かれ合っていて、主人公は今でもヒロインのことが好きなように感じる。 「恋人ごっこでもいいから」と関係が続くことを望んでいる。 歌詞にヒロイン側の視点はないが、ヒロインは主人公に関心を持っていないような表現で歌詞が綴られている。 ヒロインにとって主人公はWhatever(どうでもいい)という状態だ。 だから『Whatever』をオマージュしたのかもしれない。 しかしこれはマカロニえんぴつのメンバーが語った話ではない。 自分の想像であり妄想だ。 偶然『Whatever』に似ている部分があったのかもしれない。 「こういう感じ方をする人もいるんだなあ」ぐらいの感覚でいてほしい。 つまり、この記事もWhatever(どうでもいい)記事なわけです。

次の