エアコン 配管 カバー。 エアコンの配管カバーの外し方を教えてください

エアコンの化粧カバーを自分で取り付けてみる(中編)

エアコン 配管 カバー

さて、我が家のエアコン用ホース、取付工事直後は下の写真のように、テープでぐるぐる巻き状態でした。 こういうテープではなく、見た目をキレイにする化粧カバーが売っています。 最もメジャーなのは、因幡電工のスリムダクトシリーズですかね。 スリムダクトの種類 スリムダクトには何種類かあって・・• スリムダクトSD:屋外用。 サイズが豊富• スリムダクトLD:屋外用。 SDに比べて安価。 サイズは少ない• スリムダクトMD:屋内用。 間違っても屋外に使ってはイケナイ 今回DIYでやるのに、調べるのに少し苦労したので、以下簡単に解説しておきます。 スリムダクトSD 屋外用の化粧カバーで、幅広いサイズをラインナップしています。 お掃除付きなどの余計な機能が無い場合は、一番細いSD-66でギリギリ収まるようですが、素人がやると余裕が無さすぎて厳しいようなので、あまりオススメ出来ません。 その上のサイズ、SD-77だとかなり余裕があるので、プロでもこちらを選択することが多いそうです。 我が家の新築時のエアコンには、このSD-77が使われていました。 エアコンキャップが無ければ、この後付用でも良かったんですが、せっかく付いてますからね、活用しましょう。 本来は先に施工するカバーを後から取り付けようとすると、固定用のネジを締め込むのが大変! もうホースの長さは決まっているので、無理にでもずらしてからネジを打ち込みます。 なお、我が家の外壁は窯業系サイディング。 割とネジが打ち込みやすい材質です。 金属系だったりすると、止め方が異なってきますので要注意です。 固定用のネジについては、後から錆びないよう、ステンレス製を選びましょう。 こんな感じの、タッピングビスを使いました。 ネジの長さは、外壁を貫通すると中に雨水が染み込んだり、壁内部の配線などを傷つける恐れがあるかな?・・と思ったので、 外壁の厚さより少し短いぐらいです。 太さは3~4mmでいいでしょう。 化粧カバーもホースも軽いですし、振動もしないですからね。 私は2mmで下穴開けて、4mmのビスで止めました。 うまく力をかければ、下穴無しでも壁にネジが食い込みましたので、手持ちの道具と相談しながらやればいいと思います。 ホースをカバーする 続けて、ホースに化粧カバーを取り付けていきます。 直線部は、スリムダクトLD-70を使います。 2mあるので、ホースの長さに合わせてカット。 カッターで切れ目を付けてから、ノコギリでカットしました。 カッターだけでも時間を掛ければ切れますが、結構大変。 カッターを少し炙って熱くすれば、切りやすいかな? 一定の間隔で、ビス止め用の穴があるので、2~3箇所ほど長さに合わせて止めればいいでしょう。 暗くなっての作業だったのでわかりにくいですが、ビス止めしてます。 これも、ホースをずらしながらなので大変でした。 つくづく、エアコン取付時にやってもらったほうが楽だしキレイに取り付け出来ると思い知りました・・ 下側のカバーを壁に固定したら、今度は上側のカバーで蓋をします。 次は曲がっている部分と縦のカバーを付けていきます。

次の

エアコンの配管に化粧カバーは取り付けるべき?

エアコン 配管 カバー

エアコン配管の化粧カバーとは? エアコン配管の化粧カバーとは、その名の通り、エアコン室内機と室外機をつなぐ配管を綺麗におさめるためのカバーのことを言います。 全てのエアコンにこの配管カバーが施工されているわけではなく、 オプション工事になるので、エアコン取り付けの時に希望しなかった場合には配管は「化粧テープ巻き」という標準的な仕上げで施工されます。 エアコン配管カバーには、室内用と室外用があり、それぞれ役割も異なります。 室内配管カバーについて 室内配管カバーの役割としては、 見た目をよくすることです。 通常の化粧テープ巻処理でもエアコン性能はほとんど変わりませんが、その見た目はどうしても部屋全体の美観を損なうことがありますが、その問題を解消してくれるのが室内配管化粧カバーです。 特に配管を通す壁穴と室内機が離れることが多いマンションでは施工を希望される方が多いです。 室外配管カバーについて 室外配管カバーの役割は下記の3点あります。 ・見た目をよくする。 ・日光や風雨から配管の劣化を防ぐ。 ・日光の熱を遮断し、熱交換効率の低下を防ぐ。 室内用のカバーとは異なり、機能的な役割があります。 そのため設置環境によっては室外配管カバーを施工した方が良い場合もあるので取り付け業者に相談すると良いでしょう。 特に直射日光が当たる場所に室外機を設置する場合には、配管がダメージを受けやすくエアコンの性能に影響が出るので室外配管カバーは取り付けた方がいいです。 室外配管カバー基本料金相場は、5,000円前後です。 どこの会社、業者も「ヘッド部品・ストレートカバー2m、エンド部品」が基本セットとして5000円前後、延長や曲がり部品の追加に応じて追加費用がかかります。 使用する室外用配管カバーの種類は「SDシリーズ」「LDシリーズ」があります。 サイズの豊富さから多くの業者は「SDシリーズ」を使用しています。 また、室外用の配管カバーは外壁や景観に合わせて、アイボリー、ブラック、ブラウン、グレーなどが用意されています。 施工希望の場合は希望の色を選択しエアコン取り付け業者に依頼しましょう。 (業者により取り扱いは異なります)。 3 賃貸住宅での配管化粧カバー取り付けは注意 賃貸住宅の中には、「エアコンは取り付けて問題ないけど、カバーはつけてはダメ」という物件があります。 必ず管理会社やオーナーに確認しておきましょう。 なぜ禁止されているかというと、壁にビス(ネジ)穴があいてしまうからです。 配管カバーはあってもなくてもエアコンは問題なく使用できるため、エアコン設置に必要な据付板固定以外のビス穴は認められていない場合があります。 もし確認せずに配管カバーを取り付けてしまうと退去時に原状回復費として請求される可能性があります。 管理会社ではなくてもマンション管理人が知ってることもあるので、まずは聞いてみましょう。 配管カバー、後付けできる?できない? 3. 1 室内配管カバーの場合 エアコン設置後の室内配管化粧カバーの後付けはほぼできません。 配管カバーを施工する際、業者は配管ルート決めを行い、カバーが収まるように数ミリ単位でエアコン、カバーを設置します。 カバー施工でない標準のテープ巻仕上げでは基本的にそこまでの調整は行いません。 配管カバーに合わせた配管ルートをとっていない既設エアコンに対して配管カバーを取り付けようと無理やり配管を曲げたりする人もたまにいますが、 ガス漏れ、配管折れ、室内機落下の危険性があります。 2 室外配管カバーの場合 室外配管カバーの場合、状況によっては後付けできることもありますがおすすめしません。 室外配管については室内より自由度が高いため、エアコン設置後でも配管カバーを取り付けできることはあります。 しかし、それも設置状況や配管ルートによるので、無理な取り付けはできません。 配管カバーを後付けすることを事前に知らない場合は、配管ルートが汚くないよう、そして配管に無理な力が働かないようにエアコンを取る付けます。 そのように設置されたエアコンに対して配管化粧カバーを無理やり取り付けることは室内の場合と同様に ガス漏れ、配管折れの危険性があります。 配管化粧カバー料金だけでなく取り外し、取り付け料金も発生することになりますので、費用的にもエアコン取り付け時にカバーは施工してしまうのがいいでしょう。

次の

エアコンの化粧カバーは取り付けるべきか

エアコン 配管 カバー

>>再度取付の必要があるのでエアコン交換の時にやった方がいいと言われました。 害虫 侵入が怖いので埋めたいのですが、何か他に方法はないでしょうか 質問者さんへご提案 クリーニング業者さんが何処まで見ているのか判断できません。 機種によっては室内機の下側 左右角にあるコーナーパネルが外れるようになっています。 外せる機種の場合 コーナーパネルを外すと穴が見えます。 手が入りますのでホームセンターでエアコンパテ 1個70円程度を購入して埋めて下さい。 コーナーパネルが外せない機種の場合 メーカーを呼んではいけません。 10000円位請求されます。 メーカーに支払うの? じゃなくて クリーニングを依頼して下さい。 クリーニングしても10000円です。 クリーニングで外装を外しますのでパテを用意しておき埋めて貰えば70円で済みます。 機種が古い場合 安いエアコンに買い替える この時必ずスリーブを入れて貰って下さい。 但し おかしな穴があけられていると スリーブを入れることが出来ません。 これが事前にわからないのであればコーナーパネルが外せる機種を購入して下さい。 外せる機種を購入していれば設置後でもパテを詰める事が出来ます。 方法としては上記方法で対応して貰って下さい。 このどちらかで対応しないと虫さんが遊びに来ます。 判らない時は追記して下さい。

次の