アイビスペイント 線画抽出。 【ibispaint初心者へ】線画におススメのブラシや太さを徹底解説

アイビスペイントでアナログ線画を写真から取り込みする方法

アイビスペイント 線画抽出

スポンサーリンク アイビスペイントで線画を抽出したあと綺麗になじませる方法! アイビスペイントで直に線画を描く時は、ペンに「アンチエイリアス」という周りをちょっとボカして馴染ませる補正が付いているので、とても綺麗に見えるのですが、線画抽出した線は白と黒がパキっと分かれてギザギザした線になったり、細い部分が細く薄くなってしまったりします。 そんなときに、私がよくやる 「線画の下に、線画をぼかしたレイヤーを重ねる」ことで無理やり誤魔化す!というちょっと強引な方法を使うと、タイトル画像のように、なんとなくギザギザの少ないしっかりした線に見せられたり、にじみっぽい効果でごまかせる場合があります。 その手順を説明していきますね。 レイヤーの複製• 全結合を追加 の2つが出てきますので、上の 「レイヤーの複製」をタップします。 そうすると、線画のレイヤーがもうひとつ出来ますね。 こんな感じでうまく出来ていたら、下にある方の線画レイヤーを選んで、レイヤーメニューを閉じましょう。 その中から、 「フィルター」を選択します。 さらに出てくるメニューの中から、「ぼかし」の中の 『ガウスぼかし』をタップしてください。 そうすると、いきなり線画がぼわっとにじんだようになりましたね。 デフォルトの数値は6pxで、結構強くぼかしがかかっています。 これはこれで、にじんでいるような効果が出せていい感じですが、もうちょっとナチュラルに誤魔化したい場合は、マイナスを押して、さらに数値を下げていきましょう。 大体 2pxくらいが、線がほんのり補強される感じになりますね。 さきほどの画像よりぼかしが薄くなりました。 でも何もしない線画より、ほんのりなじんでいるように見えます。 同じ手順でぼかしをかけると、こんな感じになります。 このアイビスで線画をなじませる方法は、線画だけの時より、 色塗りを終えてからやるのがオススメ。 線画だけで「いい感じ!」と思うのと、色塗りのあとに調節して「いい感じ!」となるのが、微妙に違ったりするんですよね。 なので、最後の仕上げとして調整してあげると、「ちょっと出来が良く見える」かもしれません。

次の

スマホで絵を描く無料アプリ”アイビスペイント”初心者でも超簡単!

アイビスペイント 線画抽出

下書きは濃くはっきりと描こう まずはじめに、アナログで下書きを描く際に重要なポイントは 「線を濃くはっきりと描く」 ことです。 というのも、デジタルでは鉛筆で描くときに比べてシャープな線になるので、もしアナログの時点で線が曖昧なままだと、 デジタルで清書して線をなぞるときに、 「複数ある線から使う線のみを選んでなぞる」という手間が生じてしまうからです。 これをすると、デジタルで線画を描くのに必要以上に時間がかかってしまいます。 でも、 アナログの時点で余分な線を減らしておけば、デジタルで線画を描く時間が短縮できます。 具体的には、下の手順を踏むことで デジタルでの作業時間を大幅に減らすことができるのでおススメです。 はじめに全体的に薄く大まかにラフを描く• 最後にデジタルで使う線だけを濃く描く 下の画像を見比べてみてください。 おそらく左の方が線画が見やすいかと思います。 右の画像は薄いラフ、左の画像はそこから必要な線だけを再度なぞったものになります。 このように、 「清書で使う線をなぞる」というひと手間をとるだけで、視認性が大きく変わるのが分かると思います。 なぞる分、 下書きで2,3分余計にかかってしまいますが、この作業が結果的にデジタルでの作業時間を数十分減らすことにつながります よ。 スマホで撮影するときは影が映りこまないようにしよう 次に大事なポイントが 「影が入らないように線画を撮影する」 ことです。 下書きを濃くはっきりと描いても、スマホで撮影するときに撮り方が悪いと、せっかく描いた下書きが見えにくいということになりかねません…。 そうならないよう、 以下に大事なポイントをまとめておきました。 撮影時の2つの注意点 写真を撮るときは主に下の二点を満たすようにしましょう。 光が均等に当たるようにする• できるだけ正面から撮るようにする 光が均等に当たるようにする 撮った時に、影などが生じて光の当たり方に偏りができると 線画を抽出しにくくなります。 例えば、紙に影ができて紙の一部に光が当たらない場合、 「明るい部分の線画の黒さ<暗い部分の白紙部分の黒さ」になってしまうと、線画を上手く抽出できません。 なので、「強い照明」や「太陽光などの平行光線」を光源にして 光の当たり方をできるだけ均一にしましょう。 できるだけ正面から撮るようにする 下書きを斜めから撮ると、下書きが歪んで映ってしまいます。 そうすると、後でその歪みを取り除く必要が出てきてしまいます。 これは、 正面から歪みなく撮っておくことで防ぐことができます。 綺麗に下書きを撮るための方法 撮影時の注意点が分かったところで、次は… 学習机は光源が二つあり、明るさも十分なので特におススメです。 窓に紙を張り付けてスマホで撮る こちらは 裏面が白紙で陽射しがある場合限定でおススメです。 テープで貼ったりすれば、簡単に綺麗な写真が撮れると思います。 画像をキャンバスに取りこもう 0. アプリをインストールする Androidの方はGoogleプレイストアから、appleの方はApp Storeからインストールしてください。 ここは、ほとんどの方ができると思う上に説明が長くなるので割愛します。 アイビスペイントを立ち上げる では、アイビスペイントを立ち上げていきましょう。 立ち上げると上の画面になると思いますので、一番左の マイギャラリーを押してください。 画像を選んだら、キャンバス内に綺麗に下書きが入るよう 画像を変形させましょう。 画像の拡大・縮小、回転の操作方法 平行移動 画像を移動させたいときは 1本の指で上下左右に指をスライドさせてください。 拡大・縮小 画像を拡大・縮小したいときは 2本の指でつまんだり拡げたりしてください。 回転移動 画像を回転させたいときは、ネジを回す要領で 2本の指を逆方向に動かしてください。 オンオフの切り替え が拡大・縮小、 が回転に対応しています。 上の図のように、マークが青く点灯していると操作が有効に、白色のままだと操作が無効になります。 サイズが調整出来たら右下の を押して変更を保存しましょう。 ここまで終わると、キャンバス上には上のように下書きが表示されると思います。 加工機能を使って、線画を見やすくしよう 1. 線画を抽出する 上のような画面が表示されると思うので、 OKをおしてください。 すると、上のような画面が表示されると思うので、 バーをスライドさせてコントラストを調整してください。 黒側を大きくすると黒が強く、白側を大きくすると白が強くなります。 ポイントは 「線画が白飛びしない程度にできるだけはっきりさせる」ことです。 完全に白黒にならなくても、線画が少しクリアになればそれで充分です。 調整ができたら 右下のチェックマークを押してください。 ここまで終わると上の画像のようになると思います。 下書きの色を変える 画面左下の筆の形をしたボタンを押して 「フィルター」をタップしてください。 次に 「線画色変更」をタップしてください。 ここで 色を調整してください。 個人的には 青色(画像参照)が見やすくていいかなって思います。 ここまで終わると上の画像のようになると思います。 下書きを薄くする このままだと下書きが濃くて清書したときに見づらいので 下書きを薄くしましょう。 右下の 「 2」と書かれたボタンをタップしてください。 下にあるバーをスライドさせて 「 50%」くらいにしましょう。 ここで表示されているのは不透明度と呼ばれるもので、数字が0%に近づくほど透明になります(= 薄くなります)。 左上の小窓をみながら調整しましょう。 ポイントは、 「描いた線がわかる範囲でできるだけ薄く」です。 こんな感じになると思います! 最後に 今回の作業でここまで進みました。 どうでしょうか。 かなり見やすくなったのではないでしょうか。 この記事について分からないことがあれば、気軽にコメントやTwitterで聞いてください~ それでは。

次の

ibisPaint Xで絵を取り込んで着色をする方法。LINEスタンプもつくれるよ。

アイビスペイント 線画抽出

1.紙に下描き(下絵)を描く それでは早速絵を描いていきます。 鉛筆やシャーペンで、紙に好きな絵を描きましょう。 「え、ibisPaint(アイビスペイント)は使わないの?」と思うかもしれませんが、実はibisPaint(アイビスペイント)は、 カメラで撮った絵を、下絵として使えるんです。 これってすごいですよね。 下描きをスマホに描くって結構大変なので、紙で描けるのはありがたいです。 勿論ibisPaint(アイビスペイント)に下描きしていっても良いのですが、私は紙に描くことをおすすめします。 こんな感じで下描きが完了しました。 この記事のアイキャッチ画像(記事の一番上に表示される画像のことです)に使いたかったので、絵を描いている女の子にしてみました。 私は左向きの顔と、手を描くのが苦手なので、なるべく積極的に描くようにしています。 後はお好みで配置や拡大・縮小をして調整します。 ペン入れ(線画)の準備 下絵の色を薄くする 先ほど取り込んだ下絵の色を、薄くしていきます。 これをすることで、ペン入れをするときに下絵の線とごっちゃにならずに済みます。 うっすら見えるくらいまでに調整しましょう。 新規レイヤーを、下絵の上に追加する:レイヤーとは? 新規レイヤーを下絵の上に追加して、ペン入れをしてきます。 ここで、 レイヤーについて説明しておきます。 レイヤーとは、日本語で「層」という意味です。 一つ一つのレイヤーは透明で、デジタルイラストは、このレイヤーを何枚も重ねて描いていきます。 「下描き」「線画」「色塗り」「影・ハイライト」など、レイヤーを分けることで、それぞれの色が混ざりません。 また、レイヤーは重ねる順番が決まっていて、下絵(写真)の下にレイヤーを追加しても、そのレイヤーの色は見えません。 ・線が震えても気にしない(補正してくれる&後から修正できる) ・手の側面にタオルなどを敷く ・途切れてしまった線は、つなぐ 線が震えても気にしない 線が震えても、 気にしないでとりあえず描いてしまいましょう。 手ぶれ補正がかなりいい仕事をしてくれますし、後からでも線の修正をすることができます。 手の側面にタオルなどを敷く また、スマホでお絵描きをすると、慣れない内は 「手の側面が画面についてしまって、変な線を描いてしまう」ことが多々あります。 これを防ぐためにも、手の側面に タオルを置いて、手をスマホ画面につけないようにしましょう。 手も安定するから、描きやすくもなりますよ。 途切れてしまった線は、つなぐ 途切れてしまった線は、つなぐようにしましょう。 これは、のちの色塗りの際に必要な作業です。 色塗りは 「塗りつぶし」で、パーツを一つずつ塗りつぶしていくのですが、この時に途切れた部分があると、パーツ外も塗りつぶされてしまいます。 ただ、最初から 「線を途切れないようにしなければ…」とガチガチに描いてしまうと、自然な線が描けなくなってしまいます。 途切れた線は後からつなぐことができるので(後述します!)、 「意識しておく」程度でOKです。 線を修正する 途切れてしまった線や、がたがたになってしまった線は、 「拡大」を駆使して修正しましょう。 後からまとめて修正しても良いのですが、「修正し忘れ」が出てきてしまう可能性があるので、私はその都度修正するようにしています。 このように線が途切れてしまったところは、思いっきり拡大して、そっとつなぎます。 ペンの太さは若干細目にしておくと、自然につなぐことができますよ。 こんな風に、線が途切れまくっても、気にせずにとりあえず描いてしまいます。 画面左下のアイコンを選択することで、消しゴムに切り替えることができます。 こんなガタガタの線でも… 消しゴムで消して、線を継ぎ足せば、 修正することができました! 線画はこんな感じで、 「描いて」「拡大して」「修正」を繰り返していきます。 私はこういうことが良くあるので、左右反転チェックは欠かせません! デッサンの狂いを見つけたら、ここで修正しておきましょう。 この作業をするだけで、完成度が全然違いますよ! ペン入れ(線画)完了! 最後に小物(絵具と筆)を描いて… こんな感じで線画が完了しました。 まとめ ~ペン入れ(線画)は地道な作業の繰り返し~ 今回は、ibisPaint(アイビスペイント)での、線画完了までの工程をお届けしました。 いかがでしたか?初心者による拙い解説でしたが、参考にしていただけたら嬉しいです。 ペン入れって本当に 地道な作業です。 最初のうちは、線が上手く引けなくて嫌になってしまうかもしれません。 (私はそうでした…笑) でも何度も繰り返していくうちに絶対に慣れていくので、とりあえずたくさん描いてみましょう。

次の