給与計算 エクセル vlookup。 これは役立つ!給与明細を一覧表にして給与台帳を自作するエクセルテンプレートを無料ダウンロード

会計で使えるエクセルテクニック【VLOOKUP関数編】

給与計算 エクセル vlookup

その1:4番目の引数 [検索方法] の活用法 9月分の保険料から厚生年金保険料の保険料率が変更されました。 日本年金機構でも、平成26年9月からの標準報酬月額表が、PDFとExcelの両方で公開されています。 例えばこの標準報酬月額表のような「~以上~未満」の形式も、VLOOKUP関数を用いて、給与から標準報酬月額や保険料額を求めることができるのです。 まずは標準報酬月額表のExcelをダウンロードします。 これがExcelの標準報酬月額表です。 今回は、試しに同じファイルの別のシートに、標準報酬月額を算出する数式を作成してみます。 準備として、1か所だけ手を加えます。 E10のセルが空白ですが、値として0を入力します。 今回使うVLOOKUP関数では、このE列を参照するのですが、この列の「~以上~未満」の「~以上」の部分が空白だとエラーが出てしまうため、このような処理が必要になります。 また今回は便宜上、シート名を「標準報酬月額表」に変更しています。 シートを1つ追加しました。 今回はB3のセルに給与額、隣のC3のセルに厚生年金保険料の折半額を表示させます。 C3のセルに以下の数式を入力しました。 VLOOKUP関数を使うときは、最後は省略するか、0を入力するか、FALSEを入力するかが多いのですが、省略、0、FALSEにすると「完全一致する値を検索」するモードになるのです。 一方、1やTRUEを入力すると「近似値を含めて検索」するモードになるため、標準報酬月額を算出するのに適している、という訳です。 ただし、VLOOKUP関数で検索する範囲の一番左の列(今回の場合はE列)が、昇順になっている必要があります。 昇順になっていなければ、正しい結果が計算できなくなります。 試しに、100,999/101,000/101,001の3つの値を入力してみました。 値が合致していますよね。 これで、4番目の引数 [検索方法] の活用法は終了です。 近似値検索を使うことで、VLOOKUP関数の活用できる幅が広がりましたね! その2:MATCH関数との組み合わせ MATCH関数とは、どのような関数でしょうか。 MATCH関数 MATCH 検査値, 検査範囲, [照合の種類] 使いどころが難しいMATCH関数ですが、私はVLOOKUP関数と組み合わせて使うことが多いです。 MATCH関数は、「[検査値]を[検査範囲]から探してきて、何番目にあったかを数値で結果を返す」関数になります。 ポイントは「数値で結果を返す」ところです。 VLOOKUP関数では、[列番号]の部分に使うことで、VLOOKUPを多用することになってもオートフィルで計算式を入力することができるようになります。 例えば以下のような名簿や、給与データから必要な情報を抜き出したい場合、項目が大量にあると、それだけ列番号を変えなければならず、非常に手間になります。 この名簿を、例えば以下のフォーマットのように必要な情報のみ抜き出す際に、VLOOKUP関数とMATCH関数を組み合わせた計算式を使うと、非常にうまくいきます。 MATCH関数を使うと以下のようになります。 つまり、VLOOKUP関数の列番号を求める数え方とまったく同じになるのです。 後はこの式をそのまますべてのセルにコピーすれば、完了となります。 これができれば、項目が多くても、コピー&ペーストで手間はほとんどかかりません。 私は特に、給与のデータを前月と比較するときにこれを使っています。 少し難しいですが、覚えると業務効率はぐっと高まります。 また、業務に必要なITスキルを鍛えるITリテラシー研修や、業務フローを整え見える化するなどの人事業務改善提案の事例のような、SRのさまざまな事例はこちらからご覧になることができます。

次の

Excelで所得税を計算するには、IF関数よりもVLOOKUP関数のTRUE

給与計算 エクセル vlookup

1.繰り返し複数の商品名を入力したい 在庫管理や売り上げ管理を行っていると、同じ取引先名や同じ商品を何度も繰り返し入力する作業に時間を取られます。 そこで、取引先名・商品コード・商品名をまとめた空白の表1と、商品コードに対応する商品名を一覧表にまとめた表2を作成しておき、表1の商品名欄にVLOOKUP関数を入力しておきます。 これにより、表2の情報をもとに検索する機能が追加されるため、表1で商品コードを入力すると自動的に該当する商品名を表示させることができるので、繰り返し同じ商品名を入力する手間が一気に省けます。 2.商品名や価格を素早く入力したい 基本的な使い方は「1. 繰り返し複数の商品名を入力したい」と同様です。 取引先名・商品コード・商品名・価格を一覧表にまとめた表2を作成しておき、表1にVLOOKUP関数を設定しておくことで、入力欄に商品コードを入力すると自動的に商品名や価格を表示させることができます。 入力する商品コードを変えれば、検索表示される商品名や価格も適合するものが表示されるので非常に便利です。 VLOOKUP関数の数式 VLOOKUP関数の数式は、以下のような順で書きます。 検索値:関数設定後、実際に商品コードを入力するセルです。 検索範囲:商品一覧が整理された範囲で、B2セルからD5セルまでの間に商品データがある場合「B2:D5」と記述します。 検索列:商品データがある「B2:D5」の何列目を検索すべきか指定します。 検索方法の指定:完全一致する値だけを抽出したい場合は「FALSE」、完全一致する値がない場合に近い値を表示させるなら「TRUE」と指定します。 会計データの紐づけ 会計データを整理する場合、複数のエクセルシートを使い分けることが多くあります。 このため、「シート2に整理した価格データを商品情報がまとめられているシート1に紐づけたい」といったケースが発生します。 A:B,2,FALSE 」と設定することによって、シート2の価格情報を取り出しシート1に反映することが可能です。 会計ソフト間のデータの突き合わせ.

次の

【Excel関数】人事担当者必見 Excel関数はこう使う! 第1回 VLOOKUP関数

給与計算 エクセル vlookup

給料明細表の所得税をVLOOKUP関数などで出したいとかんがえてますが、 良い案がありますか、 ファイル名が、源泉徴収表 シート名が、平成20年4月移行分 の中に国税庁が出してる源泉徴収月額表があるので、これをコピーしてあるので 関数または、マクロなどで検索して表示させたいのですが、 下記は、国税局のURLです。 給与明細のレイアウトは、セル K47に支払金額がでてます。 C14に所得税をだしたいのです。 給与明細は、加工が厳しい状態で、A列しか空きが無くA7に不要人数を他から参照させようと おもってます。 本来ならば国税庁がわの表を提示するべきでしょうが、 現物を見ていただいた方が 確実かと思い書きませんでした。 給与明細は、現場別で複数あるので、同じファイル上に源泉徴収票をのせるのでなく 源泉徴収表と言う別ファイルを作り そのデータから複数ある明細書の読ませようとかんがえています。 分かりにきくいのが、扶養の人数で変化する金額のよませかたなのです。 ( まあ ほとんど分かりませんが・・・) 国税庁の表も加工した方が、よいでしょうか! また、 マクロだとどのような式になりますか! 分かりにくいでしょうが、 力を貸してください・ よろしくお願いします。 こんにちは! 一例です。 左側がSheet1でSheet2に課税額のデータ表があるとしています。 C3:G7,MATCH B5,Sheet2! 実際のデータの場合は範囲指定の領域がかなり広くなると思いますが 方法としては全く同様です。 Sheet2の黄色の列だけが数式で必要になります。 国税庁の表には「甲」と「乙」がありますが、ほとんどが「甲」で対応できると思います。 以上、参考になれば良いのですが 的外れならごめんなさいね。 これをもとに甲の税額と乙の税額を求めるためには次のようにします。 例えばシート上でA1セルが氏名、B1セルが扶養親族等の数、C1セルが社会保険等控除後の給与等の金額、D1セルが甲税額、E1セルが乙税額のように項目名があり、2行目から下方にデータが入力されているとします。 D2セルには次の式を入力して下方にオートフィルドラッグします。 xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! の部分はあなたが国税庁から取り込んだ表がどこに保存されているかによって違ってきますね。 実際に取り込んだ表の一部を作成中のセルに表示させる操作 =を数式バー上に表示させその後に取り込んだ表の例えばA1セルをクリックする)をすれば分かりますね。 回答ありがとうございます。 返答が遅くなり 失礼しました。 税額の甲だけ出したかったのと、 直接明細表に表示させたかったので、 教えていただいた とうりにして このように 参照するセルだけ変えました。 SUMPRODUCT '[源泉徴収表. xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! xls]月額表(平成20年4月以降分)'! ありがとうございました。 次の行は乙で88,000円以上の場合です。 ここで11とありますが、これは税額表の乙欄がエクセル上で11列目にあることを指しています。 (ここまでは乙を使うことが無いなら省いて結構です) 三行目は一般的な甲の人の税額を算出してます。 ここでポイントなのは、例えば扶養者が0人の人は「扶養者のセル」に0と入力します。 Q 給与・賞与をexcel(マクロ機能を使わずに)で印刷する。 エラーの原因は が多すぎるエラーですか? ほかの方法はありますか? 宜しくお願い致します。 nta. xls 給与・賞与をexcel(マクロ機能を使わずに)で印刷する。 エラーの原因は が多すぎるエラーですか? ほかの方法はありますか? 宜しくお願い致します。 賞与 源泉徴収税額 0 人1 人2 人3 人4 人5... A ベストアンサー 質問に書かれたテーブルがSheet1のA1:I20にあるとします。 ただし1行目の「人」は消してしまって0,1,2,3…6,7にしてください。 あとはこの算出率を賞与金額に乗じてください。 すると源泉徴収額が出るはずです。 Q 現在、〆日途中で予想労働時間を入力すると、概算で労働賃金の計算できる賃金台帳をEXCELで作成をしています。 大体のところは出来上がったのですが、源泉のところで行き詰っています。 源泉徴収税額表をもとに、関数を使って税額を算出(抽出)させようと思っています。 例えば、Aのシートの セル A1 に 扶養人数、セル B1 に 給与額があり、Bのシートに税額表がある場合、 どのようにすればいいですか? 利用する源泉徴収税額表は下にあるようなEXCELで作成された表です。 nta. htm 環境は、WindowsXP Excel2003 です。 よろしくお願いします。 Q Excel2007で所得税欄(行40に)をつくりました。 列には個人ごとの計算式が入っています。 つまり行40には、(1)と (2)の式が混在している状態です。 これを一つの式にして甲乙どちらにも対応できるようにしたいのです。 たとえばセルD1のが甲欄適用者の文字列なら(1)を乙欄適用者 なら(2)の式を参照するようにしたいです。 どうしたらよろしいでしょうか? Excel2007で所得税欄(行40に)をつくりました。 列には個人ごとの計算式が入っています。 nta. htm ここのアドレス書かないと、探す人が、一苦労だと思いますよ。 税務処理している人ならわかるかもしれませんが。 エクセルのシートと、VLOOKUP関数を見ると、 たぶん、源泉21の範囲の三列目が、扶養親族数の数0人になるから ないですか。 ?? F6は自分で書いてあるように、扶養人数ですよね。 たぶんそうだと思いますよ。 甲乙は、function 金額,扶養数,甲乙)の関数を作れば いいだけのような、待っていると、誰かが作ってくれるかも どちらしても、自分で作るよりコピーペーなのでしょうから。 nta. htm ここのアドレス書かないと、探す人が、一苦労だと思いますよ。 税務処理している人ならわかるかもしれませんが。 エクセルのシートと、VLOOKUP関数を見ると、 たぶん、源泉21の範囲の三列目が、扶養親族数の数0人になるから ないですか。

次の