Zoom データ 通信 量。 ZOOMのデータ通信量はスマホ テザリング1時間で何MB?【新型コロナで塾に導入&計測】節約可能

Zoomのデータ通信量はどれくらい?Skypeなど他のビデオ通話アプリと比較!

Zoom データ 通信 量

データ通信量とは何? スマートフォンやPCなどでインターネットを利用するときには、いろんなデータをお手元の端末にダウンロードしたりしています。 ダウンロードとは、端末に対象のデータを取り込むことです たとえば、なにがしかのホームページをみるとしましょう。 このときスマートフォンやPCは、そのホームページを単に画面に「うつしている」だけではありません。 そのデータをダウンロードしてから表示しているのです。 動画をみるときも同じです。 動画を端末へダウンロードして再生しています。 また今ではスマートフォンで撮影した写真を相手に送ったり、InstagramなどのSNSにアップロードしたりすることもあるでしょう。 そういった際は、そのデータをインターネットにアップロードしていることになります。 こういったことを踏まえてデータ通信量とは、インターネットに送受信したデータの総容量のことを指します。 たくさんホームページや動画をみたり、写真をアップロードしたりすれば、それだけ大量のデータ通信量が必要になるのです。 データ通信量のKB・MB・GBの単位って何? データ通信量について考えるときに、必ず登場するのはその単位ですね。 KB・MB・GBといった単位の意味が分からないと、データ通信量について理解することはできません。 KB・MB・GBが示す容量とその関係性は以下の通りです。 1,024倍という単位が中途半端なことから、約1,000倍という風に表現されることもあります。 くわしくは後述しますが、インターネット上でやり取りするデータの種類によって必要となるデータ通信量が大きく変わります。 たとえば、LINEやメールで300文字程度のメッセージを送受信する際のデータ通信量は20KB程度です。 文字がメインのニュースサイトのホームページでは情報が多くても100KB程度、多くの文字情報に加え小さな画像が複数掲載されたスマホ版のヤフーのホームページは400KB程度です。 そして一般的にデータ通信量は、「動画>音声>画像>文字」の順番で飛躍的に増加。 画像になると、スマホで撮影する一般的な画像が、機種によっても大きく異なりますが1枚2~3MB程度 20KBの約100~150倍 、画像が比較的多いPC版のヤフーのトップページは2MB程度。 LINEの音声通話で消費するデータ通信量は10分で約10MBです。 それからYouTube HD画質の動画を10分鑑賞すると、消費されるデータ通信量は、LINE音声通話から大幅にアップし約120MBとなります。 仮にLINEで2時間の長電話をするとしても、必要なデータ通信量は約120MB。 一方YouTube HD画質で2時間の映画を鑑賞すると、もちろん作品によって大幅に異なりますが、約1. 5GB 約1,500MB ものデータ通信量を消費します。 必要なデータ通信量の目安は? モバイル通信を使うにあたって、一番知りたいのは「自分の場合にどれくらいデータ通信量が必要なのか」ですよね。 ドコモ・au・ソフトバンクのような大手携帯キャリアでも、格安SIMのデータプランでも、データ通信量によってプランが変わりそれに伴い月額料金に大きな差が生じます。 目安について考える前に、一般的なスマートフォンユーザーが消費する平均的なデータ通信量を紹介しておきましょう。 広くマーケティングリサーチを行う株式会社MM総研の2016年12月の調査によると、スマートフォンユーザーの56%が3GB以下のデータ通信量しか消費していないということです。 おそらく多くのスマートフォンユーザーは、ホームページの閲覧やオンラインゲーム、LINEのメッセージ送受信、音声通話、SNSの利用のようにデータ通信量の消費が比較的少ない用途でしかインターネットを使っていないのでしょう。 モバイル通信を使って動画を見る機会が少ないか、仮に鑑賞しても画質の高くない動画を短時間視聴する程度と考えられます。 これを踏まえて、まずご自身の利用にあてはめて考えてみてください。 上に書いたような利用なら、月間3GB程度で間に合います。 一方、「電車とかでYouTubeの動画を結構長い時間みるな みたいな 」ということなら、3GBより必要なデータ通信量が多くなるはずです。 通信の種類毎のデータ通信量の目安 以下、いくつかの種類の通信における、消費するデータ通信量の目安を記載します。 YouTubeデータ通信量目安 これをみても、通信の種類毎に必要なデータ通信量が大きく異なることがわかりますね。 どのくらいのデータ通信量が必要か目安を知るためには、ざっくりとでもどういった通信でどのくらいのデータ通信量を消費するかイメージを持っておくことです。 繰り返すように、ホームページをみたりLINEを使ったりぐらいなら必要なデータ通信量は少ないですし、動画をいっぱい見ようとすると飛躍的に必要なデータ通信量は多くなります。 ちなみに上の表には書きませんでしたが、たいていのオンラインゲームが必要なデータ通信量もあまり多くありません。 動画を使っているオンラインゲームでも、動画のデータ自体は端末にダウンロード済で、インターネットでやり取りされるデータは、その動画をどう表示させるかなどの命令 テキスト情報 がほとんどだからです。 たとえば、多くのユーザーを有するポケモンGOを1時間遊んだとしても、消費されるデータ通信量は約20MBほどです。 1日2時間ずつ、1ヵ月遊んだとしても消費されるデータ通信量の合計は1. 2GB程度にしかなりません。 大量にデータ通信量を消費するケース モバイル通信で大量に動画を鑑賞するなど、ヘヴィにモバイル通信を利用すれば、もちろん必要なデータ通信量もかわります。 以下、参考までにわたしが、ある3日間で消費したデータ通信量の目安を示します。 3日間でのデータ通信量・消費例 HD画質 720P よりも画質のよいフルHD画質 1080P の動画鑑賞をはじめ、モバイル通信を頻繁に使っています。 わたしは、モバイル通信のユーザーの中ではかなりヘヴィな部類に入ると思います。 わたしが月間で消費するデータ通信量はだいたい60~70GBほどです。 動画を視聴するなどしなければ低容量のプランでも十分 これまでみてきたように、モバイル通信を使う用途が、ホームページの閲覧やLINEのメッセージ送受信・音声通話・SNS利用くらいなら、月間数GB程度の容量プランで足りるでしょう。 さらに、1日20~30分もスマートフォンを使ってモバイル通信を使わないなら、2~3GBの低容量プランでも十分です。 このぐらいのデータ通信量なら大手携帯キャリアや格安SIMの低価格なプランが使えますね。 「ちょっとスマートフォンでYouTubeの動画でもみようかな」ぐらいなら、これも大手携帯キャリアや格安SIMが売り出している、月間20GB程度の大容量プランで余裕でしょう。 動画もビデオ通話も、時間を気にせず楽しむことができます。 中には加入することで3万円を超える高額キャッシュバックを行うとくとくBBのようなお得なサービスもあります。 たいていのプロバイダで端末代が無料なので、契約にかかる費用は事務手数料の3,000円のみです。 ちなみに大手携帯キャリアや格安SIMのプランで、わたしのように月間60GB~70GBのデータ通信量が必要なら、追加料金を含めて月額4万~5万円程度の高額になってしまいます。 まとめ データ通信量の目安を知るためには、どんな通信を行うとどのくらいのデータ通信量を消費するか、おおざっぱでもよいのでイメージをもっておくことが必要です。 それによって、低容量のプランで十分か、大容量のプランが必要か判断できます。 WiMAXプロバイダ比較やWiMAXプロバイダの評判について WiMAXプロバイダ比較では、高額なキャッシュバックのキャンペーンだけでなく月額料金やサポートなど、さまざまなポイントをチェックすることが重要です。 必ずしもキャッシュバックが高いWiMAXプロバイダがよいとは言えませんし、かといって、キャッシュバックなしで月額料金が安いWiMAXプロバイダがよいとも言えません。 またWiMAXプロバイダのユーザーの評判は役に立つものがある一方で、悪い面ばかり強調された評判もあるので必ずしも参考になるわけではありません。 注意してユーザーの評判をみるようにしましょう。 プロバイダ比較でチェックすべきポイントやユーザーの評判を鑑みた上で、当サイトが最もおすすめするWiMAXプロバイダは以下です。 ・ ・ ・ ・.

次の

Zoomとデータ通信量を比較してみました!他のビデオ通話とどちらが多いの?

Zoom データ 通信 量

テレワークを導入する会社や、オンライン授業を始める学校や塾、予備校が増える中で、ビデオ会議システムのZoomを導入する企業などが増えています。 また、Zoom飲み会やZoom帰省、Zoom同窓会など、プライベートでもZoomを活用する方が増加しています。 家からZoomに接続するときのインターネット環境は人それぞれです。 光回線やケーブルテレビの高速インターネットを接続している方は、データ通信量は気になりません。 しかし、月額データ消費容量に制限のあるモバイルデータ通信を利用している場合には、テレワークが始まってからパケット使用料が跳ね上がったという方も少なくありません。 この記事では、Zoomアプリで会議に参加したら、どのくらいのデータ通信量がかかるのか、Skypeなどの他のビデオ会議システムとも比較しながら検証してみましょう。 テレワークでZoomを利用するのは、音声通話よりもビデオ通話の方が多いでしょう。 ビデオ通話の場合には、映像が音声にプラスされるので、データ通信の消費容量はかなり多くなります。 10分間で消費されるZoomのデータ通信容量は、ビデオ通話の場合は約100MBです。 これは音声通話のみの時の約17倍です。 Zoomにビデオ通話で接続する時間 データ通信量 10分 100MB 60分 600MB 120分 1200MB 1. 2GB 600分 10時間 6000MB 6GB 1440分 24時間 14400MB 14. 4GB 音声通話の場合には、1GBのデータ通信容量に達するのに24時間かかりました。 しかし、ビデオ通話の場合には2時間経たずに1GBに達してしまいます。 特にビデオ通話でZoomを利用する場合には、高速回線の導入は必須といえるでしょう。 ビデオ会議ができるシステムは、Zoomだけではありません。 その他にもSkypeなどの優れたアプリもたくさんあります。 Zoomを他のアプリと比較した場合、どのくらいデータ通信容量に違いが出るのかを、一覧表で見てみましょう。 ビデオ会議ができるアプリ 音声通話 1時間あたりの データ通信量 音声通話 24時間あたりの データ通信量 ビデオ通話 1時間あたりの データ通信量 ビデオ通話 24時間あたりの データ通信量 Zoom 42MB 1008MB 1. 08BG 600MB 14. 4GB Skype 37MB 888MB 120MB 2. 8GB Google Meet 36MB 864MB 600MB 14. 4GB LINE 30MB 720MB 600MB 14. 4GB ハングアウト 42MB 1008MB 1. 08GB 1. 5GB 37GB メッセンジャー 18MB 432MB 360MB 4. 3GB.

次の

【Zoom通信量】動きの多さと通信量は関係ある?|赤青ぱんだ

Zoom データ 通信 量

iPhoneのモバイル通信の「統計情報をリセット」を押してデータ通信量を0にしてから計測しています。 75MB 30分 20. 25MB 1時間 40. 5MB 3時間 121. 1GB) 音声通話のみの場合には1時間使っても約40MBと少ないデータ通信量で使う事が出来ました。 毎日10時間繋ぎっぱなしで、20日間使った場合には8. 1GBのデータ通信量を使ってしまうので、契約してるスマホのデータプランによっては使い切って通信速度制限になる人もいるのではないでしょうか? 【ZOOMのビデオ通話】1時間のデータ通信量 ZOOMを利用する時は、音声よりもビデオ通話を使ってる人が多いと思いますが、ビデオ通話に関しては、ZOOMに限らすLINEやSkypeなどのアプリの場合でもデータ通信量が多くなってしまいます。 1MB、1時間の場合には555MBのデータ通信量が掛かっていました。 5MB 30分 277. 5MB 1時間 555MB 3時間 1,665MB (約1. 7GB) 10時間 5,550MB (約5. 1日10時間繋ぎっぱなしにした場合には5. 5GB。 20日間使った場合には111GBという結果になりました。 音声通話に比べると10倍以上のデータ通信量が必要になりますが、テレワークで使う場合にはビデオ通話をする人がほとんどなのではないでしょうか? スマホのデータ通信制限待ったなし! ZOOMのデータ量を節約する方法は? ZOOMでビデオ通話をする場合には、1時間で555MBのデータ通信量がかかるので、スマホのデータ通信ではかなり負担になる消費量です。 ZOOMの通信量を節約する方法はないか調べてみましたが、ZOOMは画質の設定が出来ず、正攻法ではデータ通信量を節約する事が出来ません。 ZOOMのデータ通信量が節約出来ませんが、ネット環境を整える事でデータ通信にかかる費用を抑える事が出来ます。 データ料金が安い格安SIMを使う ZOOMのデータ量が節約出来ないのであれば、データ量あたりの料金が安い格安SIMを使う事で節約する事が出来ます。 格安SIMに乗り換えるのには初期投資が必要ですが、現在ドコモやソフトバンクなどの大手で契約している場合なら、確実にデータ通信量の料金を節約する事が可能です。 データ通信を無制限に使えるのは、楽天の自社回線エリアだけになっており、そのエリア以外では、パートナーエリア回線というauの電波に繋がります。 パートナーエリア回線の場合には、月に5GBまでになってしまうので自宅が楽天エリアなのか確認しましょう。 楽天モバイルの自社エリアでなかった場合でも月に5GBまで無料で使えるので、契約しておいて損はありませんが、ZOOMの使用をメインに考えている場合には5GBで足りない人がほとんどだと思います。 楽天モバイルのエリア外の人で、快適に大容量のデータ通信を使いたい場合には、というソフトバンクの電波を使ったデータ通信専用の格安SIMがおすすめです。 ソフトバンクの電波を使っているので、日本全国のどこに住んで居ても快適に使えて、月額2,980円で100GBまで使う事が出来るので、大手の通信会社に比べると割安で使うことが出来ます。 Chat WiFi-SIMの場合には、送らてくるのはSIMだけになるので、余っているスマホに入れてテザリングで使うか、を用意して使う必要があります。 Chat WiFiは契約期間の縛りがないので、必要がなくなった場合にいつでも違約金無しで解約する事が出来るのも大きなポイント ドコモ ソフトバンク au プラン名 ギガホ メリハリプラン auデータMAXプランPro データ量 30GB 50GB 無制限(テザリング時は30GBまで) 月額料金 6,980円 7,480円 7,480円 楽天モバイルは1年間無料・Chat WiFiは月額2,980円で100GBなので、大手の通信会社と比較すると確実に月額料金の節約をする事が出来ます。 ZOOMの利用頻度が高いなら光回線の導入を テレワークを一時的な物と考えている人も多いと思いますが、コロナがいつになったら無くなるかも分かりません。 そして、コロナをきっかけに、今後はテレワーク出来る仕事はテレワークに移行するのは必須になります。 それであれば、これを機会に自宅に光回線を契約するのもおすすめです。 モバイル回線に比べて自宅以外で使えないというデメリットはありますが、データ通信量の制限もなく使い放題なので、ZOOMの通信量を基にする必要はなくなります。

次の