中絶後 ダイエット。 中絶後の生理が少ないんです

中絶後2ヶ月でまた妊娠したかもしれません。自殺を考えています。2ヶ月前に...

中絶後 ダイエット

私は訳あって1月19日に2度目の中絶をしてしまいました。 手術の後、病院に行ったときは順調に回復していると言われ、その後5ほど出血がありました。 そしてちょうど1ヶ月たった2月20日に生理がきました。 今までの生理とはすこし違って血の色が黒っぽかったんです。 生理二日目、普通なら多い日なのにもう終わりかけの時のような感じであまり出ませんでした。 生理三日目、朝起きるとほとんど出ていません。 昼は少しでましたがまた夜もほとんど出ませんでした。 夜、彼とゴムなしでHをしてしまいました。 今回は産めるので 生理四日目、三日目と同じような状態でした。 五日目の今日、500円玉くらいのシミが着いていた程度でほぼ出ませんでした。 これは生理なのでしょうか?普通はいつもの生理と同じか、おおくなるものなんですよね? 病院にいきたいのですが、仕事で水曜までは病院に行けないので不安です。 こんにちは。 生理というのは、生理が単独であるわけではなく「排卵」が起こって妊娠しなかった結果その約2週間後にあるものです。 ですが、排卵が起こらない場合にも生理のような出血が見られることがあります。 一種の不正出血ですが。 術後間もないですから、子宮から赤ちゃんはいなくなったけれど、体のホルモン状態がまだ通常営業ではないために無排卵だったとしても無理もないと思いますよ。 あるいは、掻爬手術後に子宮の内部が癒着してしまって出血が少なくなる後遺症も多くはないですが、考えられます。 アッシャーマン症候群と言いますが、治療(癒着を剥がす手術)をしないと不妊となります。 前者なら次第にホルモンバランスが回復すれば排卵も再開し元の生理に戻りますが、後者だと自然に元に戻ることはありません。 なので、もう1周期か2周期様子を見て判断されてもいいと思いますが...。 くれぐれも慎重に... すみません、質問に対する回答ではないのですが 生理中のセックスは控えた方がいいと思いますよ。 生理中の血って、体内で不要になったものを外に出しているんです。 それを性行為を行う事で、体内に押し戻す形になります。 射精自体も、もし中で出したという事があれば、精子と血液が混ざって更に奥に入っていきます。 極端な例で言うと、鼻水をすすって飲み込んでるようなものです。 特に中絶後のカラダがバランスを取ろうとしている時期です。 彼の申し出を断れないということであれば、事情を話してオーラルセックスに留めてはいかがでしょう。 血がほとんど出ていない状態でも、完全に生理が終わるまで普通の性行為は控えましょう。 それでも彼が納得しないようであれば、手術後の彼女の体の心配もしない、それだけの男という事です。 A ベストアンサー 中絶ではないですが、流産で子宮内容除去手術を受けました。 手術自体は中絶のときも同じものと聞いています。 術後36日で生理がありました。 量は同じくらいか、少々少なめ。 痛みは以前と同じようでした。 基礎体温をつけていますが、手術後には体温が安定していなかったのが、徐々に上がり始めて、高くなってきたと思ったらストンと落ちて、その日が生理でした。 それ以降は、まったく以前と同じように生理があります。 同じように手術を受けた人でも、生理開始までの日数はかなりばらつきがあるみたいです。 同じ手術でも、私が病院であった人は、3ヶ月くらい来なかったと言っていました。 それでも、その後は普通に戻っているみたいですよ。 Q 9月9日に事情があり中絶手術をしました。 2週間後にお腹の痛みとピンクっぽいおりものが出ておりものの量も増えたので産婦人科に見てもらったところ排卵していて子宮も炎症してないから10月の12日以降には来ると言われたんですが. 今は胃と下腹部と腰が痛くておりものも減ってきていて不安です。 中絶後はきちんと医師に言われた通りに期間をあけてセックスしたんですが. 1回だけお互い寝ぼけてて生で入れてしまったんです。 途中で中断して旦那は寝起きだしガマン汁出てる感じもしてないから大丈夫だよと言うのですが…。 便秘気味なんですけど生理前と妊娠は似てると言うのは知ってるんですけど心配で心配で…。 妊娠したときはおりものが茶色だったのですが今は白. クリーム色です。 12日以降まで様子見てみるしかないのでしょうが…。 生理前はおりもの減るものなんでしょうか? 体温も37度近くのときもあったり低かったりです。 この場合妊娠してる確率高いですか? あと質問が多くなり申し訳ないのですが. 生理前と妊娠初期の症状で私はここが違ったよというのもお答えして頂けると嬉しいです。 9月9日に事情があり中絶手術をしました。 2週間後にお腹の痛みとピンクっぽいおりものが出ておりものの量も増えたので産婦人科に見てもらったところ排卵していて子宮も炎症してないから10月の12日以降には来ると言われたんですが. 今は胃と下腹部と腰が痛くておりものも減ってきていて不安です。 中絶後はきちんと医師に言われた通りに期間をあけてセックスしたんですが. 1回だけお互い寝ぼけてて生で入れてしまったんです。 途中で中断して旦那は寝起きだしガマン汁出てる感じもしてないから大丈夫だよと言うの... A ベストアンサー 私も今年、事情により人工中絶をしました。 術後、1か月と1週間くらいで普通の生理がきました。 その生理が来るまでのおりものは それほど量は多くなかったです。 生で入れてしまっても出していないのなら 大丈夫だと思いますが・・・。 ただ、中絶のあとは妊娠しやすいのです。 大丈夫だろうと思ってないで 十分に警戒すべきだと思います。 中絶の3か月後に再び妊娠したという方も おられるようです。 生理前と妊娠初期で違かったのは 体温ですかね・・? 37ど前後がずっと続いていました。 あと体の倦怠感がだいぶありました。 十分な回答ではないかと思いますが、 参考になったらと思います。 中絶後はめんたる面でだいぶ まいっていると思います。 Q 5月8日に、身体的な事情により中絶手術を受けてきました。 術後の出血はだいぶおさまり、今日はほとんど出ませんでした。 腹痛もなくなりました。 しかし、だるさと36. 食欲不振、軽い吐き気もたまにあります。 望まない中絶だったので精神が不安定になり、毎日自分を責めています。 彼氏は喜んでくれて、頑張って産もうと言ってくれたのに、私の身体のせいで産めませんでした。 私が健康だったら産めたのに、と思ってしまっています。 妊娠した友達の話を聞いたりすると涙が出てきます。 夜になると自分をひどく責めてしまうため、睡眠時間は3時間~4時間程度です。 本日、中絶後の診察に行ってきましたが、子宮は綺麗になりましたよ。 と言われました。 内診をしてすぐに先生が去ってしまったため、中絶後の症状については聞けませんでした。 中絶後は微熱や吐き気が続くものなのでしょうか? 仕事は13日から再開しました。 自分では無理はしていないつもりでいます。 不規則な生活から風邪をひいてしまったのか、中絶後だからなのか分からなくて不安です。 SEXはしていないので、妊娠している可能性はありません。 あまり心配せずに過ごしていた方が良いのでしょうか? 5月8日に、身体的な事情により中絶手術を受けてきました。 術後の出血はだいぶおさまり、今日はほとんど出ませんでした。 腹痛もなくなりました。 しかし、だるさと36. 食欲不振、軽い吐き気もたまにあります。 望まない中絶だったので精神が不安定になり、毎日自分を責めています。 彼氏は喜んでくれて、頑張って産もうと言ってくれたのに、私の身体のせいで産めませんでした。 私が健康だったら産めたのに、と思ってしまっています。 妊娠し...

次の

中絶手術後の体調と体重について|中絶手術の後に気をつけたい事

中絶後 ダイエット

主さん。 今までいろんなスレ見てきましたが、本当に初めて見てて腹がたちました。 1日に調べた時ははっきりした腺ですぐに腺もでました。 40日たっても生理がこなければ病院にいきます。 産む予定だったのですが…胎児の成長がみられないため中絶しました。 手術後は家族の協力もあり安静にしていたのでお腹の痛みもなく出血もなく、子宮の戻りもよく医者からはもう病院になくていいと言われました。 こどもは出来たら産みます。 手術後にすぐ妊娠すると子供は大丈夫なんでしょうか?早産になったりするんでしょうか?心配です。 28さん私もまだ体が妊娠してると思ってるのかと思いました😥。 だけど妊娠してる可能性もまだあるので😥私は中絶後、人格が変わってしまったかのようにケイタイを真っ二つにひきちぎってしまったり、作った夕食をなげちらかしたり、何日か眠れなかったり、いきなり気性があらくなったり😢誰にも悩みを打ち明けれないのでここにスレッドを立てさせてもらいました😢こんな最低な私に何度もレスをしてくれてありがとうございます。 少しそれを聞いて安心しました。

次の

中絶後すぐ妊娠?😲

中絶後 ダイエット

流産の原因 流産を経験した妊婦にとって、何故流産してしまったのか原因が気になるのではないでしょうか。 自分の身体や行いが悪かったと反省しすぎてしまう方もいらっしゃいますが、実は流産はたくさんの妊婦が体験するものでもあるのです。 関連: 流産の主な原因は、染色体に異常があったり、細胞分裂がうまくいかなかったりすることから発生します。 これは、どの卵子と精子が結びつくかによるものなので、妊婦の身体そのものに原因があるわけではないのです。 流産と年齢の関係 流産は、年齢によって確率が上がることをご存知でしょうか。 これは、女性の卵子が35歳を超えると老化し始めるため、不完全な卵子が排卵されにくくなってしまうためです。 妊娠したとしても卵子そのものの力が弱いことから、細胞分裂できずに流産してしまいます。 これは女性だけに限らず男性の精子においても年齢は関係してくるので、夫婦ふたりの問題だと捉えましょう。 流産後の気持ち 妊娠が発覚したときは、生命の神秘や好きな人の子供を授かったという喜びに包まれ、たくさんの人にも祝福されることでしょう。 しかし次の健診に行った時に、心拍が確認されない、細胞分裂が進んでいないということもあります。 妊婦にとっては突然授かった命を奪われた気持ちになり、大きなショックを受けることになるでしょう。 中には、流産がきっかけでうつになってしまう方もいます。 妊娠を強く望んでいる夫婦ほど、流産による精神的なショックは大きくなりますので、しばらくはリラックスして過ごせる環境づくりを大切にしましょう。 気持ちの準備が出来るまで待ちましょう 女性の身体と精神はホルモンで繋がっていて、分泌量の増減で簡単に左右されると言っても過言ではありません。 反対も同様で、流産してしまってショックだったり自分を責めたりする日々が続くと、身体もマイナスへ働いて生理不順になったり妊娠しにくくなる事もあります。 そんな時は自分の気持ちが落ち着くまで、生理が再開したとしても妊娠活動はストップしましょう。 今回の事に自分の中で決着が付いて、次の妊娠に向けて気持ちが固まるまで焦る必要はありません。 もちろんその事はパートナーにも相談して、自分の意見を理解してもらうようにしましょう。 流産後は妊娠しやすい理由 「流産後は妊娠しやすい」と言われていますが、その理由は何でしょうか。 流産は妊娠初期に起きる確率が最も多いのですが、その場合は受精卵の異常によるもので母体が原因ではありません。 要するに母体は妊娠を維持できる準備がちゃんと整っているのです。 また、流産をすれば胎児や付属物を子宮から綺麗に取り除くのですが、一度ゼロの状態に戻した事になるので着床しやすい、というのがもう1つの理由です。 ただ流産後、次の生理周期に妊娠してもその場合は子宮の働きが元に戻っていない為、再び流産してしまう可能性が高いのですが、多くの方が一年以内に再び妊娠しているので、焦らずにその時機を待ちましょう。 原因によって妊娠しにくいケース 流産後は妊娠しやすいと述べましたが、残念ながら流産の原因によっては再妊娠が難しいケースもあります。 その最たるものは子宮外妊娠で、卵管に着床してしまった場合は卵管切除の手術を行い自然流産させる治療法しかありません。 卵管を切除するという事は排卵が半分に減る事ですから、妊娠率が下がります。 また子宮外妊娠は再発しやすいので、左右の卵管を切除しなければならないケースも少なくありません。 妊娠しにくい子宮の形 流産後に妊娠活動を再開しても、すぐにまた流産をしてしまう場合、卵子や精子に染色体異常があるか、子宮そのものの形が着床しにくいということが考えられるでしょう。 子宮の形は人それぞれ微妙に違うため、着床しやすい子宮とそうでない子宮があるのです。 ただ、着床しにくいというだけで赤ちゃんができないというわけではありませんし、染色体異常が確認されたからといって受精できないということでもありません。 適切な治療を受ければ、健康な赤ちゃんを授かることができますので、医師とともに治療を行っていきましょう。 感染症が原因の流産は検査を 妊娠中は免疫力が低下するので、通常ならば問題のない常在菌に感染する事が多いです。 感染症の代表的なものといえばクラミジアやインフルエンザ・トキソプラズマ等のウイルスがあり、それが原因で卵膜を構成する絨毛膜と羊膜に炎症を起こす絨毛膜羊膜炎になると、流産や早産の可能性が非常に高くなります。 流産後、子宮内にまだ感染菌が残っている場合は、再度妊娠したとしてもまた流産してしまう確率が高いので、妊娠活動を始める前にはクラミジア検査や膣内の細菌培養を行い、適切な治療を受ける必要があります。 特にクラミジアは性交で感染するので、パートナーも一緒に検査・治療を受けましょう。 妊娠活動の開始時期 流産後は、赤ちゃんを失った悲しさから、辛い気持ちを抱えたまま過ごすことが多くなるでしょう。 辛い気持ちを乗り越えるためにも、赤ちゃんを失った悲しみは、赤ちゃんを授かることで取り戻していきましょう。 しかし、流産後の妊娠活動はいつからスタートして良いものなのでしょうか。 流産した経緯や時期、手術の範囲によってタイミングが異なりますので、具体的に見ていきましょう。 流産後の妊娠活動への気持ち 流産後の妊娠活動を生理周期2~3回程見送るのは、単に子宮内を綺麗な状態にするためだけではありません。 流産は夫婦にとって、とてもショッキングなことなので、気持ちの整理を付かせるためにも、時間を置く必要があるからです。 気持ちの整理がつかないままでは、お互いの気持ちがズレたままになってしまうため、夫婦仲に距離が生まれてしまう可能性もあります。 お互いに抱えた傷を回復し合うことができてから、改めて妊娠活動を再開するタイミングを話し合っていくようにしましょう。 妊娠しやすい環境づくり 流産後の妊娠活動は、次の妊娠を強く望めば望むほど、心の負担になることがあります。 早く授かりたいという気持ちがいつの間にかお互いにとってプレッシャーとなるからです。 赤ちゃんを授かりたいという気持ちはお互いにあるものの、うまくいかないストレスがどんどんと蓄積してしまうこともあるでしょう。 実際に、不妊治療を行う多くの夫婦が、妊娠活動そのものに疲労感を覚える時期が出てきます。 夫婦ふたりの気持ちがすれ違ってしまうと、妊娠する確率はさらに下がってしまうため、時にはリフレッシュするようにしましょう。 流産後いつから妊娠できるの 流産後の妊娠活動の開始時期は、生理周期から判断していきます。 通常の処置で済んだ流産なら、生理周期を1回見送ったあと、妊娠活動を開始してかまいません。 生理周期を1回分見送る理由としては、流産した時の処置で子宮内に残った微量の細胞や組織を、生理で体外へと排出する必要があるからです。 生理周期を1回分経ないまま次の妊娠活動を開始して、妊娠してしまうと、残った細胞や組織が胎児の発育に影響してくる可能性があります。 そうなると再び流産する危険性が高まってしまうため、生理周期1回分でクリーンな状態になるのを待つ必要があるのです。 病院によっては、生理周期を2~3回見送ったほうがより確実という見方をするところもありますので、医師の判断に従うようにしましょう。 ホルモンバランスを整える生活習慣 質の良い卵子を周期に沿って排卵し、受精後も妊娠状態を維持していく為にはホルモン分泌バランスが大事です。 エストロゲンが適切量分泌されていなければ卵巣や卵子の働きや性能が鈍くなり、プロゲステロンが不足すればせっかく着床してもその状態を保てず体外へ排出されてしまいます。 妊娠しやすく、また妊娠状態を維持できる体調にするには、ホルモンバランスを整えるのを最優先に考えましょう。 大豆製品やサプリを服用するよりも、まずは規則正しい生活にし過度な食事制限は避けて、ストレスは溜めないようにするのが一番効果的です。 自分の生活ぶりを見直して、改善すべき部分は今日から直していきましょう。 平均体温を高めて妊娠をサポート ホルモンバランスを整えるのにもう1つ大事なポイントは、平均体温を上げて身体を冷やさない事です。 冷房の効いた部屋での1日仕事や、過度なダイエットや冷たいものの摂りすぎは、筋肉量の少ない女性の身体をあっという間に冷やしてしまいます。 こんな環境にいて、頭痛や肩こり・生理痛の酷さに悩まされている女性も多いはず。 体温はプロゲステロン分泌と大きな関係があって、体温が低ければプロゲステロン分泌量は減少します。 また、血行が鈍くなるので胎児に酸素や栄養が届かなくなり、流産や早産に直結します。 赤ちゃんを望むのなら、運動を習慣したり体を温める食材を摂って平均体温を維持しましょう。 体温が上がれば、妊娠だけでなく冷えや自律神経失調症の改善やダイエットにも効果的です。 反復性流産・習慣性流産とは 残念な事に次の妊娠が出来たとしても、再び流産してしまう方がいます。 流産2回繰り返すのを反復性流産と言いますが、この原因は受精卵にあるので、3回目には妊娠する方も多いです。 しかし流産を3回以上繰り返すと習慣性流産となります。 この場合は受精卵ではなく父母のどちらかに染色体異常や免疫系異常が原因である可能性が高い為、検査を受ける必要があります。 習慣性流産に対する研究は進んでいますが未だ不明な点も多いので、自分は習慣性流産ではないかと思い当たった時は、なるべく大きな病院で検査を受けると治療もスムーズです。 繰り返す流産 流産後に妊娠すると、再び流産してしまうのではと不安になることと思います。 一度流産を経験しているほとんどの夫婦が抱く感情ですが、あまり気にしすぎると気持ちが不安定になってしまうので、前向きに考えるようにしましょう。 ただ、中には流産を繰り返してしまう夫婦の方もいらっしゃいます。 2回目の流産の確率は低いといえど、その確率の中に入る可能性もあるのです。 流産の原因は、たまたま染色体異常や細胞分裂の不具合が重なったということですが、何度も流産を繰り返してしまうという場合は、一度細胞レベルで卵子と精子の検査を受けたほうが良いかもしれません。 リフレッシュの大切さ 流産後に不妊治療を受けながら妊娠活動をしている夫婦は、時に大きなプレッシャーにストレスを感じ始めることがあります。 定期的にリフレッシュすることも大切ですので、夫婦でデートに出かけたり、ちょっと遠くへ旅行に出かけてみたりするのも良いでしょう。 また、一定期間妊娠活動をストップさせることもひとつの方法です。 間隔を開けることで、純粋にお互いを求めたくなるでしょう。 実際に、お休み期間中や、不妊治療を辞めたとたん、授かるケースもあります。 この場合、ストレスが大きなブレーキになっていたと考えられるでしょう。 旦那様、パートナーの気持ちも考えて カップルの間の嬉しい出来事なだけに、流産してしまった時はパートナーもつらい思いをしています。 周囲には見せないかもしれませんが、妊娠した喜びやつわりなどの辛さを一番近くで見てきただけに、自分は何も出来なかったと密かに落ち込んでいる方も少なくないのです。 流産後はなるべく早く妊娠して赤ちゃんが欲しいというカップルや、少し二人でのんびりしてお互いの時間を充実させてから再度妊娠に取り組みたいと考えるカップルなど、次の妊娠に対してのスタンスは人それぞれです。 1人だけ先走っても諍いの原因になりかねませんから、次の妊娠に向けて二人でよく話し合ってください。 ここまでのまとめ 流産後の妊娠について幅広くご紹介しました。 妊娠活動の開始は、お互いに話し合って決めるのが一番です。 何より大切なのは夫婦ふたりの気持ちですので、二人で協力し合いながら授かるその日を待ちましょう。

次の