アン ジュニョン。 “離婚騒動”アン・ジェヒョン、妻ク・ヘソンに訴訟を提起…グループチャットにも参加?新たな疑惑を釈明「事実無根」

得票操作疑惑「PRODUCE」シリーズ、意見が分かれるアン・ジュニョン&キム・ヨンボムVS検察(WoW!Korea)

アン ジュニョン

ケーブルチャンネルMnetのサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの得票操作問題の波紋が依然として広がっている。 アン・ジュニョンPDは順位操作を認めながらも「私欲に目がくらんだり、不正請託を受けたことはない」と主張している。 それに対し検察は「結局個人の利益を追求した結果だ」と発言した。 7日午後、ソウル中央司法刑事合意21部審理で、業務妨害および背任収賄、不正請託禁止法違反などの疑いを受けているアン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPの初公判が行われた。 この日の公判ではアン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPを始めとした被告人8人全員が出席し、証人申請をしたハン・ドンチョルCPは出席しなかった。 検察はアンPDとキムCPについて「本人たちが望むメンバーをデビューグループに入れるという業務妨害を行い、メール投票でデビューグループを選抜するといって視聴者をだまし4000万ウォン相当の利益を得た。 被告人アン・ジュニョンは不正請託と4600万ウォン相当の接待を受けた」と控訴内容を明らかにした。 アンPDとキムCPは弁護士を通じて控訴事実を認めた。 しかし順位操作が不正請託によるものではないと再度主張した。 弁護人は「被告人たちが特定の練習生の降板意志を直接的・間接的に確認した。 生放送が無理なく行われるように該当する練習生の順位を下げ、下の順位にいた練習生の順位を上げたものだ。 結果的に不透明な方式であったが私欲に目がくらんだり、不正請託を受けたわけではない」と強調した。 また弁護人は不正請託および金品授受の禁止に関する法律違反の疑いについて「他の被告人とともに遊興酒店で酒を飲んだ。 しかし不正請託を受けて酒を飲んだわけではなく、不正を働いた事実もない。 この部分で控訴事実と順位操作が関連していると疑惑が持ち上がったが、全く関係ない」との立場を明らかにした。 同時に起訴された芸能事務所の関係者も接待をしたことを認めたが「親睦を深めるために酒の席をもうけただけだ」とし、不正請託がなかったことを主張した。 これに対し検察は「放送に関する愛情で順位操作を行ったと主張するが、結局自分たちが望む候補が選抜されないと、投票で選ばれたかのように視聴者たちをだましていた。 純粋な動機ではなく、番組とデビューグループの成功、Mnet内での昇進、給与などの経済的価値や個人的な利益を追求していた」と指摘した。 アン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPは「PRODUCE 101」全シリーズに渡ってメンバーの順位を操作したことが明らかになり騒動になっている。 今回の事態で「PRODUCE X 101」でデビューした男性グループ「X1」は結局解散し。 CJ ENM側は結局昨年12月に公式記者会見を開き「大きな失望を抱かせてしまったことに対し心から謝罪する。 デビューを夢見て傷を負った練習生たちには申し訳ない。 メール投票をして応援してくれた視聴者にもすみませんと伝えたい。 今回の事態は私たちに非があった」と謝罪した。 また「今からでも間違いを正し、傷を癒すために最善を尽くすつもりだ。 『PRODUCE』シリーズ、オーディション番組で被害を受けた練習生には金銭的な補償はもちろん、今後の活動に関しても深く話し合っていく」との立場を明らかにした。 昨年から続く「PRODUCE 101」シリーズの得票操作問題はどのような結末を迎えるのか、注目される。 Copyrights C OSEN wowkorea.

次の

「PRODUCE X 101」アン・ジュニョンPD&キム・ヨンボンCP拘束…捜査拡大するか!

アン ジュニョン

Contents• 投票操作疑惑の発端 PRODUCE X 101では、イ・ジヌの脱落やチェ・ビョンチャンの降板など、操作をしているのではないかと思われる所が多々ありました。 決定打となったのは最終順位の投票数です。 投票数に規則性があり、明らかに操作していることが分かります。 これを操作していないと否定する方が難しいでしょう。 ではなぜ制作陣側が不利になるようなことをしてしまったのでしょうか。 SNS上では、内部告発をするためにあえて規則性のある投票数にしたという噂もありましたが、真相は定かではありません。 その後、国民プロデューサーは真相究明委員会を立ち上げ、Mnet側には事実の解明と謝罪を要求しました。 更に刑事告訴に必要な資金30万円をクラウドファンディングで集めることに成功し、本格的に法的措置を講じることになりました。 スポンサーリンク 投票操作疑惑についての謝罪 7月24日、謝罪要求を受けた制作陣側は公式SNSで操作疑惑について以下のように述べました。 ・投票数を集計する過程にエラーがあった ・順位自体は間違っていない 集計にエラーがあったといっても、このような不自然なミスをするものなのでしょうか。 苦し紛れの言い訳にしか聞こえません。 これに関しては真相究明委員会も声明文を出し、データの公開を求めました。 投票操作疑惑に関する家宅捜索 7月26日、Mnetは内部調査では限界があるため、捜査機関に調査を依頼することを表明しました。 調査依頼を受けたソウル地方警察庁は、制作陣の事務所や集計した会社を家宅捜索しました。 一次家宅捜索では投票捜査について言及した音声ファイルが発見されたそうです。 また、10月1日には Woollim、 MBK、 STARSHIPにも家宅捜索を行いました。 この家宅捜索を受け、 SNS上では 「事務所でデビューする人数が決まっていたのではないか」 「事務所が制作陣に金銭を渡していた」 「事務所はそこまでお金を持っていないだろう」 などの憶測が飛び交いました。 スポンサーリンク PD手帳 10月15日、MBCで「PD手帳」という番組が放送されました。 オーディション番組に関係する人物が、裏側を暴露するという内容です。 番組では以下のような内容が暴露されました。 アン・ジュニョンPD、 キム・ヨンボムCJ局長兼チーフプロデューサー、 イPD、 キム・ガンヒョSTARSHIP副社長 このうちの二人、アンPDとキム・ヨンボム氏は犯罪の疑いが相当部分解明され、事案が重大であるとして逮捕されました。 アンPDは「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」について投票操作があったことを認めました。 Season1、2に関しては、投票操作はなかったと話しています。 また、アンPDは「ファイナルの20人は生放送前から決まっていた」と話しています。 さらに、アン・ジュニョンPDは芸能事務所から性接待を受け、その総額は1億ウォン 約1000万 を超えるとのことです。 制作陣が責任を取るべきであるのに、何故デビューした子たちが責任を負わなければいけないのでしょうか。 制作陣にはしっかり反省してほしいです。 また、韓国では解散要求をするファンもいるようです。 しかしながら韓国メディアは、X1を解散させた場合の金銭的損失が大きいため解散はさせないだろうと報道しています。 関連: 関連: スポンサーリンク•

次の

チョン・ジュニョン

アン ジュニョン

ケーブルチャンネルMnetのサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの得票操作問題の波紋が依然として広がっている。 アン・ジュニョンPDは順位操作を認めながらも「私欲に目がくらんだり、不正請託を受けたことはない」と主張している。 それに対し検察は「結局個人の利益を追求した結果だ」と発言した。 7日午後、ソウル中央司法刑事合意21部審理で、業務妨害および背任収賄、不正請託禁止法違反などの疑いを受けているアン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPの初公判が行われた。 この日の公判ではアン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPを始めとした被告人8人全員が出席し、証人申請をしたハン・ドンチョルCPは出席しなかった。 検察はアンPDとキムCPについて「本人たちが望むメンバーをデビューグループに入れるという業務妨害を行い、メール投票でデビューグループを選抜するといって視聴者をだまし4000万ウォン相当の利益を得た。 被告人アン・ジュニョンは不正請託と4600万ウォン相当の接待を受けた」と控訴内容を明らかにした。 アンPDとキムCPは弁護士を通じて控訴事実を認めた。 しかし順位操作が不正請託によるものではないと再度主張した。 弁護人は「被告人たちが特定の練習生の降板意志を直接的・間接的に確認した。 生放送が無理なく行われるように該当する練習生の順位を下げ、下の順位にいた練習生の順位を上げたものだ。 結果的に不透明な方式であったが私欲に目がくらんだり、不正請託を受けたわけではない」と強調した。 また弁護人は不正請託および金品授受の禁止に関する法律違反の疑いについて「他の被告人とともに遊興酒店で酒を飲んだ。 しかし不正請託を受けて酒を飲んだわけではなく、不正を働いた事実もない。 この部分で控訴事実と順位操作が関連していると疑惑が持ち上がったが、全く関係ない」との立場を明らかにした。 同時に起訴された芸能事務所の関係者も接待をしたことを認めたが「親睦を深めるために酒の席をもうけただけだ」とし、不正請託がなかったことを主張した。 これに対し検察は「放送に関する愛情で順位操作を行ったと主張するが、結局自分たちが望む候補が選抜されないと、投票で選ばれたかのように視聴者たちをだましていた。 純粋な動機ではなく、番組とデビューグループの成功、Mnet内での昇進、給与などの経済的価値や個人的な利益を追求していた」と指摘した。 アン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPは「PRODUCE 101」全シリーズに渡ってメンバーの順位を操作したことが明らかになり騒動になっている。 今回の事態で「PRODUCE X 101」でデビューした男性グループ「X1」は結局解散し。 CJ ENM側は結局昨年12月に公式記者会見を開き「大きな失望を抱かせてしまったことに対し心から謝罪する。 デビューを夢見て傷を負った練習生たちには申し訳ない。 メール投票をして応援してくれた視聴者にもすみませんと伝えたい。 今回の事態は私たちに非があった」と謝罪した。 また「今からでも間違いを正し、傷を癒すために最善を尽くすつもりだ。 『PRODUCE』シリーズ、オーディション番組で被害を受けた練習生には金銭的な補償はもちろん、今後の活動に関しても深く話し合っていく」との立場を明らかにした。 昨年から続く「PRODUCE 101」シリーズの得票操作問題はどのような結末を迎えるのか、注目される。 Copyrights C OSEN wowkorea.

次の