想う 類語。 「想う:おもう」(想が入る熟語)読み

【想う】の例文や意味・使い方

想う 類語

このページの目次• 『思う』• 意味 : 自分の脳の中で感じる心。 使い方:美味しいと思う、自分の思い通り、やっとの思いで 『思』という漢字は「田」と「心」から成り立っており、「田」の語源は「(子供の)脳」です。 「田」を使った四字熟語で「我田引水」(他人のことを考えず自分に都合がいいように言ったり行動したりすること)といった使われ方もしますよね。 『思』を使った漢字に「思考」「思案」「意思」などがありますが、これらは全て自分の脳で考えていることです。 「(自分は)こうだと 思う。 」「(自分は)そうは 思わない。 」など、自分の意見や自分が感じたことに『思う』を使います。 『想う』• 意味 : 相手を想う心。 感情を込めたい時やある対象を想像して思い浮かべる時に使います。 『想』を使った漢字には「回想」「空想」「理想」などがありますが、これらは全てある対象を想像(イメージ)して思い浮かべていますよね。 「好きな人を 想う」「故郷の母への 想いを伝える」「 片想い」…といったように『想う』は思慕(しぼ)の情や恋焦がれる気持ち(愛情)など、自分の感情をより強く伝えたい時に使うと良いでしょう。 スポンサードリンク 『思う』と『想う』の使い分けの具体例 『思う』と『想う』の違いは、具体例を挙げるともっと分かりやすいです。 下の二枚の写真を例に出して考えてみましょう。 『思う』・・・「彼女は普通にかわいいと思う」• 『想う』・・・「彼女を愛おしく想う」 『思う』は自分の意見であるのに対し、『想う』には強い感情が込められていますよね。 『思う』・・・「故郷はやはり良いところだと思う」• 『想う』・・・「故郷を懐かしく想う」 『思う』は自分の考えですが、『想う』には望郷の念が込められています。 このように『思う』と『想う』は、上記のように使い分けることができます。 何となくでも違いがイメージできましたか? まとめ 以上今回は、『思う』と『想う』の意味の違いと正しい使い分け方を解説しました。 『思う』・・・ 自分の脳の中で感じる心。 『想う』・・・ 相手(ある対象)を想う心。 両者の違いを理解できると、例えば以下のような文章も正しく漢字で書けるようになります。 」 ちなみに、『想う』の方は常用漢字ではないため、正しい使い分け方を学校で習うことはありません。 そのため、私たちは『思う』と『想う』の意味の違いや使い方が曖昧になっているのかもしれませんね。

次の

「思う」と「想う」

想う 類語

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 29 「悼む」の意味と使い方、読み方、類語、「偲ぶ」との違い 「悼む」という言葉をご存知でしょうか。 「死を悼む」「故人を悼む」などと言いますよね。 亡くなった人を思い出したり、考えたりするときには様々な言葉を使います。 「悼む」もその中の一つです。 ただ、「悼む」は日常会話で使うことはあまりありません。 ですので、意味を知らない、どのように使えばいいのかわからないという方も多いかと思います。 お悔やみごとで使う言葉なので、正しく使用したいですよね。 そこで今回は「悼む」の意味や使い方、読み方、「偲ぶ・弔う」との違いについて解説していきます。 「悼む」をきちんと理解して、上手く使えるようにしましょう! 「悼む」の使い方と例文 「悼む」は亡くなった人を思ったり、悔やむときに使います。 亡くなった人に対してのみ使うので、「入院している母を悼む」「事故に遭った自分を悼む」などとは使いません。 「悼む」は 「追悼(ついとう)」という言葉でもよく使います。 「追悼」は「死者をしのんで、いたみ悲しむこと」で、悼む行為そのものを表しています。 法要などとある程度の人数が集まることに使われ、「事故の犠牲者を追悼する」「追悼式を開く」などと言います。 「悼む」の言い回しとしては、 ・死を悼む ・故人を悼む などとなります。 「悼む」は「死」という言葉とともに使うことが多く、「恩師の死を悼む」「祖母の死を悼む」などと言います。 例えば、「友人の死を悼み、涙を流す」といった場合は「友人の死を悔やんだり、悲しんだりして涙を流す」、「今回の地震で被害に遭われた方の死を悼む」といった場合は「今回の地震で被害に遭われた方の死を嘆く。 悔やむ」という意味になります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・友人の突然の死を悼む。 ・病気で亡くなった恩師の死を悼む。 ・知人の死を悼み、花を贈る。 ・不慮の事故で死を遂げた人々を悼む。 ・故人の生前を思い出して、死を悼む。 ・葬儀に集まった者同士で、祖父の死を悼む。 ・今回の災害で被害に遭われた方の死を悼む。 ・A氏の死を悼んで、思い出の場所を訪れる。 ・あの花は死者の死を悼んで咲いているのだろう。 「悼む」と「偲ぶ(しのぶ)」の違い 「偲ぶ」の意味は、 ・過ぎ去ったこと、離れている人のことなどをひそかに思い慕うこと ・心惹かれて(見えないところなどに)思いを馳せること ・賞美する です。 過ぎ去ったり遠く離れたりしたことや人を、懐かしむ気持ちや賞賛の気持ちを持って思い出すことを表します。 「悼む」は「人の死を悲しみ嘆くこと」 「偲ぶ」は「過ぎ去った時間や、遠く離れた場所や人をひそかに思い慕うこと」 「故人を悼む」は、ある人が亡くなってから悲しみ嘆くことを表します。 「故人を偲ぶ」は、ある人が亡くなってからある程度経ったときに懐かしむ気持ちや思い出すことを表します。 また、「悼む」は故人に対してのみ使いますが、「偲ぶ」は故人だけでなく、遠く離れた人や懐かしい人に対しても使うことができます。 他にも、「悼む」には「心惹かれて思いを馳せる。 賞美する」という意味は含まれません。 このように「悼む」と「偲ぶ」では意味が異なるので注意しましょう。 例文 ・故人を偲ぶ、懐かしい話を語った。 ・まだ技術が発達していなかった頃の人の苦労を偲ぶ。 「悼む」と「弔う(とむらう)」の違い 「弔う」の意味は、 ・人の死を悼んで、喪にある人をたずねて慰めること。 弔問すること ・亡き人の冥福を祈ること。 法要を営むこと です。 「悼む」は「人の死を悲しみ嘆くこと」 「弔う」は「人の死を悼み、喪にある人をたずねて慰めること」 「悼む」は人の死を悲しみ嘆く行為のことですが、「弔う」は遺族に対して『非常に残念です』『本当に悲しいです』という思いを伝える行為を表します。 また、「弔う」には「弔問する」という意味の他にも、「死者の冥福を祈る」という意味も含まれます。 「悼む」にはこの意味は含まれません。 このように、「弔う」は死者の冥福を祈る気持ちと遺された人を慰める気持ちを表します。 例文 ・残された遺族や関係者を弔う。 ・今回の事故で亡くなられた方を弔う。 「いたむ」の同訓異義 戚む 「戚む」の意味は 「深く悲しむ。 うれえる。 心配して心がいたむ」です。 「戚」は「うれえる。 悲しむ」、また「親戚」や「外戚」という言葉があるように「身内」という意味も含まれます。 「戚む」という言葉は「哀悼(あいとう)」とほぼ同じ意味になります。 「哀悼」とは「人の死を悲しみいたむこと」です。 「彼の死を戚む」「病気がちの祖母を戚む」などと使いますが、一般的に「戚む」はあまり使うことはありません。 例文 ・ただひたすら彼のことを思い、戚むばかりである。 ・入院している友達を戚む。 痛む 「痛む」の意味は、 ・(肉体に)苦痛を感じる ・悩みに思う。 悲しく思う。 心痛する ・迷惑がる ・損をする です。 「痛む」は肉体的な、精神的な苦しみを表す場合に使います。 「雨の日は古傷がズキズキと痛む」「あのことを思い出すと胸が痛む」「懐が痛む」などと言います。 例えば、「階段から落ちて擦りむいたところが痛む」といった場合は「階段から落ちて擦りむいたところが痛い。 苦痛を感じる」という意味になります。 このように「痛む」は、心や体に痛みが生じるということを表すことができます。 例文 ・食べ過ぎたせいで、お腹が痛んできた。 ・落選してしまった人のことを考えると、心が痛む。 傷む 「傷む」の意味は、 ・破損する。 壊れる。 擦り切れる ・食料品が腐る。 傷つく です。 「傷む」は器具や建物がきずついたり、食べ物が腐ったりする場合に使うことが多いです。 「魚が傷む」「屋根が傷む」「傷んだ野菜」などと言います。 例えば、「買ったみかんをそのまま放置しておいたら傷んだ」といった場合は「買ったみかんをそのまま放置したら腐ってしまった」という意味になります。 このように「傷む」は、物質が最初の状態よりも悪化してしまったということを表すことができます。 例文 ・祖母の家は屋根も床もあらゆるところが傷んでいる。 ・買ったばかりの肉がすでに傷みはじめている。 お悔やみの言葉の文例《正しい敬語表現とは》 よく使われるお悔やみ言葉としては、「お悔やみ申し上げます」「ご冥福お祈りします」「ご愁傷様」があります。 「お悔やみ申し上げます」は、一般的によく使われるお悔やみの言葉として知られています。 「お悔やみ申し上げます」には「相手の気持ちに寄り添い、慰めの気持ちを表す」という意味が含まれ、「故人の死を残念に思い、悲しんでいる」というニュアンスになります。 「ご冥福お祈りします」は「冥土でさまよった後、良い場所(幸せな場所)に行けることを祈っています」という意味です。 「ご冥福を御祈りいたします」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉になります。 「ご愁傷様」は、通夜や葬儀の場で遺族に述べるお悔やみの言葉の常套句です。 「ご愁傷様」の意味は「相手を気の毒に思うさま、身内を失った人に対するお悔やみの言葉」です。 葬儀の際にどんな言葉をかけていいのか分からないとき、「ご愁傷様」の一言でお悔やみの意を伝えることができます。 例文 ・ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は御愁傷様です。 突然のことで驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 ・お力落としのことと思いますが、どうぞお気をしっかりとお持ちください。 心からお悔やみ申し上げます。 ・ご愁傷様でございます。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ・突然の悲報に接し、驚いております。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しします。 心からご冥福をお祈りいたします。 死を悼む期間について 近親者が亡くなった場合に、一定の期間亡くなった人の死を悼み、世間との関わりを避けつつましく暮らすことを 「喪に服す」と言います。 この期間を 「忌中」「喪中」と言い、「忌中」は「故人のために祈りを捧げる期間(他界後、四十九日の忌明けまで)」、「喪中」は「故人を偲ぶ期間(一周忌まで)」を表します。 「喪中」の期間は故人との関係によって異なりますが、だいたい長くて一年とされています。 父母:12ヶ月〜13ヶ月 子供:3ヶ月〜12ヶ月 祖父母:3ヶ月〜6ヶ月 兄弟姉妹:30日〜6ヶ月 このようになります。 また、「喪中」に控えるべき行事としては、結婚式の参列・新年のお祝い・旅行・神社の参拝などがあります。

次の

「好き」の類語は?ビジネスや敬語で使える「好き」の例文を紹介

想う 類語

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 29 「悼む」の意味と使い方、読み方、類語、「偲ぶ」との違い 「悼む」という言葉をご存知でしょうか。 「死を悼む」「故人を悼む」などと言いますよね。 亡くなった人を思い出したり、考えたりするときには様々な言葉を使います。 「悼む」もその中の一つです。 ただ、「悼む」は日常会話で使うことはあまりありません。 ですので、意味を知らない、どのように使えばいいのかわからないという方も多いかと思います。 お悔やみごとで使う言葉なので、正しく使用したいですよね。 そこで今回は「悼む」の意味や使い方、読み方、「偲ぶ・弔う」との違いについて解説していきます。 「悼む」をきちんと理解して、上手く使えるようにしましょう! 「悼む」の使い方と例文 「悼む」は亡くなった人を思ったり、悔やむときに使います。 亡くなった人に対してのみ使うので、「入院している母を悼む」「事故に遭った自分を悼む」などとは使いません。 「悼む」は 「追悼(ついとう)」という言葉でもよく使います。 「追悼」は「死者をしのんで、いたみ悲しむこと」で、悼む行為そのものを表しています。 法要などとある程度の人数が集まることに使われ、「事故の犠牲者を追悼する」「追悼式を開く」などと言います。 「悼む」の言い回しとしては、 ・死を悼む ・故人を悼む などとなります。 「悼む」は「死」という言葉とともに使うことが多く、「恩師の死を悼む」「祖母の死を悼む」などと言います。 例えば、「友人の死を悼み、涙を流す」といった場合は「友人の死を悔やんだり、悲しんだりして涙を流す」、「今回の地震で被害に遭われた方の死を悼む」といった場合は「今回の地震で被害に遭われた方の死を嘆く。 悔やむ」という意味になります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・友人の突然の死を悼む。 ・病気で亡くなった恩師の死を悼む。 ・知人の死を悼み、花を贈る。 ・不慮の事故で死を遂げた人々を悼む。 ・故人の生前を思い出して、死を悼む。 ・葬儀に集まった者同士で、祖父の死を悼む。 ・今回の災害で被害に遭われた方の死を悼む。 ・A氏の死を悼んで、思い出の場所を訪れる。 ・あの花は死者の死を悼んで咲いているのだろう。 「悼む」と「偲ぶ(しのぶ)」の違い 「偲ぶ」の意味は、 ・過ぎ去ったこと、離れている人のことなどをひそかに思い慕うこと ・心惹かれて(見えないところなどに)思いを馳せること ・賞美する です。 過ぎ去ったり遠く離れたりしたことや人を、懐かしむ気持ちや賞賛の気持ちを持って思い出すことを表します。 「悼む」は「人の死を悲しみ嘆くこと」 「偲ぶ」は「過ぎ去った時間や、遠く離れた場所や人をひそかに思い慕うこと」 「故人を悼む」は、ある人が亡くなってから悲しみ嘆くことを表します。 「故人を偲ぶ」は、ある人が亡くなってからある程度経ったときに懐かしむ気持ちや思い出すことを表します。 また、「悼む」は故人に対してのみ使いますが、「偲ぶ」は故人だけでなく、遠く離れた人や懐かしい人に対しても使うことができます。 他にも、「悼む」には「心惹かれて思いを馳せる。 賞美する」という意味は含まれません。 このように「悼む」と「偲ぶ」では意味が異なるので注意しましょう。 例文 ・故人を偲ぶ、懐かしい話を語った。 ・まだ技術が発達していなかった頃の人の苦労を偲ぶ。 「悼む」と「弔う(とむらう)」の違い 「弔う」の意味は、 ・人の死を悼んで、喪にある人をたずねて慰めること。 弔問すること ・亡き人の冥福を祈ること。 法要を営むこと です。 「悼む」は「人の死を悲しみ嘆くこと」 「弔う」は「人の死を悼み、喪にある人をたずねて慰めること」 「悼む」は人の死を悲しみ嘆く行為のことですが、「弔う」は遺族に対して『非常に残念です』『本当に悲しいです』という思いを伝える行為を表します。 また、「弔う」には「弔問する」という意味の他にも、「死者の冥福を祈る」という意味も含まれます。 「悼む」にはこの意味は含まれません。 このように、「弔う」は死者の冥福を祈る気持ちと遺された人を慰める気持ちを表します。 例文 ・残された遺族や関係者を弔う。 ・今回の事故で亡くなられた方を弔う。 「いたむ」の同訓異義 戚む 「戚む」の意味は 「深く悲しむ。 うれえる。 心配して心がいたむ」です。 「戚」は「うれえる。 悲しむ」、また「親戚」や「外戚」という言葉があるように「身内」という意味も含まれます。 「戚む」という言葉は「哀悼(あいとう)」とほぼ同じ意味になります。 「哀悼」とは「人の死を悲しみいたむこと」です。 「彼の死を戚む」「病気がちの祖母を戚む」などと使いますが、一般的に「戚む」はあまり使うことはありません。 例文 ・ただひたすら彼のことを思い、戚むばかりである。 ・入院している友達を戚む。 痛む 「痛む」の意味は、 ・(肉体に)苦痛を感じる ・悩みに思う。 悲しく思う。 心痛する ・迷惑がる ・損をする です。 「痛む」は肉体的な、精神的な苦しみを表す場合に使います。 「雨の日は古傷がズキズキと痛む」「あのことを思い出すと胸が痛む」「懐が痛む」などと言います。 例えば、「階段から落ちて擦りむいたところが痛む」といった場合は「階段から落ちて擦りむいたところが痛い。 苦痛を感じる」という意味になります。 このように「痛む」は、心や体に痛みが生じるということを表すことができます。 例文 ・食べ過ぎたせいで、お腹が痛んできた。 ・落選してしまった人のことを考えると、心が痛む。 傷む 「傷む」の意味は、 ・破損する。 壊れる。 擦り切れる ・食料品が腐る。 傷つく です。 「傷む」は器具や建物がきずついたり、食べ物が腐ったりする場合に使うことが多いです。 「魚が傷む」「屋根が傷む」「傷んだ野菜」などと言います。 例えば、「買ったみかんをそのまま放置しておいたら傷んだ」といった場合は「買ったみかんをそのまま放置したら腐ってしまった」という意味になります。 このように「傷む」は、物質が最初の状態よりも悪化してしまったということを表すことができます。 例文 ・祖母の家は屋根も床もあらゆるところが傷んでいる。 ・買ったばかりの肉がすでに傷みはじめている。 お悔やみの言葉の文例《正しい敬語表現とは》 よく使われるお悔やみ言葉としては、「お悔やみ申し上げます」「ご冥福お祈りします」「ご愁傷様」があります。 「お悔やみ申し上げます」は、一般的によく使われるお悔やみの言葉として知られています。 「お悔やみ申し上げます」には「相手の気持ちに寄り添い、慰めの気持ちを表す」という意味が含まれ、「故人の死を残念に思い、悲しんでいる」というニュアンスになります。 「ご冥福お祈りします」は「冥土でさまよった後、良い場所(幸せな場所)に行けることを祈っています」という意味です。 「ご冥福を御祈りいたします」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉になります。 「ご愁傷様」は、通夜や葬儀の場で遺族に述べるお悔やみの言葉の常套句です。 「ご愁傷様」の意味は「相手を気の毒に思うさま、身内を失った人に対するお悔やみの言葉」です。 葬儀の際にどんな言葉をかけていいのか分からないとき、「ご愁傷様」の一言でお悔やみの意を伝えることができます。 例文 ・ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・この度は御愁傷様です。 突然のことで驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 ・お力落としのことと思いますが、どうぞお気をしっかりとお持ちください。 心からお悔やみ申し上げます。 ・ご愁傷様でございます。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 ・突然の悲報に接し、驚いております。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しします。 心からご冥福をお祈りいたします。 死を悼む期間について 近親者が亡くなった場合に、一定の期間亡くなった人の死を悼み、世間との関わりを避けつつましく暮らすことを 「喪に服す」と言います。 この期間を 「忌中」「喪中」と言い、「忌中」は「故人のために祈りを捧げる期間(他界後、四十九日の忌明けまで)」、「喪中」は「故人を偲ぶ期間(一周忌まで)」を表します。 「喪中」の期間は故人との関係によって異なりますが、だいたい長くて一年とされています。 父母:12ヶ月〜13ヶ月 子供:3ヶ月〜12ヶ月 祖父母:3ヶ月〜6ヶ月 兄弟姉妹:30日〜6ヶ月 このようになります。 また、「喪中」に控えるべき行事としては、結婚式の参列・新年のお祝い・旅行・神社の参拝などがあります。

次の