平成32年令和。 令和は平成何年?西暦何年?これさえ見れば簡単に確認できます

令和・西暦・平成:早見表【雑記】

平成32年令和

運転免許証をお持ちの方は、 平成から令和に変わることで運転免許証の有効期限が幻の『 平成〇〇年まで有効』と書かれていますよね。 特別、何か手続きをしないといけない訳ではないのですが、私は『 平成35年まで有効』と書いてあります。 ってか、 それ、いつよっ! という方に 令和と 平成の早見表を作ってみました。 昭和、平成、令和の早見表 西暦 昭和 平成 令和 2019年 94年 31年 元年 2020年 95年 32年 2年 2021年 96年 33年 3年 2022年 97年 34年 4年 2023年 98年 35年 5年 2024年 99年 36年 6年 2025年 100年 37年 7年 2026年 101年 38年 8年 2027年 102年 39年 9年 2028年 103年 40年 10年 2029年 104年 41年 11年 2030年 105年 42年 12年 2031年 106年 43年 13年 2032年 107年 44年 14年 2033年 108年 45年 15年 2034年 109年 46年 16年 2035年 110年 47年 17年 2036年 111年 48年 18年 2037年 112年 49年 19年 2038年 113年 50年 20年 私の場合、 平成35年の運転免許証更新は 令和5年になります。 平成〇〇年から30を引くと令和〇〇年になります。 和暦とは元号のことですね。 ぱっと出てこず、 『あれ?平成なんねんだっけ??』 なんて恥ずかしい思いをしたこともありました。。。 >< 今のうちに令和の年がすぐ解るように考えてみます。 西暦に82を足すと令和の年がわかる 西暦に82を足した下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年に82を足すと2132となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 西暦から18を引くと令和の年がわかる 西暦に18を引いた下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年から18を引くと2032となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 『018』レイワと覚えると簡単ですね。 終わりに 運転免許証の場合、 1ヶ月ぐらい前から更新のハガキが届きますので、平成表記と令和がごっちゃになって更新忘れた!なんてことは無いですけどね。 ちなみに 西暦から 平成の年を調べる場合、.

次の

date4

平成32年令和

平成はいつからいつまで? 西暦で、 1989年1月8日(日)から2019年4月30日(火)の期間となります。 なお、2019年5月1日(水)から令和に変わりました。 平成は何年まで? 平成31年までです。 平成は何日間? 11,069日間です。 計算には、以下のサイトを参考とさせていただきました。 平成から令和を計算するにはマイナス30 平成表記の場合、 マイナス30にすると、令和になります。 具体例を挙げます。 平成32年の場合、令和2年となります。 平成33年の場合、令和3年となります。 平成34年の場合、令和4年となります。 運転免許証では、更新日が平成記載が多いかと思いますので、 参考にしてください。

次の

平成31年はいつまで?令和れいわ元年はいつからなのか気になる!|【ままたいむ】

平成32年令和

元号が変わって9か月経過し、令和という響きにも慣れてきたころだと思いますが皆さんはいかがでしょうか。 今回は、恥ずかしながら元号が変わったことにより自身が起こした大失敗を戒めのために報告します。 平成32年は令和何年? 皆さんは平成32年と聞いて即時令和に変換できますか? 今回の失敗は運転免許の話です。 運転免許の更新可能期間は誕生日の前後1ヶ月間のため、12月が誕生日の私の場合11月から1月までに更新手続きが可能となります。 私の免許証に記載されておりました有効期限は平成32年1月XX日まででしたが気が付いたのは今年の1月末でした。 つまり、いわゆるうっかり失効という状態に陥ってしまったのでした。 通常は更新はがきが届くため普通の方は事前に計画して免許の更新に出かけると思いますが、今回私は更新はがきを確認した記憶がありませんでした。 (恐らく酔っぱらって帰ってきてどこかに紛れ込ませてしまったのだと思います。 ) また運悪く、冒頭のように更新期限が平成32年と実際には存在しない年号で記載されており、期限を確認するまでに一度変換処理をはさむ必要があったため気が付くのが遅くなってしまいました。 このようにして私は急遽埼玉県の免許センターがある鴻巣まではるばる出かけなければいけない羽目になりました。 通常の窓口ではない恥ずかしい窓口で並んでいたところ、私の前に並んでいた方も同様に更新期限後の手続きでやってきた方でしたので平成3X年を令和に置き換えることに混乱している方は結構多いのではないでしょうか。 想定外の救済措置 昨年は台風19号の上陸により各地に大きな被害が出ています。 その救済措置として、被害を受けた各地区に対して令和元年台風第19号に伴う災害にかかる災害救助法が適用されております。 内閣府の資料によれば災害救助法の適用地区は下記リンク先のPDFに記載されております。 私が居住する地区も適用地区に該当していたのですが、救済措置に中には以下のような措置が含まれておりました。 以下は埼玉県のホームページに記載されている内容の引用です。 ・運転免許に関すること 令和元年台風第19号に際し、災害救助法が適用された市町村に住所のある方のうち、運転免許証の有効期間の末日が、令和元年10月10日から令和2年3月30日までの方については、令和2年3月31日まで延長されます。 詳細は下記リンクのPDFに記載されております。 運転免許以外にも埼玉県が支援する各種融資制度、相談窓口の情報などが記載されております。 本来であれば免許証を新たに発行しなおす手続きが必要とのことでしたが、この救済措置により(窓口のご婦人からは「今回だけの特例ですからね!!」と嫌味を言われながら)私は通常の更新手続きで運転免許を更新することができました。 今回私は本救済措置により想定外の救済を受けることができましたが、実際に台風の被害に遭われて日々の生活に苦労されている方にこそ救済措置が行き届くことが重要です。 本経験により診断士として情報発信の手掛かりになればと思いました。 平成32年にやってくるもう一つの更新期限 さて、私にとって今年もう一つ重要な更新期限がやってきます。 中小企業診断士資格の登録証に記載されている更新期限が平成32年9月30日なのです。 聞くところによると診断士の更新期限は一切救済措置がなく、期限切れ即資格の失効になってしまうようです。 回避するためにはいったん資格を休止して、再度再開するような手続きをしないといけないようです。 今回運転免許証の更新で失敗しているので、診断士資格の更新は忘れないようにしないといけません。 今年の10月に本ブログで更新に失敗した記事を書く羽目にならないよう肝に銘じておきます。

次の