新型 rav4 最新 情報。 トヨタRAV4に3列シートグレード設定?

トヨタ新型RAV4のおすすめグレードランキング!一番人気はアドベンチャー

新型 rav4 最新 情報

元祖シティ派SUVの新型RAV4について (出典:) グレードをご紹介する前に、カンタンにRAV4についておさらいしておきます。 94年にデビューした初代トヨタRAV4はセンターデフを備えた本格的な4WDシステムを備え、2リッターDOHCエンジンによる軽快な走りを実現。 RAV4はトヨタの世界戦略車 スタイリッシュななデザインが評判となって大ヒットを記録、現在に続く都会派SUVの草分け的存在となりました。 木村拓哉さんのCMも話題となったので記憶されている方も多いのではないでしょうか? RAV4は00年に登場した二代目以降、トヨタの世界戦略車として海外市場をメインに開発され爆発的な人気車となっていきます。 今回は海外市場の流れも踏まえた上で、新型RAV4のグレードについて解説していきます。 トヨタ新型RAV4のグレードの見所 トヨタ新型RAV4のグレード構成はとてもシンプルです。 まずは全グレードを一覧にしました。 グレード 駆動方式 パワーユニット 販売価格 X FF ガソリン 2,656,500 円 X 4WD ガソリン 2,887,500 円 G 4WD ガソリン 3,261,500 円 G Z 4WD ガソリン 3,410,000 円 アドベンチャー 4WD ガソリン 3,195,500 円 ハイブリッドX FF ハイブリッド 3,261,500 円 ハイブリッドX E-Four ハイブリッド 3,514,500 円 ハイブリッドG 4WD ハイブリッド 3,888,500 円 エンジンはガソリンとハイブリッドの2種類、それぞれにベースグレードとなるXと上級グレードのGという構成となっています。 後述しますがこの二つはかなりおすすめです。 注目のAdventure(アドベンチャー)モデルとは 新型RAV4には新たにAdventure(アドベンチャー)と呼ばれるグレードが用意されています。 パワーユニットはハイブリッドではなくガソリン。 他のグレードとの違いは、装備になります。 Adventureグレードはタイヤが19インチと大きくなり、専用大型ホイールアーチモールを採用。 またフロントグリルっも専用のものが採用され、 見た目がタフな印象になっています。 また、走りの面でも「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用し、高い走破性・操縦安定性と燃費向上を両立しています。 トヨタが開発した新技術ということもあり、大きな注目を集めています。 駆動は4WDが主流 最近のSUVはオフロード性能よりもファッション性を重視して選ばれることも多く、燃費や価格を考慮して4WD仕様自体を設定しない車種まであります。 しかし新型RAV4ではベースグレードのXでしか2WDを選べず、トヨタとしては4WDこそ新型RAV4の主流と考えているようです。 新型RAV4のおすすめグレードランキング それでは新型RAV4のおすすめグレードをランキング形式で紹介していきましょう。 ここでRAV4のグレードの特徴が分かるようにまとめています。 全てがおすすめできるレベルに達しているため、ぜひ詳しくチェックしておきましょう。 6位 G(E-Four) ハイブリッド 3,888,500 円 新型RAV4のハイブリッドは2. 5リッターエンジンにモーターの組み合わせでシステム出力222psと高い実力を備え、それでいて燃費は25. しかし同じGグレードではガソリン車の320万2200円に対してハイブリッドは381万7800円と61万円もの価格差があります。 ガソリン車の燃費は15. ガソリン車にはトヨタ初となる新型のダイレクトCVTが採用されるなど、技術的なトピックも多いことからハイブリッドはやや影が薄い印象です。 5位 X(FF) ハイブリッド 3,261,500 円〜 ハイブリッドのベースグレードがX(FF:320万2200円)です。 4WDはいらない、維持費はあまりかけたくない、という方におすすめのグレードです。 ちなみに一クラス下であるCH-RのGグレードが292万9200円なのでCH-Rでは後席や荷室が狭い、と悩んでいるユーザーは新型RAV4のこのグレードも検討してみてはいかがでしょうか。 4位 G(4WD) ガソリン車 3,261,500 円 4位はガソリン車の上級グレードがGです。 装備ではXに加えてタイヤが18インチになる他、本革巻きステアリングや8ウェイパワーシート、室内イルミネーションといった豪華装備が追加されます。 価格は320万2200円とXに比べて約37万円高ですが、装備内容を見れば十分納得できます。 ただし、それらの装備の全部が欲しいのでなければXをベースにオプションで必要なものを追加する方が良い場合もあります。 なお、RAV4の上級グレードでは乗りだし価格が高額になってしまうため、購入の際には値引きもチェックしておきましょう。 ベースグレードといっても左右独立式のオートエアコンといった快適装備や3灯式LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライトなどは標準装備で見た目にもベースグレードにありがちなしょぼさは皆無です。 もちろん安全装備は上級グレードとも共通のToyota Safety Senseを装備しているので、まず不満はでないレベルです。 それでいて価格は283万5000円と、ナビ(6スピーカーは標準装備)をディーラーオプションで追加しても本体化価格が300万円以内に収まります。 あまりお金をかけたくない方には特におすすめとなります。 価格が334万8000円となることから、上級ながら大幅な値引きも期待できる同じトヨタのハリアー(PREMIUMグレード:344万)と比較して迷うもいらっしゃるかもしれません。 しかし、ハリアーのベースは、実は国内で販売されなかった先代RAV4です。 当然、シャシーや4WDシステム、エンジンやCVTや安全装備に至るまで新型RAV4と比較すると見劣りがするのですが、カタログだけを見ていると違いがわかりにくいのも事実です。 ハリアーの豪華で都会的な雰囲気は魅力的ですが、車としての実力では新型RAV4の方が上であることは覚えておいた方がよいでしょう。 1位Adventure(4WD) ガソリン車 3,195,500 円 新型RAV4でいちばんのおすすめがAdventure(アドベンチャー)です。 フロントマスクがアウトドアギアをイメージした専用のデザインとなり、インテリアもカラーパネルを使用して明るい基調となるなど、他のグレードよりもカジュアルでアクティブなものとなっています。 2トーン仕様が選べるのもこのグレードのみで、明るいブルーのボディカラーにホワイトのルーフという組み合わせはどことなく初代RAV4を思い起こさせます。 特にブルーと白のコンビネーションはRAV4でも屈指のカッコ良さではないでしょうか。 新型RAV4は、オクタゴン(8角形)をモチーフにして、これまで以上にオフロードに強い車というイメージを強調したデザインになりましたが、それが最もよく表れているグレードといえるでしょう。 Xグレードをベースにしているため、大径タイヤなどの専用装備を追加しているにもかかわらず317万7400円とリーズナブルな価格を実現している点もポイントが高いです。 ガソリン車とハイブリッド車はどちらがおすすめ? 新型RAV4ではガソリン車、ハイブリッド車どちらでも4WDが選べますが、その性格は大きく異なります。 ハイブリッド車の特徴 ハイブリッドに用意されるのは電動4WDのE-Fourと呼ばれる従来のシステムをブラッシュアップしたもので、前後のトルク配分が幅広く、より緻密に制御できるようになっています。 しかし基本的には前輪駆動が基本で、雪道などでタイヤがスリップした時に駆動力を配分するという、いわゆる生活4駆というキャラクターが強いものです。 トルクベクタリングとは前後左右の駆動力を最適に制御するもので、悪路だけではなくオンロードでのコーナリングにおいても操縦安定性や旋回性能に効果を発揮するとされています。 新型RAV4のおすすめグレードまとめ 改めておすすめグレードをまとめると以下の通りです。 1位 Adventure(4WD)• 3位 X (4WD)ガソリン車• 4位 G(4WD) ガソリン車• 5位 X(FF) ハイブリッド 新型RAV4の国内価格は北米市場での直接的なライバル車となるホンダCR-V(323万円~436万円)と同程度になると予想されていました。 しかしふたを開けてみるとベースグレードで260万円、ハイブリッドの最上級グレードでも381万円と非常に戦略的なプライスをつけてきました。 それでいて安全装備も夜間歩行者対応の自動ブレーキを含む最新のシステムが採用されるなど、手抜かりはありません。 国内市場に復活した新型RAV4、北米市場に続いて国内でも初代以来の大ヒットとなる可能性は大いにあるでしょう。 新型RAV4を格安で買う方法はこちら! 5つのグレード構成の新型RAV4ですが値引き成功事例が出てきています。 人気の新型車のため割引は辛口ですが、トライしてみる価値はあります。 やり方はシンプルで、最新の相場と競合車を押さえるだけ。 購入を検討している方はしっかりと確認しておきましょう。 スポンサーリンク.

次の

トヨタ新型RAV4のおすすめグレードランキング!一番人気はアドベンチャー

新型 rav4 最新 情報

グレード 価格 燃費 エンジン 駆動 乗車定員 アドベンチャー 3,137,400円 WLTCモード : 15. 0 L 4 WD 5 人乗り G 3,202,200 円 WLTCモード : 15. 0 L 4 WD 5 人乗り X 2,608,200 円〜 WLTCモード : 15. 2〜15. 5 L+モーター E-Four *1 5 人乗り ハイブリッドX 3,202,200 円〜 JC08モード : 25. E-Fourは、機械式4WDとは機構および性能が異なります。 さまざまな走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、安定した操縦性・走行の安定性および燃費の向上に寄与するものです。 新型RAV4には、トヨタの第2世代の予防安全パッケージ、「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備します。 最新のトヨタセーフティセンスには、車両に加えて、歩行者検知(昼間・夜間)と自転車検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」が導入されているのが特徴と言えるでしょう。 また、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」、車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付きの「レーンディパーチャーアラート(LDA)」を採用。 加えて、カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示することで、道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」等が用意されているようです。 ハイブリッドモデルのパワートレインは、TNGAの思想に基づいたエンジン「2. 5リットル ダイナミックフォースエンジン」を搭載した新型2. 5リットルハイブリッドシステムを採用しました。 優れた燃費と軽快な加速性能を実現しています。 燃費はそれぞれWLTCモードで2WDが21. 加えて、ハイブリッド車の4WDシステムとして、最新のハイブリッド技術を継承した新型E-Fourを採用。 後輪の最大トルクを増加させるとともに、前後輪トルク配分を100:0から最大20:80まで可変可能な新制御を採用し、コーナリング中の前後輪トルク配分を最適に制御、操縦安定性を高めたほか、後輪のトルクを上げたことで、降雪時や雨天時における登坂発進時の安心感を向上させました。 RAV4 X ハイブリットFFを新古車で購入。 感覚的にはデッカイ プリウスです。 納車時にメーター読みで満タンと思っていましたが、若干少なかったかもしれません。 7L、12. 当日、スノータイヤ ブリザック に履き替えました。 神奈川県西部、丹沢近くの扇状地はup downがあります。 自宅から3km圏内は、暖機運転と車重が響くのか、あまり伸びませんが、それでもまずまずの燃費です。 近隣に足を伸ばすと燃費は伸びます。 排気量を考えると優秀だと思います。 前車オーリス初代1.

次の

新型RAV4発売1年経過 販売絶好調!! ユーザーを魅了し続ける7つのポイント

新型 rav4 最新 情報

【最新情報】トヨタ新型RAV4 納期と値引きは? トヨタ新型RAV4の日本仕様車 2019年4月10日、トヨタ新型RAV4(ラブフォー)が発売されました。 先代である4代目からは海外専売モデルになっていましたが、今回5代目となる新型RAV4は日本発売が復活。 初代モデルの発売当時人気を集めたRAV4の国内復活ということで、発売前からも話題になっていました。 新型RAV4は性能の強化と新開発を採用。 同じくトヨタの「ハリアー」が高級志向のシティ派SUVなのに対し、新型RAV4は本格オフローダーとしての性格をさらに強めています。 なお編集部がディーラーに確認したところ、納期については2019年4月時点で3ヶ月ほど。 値引きについては原則無しとのことでした。 主力グレードは「ハイブリッドG」とガソリン車の「G」 MOBY編集部スタッフが入手したトヨタRAV4の見積書。 値引きはなかった。 トヨタディーラーによると主力となるグレードは車では「G」、ガソリン車では「G」とのこと。 作成していただいた見積書によれば「ハイブリッドG」の価格が乗り出しで464万円。 「G」の乗り出し価格が415万円とまさしくC-HRとハリアーの中間に位置するような価格設定といえます。 トヨタ RAV4とは? 出典 : RAV4は、トヨタのミディアムサイズのクロスオーバーSUV。 1994年に発売された初代は、が常識だったそれまでのSUVの常識を破るボディ型SUVとして登場しました。 2代目RAV4からは世界戦略車としてボディの大型化が進み、米国市場を中心にトヨタのグローバルコアモデルの1台に。 4代目RAV4は海外専売モデルとされたため、日本では2016年の3代目RAV4で販売が終了していました。 2016年と2017年には世界のSUV販売台数1位を獲得。 とくに北米での人気が著しく、米国でもっとも人気のあるトヨタ車に成長しました。 ラダーフレームやモノコックボディについてはこちら 最新「RAV4」中古車情報 フルモデルチェンジした新型RAV4のポイントは? 新型RAV4(ラブフォー)は北米専売モデルであった先代からのフルモデルチェンジが行われました。 共通する部分がほとんどないといえるほどに全面刷新され、あらゆる部分が最新のアップデート。 世界戦略車として高い期待がうかがえます。 0」を搭載 TNGAやAWDについてはこちら クロスオーバーSUVの元祖らしいエッジのきいたデザイン トヨタ新型RAV4 アドベンチャー 北米仕様 フロント 2019年 トヨタ新型RAV4 アドベンチャー 北米仕様 サイド 2019年 トヨタ新型RAV4 アドベンチャー 北米仕様 リア 2019年 新型RAV4(ラブフォー)の外装は鋭いエッジのきいたプレスラインを用いることで、SUVらしい力強さと洗練されたシャープなデザインを両立しています。 先代のRAV4の特徴を継承しながらも、幾何学形状の「オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたデザインを随所に取り入れ車全体のまとまりを確保。 ボディ下部を黒色に統一することで、腰高感を払拭するとともに、より若年層に向けた仕上がりになっています。 また、ワイドボディと19インチの大径ホイール、十分な最低地上高を確保し、よりSUVらしさを強調したスタイリングが与えられました。 米国仕様は3つのグレードで異なるデザイン トヨタ新型RAV4(北米仕様) 左から「アドベンチャー」「XSE ハイブリッド」「リミテッド」 北米仕様のRAV4には「アドベンチャー」「XSE 」「リミテッド」の3グレードがラインナップされる見通しです。 さらにそれぞれのグレードで異なるデザインと異なる装備で差別化が図られます。 「アドベンチャー」はスタンダードともいえるオフロードモデル。 もっともアグレッシブなフロントフェイスを備え、都市から悪路までマッチする全天候型モデルです。 「XSE ハイブリッド」は、オンロードでのスポーツ走行を重視したハイブリッドモデル。 外観は「アドベンチャー」よりもすっきりしたデザインが与えられ、専用のセッティングが施されます。 「リミテッド」は豪華装備が与えられた限定モデルです。 基本的なエクステリアは「XSE ハイブリッド」と共通しがなら、各部にクロームメタリックの加飾が施されたラグジュアリー仕様。 パノラマも選択可能です。 日本仕様ではどのようなグレード展開になるのかにも注目です。 洗練されたインテリアは高級セダンのよう トヨタ新型RAV4 リミテッド ハイブリッド 北米仕様 2019年 インパネ トヨタ新型RAV4 リミテッド ハイブリッド 北米仕様 2019年 フロントシート トヨタ新型RAV4 リミテッド ハイブリッド 北米仕様 2019年 リアシート 新型RAV4(ラブフォー)のインテリアは、高級と区別のつかないくらいに洗練されたデザインにまとめられています。 歴代RAV4のキャラクターイメージどおり、本格SUVほどゴツゴツしない絶妙なバランスで仕上げられています。 ダッシュパネルは、ソフトパッドとシルバーのアクセントで加飾された高級感ある仕上がり。 SUVらしさを主張するのは、着座位置の高さと、オーバーヘッドコンソールや各部収納が充実している程度で無骨さは感じられません。 インパネ中央上部にセットされた7インチのインフォメーションディスプレイは、ナビゲーションシステムやオーディオコントロールの他に、インターネットを介してAmazon AlexaやGoogle Assistantの機能、Apple CarPlayなどが使えるマルチインフォテイメントシステムとして機能します。 それにより生産性の向上とコスト低減にくわえ、の搭載位置を低くすることで、より安定した走行性能が付加されます。 フルモデルチェンジで5代目となる新型RAV4(ラブフォー)のボディサイズ(米国仕様)は、全長4595mm、全幅1855mm、全高1700mm。 4代目と比較すると、全長と全高は5mm小さくなり、全幅は10mm広く、は30mm延長されます。 世界戦略車と位置づけられているため、日本仕様車もボディサイズは同一のものになると思われます。 ハイブリッドには新開発の2. 5Lダイナミックフォースエンジン採用 トヨタ新型RAV4 リミテッド 北米仕様 エンジン 2019年 新型RAV4(ラブフォー)は、2. 0Lガソリンと2. 5Lというラインナップ。 特に、トヨタが新開発した2. 5L直列4気筒直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン」は、高速燃焼技術・可変制御システムを採用し、排気・冷却・機械作動時などのさまざまなエネルギーロスを減少させ、熱効率を向上させるとともに高を実現しています。 ハリアーにも2. 5L+モーターのハイブリッドモデルがラインナップしていますが、新型RAV4のエンジンはその最新型。 や最高トルクも向上しています。 世界初!新開発のダイナミックトルクベクタリングAWDを採用 ガソリン車の上級グレードには、新開発のシステム「ダイナミックトルクベクタリング」をトヨタではじめて採用する予定です。 走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を搭載。 コーナリングや悪路走行時においても優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮します。 さらに、前後ラチェットシフト式ドグクラッチで切断する「ディスコネクト機構」を世界初採用。 走行が不要と判断した時には、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離して燃費向上を図ります。 トヨタ新型RAV4は最新安全基準へアップデート トヨタ新型RAV4 2019年 新型RAV4(ラブフォー)には第2世代の予防安全装備「Toyota Safety Sense()」が搭載されます。 第2世代トヨタセーフティセンスは、旧セーフティセンスPの「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成を活かした上で、さらに安全機能を向上させたもの。 日本仕様においても最新のトヨタセーフティセンスが採用されるとのことです。 新型RAV4に搭載される最新のトヨタセーフティセンスの主な機能は以下のとおりです。 ・プリクラッシュセーフティの機能向上 ・オートマチックハイビーム ・道路標識をディスプレイに表示するロードサインアシスト ・歩行者検知(昼間・夜間)の採用 ・自転車検知(昼間)の採用 ・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)の採用 ・車線維持に必要な運転操作を支援する機能の採用 ・ステアリング制御機能付き車線逸脱警報の採用 最新のトヨタセーフティセンスは、高度な運転支援システムを中心とした先進予防安全パッケージとなります。 ミディアムクラスSUVのRAV4には、今でも根強い国内需要があるとトヨタは見込んでおり、近年一段と人気が高まっているSUV市場に新たな風が吹くことになるでしょう。 (MOBY編集部 池田貴美) トヨタの新型車に関連する記事はこちら SUVの最新記事はこちら.

次の