ヒソカ 名言。 【ハンターハンター】マチを殺したがっていたヒソカを止めた意外な人物!

ハンターハンターの最強で変態なヒソカが好きなので魅力について語りたい。|Y's BLOG

ヒソカ 名言

これで決定 そっちが本物だね どっちが本物の試験官?そんな疑問が全員に浮かぶ中、鋭く相手を狙うトランプが飛びます。 攻撃を避けられなかったら、試験官でない。 そんな判別法を あっけなくやってしまうヒソカは初っ端から度肝を抜いてくれました。 試験官というのは審査委員会から依頼されたハンターが無償で任務につくもの 我々が目指すハンターの端くれともあろう者が あの程度の攻撃を防げないわけがないからね 理屈は分かるのですが、 それでいいのかヒソカ。 彼がハンターになってもいいのかと疑いたくなりますが、そこらへんは試験に考慮されないんですよね…。 いいよ今年受かるからもう受けないし 超難関と言われるハンター試験を前にもこの余裕っぷり。 さすがは 天才。 しかし暇つぶしの仕方が えげつねぇな…。 まさに 変態です。 冥土の土産におぼえときな 奇術師に不可能はないの 出典: なかなかに ぶっ飛んだ台詞です。 某偉人のように、 彼の辞書に 不可能の文字はないのです。 チート感に溢れる台詞ですが、本当に今のところ無敵なので流石です。 君達まとめてこれ一枚で十分かな? 生首大量生産をして嬉しそうなヒソカは危ない変態でしかありません。 彼らだって、ハンター試験を受けにくる猛者。 それをカード一枚で仕留めるだなんて…。 君ら全員不合格だね 選考作業のお手伝いをした結果。 未来のハンター(?)が見るも無残な姿に。 不合格の烙印を押してしまったヒソカですが、 彼は選考員ではありません。 決して。 やるねボウヤ 釣り竿?おもしろい武器だね ちょっと見せてよ ゴンを見ても余裕っぷりがなくなることはありません。 圧倒的な存在感はここから。 しかし、なんだかんだでゴンに興味は寄せているんだな、と。 ゴンの超えるべき壁はここに。 仲間を助けにきたのかい?いいコだね~~~~~ ヒソカが鬼畜すぎる件。 このドSめ。 完全に遊んでいる(煽っている)に違いありません。 どう考えても常識の範囲を超えたこの動き。 いつ、追い越すことが出来るでしょう。 うん!君も合格 いいハンターになりなよ なんとも いい笑顔。 こんな顔で合格と言われたら思わず喜んでしまいそうですが…。 忘れてはいけません。 彼は選考員ではありません。 決して。 さっきまで散々煽ってきた人にこんな言われよう。 そんな彼が曲刃をキャッチするのにかかったのは半年。 刃を避けるアクロバティックな動きも凄まじいですが、この事実は 天才の証でしかないでしょう。 無駄な努力 御苦労様 出典: ヒソカに復讐するために特訓してきた技。 それをヒソカはあっけなくやってのけます。 努力ってなんだったっけ…、そんな疑問が浮かびます。 おびただしい好血蝶の数が キミの傷の深さを物語っている 言葉の選び方が、キザっぽいのもヒソカの特徴の一つではないでしょうか。 そして、興味のない相手には 冷酷なヒソカ。 そのギャップもいい…! ボクさぁ… 死人に興味ないんだよね キミもう死んでるよ 目が バイバイ 死人にまで興味を持っていたら真性の変態でしかないような。 しかし、 生きている人間に対してこの台詞。 非情でしかありません。 将来に期待が持てそうな相手にしか情けをかけることはしません。 つまらない相手は生かしていてもつまらないですからね。 ボクはちゃんと相手を選ぶよ 今殺すにはもったいない人だけ生かすわけ その 「殺すにはもったいない人」に選ばれたのが、ゴンであり、クラピカ、レオリオということでしょう。 どういう基準で選んでいるのか、それは神のみぞ知るということで。 見~~~つけた 高いところへと向かったと思うと、そこからレオリオとクラピカの姿を見つけたヒソカ。 な、なんて凄まじい視力。 鬼ごっこの鬼のような、そんな台詞には思わず冷や汗が。 実は2点分のプレートが欲しいんだ 君達のプレートをくれないか? かつあげでしかない。 なんという丁寧な強奪のやり方でしょうか。 こんなにあっさりと、そしてずばっと言われて渡すはずが…となるのが普通なはずなのに。 質問しているのはボクだ プレートをくれるのか?くれないのか? 有無を言わさない、そんな迫力。 ヒソカの強さを知っている身からすると、これで 渡さないなんて言えるはずないでしょうと思ってしまいます。 くっく… たった数日で みちがえるほど成長する… だが まだまだ しかし青い果実ってのは どうしてああも美味しそうなんだろうねェ… 「青い果実」という言葉がどうしてこんなに変態的に聞こえてしまうのでしょう。 美味しそうとか言ってしまっていますこの人。 クラピカ達が食われてしまいます。 に、逃げて。 も~~~ やだなァ あの2人のせいで欲情してきちゃったよ… 静めなきゃ どう考えても 発情する場面じゃないはず。 彼の変態っぷりはここからアクセル全開になっていきます。 静めるのは殺気、ということにしておきましょうか…(笑) ううん ほめにきただけ ゴンからプレートをとり返しにきたのかな、と思いきや。 あれ、 暇人なのかな?と思ってしまいました。 余裕たっぷりなのは重々承知です。 そう言うなよ それは貸しだ いつか返してくれればいい プレートを渡すことでゴンに貸しを作ろうとするヒソカ。 いつか返しに…ということは また会うんですね、わかります。 さらっと種をまいて置くあたり変態的な天才。 くくく 断る 今のキミはボクに生かされている キミがもっと殺しがいのある使い手に育つまで キミはずっとボクに生かされているのだよ これぞ 愛玩動物。 自分の手の中で転がしておきたいのでしょう。 ずっと見つめているつもりだなんて、この真性の変態さんめ…! 今みたいに僕の顔に一発ぶち込むことができたら受け取ろう それまでそのプレートは君に預ける ゴンの顔を 一発殴った後に残した言葉。 なかなか高難易度の課題を課せられてしまいました。 早くこのプレートを叩きつけてほしいと思ってしまいました。 ちなみに今一番戦ってみたいのは あんたなんだけどね 面接の最中に ネテロ会長に喧嘩を売るヒソカ。 とにかく強い人と戦いたいという気持ちが溢れすぎています。 さらっと流したネテロ会長も…(笑) ゴンはボクの獲物だ 手出ししたらただじゃおかないよ ギタラクルがゴンを狙っていることを察して。 よほどゴンのことが好きなんですね…。 言葉だけ見たらただの 彼氏にしか見えません。 しかし獲物と狩人。 果実が美味しく実るまで… 家康のように「鳴くまで待とうホトトギス」パターンですね。 美味しい頃合いに しっかりと頂く(意味深)タイプ。 ゴンの成長を願うような願えないような…。 とりあえず絶頂しすぎです。 通さないよ ってか通れないだろ? 出典: 天空闘技場にて。 「フロアに足を踏み入れるのは、まだ早い」ということで、ゴンとキルアを通せんぼしました。 この 「通れない」というのが、なんともいえない圧力を持っています。 はっきり言って 今のキミと戦う気は全くない だが このクラスで一度でも勝つことができたら 相手になろう ようやく纏を習得したゴンですが、それだけでヒソカが満足するわけがありません。 「今はまだ」は続いていました。 まだまだ熟していないのでしょう。 本気を出すかどうかはボクが決める カストロとの戦いにて。 ついに ヒソカの本気が見られるか…?こんなセリフを聞いたら期待してしまうじゃないですか!天才の本気って想像できません。 ちょっとやる気出てきたかな…? 自分の右腕を一口齧る姿は衝撃的です。 (カニバリズム…?) 変態なのは知っていましたが、これぞ最上級の変態と言えるでしょう。 接合部を食べてしまってもいいものなのでしょうか…? 予知しよう キミは踊り狂って死ぬ まるで 予知能力があるかのような。 しかし、彼の足元にも及ばないと暗に示しています。 踊り狂って死ぬだなんて、そんな 操り人形のようなこと。 実力の差はたしかです。 君の敗因は 容量のムダ使い キルアも一目置くほどの実力を持っていたカストロ。 かつてはヒソカも期待をしていました。 しかし、 容量の使い方を誤っただけでこの結末が。 いつ見てもほれぼれするねェ 間近でキミの念糸縫合を見たいがためにボクはわざとケガをするのかも 快楽主義者。 素晴らしい技術を目に焼き付けるためなら自分の腕一本くらい惜しくはないのでしょうか。 わざと怪我をするだなんて、この変態。 「そんな目」に対して興奮してしまうだなんて、この人はやっぱり生粋のドSなのだと思います。 股間については安定です。 くくく キミはカワイイなぁ だめだよそんなカンタンにバラしちゃ 強化系だという指摘に対して、簡単に反応してしまうゴンの 純粋さ。 ヒソカとは性格的に真逆の位置にいそうだと思われます。 そういうところも お気に入り? ボク達は相性いいよ 性格が正反対で惹かれあう とっても仲良しになれるかも 自分の持っていないものを補い合うという意味で、 正反対は惹かれあうかもしれません。 しかし、ヒソカの 変態っぷりにゴンがついていけるとは…ちょっと…。 大事なものがあっという間にゴミへと変わる この言葉はきっと、かつてのヒソカとカストロ。 過去を振り返ることのないヒソカにとっては、執着というのは薄いかもしれません。 いつ、見限られてしまうのでしょうか。 だから ボクを失望させるなよ ゴン 期待されて発情されるのも困りますが、この人に失望されることほど 怖いものはないのかもしれません。 天才と変態がかみ合うと、 最悪なものが生まれます。 気まぐれに、しかし、それを使いこなす。 天才にしかできない技ではないでしょうか。 大切なものを自分の手で壊せば、それは 永遠に自分のものに。 お、重たい…! 次はルール無しの真剣勝負(せかい)で戦ろう 命をかけて 「お遊び」を続けるつもりはないのでしょう。 何が起きても仕方がない、そんな世界で。 命という言葉を、ヒソカが発するとどうしてこうも重たいものになるのでしょう。 意外と現代っ子…?旅団のリーダーは生きている、そんな事実をクラピカに伝えるなんて、なんなんでしょう。 ボクもボクを守るため戦わざるを得ないな 変わらず 挑戦的な姿勢を保ち続けるヒソカ。 ノブナガとヒソカだったら、やはり、ヒソカが 圧勝してしまいしょうな。 やはりヒソカは自分の強さを確信しているのでしょうね。 変態ですねわかります。 下半身が光るヒソカフィギュアも売ってましたよね。 あれこそ 変態の極みだと思います。 ここを出て団長と戦うチャンスだが ボクが脱(フ)ければ団長が死ぬ うーん アチラを勃てればコチラが勃たず 漢字変換が ヒソカ専用のものになっているような。 団長の強さは、やはりヒソカの 発情対象になっているよう。 それを最優先に考えたいという気持ちがつらつらと。 しかし、クロロは戦えない状態に。 どんまいヒソカ。 壊れた玩具に興味はないんでね せっかくの玩具は、 不良品と化していました。 ずっと遊びたいと思って ワクワクして待っていたのにと、思わず呆然とするヒソカ。 こんなヒソカ見たことがない。 実はボクの本当の占いでは 団長との対決(デート)はおそらく火曜のはず 漢字変換だけでなく、ふりがな機能も少しおかしくなってしまったようです。 彼にとって、対決は逢引きであり、 デートなのです。 ドッキドキのわっくわくなのです。 おやおや…… これは予期せぬお客さんだ 出典: まさかのサービスショット。 思わずビスケが興奮してしまうほどの美しさ。 この人、黙って動かないでいればただのイケメンなんじゃ…と思います。 ボクの見込んだ通り… キミ達はどんどん美味しく実る… 出典: まだまだが 青かった果実、少しずつ熟してきてしまったようです。 思わずヒソカも舌なめずりを。 ゴンもキルアも、繰り返すけど、 逃げて。 超逃げて。 ん?いいけど ヒマだし 「仲間になっていただけませんか?」に対して、この返答。 あっけなさすぎる。 ヒマさえ潰せれば、この人は何でもいいのでしょう。 画面を隠す、その能力にそんな使い道もあっただなんて!使い勝手がよすぎて思わず欲しくなってしまいます。 さあ 楽しませてくれよ このまま終わりじゃないだろうね? ヒソカを楽しませることにいそしんでいたら、 命がいくつあっても足りないような。 能力を考えると、ドッヂボールってかなり相性がよさそうです。 それでも楽しそうなので、いいのかもしれませんが。 カンペキに勝つ だろ?ゴン この瞬間のヒソカが 最高にかっこよく思えてしまったのは、全読者が納得だと思います! カンペキに勝つ、そのためにヒソカが力添えしてくれれば、こんな 心強いことはありません! 両手の指イッちゃった やっぱり変換がおかしい(確信)。 彼自身も色んな意味で イッちゃってるような気しかしませんが、思いがけずカッコ良さを見せてくれたので忘れることにしましょう。 みんなの力があったからだよ 全員(チーム)の勝利ってやつさ え、こんなクサいこという性格だっけ…?って全読者が思ったはず。 そんなところで 「何かそのセリフ似合わないよ」のつっこみが。 ナイスです。 ああ 楽しかったからね もう行くよ 両手の指がイッちゃったにも関わらず、ゲームは 楽しかったようです。 ドッヂボールを通して、最強の味方は最高の変態だということがひしひしと感じられました。 見ず知らずの人間で感度ビンビンを抑えようだなんて。 この人に近寄ってはいけません…! そ… キミも美味そうだ…… 変態な上に、何でも いける、気が多いヒソカさん。 カルトもその餌食になりそうな予感です。 味見しにかかってこないかが心配になります。 マチはボクと団長(クロロ)どっちに生き残ってほしい? マチの 「アンタはこの仕事が終わったらすぐ死んでいいわよ」の台詞が最高にクールで、ヒソカとの相性が完璧だと思うんです。 にしても、ヤンデレが聞きそうな質問ですね。 まぁ人は心変わりするからね 愛と憎悪は表裏一体さ 心変わりといえば、ヒソカもなかなか早いほうかと。 ヒソカの語る 愛は 、 ドロドロとしていて、なんだか暗さを感じます。 彼の愛も、破壊欲求に繋がりますしね…。 …ボクも大概だけど キミも相当だな… あ、自分の異常さは自覚していたんだ!と思いました(笑)やはりさすがは天才。 自分のことはわかっています。 それでも 股間の輝きは止められない、それが生理現象というものです。 あー… 困るね ヒソカの困り顔って レアな気が!普段は 自信満々か、 イッちゃってるか、どちらかのイメージが強いのですが…。 こんな顔もたまにはいいですね。 冗談だよ 殺気…もれてるケド大丈夫? 出典: この 何とも言えない表情がツボです(笑)そして殺気ダダ漏れ状態は大丈夫じゃないと思うんです(笑)ヒソカとイルミってたまにギャグみたいな関係ですよね…。 ボクねェ 出来ればゴンにも助かってほしいんだよね 出典: まだ、ゴンを見限るのは早いです…!もう少し見守ってあげてヒソカ…!という、不思議なお願いをしてしまいました。 悔しいですが、ゴンはやはりヒソカに 生かされているのかもしれません。 玩具は多い程楽しいじゃない?ま…出来ればだけど… しかしやはり玩具としか見ていない模様。 興味はあるけど固執はしません。 それは代替が効く、そんな 「もの」として認識しているからでしょうか。 彼からは、人間らしさがどうも感じられないのです。 死人に名乗っても意味が無い 能力はバラしても構わない 相変わらず、この人はすぐ人を 玩具か 死人としてしか認識できないようで。 能力をばらしたとしても、すぐに仕留めてしまう、その 確信があるからこそ、この行動に至ったのでしょう。 答えは…自分の体で確かめてね そんな体験したくありません。 体にわからせようとする変態っぷり。 でも、それを知ってしまったら死を迎えることになってしまうのでは。 やっぱり相手に興味がないのでしょう。 死神クイズに解答者はいらない… じゃあ出さないであげて…!と思うのは普通でしょう。 死神クイズなん て出題されたくないものです。 自分の 快楽のためだったらなんだってするヒソカ。 それは、自分のためでなければ、 何もしないということ。 仲間とか呼ぶの?ボク人見知りなんだけど 急に可愛いところを見せてくるヒソカ。 まさかの弱点発見でしょうか。 でも、人見知りとはいっても、そもそも 基本的に人に興味がないじゃないですか…! おおおお いいオーラ発してるね 仲間を持たないイルミ。 そんな彼が使ったのは針人間。 この様子をみて、この台詞は、 どういう思考回路があったら出てくるのでしょう。 常人には理解が難しいようです。 それならアルカを殺ってキルアに憎まれて そのキルアを殺ってイルミに憎まれて…がベストなんじゃない? ヒソカ流の計算式。 二人の人間が死んで、ベストになるなんて、そんな世界でいいのでしょうか…!自分の玩具のために、快楽のために生きるヒソカ。 やっぱり彼は 「変態と天才は紙一重」を体現しています。

次の

ハンターハンターの最強で変態なヒソカが好きなので魅力について語りたい。|Y's BLOG

ヒソカ 名言

我々が待ちに 待ち望んだ対決がついに!!! VSクロロ!! しかも場所は天空闘技場! 懐かしいにもほどがあるよー!笑 クロロは新しい念能力をいくつか盗み、自分自身も さらなる能力を身に付けていた。 対するは バンジーガムを応用しまくって応戦! 史上、かなり 見逃せない対決だ! そして、VSクロロ、どちらの方がグッドな名言を言っているのか!?笑 ってなわけで! ベストワードレビュー、いきます! 【ベスト3】 「望みがあると思ったら急に……」 オイト 王位継承戦、最下位の王子にしてまだ言葉も話せないほど幼いワブル王子。 つまり、この戦いにおいて 圧倒的な不利であることは間違いない。 だが、戦わずに継承戦を脱することができればこのあとも生き続けることができる。 その 希望はあまりにも眩しく輝き、オイトの身体を震わせる……。 希望に対して「やったーっ!」なんて安易には喜ばない。 そんなところに オイトの感情のリアルさが現れているね。 真剣勝負を望んでいるからこそ舐められたマネをされるのは屈辱的であり、ピリピリするであった。 ただ、クロロは舐めてるわけでも親切なわけでもない。 つまり、ピリピリしてこの言葉を言ってしまったは、実はもうすでにクロロの手中にあったのである。 これまではクロロだけを標的にしていたが、今後は 旅団全員が標的に……! 本気が伝わってくるそののセリフ、ゾッとするね。 なぜ旅団全員を標的にしたのかまだ劇中では説明が無いんだけど、おそらく "クロロ共闘説"が有力な気がする。 はクロロとのタイマンを望んでいたのに、クロロは他の旅団と協力して戦っていた。 だから、そんな 舐めたマネが2度とできないように旅団を全滅させてやろう。 というのがの考えなんじゃないかなーと勝手に思っています。 笑 そんな考えになるのが の異常さを物語ってるよね~。 笑 【ラストコメント】 本当に本当に長い間。 10年以上も前から待ち望まれていた対決『VSクロロ』 その決着は意外すぎるもの……。 いや、これは決着ではなく、これが 戦いの始まりなのだろうね。 笑 でも、34巻の名言対決では の圧勝だったよ。 笑 王位継承戦の間でもちょくちょく語られる 幻影旅団の同行。 そっちもかなり気になるよねー!!笑 『』の各レビューリストはコチラ! では、またね!.

次の

【ハンターハンター】マチを殺したがっていたヒソカを止めた意外な人物!

ヒソカ 名言

幻影旅団のリーダー!! クロロ=ルシルフルは、ヒソカが入団しているように見せている幻影旅団のリーダーに当たる人物で黒髪のオールバックが特徴です。 特質系の念能力者でもあり、相手の念能力を奪うことができます。 また、単純に戦闘能力にも長けており、ヒソカが殺したいと思っている相手でもあります。 ヒソカとは天空闘技場にてタイマンでの戦いをしており、完全にヒソカを倒す為に準備した念能力によって一度ヒソカを殺してもいます。 しかし、ヒソカは死ぬ間際の念能力を使うことで自らの能力で心臓マッサージをして生き返っており、幻影旅団のメンバーを殺すことを誓っています。 クロロ自身もすでに仲間を密かに殺されていることからヒソカを探しています。 幻影旅団を狙う復讐者!! クラピカ 次に紹介するヒソカと関係性の深いキャラクターは、クラピカです。 クラピカは金髪の髪の毛と中性的な顔立ちが特徴のハンターです。 クルタ族と呼ばれる怒ることで目の色が緋色に変わる一族の生き残りです。 多くの同胞を幻影旅団に殺されたことから復讐を誓っており、ハンターになった後はマフィアとして活躍しています。 具現化系の念能力者であり、鎖を使って攻撃します。 ヒソカとは同期のハンターであり、幻影旅団の居場所を教えてもらうなど協力的な関係を築いています。 今後が期待される新人ハンター!! ゴンは、ハンターハンターの主人公であり、黒髪のツンツンと尖った髪型が特徴の少年です。 素直で真直ぐな性格であり、ハンターである父親に出会うことを目的としてハンターになっています。 ヒソカとはハンター試験で出会っており、試験ではヒソカのネームプレートを奪うなど驚異的な集中力や身体能力を持っていることからヒソカが注目しています。 一度天空闘技場でも戦っており、いずれヒソカはゴンと真剣勝負をしたいと考えています。 ゴンは強化系の念能力者であり、拳に念を込めることで強力な打撃を打つことが可能です。 元殺し屋のハンター!! キルアは銀髪のボサボサ頭が特徴であり、元暗殺者でもあります。 ゾルディック家という先祖代々が暗殺一家の生まれで毒や電気などの拷問に耐えられる体質でもあります。 ヒソカとはハンター試験で出会っており、ゴンと同様に将来性を感じることからもいずれ戦ってみたいと思っている相手でもあります。 キルアは変化系能力者であり、念を電気に変えることで攻撃したり、身体能力を極限まで高めることができます。 共に仕事をする同業者!! イルミは大きなネコ目と黒髪の長髪が特徴です。 性格は非常に残虐で利己的であり、針によって相手を操作したり洗脳することができます。 弟であるキルアのことを愛しているあまり、自分で支配しようとも考えています。 ヒソカとはよく一緒に仕事をすることも多く、友だちの様な関係性です。 変態戦闘マニア!! ヒソカを多角的な面から見ることでどのような人物なのか少し理解した人も多いのではないでしょうか。 具体的に作中であったエピソードなども元に紹介していきます。 変態戦闘マニア!! ヒソカはハンターハンターの中でも謎の多いキャラクターであり、ミステリアスです。 そのため、個人情報などはあまりわかっておらず、過去の経歴なども良くわかっていません。 どのようにして強くなったのか、どういった幼少期だったのかなど気になるポイントが多いキャラクターでもあります。 また、奇術師のような恰好に鋭い目つきやピエロのメイクなど見た目的にも怪しい事からもそれだけで魅力的と言えます。 変態戦闘マニア!! ヒソカは戦闘狂であり、自分の命が失おうとも格上の相手や格闘センスの持ち主と戦ってみたいと感じています。 さらに強くない相手には何の感情も抱かずに殺すなどの狂気にも満ちています。 また、普段からウソつきで気分屋であるなど裏表があるつかみどころのない性格が非常に魅力的でカッコいいと言えます。 ゴンやキルアの成長に興奮したり、危険な状況をも楽しむ姿が普通のキャラクターとは違うことからも、つい注目してしまうキャラクターと言えるでしょう。 変態戦闘マニア!! ヒソカは念能力によってオーラをゴムとガムの性質に変えることができます。 これにより様々なものをくっつけては伸ばしたり縮めたりすることで予想もつかない攻撃を繰り出します。 さらに、マジックを行うように戦闘を行うことからも種がわからなかったり、一種のパフォーマンスのようにも見えるので、毎回の試合が注目できます。 【ハンターハンター】変態戦闘マニア!! まとめ 今回はハンターハンターの人気キャラクターであるヒソカの魅力について紹介しました。 ヒソカは不気味ですが、ミステリアスな魅力があります。 そして、現在の暗黒大陸編では幻影旅団との対戦に備えながら準備をするなど今後の動きにも注目なので、見逃せないポイントです。 連載再開はいつになるかは判明していませんが、長く注目していきたいキャラクターと言えるでしょう。

次の