悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~。 悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~

転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない

悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~

小説家になろう 「ひゃああああああああ!」奇声と共に、私は突然思い出した。 この世界は、前世でプレイしていた乙女ゲームの世界だって。 前世ではアラサー喪女だったから、「生まれ変わったら、モテモテの人生がいいなぁ」なんて妄想したのを覚えている。 だからなのか、今世の私は紫髪に赤瞳のすんごい美女! しかも、侯爵令嬢! おほほほほ、望みが叶ったのかしら? ……って、そんなわけあるか! ルチアーナ侯爵令嬢っていったら、ヒロインをいじめ倒して断罪される悪役令嬢じゃないか!! ええと、ゲームの設定では……『傲慢で怠け者、唯一のとりえの火魔術ですら中の下なのに、実家の権力を笠に着て威張り倒している悪役令嬢』。 うああ、これは断罪されるわ! 終わった。 人生詰んだ……と思ったけど、私16歳? 断罪イベントまであと1年あるじゃないか。 よしよし、それまでに人生を仕切り直して、断罪イベントを回避しよう。 よかった、元喪女だから、人生に恋愛がなくても平気。 元庶民だから、お金がなくても平気。 ということで、王太子避けます、公爵家嫡男避けます、隣国の王子避けます、イケメンみーんな避けます! ってのに、まって。 この世界は、前世でプレイしていた乙女ゲームの世界だって。 前世ではアラサー喪女だったから、「生まれ変わったら、モテモテの人生がいいなぁ」なんて妄想したのを覚えている。 だからなのか、今世の私は紫髪に赤瞳のすんごい美女! しかも、侯爵令嬢! おほほほほ、望みが叶ったのかしら? ……って、そんなわけあるか! ルチアーナ侯爵令嬢っていったら、ヒロインをいじめ倒して断罪される悪役令嬢じゃないか!! ええと、ゲームの設定では……『傲慢で怠け者、唯一のとりえの火魔術ですら中の下なのに、実家の権力を笠に着て威張り倒している悪役令嬢』。 うああ、これは断罪されるわ! 終わった。 人生詰んだ……と思ったけど、私16歳? 断罪イベントまであと1年あるじゃないか。 よしよし、それまでに人生を仕切り直して、断罪イベントを回避しよう。 よかった、元喪女だから、人生に恋愛がなくても平気。 元庶民だから、お金がなくても平気。 ということで、王太子避けます、公爵家嫡男避けます、隣国の王子避けます、イケメンみーんな避けます! ってのに、まって。

次の

転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない

悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~

カドカワBOOKS様より1~3巻 B's-LOG COMIC様よりコミカライズ1巻、発売中です。 グラディス・ラングレー公爵令嬢の人生は三周目。 一周目は日本の女子大生。 超体育会家一家で空手の有力選手。 可愛いものや服が大好きなのに、ままな らないまま、落雷で死亡……と思ったら、剣と魔法のファンタジー世界に転生。 今度こそ好きなことをして自由に生きよう、との決意も虚しく、大預言者に抜擢! 権力はあるものの、生涯独身の掟。 またもや喪女決定。 素敵な恋どころか、子供も持てず……。 せめて子供に関わりたいと、かつて学生生活を満喫した学園に舞い戻り、大預言者の傍ら、教職に就くことに。 将来国家の要職に就く学生を、次々と育て上げる。 馬車に轢かれて死亡後、三周目の人生は公爵令嬢、大当たり!! でも、二周目と同じ場所に転生してるし、周りが知り合いばかりだし、あれから10年しかたってない? そして父親は教え子、母親はまさかの!? 元大預言者とバレたら、また生涯独り身人生、何としても隠し通さなければ! でも、転生した以上、新しい人生を楽しく生きたい。 最大の難関は、5年後に迫る学園入学。 教師陣はかつての同僚や教え子ばかり。 でも、きっちり隠し通してグラディス・ラングレーの公爵令嬢ライフを満喫してやります!! スラム育ちの少女が、貴族に転生! って、いきなり一家心中!?そりゃないぜ神様。 だけど、ノン、ノン、ノン。 こんなのスラムじゃ日常茶飯事だぜ。 周りはハードって言うけど、私にとっちゃ超イージー。 どんどんのし上がっていっちゃいますよ。 そんなショボンな瞳で見つめられても、私、困っちゃ~う。 ……やべぇ、全然しっくりこねえ、今の無し。 貴族ってのはずるいよな。 金なし、コネなし、仲間なし、命あり。 病気なし。 差別なし。 こんなのどうやって失敗しろってんだ? てなもんで、ちょいちょい~と成り上がり。 冒険者にクラスチェンジして、どんどんランクアップしていった訳。 まぁ、周りのレベルが低いと言うか ……根性足りねえ。 何、許可なく諦めようとしてんの? 腕が折れた? もう一本あるだろ? 両方ダメなら、眼で噛みつけ。 オリハルコンメンタル。 それが私のあだ名。 称号もオリハルコン。 狂犬とかいう奴もいるけど、笑。 で、手に入れましたよ、小さなお城。 順調すぎて怖いですな。 領地経営とか、貴族学校とか。 うん、分からん。 でも、ま、いっちょやっちゃいますか! 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 いくら私より好きな相手がいようと、私たちの結婚は生まれる前から偉い人が決めたのだから、そうそう簡単には破棄できないんですよ!もちろん私にもどうこうする権利はありません! ある日、他の女性を隣に置き公衆の面前で私に婚約破棄を突きつけた私の婚 約者はそこのところが分かっていなかった。 結果、私の恥のかき損に終わる。 お父様は事態の解決策を探しに遠い領地へ。 王都に残された私は、私に代わって婚約者を狙う彼女に突っかかられたり、婚約者(仮)に悩まされたり。 我々がどうこうできないのだから大人しくしていればいいじゃない…。 という私の意志に反して周りには喧嘩っ早い人ばかり。 胃痛に悩まされながら送る学園生活。 どうなる私の婚約破棄。 日本四大資産家の一つである、一ツ橋家の長女 一ツ橋美雪《ひとつばしみゆき⦆は、悪逆非道な性格をしていることで有名だった。 そんな彼女は、ある日当主である父親から絶縁宣言を言い渡されてしまう。 失意のどん底に落ちた彼女は、大きすぎるショック がきっかけで自分の前世が、佐々木健司《ささきけんじ⦆というハイスペックな青年だったことを思い出す。 前世も今世も親の言われた通りに動いてきた彼女は、今度こそ自分のやりたいように生きようと動き出す。 近所の不良は、容赦なくぼこす。 定期テストも大人げなく本気を出し周りに差を見せつける。 周りから嫌われまくっていた美雪だが、少しずつ周りは彼女を認め始める。 鬱展開は基本なし。 最強の主人公が、何でも解決します。 悪役令嬢に転生して、忙しい日々のなか合間を縫ってヒロインいじめるとか面倒です。 婚約者である王子のことは諦めてシナリオ通り婚約破棄され平民に落ちますので、どうぞお二人でアハハンうふふんなハッピーエンドをお迎えくださいな! なんて考えていたの に、いつの間にか王子に軟禁されました……え、なんで? 悪役令嬢としての仕事を途中放棄したら周りは同情ムード一色。 そして疎まれていた婚約者が構い倒して来るんですけど!?どゆこと!? あなた、ヒロインとゴールインするはずじゃなくて!? 仕事を投げ出したけどシナリオ通りに進めたい悪役令嬢と、腹黒王子の痴話話。 第2章 ヒロインなのに悪役令嬢のバッドエンド迎えました 連載中.

次の

ヒール 小説家になろう 作者検索

悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~

カドカワBOOKS様より1~3巻 B's-LOG COMIC様よりコミカライズ1巻、発売中です。 グラディス・ラングレー公爵令嬢の人生は三周目。 一周目は日本の女子大生。 超体育会家一家で空手の有力選手。 可愛いものや服が大好きなのに、ままな らないまま、落雷で死亡……と思ったら、剣と魔法のファンタジー世界に転生。 今度こそ好きなことをして自由に生きよう、との決意も虚しく、大預言者に抜擢! 権力はあるものの、生涯独身の掟。 またもや喪女決定。 素敵な恋どころか、子供も持てず……。 せめて子供に関わりたいと、かつて学生生活を満喫した学園に舞い戻り、大預言者の傍ら、教職に就くことに。 将来国家の要職に就く学生を、次々と育て上げる。 馬車に轢かれて死亡後、三周目の人生は公爵令嬢、大当たり!! でも、二周目と同じ場所に転生してるし、周りが知り合いばかりだし、あれから10年しかたってない? そして父親は教え子、母親はまさかの!? 元大預言者とバレたら、また生涯独り身人生、何としても隠し通さなければ! でも、転生した以上、新しい人生を楽しく生きたい。 最大の難関は、5年後に迫る学園入学。 教師陣はかつての同僚や教え子ばかり。 でも、きっちり隠し通してグラディス・ラングレーの公爵令嬢ライフを満喫してやります!! スラム育ちの少女が、貴族に転生! って、いきなり一家心中!?そりゃないぜ神様。 だけど、ノン、ノン、ノン。 こんなのスラムじゃ日常茶飯事だぜ。 周りはハードって言うけど、私にとっちゃ超イージー。 どんどんのし上がっていっちゃいますよ。 そんなショボンな瞳で見つめられても、私、困っちゃ~う。 ……やべぇ、全然しっくりこねえ、今の無し。 貴族ってのはずるいよな。 金なし、コネなし、仲間なし、命あり。 病気なし。 差別なし。 こんなのどうやって失敗しろってんだ? てなもんで、ちょいちょい~と成り上がり。 冒険者にクラスチェンジして、どんどんランクアップしていった訳。 まぁ、周りのレベルが低いと言うか ……根性足りねえ。 何、許可なく諦めようとしてんの? 腕が折れた? もう一本あるだろ? 両方ダメなら、眼で噛みつけ。 オリハルコンメンタル。 それが私のあだ名。 称号もオリハルコン。 狂犬とかいう奴もいるけど、笑。 で、手に入れましたよ、小さなお城。 順調すぎて怖いですな。 領地経営とか、貴族学校とか。 うん、分からん。 でも、ま、いっちょやっちゃいますか! 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 いくら私より好きな相手がいようと、私たちの結婚は生まれる前から偉い人が決めたのだから、そうそう簡単には破棄できないんですよ!もちろん私にもどうこうする権利はありません! ある日、他の女性を隣に置き公衆の面前で私に婚約破棄を突きつけた私の婚 約者はそこのところが分かっていなかった。 結果、私の恥のかき損に終わる。 お父様は事態の解決策を探しに遠い領地へ。 王都に残された私は、私に代わって婚約者を狙う彼女に突っかかられたり、婚約者(仮)に悩まされたり。 我々がどうこうできないのだから大人しくしていればいいじゃない…。 という私の意志に反して周りには喧嘩っ早い人ばかり。 胃痛に悩まされながら送る学園生活。 どうなる私の婚約破棄。 日本四大資産家の一つである、一ツ橋家の長女 一ツ橋美雪《ひとつばしみゆき⦆は、悪逆非道な性格をしていることで有名だった。 そんな彼女は、ある日当主である父親から絶縁宣言を言い渡されてしまう。 失意のどん底に落ちた彼女は、大きすぎるショック がきっかけで自分の前世が、佐々木健司《ささきけんじ⦆というハイスペックな青年だったことを思い出す。 前世も今世も親の言われた通りに動いてきた彼女は、今度こそ自分のやりたいように生きようと動き出す。 近所の不良は、容赦なくぼこす。 定期テストも大人げなく本気を出し周りに差を見せつける。 周りから嫌われまくっていた美雪だが、少しずつ周りは彼女を認め始める。 鬱展開は基本なし。 最強の主人公が、何でも解決します。 悪役令嬢に転生して、忙しい日々のなか合間を縫ってヒロインいじめるとか面倒です。 婚約者である王子のことは諦めてシナリオ通り婚約破棄され平民に落ちますので、どうぞお二人でアハハンうふふんなハッピーエンドをお迎えくださいな! なんて考えていたの に、いつの間にか王子に軟禁されました……え、なんで? 悪役令嬢としての仕事を途中放棄したら周りは同情ムード一色。 そして疎まれていた婚約者が構い倒して来るんですけど!?どゆこと!? あなた、ヒロインとゴールインするはずじゃなくて!? 仕事を投げ出したけどシナリオ通りに進めたい悪役令嬢と、腹黒王子の痴話話。 第2章 ヒロインなのに悪役令嬢のバッドエンド迎えました 連載中.

次の