ポケモン剣盾タッグバトル。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】バトルタワーの攻略とおすすめパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾タッグバトル

はじめに 目標だったダブルバトルのマスターボール級に到達したので、記事を書こうと思います。 言語化するのが苦手なのでその練習も兼ねています。 拙い文章かと思いますが、ご了承ください。 行動順操作が多い環境 個々の紹介に入る前に、環境について整理します。 環境に存在するパーティを大きく分けると4種類になると思ったので、それらについて書きます。 1つめは天候パです。 剣盾では下の2つが主流であると考えています。 砂起こし+砂かき 2. バンギラスが天候を砂嵐に変えて、ドリュウズが上から殴ります。 バンギラス、ドリュウズ共に単体のバリューが高く、砂じゃなくても戦えるのが強みです。 2は、ペリッパー+カマスジョー or ルンパッパの並びです。 剣盾の雨は、砂と違い単体のバリューが高くないため、ある程度雨に寄せた構成になります。 2つめは、追い風を使ったパーティです。 追い風始動役は、ウォーグル、エルフーン、アーマーガアが代表的です。 追い風を使う以外は、ポケモンに縛りがないため、自由度が高いです。 3つめは、トリックルームを使ったパーティです。 始動役がトリックルームを使った後に、火力のあるポケモンで負荷をかけていくパーティです。 追い風の逆のようですが、トリックルーム下以外では、ほぼ間違いなく後攻になるポケモンをパーティに入れているため、普通に戦うと攻撃する回数を稼ぎにくいです。 そのため、トリックルーム中に勝負を決められるように火力に寄せた構成が多いです。 イエッサンはこの指とまれを使ってトリックルームの発動をサポートします。 ブリムオンはトリックルーム始動役アタッカーです。 4つめは、味方を殴って味方を強化するパーティです。 上記3つとは毛色が違います。 遭遇する数は多いとは言えませんが、知っておく必要はあります。 正義の心+袋叩き 2. 蒸気機関+波乗り 1は、ウインディ+エルフーンの並びが有名です。 エルフーンが味方のウインディに袋叩きを使い、ウインディの正義の心を発動させて、Aを4段階上昇させます。 2は、セキタンザン+マニューラの並びです。 マニューラが波乗りを使い、セキタンザンの蒸気機関を発動させます。 セキタンザンに弱点保険を持たせておくと、蒸気機関と弱点保険を同一ターンに満たせます。 ポケモン剣盾において、S6段階上昇したセキタンザンを抜かせるのは、軽業が発動した最速 or 準速アギルダー、同じく軽業が発動した最速ルチャブル、葉緑素が発動した最速エルフーンだけです。 4種類紹介しましたが、行動順を操作するギミックを入れたパーティが多いため、行動順をコントロールする手段を持たないと追い風にもトリックルームにも不利を突いてしまいます。 そのため、自分がパーティを構築する際も、行動順を操作するギミックは必須だろうと考えました。 全てを満たすポケモンを探す 環境の整理が終わったので、構築の軸となるポケモンを探しました。 相手を倒すポケモン+行動順を操作するポケモンの組み合わせが考えやすかったので、2体探すことにしました。 闇雲に探しても見つからないので、2体で満たさなくてはならない条件を設定しました。 条件は以下の通りです。 天候の取り合いで負けないこと(天候パへの対策) 2. トリックルーム中に比較的早く動けること(トリックルームへの対策) 3. 相手に大きな負荷をかけられること(行動順操作が発動している間に勝負を決めたい) 4. 行動順操作を行う技を発動するだけの耐久あること(追い風やトリックルームは発動できないと意味がない) これらの条件を満たせるポケモン2体を探していろいろ試した(いろいろ試した結果は、ページ最下部の補足参照)ところ、コータス+サマヨールが最適であると考えたため、この2体を構築を軸としました。 先発ではなく、後述のサマヨールがトリックルームを使った後に出して、噴火を打ちます。 噴火を打っている間は交代せずにひたすら打ち続けます。 技について 噴火:役割遂行技です。 トリックルーム下であれば、ほぼ間違いなく最初に動けるため、噴火を最大の威力で打つことができます。 ソーラービーム:炎を半減する岩・草への打点として採用しました。 原子の力と地割れは全くといっていいほど打たないので、熱風や火炎放射に変えても良いです。 持ちものについて 役割遂行速度を上げるために持ち物は拘り眼鏡を選択しました。 木炭にする場合は、守るを採用できたり、炎技を打ち分けられるメリットがありますが、噴火の威力を保つ(被ダメージを減らす)方法として最も効果的なのは守ることより相手を倒すだと考えたので、今回は拘り眼鏡に軍配が上がります。 先発が物理の場合は、鬼火を撒きます。 生き残っていても打点はないので、呪いで自主退場してコータスに繋げます。 技について ナイトヘッド:サマヨールの貴重なダメージソースであると同時に挑発を打たれても最低限動けるので採用しました。 鬼火:環境に多い物理に対する対策として採用しました。 サマヨールの自主退場技には置き土産もありますが、それとの違いについてはページ下部の補足を参照。 トリックルーム:サマヨールを採用した目的です。 安定して発動できます。 怒りの前歯を打ってタイプ相性関係なく残りHPを半分にすること。 これにより多くのポケモンをコータスの噴火圏内に入れます。 霊には通らないのが難点。 バンギラスやドサイドン、トゲキッスからは弱点保険、ルンパッパやジュラルドンからは突撃チョッキを奪います。 オーロンゲが貼ってくる壁をサイコファングで壊すことで、オーロンゲの行動をなかったことにします。 先発で出して対面したポケモンと交代で出てきたポケモンの残りHPを半分にし、道具を奪えるだけ奪ってコータスに託します。 技について 怒りの前歯:上記役割1の役割遂行技です。 泥棒:上記役割2のために採用しました。 サイコファング:上記役割3のために採用しました。 持ちものについて 頬袋のシナジーが良い、オボンのみを選択しました。 場持ちするため怒りの前歯の試行回数を増やせます。 このポケモンが倒れるタイミングは、勝敗に大きな影響を与えないので、サマヨールとは違い場に残っても問題ないです。 また、パーティで唯一ダイマックスして戦うことを想定したポケモンで、コータスの噴火で倒し損ねたポケモンを倒します。 所謂スイーパーです。 技について 龍の波動:龍は流星群でなくても倒せること、水に対しては流星群であっても確定1発にならないこと、居座って技を打ち続けたいこと、これらのことを考えた結果、技の威力が弱まってしまう流星群ではなく龍の波動を選択しました。 悪の波動:悪の波動は相手のトリックルーム始動役に刺さるため採用しました。 ラスターカノン:ミミッキュやトゲキッスなどの妖に対しての打点として採用しました。 火炎放射:鋼に対する打点だけではなく、ダイバーンとして使い、天候を晴れにすることで、天候の書き換えとコータスが苦手な水に対して強くなるため採用しました。 持ちものについて 役割を遂行するにあたって特殊を相手にするのが多いことが想定されたので、突撃チョッキを採用しました。 他の候補として命の珠がありますが、パーティ全体として足が遅く、相手の攻撃を食らうことが多いため、自分から倒れる確率を上げてしまう命の珠は、このパーティにおけるサザンドラの採用目的と合致しません。 被ダメージを抑えられるので、無理なく入ってきました。 技について パワースワップ:弱点保険を使った並びに弱かったため、弱点保険のランク変化を奪おうと思い採用しました。 ソウルクラッシュ:努力値を物理に割いているので、特殊はこの技で誤魔化します。 サザンドラが弱い格闘や、コータスが弱い水を毒毒で削ります。 技について ヘドロ爆弾:タイプ一致の技なので、最低限のダメージを与えることができます。 熱湯との選択になります。 毒毒:耐久ポケモンに対する回答として採用しました。 ワイドガード:相手のコータスの噴火、地震などの全体攻撃に弱かったので採用しました。 基本選出 先発:ヨクバリス+サマヨール 控え:コータス+サザンドラ 上記の選出パターンが最も多く、また対応できる範囲が広いです。 対砂パ 岩雪崩やアイアンヘッドで怯みを狙ってトリックルーム発動を阻止してきますが、トリックルームが決まってしまえば、ヨクバリスはバンギラスに怒りの前歯を打っておくと、後の展開が非常に楽になります。 対雨パ トリックルームの発動を邪魔されないため、サマヨールを強気に動かします。 1Tトリックルーム、2Tカマスジョーへ鬼火を打てるとかなり楽に試合が進みました。 ペリッパーがダイマックスしてきた場合は、最大噴火でも少し残るので、控えのサザンドラで削ります。 対トリパ・対袋叩き 先発:サマヨール+オーロンゲ 控え:コータス+サザンドラ 対トリパは、サイコフィールド中のダイサイコがキツいので、光の壁を貼ってから動きます。 トリパミラーは、トリックルーム下じゃないと戦えないほうが始動役を選出しなくてはならないので、相手によってはサマヨールを出さずに、ヨクバリス+オーロンゲを先発で出して、サザンドラで倒すパターンもありました。 対袋叩きの初ターンの動きは、オーロンゲがリフレクター、サマヨールがトリックルームを打ちます。 ラフレシアが猫騙しを受ける コータスのHPが削られる コータスの噴火の威力が下がる 2. コータスが猫騙しを受ける ラフレシアのお先にどうぞが無意味になる ラフレシアが倒されるorコータスのHPが削れる 性格について 対戦を始めてからだいぶ後になって気づいたのですが、冷静のつもりで動かしていたら控えめでした。 ですが、控えめに利点があったので、結局そのままになっています。 サマヨール 当初このトリル起動枠はブリムオンであったが、ドリュウズのダイスチルを耐えることが難しく、トリックルーム展開に持ち込めないことが多かったので、弱点が少なくて且つ猫騙しを受けないサマヨールに変更しました。 呪いについて このパーティで多かった負けパターンは、サマヨールの耐久が高いことが逆に仇となり、トリックルームターンをズルズルと消費してしまった結果、トリックルームが切れる頃にサマヨールが倒れて、コータスがトリックルーム下で噴火できないことだったので、自主的に退場できて且つ相手にダメージを与えることができる呪いを採用しました。 自主退場技として置き土産もありますが、このパーティではコータスの噴火圏内に入れることが重要であったため、置き土産ではなく呪いを選択しました。 ヨクバリス 無補正からミントで性格を変えないと、混乱きのみの影響を受けるので、無補正で厳選するのが無難です。

次の

【ポケモン剣盾】バトルタワーの攻略とおすすめパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾タッグバトル

ルールの変更 シーズン2ではシーズン1より 対戦時間が短くなり、一部の キョダイマックスポケモンが使用可能になりました。 具体的には以下の通り。 総合時間15分の設定 15分で強制的に終了し、その時点の残りポケモン数などで勝敗決定• 残ったポケモンの数が多い選手の勝利• (1)で同数の場合、残ったポケモンのHPの合計/手持ちのポケモンの最大HPの合計が多い方が勝利• (2)で同数の場合、残ったポケモンのHPの合計が多いほうが勝利• 使用可能なキョダイマックスポケモンは、リザードン・バタフリー・ピカチュウ・ニャース・イーブイ・カビゴン・アーマーガア・カジリガメ・サダイジャ・マルヤクデの10匹。 総合時間15分については画面に表示されないので、時間を知っておきたい人は自分で時計などを使って計測しておく必要があります。 また、技選択が時間切れになると、 一番上の技が自動で選択されるため、注意しておきたいですね。 キョダイマックスポケモンが解禁されましが、 普通のダイマックスでも十分強いため、どちらを使うかは自由です。 今後のルールがどうなるかわかりませんが、せっかく使えるなら使いたい、という理由で使っても全然問題ないと思います。 使用パーティ コータス 性格:ゆうかん 特性:ひでり 努力値:H252 A252 D6 持ち物:あついいわ 技:ステルスロック、ジャイロボール、あくび、じばく 前シーズンにつづいて登板。 今期ますますリザードンとのタッグが強固なものになりました。 リザードン(キョダイマックス) 性格:おくびょう 特性:サンパワー 努力値:C252 S252 B6 持ち物:こだわりメガネ 技:かえんほうしゃ、ぼうふう、ソーラービーム、オーバーヒート 晴れはコータスに任せて、高火力で相手を焼き払う。 キョダイゴクエンによって 相手のタスキを含めて1ターンで倒せるので、ダイマックスターンを節約でき、トゲキッスなどの高耐久のポケモンに対してもダメージを蓄積できるのが利点です。 エースバーン 性格:いじっぱり 特性:もうか 努力値:H28 A252 S230 持ち物:たつじんのおび 技:かえんボール、とびひざげり、みがわり、ふいうち 他のポケモンで相手の体力を削った後に、とどめを刺す場面での登場が多いです。 特性が発動する場面もそこそこあり、晴れ状態での もうかかえんボールの威力はすさまじい。 ウインディ 性格:ようき 特性:いかく 努力値:H158 A148 S204 持ち物:じゃくてんほけん 技:フレアドライブ、おにび、ワイルドボルト、インファイト ドリュウズ・ ギャラドス・ バンギラス対策。 苦手な相手がどれも物理なので、 おにびで相手の攻撃を下げてから 弱点保険で能力を上げて逆襲します。 実際に上の3匹を綺麗に3タテできたときは最高に気持ちよかった。 ラプラスやミロカロスに対しても予想以上のダメージを与えられますが、 てんねんヌオーには無力。 シャンデラ 性格:ひかえめ 特性:すりぬけ 努力値:B6 C252 S252 持ち物:きあいのタスキ 技:シャドーボール、おきみやげ、エナジーボール、だいもんじ エルフーンやオーロンゲ、ドラパルトなどに 壁を張られても気にせず戦えます。 きあいのタスキで1ターンの行動が保証されていることへの安心感は強く、選出機会は多いです。 ヒートロトム 性格:ひかえめ 特性:ふゆう 努力値:H252 B52 C196 D4 S6 持ち物:とつげきチョッキ 技:ほうでん、イカサマ、ボルトチェンジ、オーバーヒート チョッキで相手の特殊ポケモンを相手します。 攻めと守りのバランスが取れていると思います。 今シーズン増えている、 特殊型ドラパルトにも余裕をもって勝利できます。 トゲキッスの弱点保険発動にはご用心。 対戦結果 マスターボール級に到達し、45勝39敗で14014位。 勝率は5割6分5厘。 前シーズンでマスターボール級だった場合、 スーパーボール級からのスタートのようで、今回は割と早めにマスターボール級まで上がれました! 勝率も前シーズンよりよくなっているので、この調子で勝っていきたいですね。 イエッサンをエスパー単タイプと思い込んで、シャンデラでシャドーボールを撃つようなこともあったので、このようなミスは今後減らしていきたいです。 また次回! 前回の記事はこちら 次回の記事はこちら.

次の

ポケモン剣盾 ダブルバトル マスターボール級到達構築|たいせい|note

ポケモン剣盾タッグバトル

ランクマッチでも相当数いるように感じます。 僕自身も結構使っていて、一番使いやすく強い並びだと思っています。 強い1番の理由は種族値の高さで火力、耐久とも高く トゲキッスのこのゆびとまれとドラパルトの高い素早さからの高火力です。 さらには トゲキッスはてだすけ、あくびなどの補助技も豊富であるため、てだすけ、いのちのたまによりかなりの高火力を出すことが可能なのです。 基本戦術は トゲキッスでこのゆびとまれをしながらダイマックスドラパルトで暴れることです。 中にはドラパルトがサポートして弱点保険トゲキッスで殴るパターンがあったり、ドラパルトが特殊のパターンがあったりするため何をしてくるのか分かりづらいというのがあります。 味方にふくろだたきを打ったり、攻撃して弱点保険を発動させるというのを妨害できるこのゆびとまれという技が強いため、このゆびとまれを覚えて耐久力が安定するトゲキッスは強いのです。 エルフーン関連 エルフーン関連と書きましたが、エルフーンと組むポケモンが多様化しているためこういう書き方をしました。 エルフーンはいたずらごころによりおいかぜを先制で打つことが出来るため味方をサポートするのが得意なポケモンです。 また ムーンフォースなどフェアリータイプの技でドラパルトに打点を持つことも出来るため、攻撃面も悪くないのです。 弱点のタイプはかくとうとじめんタイプですが、このようなタイプの技には物理技が多いためジュラルドンの物理耐久の高さにより問題なく受けきれることが可能なのです。 ジュラルドンはすじがねいりという特性によりこのゆびとまれの影響を受けずにドラパルト、トゲキッス両方に対して弱点をつけるのです。 エルフーンのふくろだたきをせいぎのこころウインディに打つことで攻撃力を4段階upさせてダイマックスウインディで暴れるという並びです。 このゆびとまれにより妨害されるのがきついが決まると強いです。 リザードンはサンパワーと日本晴れによりほのお技の威力がめちゃくちゃ高いのです。 ねっぷうにより相手両方を攻撃するのとダイマックスして単体高火力で攻撃するかの選択もできるのが強いと思います。 その他エルフーンと一緒に入りやすいポケモン エルフーンが追い風を使うことが出来る関係から素早さがそこまで高くないが火力がめちゃくちゃ高いというようなポケモンがよく入る。 ウオノラゴンのエラがみやパッチラゴンのでんげきくちばしは先制すれば威力170という高火力技でさらにウオノラゴンのがんじょうあごやパッチラゴンのはりきりの特性によりめちゃくちゃ火力が高いのだ。 しかしこういう技もこのゆびとまれされると威力が下がってしまうがパッチラゴンはトゲキッスの弱点をつけるのが強いところだ。 ヒヒダルマはごりむちゅうという特性でこだわりハチマキの効果があるためこちらもめちゃくちゃ火力が高い。 こだわりハチマキを持たせてさらに火力を上げるかこだわりスカーフを持たせて素早さを上げるかどちらかのアイテムを持つことが多い。 こちらも こおり技でトゲキッスやドラパルとの弱点をつけるのが強いところです。 ドリュウズのタイプ一致ダイマックス技はダイスチルが防御アップ、ダイアースが特防アップと耐久をあげられるのが強い。 さらにドリュウズがダイマックスするパターンだけでなくバンギラスがダイマックスするパターンがあったり、ドリュウズがすなかきではなくかたやぶりであるパターンがあったりと戦術が豊富なのも強いところです。 ドリュウズの弱点のじめんをトゲキッスが無効。 トゲキッスの弱点のでんきとどくをドリュウズが無効であったりするためサイドチェンジするだけで色々すかせたりする並び。 トゲキッスでサポートしながらドリュウズでつるぎのまいをしたりすなかきで上から攻撃するということが多い。 ドラパルトと違い ドリュウズはジュラルドンに対してそこそこ強いためジュラルドン対策に一緒に入っていることも多いです。 トリックルーム系 起動役 トリックルームを起動するポケモンはこういうポケモンたちという印象です。 エスパータイプが被っているにも関わらず弱点は全く被らないので相性がいい。 年明けからバタフリーのキョダイマックスも解禁されるので期待 不安。 ねむりは起きないときついのでやめてほしい。 サマヨールは進化の輝石により耐久が高く、おにびやいたみわけでサポートする。 ドータクンはタイプが優秀というイメージです。 いずれもサイドチェンジによるサポートも警戒しなければならない。 トリックルームアタッカー トリルアタッカーはこういうポケモンたちというイメージです。 ドサイドンは弱点保険による圧倒的火力と高い耐久によりダイマックスするとすごく止めづらいポケモンです。 味方のじならしなどで弱点保険を発動させつつ攻撃してくる。 対策としてはいわタイプとじめんタイプの技をうまく半減で受けながら威嚇やおにびで火力を下げること。 弱点をついても特性ハードロックもあるためダイマックス中はほぼ一撃では倒せない。 なのでダイマックターンをなんとか耐えてその後倒すのが効率的。 コータスはふんかという全体高火力技がめちゃくちゃ強い。 ほのお耐性がないと一瞬でパーティが全壊してしまう。 トリトドンは特性よびみずで味方に飛んでくるみず技を吸って火力を上げられるのが強いところ。 カビゴンははらだいこまたはのろいで火力を上げて攻撃してくる。 キョダイマックスも解禁されるので、はらだいこの隙を見せないことが大切。

次の