木村花 炎上 経緯。 木村花を誹謗中傷した犯人アカウント特定!魚拓やスクショも流出か【テラスハウス出演】|usagimemo

テラスハウス木村花が自殺未遂なぜ?原因や経緯とツイッター炎上事件も

木村花 炎上 経緯

「」より で、恋愛リアリティー番組『 テラスハウス』(ネットフリックス)に出演していたプロレスラーの 木村花さんが亡くなった件について、ネット炎上の実態や構図などを検証した。 今回は、ネットの誹謗中傷への立ち向かい方や、手軽にできてしまう誹謗中傷の罪深さについて、考えていきたい。 ネットの誹謗中傷に声を上げる人は増えている 誹謗中傷に対し、取り得る手段は「(1)誹謗中傷する側への対処」「(2)誹謗中傷された側の支援」の2つに大別される。 しかし、(1)において、誹謗中傷する側の言論に対し法的な規制を入れていくのは「表現の自由」に抵触し、難しさもある。 誹謗中傷のどこが表現なのかと私も思うが、現政権はコロナ騒ぎのどさくさに紛れて検察庁法改正案を通そうとするなど、日本国憲法の原則「三権分立」に隙あらば介入するくらいなので、「誹謗中傷に対する言論統制」が「政権にとって都合の悪い言葉の言論統制」に徐々に浸食していかない、とも限らない。 一方で、(2)については現時点でも進捗が見られる。 誹謗中傷の被害者が、投稿した人物の情報開示を裁判所に請求する仕組みを現状よりもっと短縮、簡素化できないか、総務省が見直しの検討を始めている。 背景には、新型コロナウイルスによる誹謗中傷の増加もある。 裁判には金銭的な負担もあり、たいていの人がそれまでの人生で一度も準備などしたことがないだろう。 それを、誹謗中傷され、精神的に追い詰められて疲弊した状況でやらなくてはならないのは、非常につらい。 裁判でさらに人間の嫌な面を見て精神的に疲弊し、赤字で終わるケースだってあるかもしれない。 ただ、一方で、前回の記事で述べたようにツイッターで「誹謗中傷 裁判 体験談」などで検索すれば、その経緯、やり方まで詳細に説明している人もおり、誹謗中傷の相手に対し声を上げる人は増えている。 今年の芸能界を見ても、「流産しろ」「放火する」などの誹謗中傷を受けていた川崎希氏が裁判を起こしている。 「炎上=泣き寝入り」でいいのか、という気運は、少なくとも5年前よりは高まっているように思える。 「手間がかからない」誹謗中傷の罪深さ 私事だが、コロナでテレビを見ても暗くなるだけだと、趣味として絵を始めたのだが、絵は本当に難しい。 覚えなくてはいけないことがたくさんあるし、多少描いたくらいではさっぱりうまくならない。 そこで思うのが、誹謗中傷の簡単さだ。 体育座りをした人間を何も見ずに描くのは、知識や何度も手を動かす修練がいるが、ネット環境があり小学校中学年程度の語彙力があれば、SNS上で人を誹謗中傷することは今すぐ、誰にでもできてしまう。 相手がどんな偉業を遂げた人間であろうと、有名人だろうと、相手がSNSさえしていれば、接点を持つこと自体はできる。 一方、誹謗中傷に対し、完全に「どこ吹く風」ができる人など、かなり限られるはずだ。 誹謗中傷された経験を持つ漫画家の井上純一氏はツイッターで「100%誹謗中傷してる方がおかしいんですが、それでもずいぶん傷つきました」と、きゃりーぱみゅぱみゅ氏は「誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。 芸能人だって1人の人間だよ忘れないで」と発信していて、どちらもとても率直な気持ちだと思う。

次の

木村花の兄を語る不謹慎YouTuberが登場で訴えられないのか?

木村花 炎上 経緯

『テラスハウス』オフィシャルサイトより やはり、「やらせ」はあった。 リアリティショー『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(以下『テラスハウス』)にも出演中だった女子プロレスラー・木村花さんの死をめぐり、重大な事実が発覚した。 「文春オンライン」のスクープ速報によると、花さんの母・響子さんが、『テラスハウス』の炎上シーンについて「スタッフから指示を受けていた」と明日発売の「週刊文春」(文芸春秋)に証言したのだ()。 花さんの死をめぐっては、『テラスハウス』内での花さんの言動について、SNSで激しい攻撃を受けていたことが死に追い込んだのではないかとされ、ネット・SNS上での誹謗中傷だけに議論が集中してしまってきた。 しかし、本サイトでは、当初より、そもそもこうした花さんに対する誹謗中傷を引き起こしたのは『テラスハウス』というリアリティ番組の責任が大きいと指摘し、今回の木村花さんの死については、まずリアリティショー『テラスハウス』の問題を検証する必要があると訴えてきた。 とくに、花さんの「命より大事」な思い出のプロレスのコスチュームを、男性共演者が洗濯機の誤操作で縮ませてしまったことに花さんが激怒した場面。 このシークエンスは「コスチューム事件」などと名付けられ、もっとも非難と攻撃の的となっていたが、この「コスチューム事件」をめぐる経緯を検証すると、フジテレビが木村花さん攻撃を煽ったという側面が見られた。 また、リアリティ番組をめぐってはこれまで何度も「ヤラセ」が大きな問題になってきた。 実際、この『テラスハウス』シリーズをめぐっても、過去にも「演出」「やらせ」が取り沙汰されたことが何度もある。 今回も、トラブルや悪者を登場させることで視聴者の劣情を刺激し番組を盛り上げたいという製作側の恣意によって、花さんは「悪者」に仕立て上げられていたのではないか。 花さんを悪者扱いするような「やらせ」や「過剰な演出」がなかったのか 「週刊文春」のスクープ速報として「文春オンライン」が本日伝えたところによれば()、まさに問題の「コスチューム事件」をめぐって、生前の花さんが「テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって」「コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた」と話していたという証言や、友人へのLINEで〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉と書いていたことなどが報じられている。 そして母の響子さんは告白を決意した理由を「週刊文春」にこう語っているという。 「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう」 さらに詳しい話は明日発売の「週刊文春」を待ちたいが、本サイトが花さんの死の直後5月27日に、『テラスハウス』をはじめとしたリアリティ番組におけるヤラセ問題、フジテレビの責任を追及した記事を以下に再録するので、あらためてこの事件の本質について考えていただきたい。 『テラスハウス』内での言動について、SNSで激しい攻撃を受けていたことが死に追い込んだのではないかとされ、ネット・SNS上での誹謗中傷を規制しようという議論がにわかに盛り上がっている。 高市早苗総務相は、ネット発信者特定のための制度改正の意向も示している。 この機に乗じた政府によるネット規制議論については別稿でもあらためて詳しく検証したいが、ちょっと待ってほしい。 ネット上にあふれているヘイトスピーチやミソジニーがいかに酷いかは本サイトも重々承知だが、今回の木村さんの死については、それ以前に、まずリアリティショー『テラスハウス』の問題を検証する必要があるだろう。 いまネット・SNS上の誹謗中傷だけに議論が集中してしまっているが、そもそも木村さんに対する誹謗中傷を引き起こしたのは『テラスハウス』というリアリティ番組の責任が大きい。 出演者は、俳優の卵やまだ売れていないモデルなど、一般人以上有名人未満が多い。 すでに広く報道されているように、木村さんの「命より大事」な思い出のプロレスのコスチュームを、男性共演者が洗濯機の誤操作で縮ませ色褪せさせてしまったことに木村さんが激怒した場面が「コスチューム事件」などと名付けられ、もっとも非難と攻撃の的となっていた。 この場面が3月31日にNetflixで配信されると、木村さんのSNSアカウントには非難が殺到。 木村さんが亡くなったのは、この動画がアップされた9日後のことだ。 3月時点でかなりの攻撃にさらされていたものを、わざわざ「コスチューム事件」として番組史上でも異例というボリュームの動画をアップしたのは、フジテレビは木村さんが炎上していたことを「バズってる」「話題性のあるネタ」と捉え、さらに盛り上げようという意図があったのだろう。 ようは、木村さん攻撃を煽ったのだ。 さらにその演出においても、木村さんが「悪者」に見えるような撮り方、見せ方をしていたのではないか。 放送を観ずに、「コスチューム事件」の概要だけを見ると、男性共演者に瑕疵があり木村さんが怒るのも当然だろう。 たとえば、男性の大事にしていたフィギュアなどを女性パートナーが不注意で壊したなどの同種のエピソードがメディアで語られることは多いが、たいてい女性が非難される。 それが、木村さんだけが叩かれる事態になっているのは、いくら木村さんの怒りが激しかったとしても、その怒りが理不尽・過剰に見えるような見せ方をしていなければそうはならないだろう。 トラブルや悪者を登場させることで視聴者の劣情を刺激し番組を盛り上げたいという製作側の恣意によって、木村さんは「悪者」に仕立て上げられていたのではないか。

次の

木村花を誹謗中傷した犯人アカウント特定!魚拓やスクショも流出か【テラスハウス出演】|usagimemo

木村花 炎上 経緯

(2016年 - 2018年)• (2018年 - 2019年)• (2019年 - 2020年) 経歴• 8月21日の大会を関係者として観戦。 第3試合の争奪バトルロイヤル後のリング外で、同試合参加者の木村響子・・のアシストを得て新王者のから3カウントを奪い、規定により第201代王者となる。 直後に木村響子に3カウントを取られ王座を失う。 スターダムの前身とも言える自主興行「風香祭8」(メインは風香vs木村響子)でのイルクダンスチームのパフォーマンスに感銘を受けて、イルクのメンバーの元でダンスを習い始める。 3月の「風香祭ファイナル」にイルクダンスチームの一員として参加。 母親がに参戦していた縁で、プロレス番組『リングに来ないかっ! 』()の企画「リングで会えるアイドル発掘プロジェクト」に参加。 10月9日、同番組発の7人組ガールズユニット「AWANIKO」の一員としてインディーズデビュー。 当時の芸名は「ハナ」。 プロダンサーの道を断念したことや、母親が勧めたことなどから、プロレス入りのためのトレーニングを始める。 この時期に高校は中退している。 、WRESTLE-1が設立したプロレス専門学校「」に1期生として入学。 、2016年度のラウンドガール「Super Teriffic Cuties」として発表される。 ラウンドガール時の名義は「 HANA」。 、WRESTLE-1道場で開催されたプロレス総合学院1期生の卒業試合での戦でデビュー。 才木のキャメルクラッチに敗れる。 、WRESTLE-1春日部ふれあいキューブ大会にて第二戦、デビュー戦と同じく才木と対戦し鎌固めで初勝利を上げる。 、WRESTLE-1千葉Blue Field大会にて再度才木と対戦、キャメルクラッチに敗れる。 、新宿FACE大会でからの指名による査定試合に挑戦。 敗北も7月のOZ後楽園への親子タッグでの参戦を提案され快諾。 、JWP女子プロレス板橋グリーンホール大会にてのジュニア卒業で返上された決定トーナメントに出場しと決勝で戦い勝利。 王座初戴冠となる。 、スターダム新木場1stRING大会にて母・響子と大江戸隊のメンバーであるとのタッグでを獲得。 デビュー以降は、、を中心に参戦した。 11月、プロレス総合学院の卒業生中心の新団体「プロレスリングA. 」に所属。 前年末の試合で負傷し、右尺骨骨幹部骨折で全治一か月と診断され、年始の試合を欠場。 その後、ドクターから復帰へGOサインが出たため、に行われた「木村響子引退興行」に出場。 2017年より芸能活動をウォーク所属としている。 1月、WRESTLE-1後楽園ホール大会でプロレスリングA. を卒業し、WRESTLE-1に所属。 、WRESTLE-1大会の試合後にWRESTLE-1退団を発表。 、スターダム入団を発表。 記者会見にはスターダム社長とWRESTLE-1社長のが同席した。 、 にダークマッチながらタッグマッチで初出場。 、後楽園ホールでの2020の1回戦でと対戦し、両者OTRにより失格となっている。 これが最後の試合となった。 死去 未明、連絡が取れないことを不審に思った母の響子がの自宅マンションを訪ねたところ、ベッドに心肺停止の状態で倒れているのを発見。 午前3時過ぎに病院へ救急搬送されたが、死亡が確認された。 22歳没。 自宅リビングに手書きの遺書と見られるものが見つかったことやを発生させたとみられる薬剤の容器が見つかったことから自殺を図ったと見られている。 経緯 以前から『』出演時の言動などをめぐりSNS上でを受けていたとされており、「」以後は批判が激化していた。 またプロレス関係者によると最近では精神状態が不安定でリストカットを繰り返していたとされ、自身のインスタグラムに「愛されたかった人生でした」の言葉とともにリストカットした血だらけの腕の写真も添えていたこともあった(その後削除されている)。 反響 木村の死去は日本国外においても や、で報じられ、繰り返し行われた誹謗中傷に関して抗議の声が上がっていることや、木村に対する哀悼の声などが伝えられた。 死去を受け、「テラスハウス」公式Twitterはに放送を予定していた39th Weekのテレビ放送ととにで配信予定だった43rd week、44th weekの配信を休止することを発表。 対応 は5月26日の記者会見の中で木村が誹謗中傷を受けていたことに対して「匿名で人を中傷する行為は人として、卑怯で許し難い」と発言したうえで、匿名発信者の特定を容易にするなどの制度改正を含めた対応をスピード感を持って実施する意向を示した。 また同日、やTwitterなどの事業者でつくるは緊急の声明を発表し、SNS上での嫌がらせやなどを禁止事項として利用規約に明記し、こうした行為を把握した場合、利用停止などの措置を徹底するとした。 法律に基づき情報を開示するよう求められた場合、適切な範囲で必要な情報を提供する。 機構は特別委員会を設立して、さらに対策を検討するとしている。 「」も参照 追悼 2020年、約3ヶ月ぶりにスターダムの興業(新木場1stRING)が行われ、試合前には追悼の10カウントゴングを鳴らし、リングサイドに並んだ所属選手が黙とうをささげた。 また、 選手がそれぞれの形で木村への追悼を表した。 TCSのは、木村のトレードマークであるガスマスクを着けて登場。 木村の得意技であり、木村から教えてもらっていたというハイドレンジアで勝利した。 は、目をつぶり、両手を合わせてからリングイン。 は試合前にリング上で、まだ気持ちの整理がつかないため、出場予定だったこの日の試合を欠場すると説明した。 木村のライバル、は木村の動きにインスパイアされたランニングビッグブーツを繰り出した。 テラスハウスにおけるコスチューム事件 事件以前 新野俊幸の提案で新野とのカップル、小林快と木村のカップルで京都旅行に行くことになった。 その際、小林がほとんどお金を払わなかったことなどから木村は小林に対する不満が溜まっていた。 事件 木村はプロレスの試合用コスチュームを洗濯していたが、洗濯機から取り出すのを忘れて出かけてしまい、その後小林が洗濯機にコスチュームが入っている事に気づかずに自分の洗濯物と一緒に洗濯と乾燥をしてしまった。 乾燥を行ったコスチュームは縮んでしまい、着ることができなくなってしまった。 約10万円するそのコスチュームは東京ドームの試合で着用するなど木村にとって『命の次に大事』なものであった。 そのため木村は小林を「一緒に住むんだったら人のこともっと考えて暮らせよ!限界だよ!自分のことしか考えて行動してないじゃん」、「自分はフラフラ過ごして分かんないよね、死にもの狂いで頑張ってお金稼いでいる人の気持ちなんて分かんないよね」、「一緒に生活する人を笑顔にできないやつがさ、これから先何百人のこと笑顔にできるわけ無いじゃん、舐め過ぎだよ人のこと!」などと激しく叱責。 その後木村は「ふざけた帽子被ってんじゃねぇよ!」と小林の帽子を投げ捨てて2階に上がっていった。 木村が去った後、小林はコスチュームを弁償したいと語った。 スタジオメンバーも「重いわ…」、「どうしましょう?」、「こんな気持ちになるんだっけ…」と沈んでいた。 上記は第38話「Case of The Costume Incident」として2020年3月31日にで配信 、5月18日にテレビ放映された。 その後 翌日、小林は木村に改めて謝罪し弁償したい旨を伝えた。 木村は「元には戻せないからしょうがない」とコスチューム代金はいらないと返答。 その日に小林は明日テラスハウスから卒業することをメンバーに伝えた。 スタジオメンバーであるはこの卒業劇に対して問題をすばやく鎮火させた小林に対しては残念がりつつも「素晴らしい消火活動」と称賛。 木村に対しては「完全なる被害者みたいな感じで立ち居振る舞い続けるのもあんまり気持ちよくは見てないな」と意見した。 5月14日、事件の後日談がテラスハウスのYouTubeチャンネルで公開された。 後日談によればその後この事件に触れるものはおらず、ハウス内では無かったことになっている「もやもや」とした雰囲気だったという。 前述の通り木村はコスチューム代金はいらないと言っていたが吉田が聞いたところによれば木村は「いいよって言っても普通返すじゃん」と言っていたという。 小林は木村からの電話に出ずLINEも未読無視だった。 にもかかわらずのストーリーは更新していたり新野と飲みに行く約束をしていた。 それに対し木村は前述の縮んでしまったコスチュームが着られなくなったため前のコスチュームを着なければならなくなった。 この差に対して悔しくて怒っているし悲しいと涙ながらに語った。 2020年1月配信の第31話から木村に対するは増え始めていたがこの事件により批判が激化。 母の響子のTwitterにも批判が波及するようになっていた。 批判が激化した原因のひとつにスタジオメンバーの不在があるのではないかと指摘されている。 テラスハウスは山里が少しトゲのある言い方で出演者をイジり、それを徳井がストッパーとしてフォローするという山里と徳井のトークのバランスで成り立っており、視聴者もそのやりとりでガス抜きができていた。 しかし徳井が不祥事により降板してからはストッパー役が居なくなり視聴者の間で徳井のように優しく見守る目線が失われてしまった。 テラスハウスフリークであるのは2月の時点でニューヨークのYouTubeチャンネルにて「徳井さんがいなくなったことで山里さんがボロカスに言うのを止める人がいなくなり番組自体が暴走してしまっている。 番組制作陣も敢えて出演者が悪く映るように編集していて、出演者皆が叩かれる状態になってしまっている。 このままだとテラスハウスは終わってしまうかもしれない」と現状に危機感を持っていた。 名誉回復 母親のが、「」の取材に応じ、テラスハウスの炎上シーンを巡って、木村がスタッフから指示を受けていたと証言した。 木村のスマートフォンには、木村響子の証言通り、「やらせ」を裏付けるLINEのメッセージが多数残されていた。 木村が母や友人に語っていた「やらせ」は、「テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって……。 1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。 コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。 『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。 盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。 スタッフは信用できないよ」という内容であり、友人に送ったLINEでも、「自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて」と送信している。 木村響子は、「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう。 真相は全然違うんです。 彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。 せめて花の名誉を回復してあげたい」としている。 なお、フジの制作側がスケジュールや演出を含む撮影方針に従わせる誓約書を出演者側と交わしていたことを、フジテレビが3日、定例会見で明らかにした。 フジによると、誓約書には「スケジュールや撮影方針(演出、編集を含む)に関して、全て指示・決定に従う」との項目があり、誓約内容に違反して制作に影響が出た場合、出演者側が1話分の制作費を最低額とする損害賠償を負う内容も盛り込まれていた。 フジは「無理強いなどはない」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」とし、「演出とは段取りなどのことで、スタッフの言うことを全て聞かなければならないということではない」と強調した。 しかしながら、東スポの報道によれば、「いくらスタッフの言うことをすべて聞かなくていいと言っても、損害賠償をチラつかせられれば、従わざるを得ず、事実上の無理強いと判断されても仕方がない。 そもそも、番組の生みの親でチーフプロデューサーの太田大氏は『台本も指示も一切ない』と言っていたはず。 番組側も演出なしをうたい文句にしていたのに、実際には撮影方針という名の演出があったならば、事実上のヤラセではないか」とある芸能プロ関係者がバッサリと斬り捨てたとしている。 得意技 タイガーリリー 2019年9月、で公開されたフィニッシュムーブ。 を放ったあと、倒れた相手にを掛けるまでの一連の技。 名前の由来はの英名から名付けられた。 ハイドレンジア グラウンド卍固め。 名前の由来はから。 変形みちのくドライバー タイトル歴• (第201代)• (第10代)• (第12代)• 優勝(2019年) 入場曲• La La La(Brazil 2014) ft. リングに来ないかっ! (2011年、琉球放送)• (2019年10月 - 2020年5月、)• (2017年6月12日号 、10月30日号、2018年4月16日号、) 脚注• スターダム公式サイト 2020年5月31日. 2020年5月31日閲覧。 バトルニュース 2016年9月28日• プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」2005年8月24日• エンタ魂• エンタ魂• モデルプレス 2019年10月22日• - 日刊スポーツ 2015年10月1日• - バトルニュース• - W-1公式ウェブサイト• 2019年3月31日閲覧。 nikkansports. com 2020年1月4日. 2020年1月5日閲覧。 日テレNEWS24 2020年5月24日. 2020年5月24日閲覧。 サンスポ 2020年5月24日. 2020年5月24日閲覧。 スポニチアネックス 2020年5月24日. 2020年5月24日閲覧。 読売新聞 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 - 産経ニュース 2020年5月25日• www. sponichi. 2020年5月27日閲覧。 ハフポスト 2020年5月23日. 2020年5月23日閲覧。 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2020年5月23日閲覧。 スペイン語. BBC News Mundo. 2020年5月24日閲覧。 NHKニュース. 2020年5月24日. 2020年5月24日閲覧。 SANSPO. COM. 2020年5月24日. 2020年5月24日閲覧。 スポーツ報知 2020年5月23日. 2020年5月23日閲覧。 - Sponichi Annex 2020年5月27日• 時事ドットコム. 2020年5月26日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年5月26日閲覧。 TBS NEWS. 2020年5月27日閲覧。 nikkansports. com. 2020年6月22日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年5月27日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年5月27日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2020年5月24日. 2020年5月27日閲覧。 www. netflix. com. 2020年5月27日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年5月27日閲覧。 モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年5月27日閲覧。 Asagei Biz-アサ芸ビズ. 2020年5月27日閲覧。 日本語 , 2020年5月27日閲覧。 2020年7月2日閲覧。 2020年7月3日閲覧。 東スポweb 2020年7月4日. 2020年7月5日閲覧。 スターダム公式• 2019年9月18日放送のより• 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] 2020年1月21日. 2020年3月27日閲覧。 7歳のときに獲得。 週プレNEWS 2017年6月1日. 2017年6月1日閲覧。 外部リンク• - (2019年3月31日アーカイブ分) - 株式会社ウォーク• - (2019年3月20日アーカイブ分) -• hanadayo0903 -• hanadayo0903 -• - (英語)• Hana Kimuraのプロフィール - , , (英語).

次の