策略 類語。 策略(さくりゃく)の類語・言い換え

「策略」の類義語や言い換え

策略 類語

INDEX• 「神出鬼没」とは?|意味と定義を解説! 「神出鬼没」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「神出鬼没」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、神出鬼没の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 神出鬼没の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 神出鬼没とは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 神出鬼没(しんしゅつきぼつ)とは「行動が自由自在で、居所などの予測がつかないこと」という意味です。 神出鬼没の例文と使い方 神出鬼没の策略 行動が自由自在で、居所などの予測がつかないようにする戦略のこと。 パズドラのスキル名でもある。 例:神出鬼没の戦略をつくってからは鬼ごっこは無敗だった。 神出鬼没な人 人間の感覚では測れないようなタイミングや方法で現れたり隠れたりする人。 例:あの人は神出鬼没だよね。 神出鬼没の戦法 行動が自由自在で、居所などの予測がつかないようにする戦法のこと。 例:真田幸村は呪法と影武者によって人心を撹乱し、ひるんで同士討ちを始めたスキにゲリラ兵をくり出して殲滅させるという神出鬼没の戦法を用いていた。 神出鬼没の語源・由来 神のごとく現われて鬼(幽霊)のごとく姿を消すことからきています。 鬼という字は角の生えた鬼ではなく死者の霊のことを指します。 (神出鬼没の怪盗でどこで網を張って待ったものか困り果てている. ) 神出鬼没の類語・言い換え語 出没自在(しゅつぼつじざい) 何の兆しもなく、突然現れたり隠れたりすること。 または、自在に出没するために、所在がわからないこと。 鬼出電入(きしゅつでんにゅう) 現れたり消えたりがすばやく、目にとまらないこと。 あちこちに顔を出す いろんな場所に姿を現すこと。 いたるところに出没する いろんな場所に姿を現すこと。 あちこちに現れる いろんな場所に姿を現すこと。 いたるところに出現する いろんな場所に姿を現すこと。 神出鬼没の対義語・反対語 反対の意味を持つ言葉はありません。 神出鬼没の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、神出鬼没の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

「方策」とは?意味や使い方をご紹介

策略 類語

「画策」の使い方と例文 「画策」は悪い意味で使うのが普通 相手を騙したり自分のことをごまかすために、あれこれと計画するといった意味合いが強くなっています。 そのため、悪い意味で使われるのが一般的です。 主な言い回しは、 ・画策する ・画策中 ・画策している ・画策を練る となります。 「政権、隠蔽画策か」などとニュースのタイトルなどでも使われています。 例文 ・どうにか自分のものにしようと画策する。 ・彼の口数が減るのは、何か画策中であるというサインだ。 ・まさか私たちを騙そうと画策していた主犯が、親友だったとは。 ・あっちの練っている画策に気付き、こちらも画策を練って対等することにした。 ・ヒロインの心掴もうと、男性陣がそれぞれの個性が光った画策をしているのが面白い映画だった。 「画策」をいい意味で使う場合は否定語を伴う この場合は「画策」自体をいい意味として使うのではなく、悪い意味である「画策」を否定することで文脈として肯定することが出来ます。 例えば「彼女が成功したのは何か画策をしたわけではない」と使います。 これは「彼女があれこれと謀をめぐらせたから成功したのではなく、実力で成功を掴んだ」といった意味になります。 あえて「画策」を否定することで、ただ「彼女は実力で成功した」というよりも、実力で掴んだということを強調する文章となります。 また、他に「画策」によって成功した人がいる場合に「そういった人たちとは違う」という皮肉を含めることも出来ます。 「画策」「計画」「模索」「策略」の違い 「計画」の意味は「ある物事を行うのに、そのための手順や方法を前もって考えておくこと」 「計画」は「けいかく」と読みます。 「計画」の意味は「あることを行うために、前もってその手順や方法などを考えておくこと」です。 「計」は「手順を整える、くわだてる」、「画」は「考えをめぐらすこと」を意味します。 「計画」はいい意味でも悪い意味でも使えますが、「計画」そのものには良いも悪いもありません。 ある物事を行うにあたって方法や手順を具体的に考えておくことなので、広く使うことが出来ます。 「画策」は主に「相手を騙したり自分の都合のいいように物事を進めるための方法を考えること」ですが、「計画」は画策も含め「前もって考えておくこと」を表します。 例文 ・友達と旅行の計画を立てる。 ・新しいプロジェクトは計画通りに進んでいるから、きっと上手くいくはずだ。 ・その事件は計画的な犯行とみて、捜査を続けている。 「模索」の意味は「あれこれと探し求める」 「模索」の読み方は「もさく」です。 意味は「 色々と試しながら探し求めること」です。 「模」は「何かをたよりに探すこと」という意味で、「模写」「模範」などの熟語が使われています。 「索」は「求めたり、探すこと」という意味で、「思索」「捜索」などの熟語があります。 「模索」は、「物事の答えがはっきりとしない状況で方法論も確立されないが、手先の感覚のみで探し求めていく」という意味合いで使います。 「模索する」「模索している」「模索中」などの形で使います。 「模索」には「計画をする」といった意味はなく、「画策」とは全く違う意味を持ちます。 例文 ・研究はまたも失敗に終わり、成功するための手段をもう一度模索する。 ・メディア事業本部は、新規事業の企画を模索中だ。 ・この歳になってもまだ生き方を日々模索している。 「画策」の類語と対義語 「画策」の同義語は「企図」「企む」「謀」「策動」「計略」「魂胆」「仕組む」 「画策」の類語は他にもたくさんあります。 ・企図 ・企む ・謀 ・策動 ・計略 ・魂胆 ・仕組む 「 企図」は「きと」と読み、「目的を立てて手段を企てること」という意味です。 「 企む」は「たくらむ」と読み「悪事を計画すること」とうい意味です。 そのため、「企図」も悪い意味合いが強いと思われてしまいますが「コスト削減を企図」などと悪いニュアンスを含まずに使われることもあります。 「 策動」は「ひそかに計略をめぐらして行動すること」という意味で、主に「悪いたくらみ」に使います。 「ひそかに」といった意味合いが強く、また「行動すること」までが含まれています。 「 魂胆」は「こんたん」と読み、「心の内に隠されたたくらみ」といった意味です。 主に悪巧みといった意味合いが強く、「魂胆が見え見えだ」などと使われています。 例文 ・新しい企画を提案したが、予算の都合で却下された。 ・一人でこんな謀を巡らしていたなんて、その頭の良さを別で活かせたら良かったのに。 ・あなたの魂胆は見え見えだよ!わたしを踏み台にして自分だけ昇進しようとしてるんでしょ。 「敵をまどわす」という意味の類語なら「工作」「マヌーバー」「劃策」などがある 「画策」の「敵をまどわす」という意味の類語なら ・工作 ・欺瞞 ・瞞着 ・マヌーバー ・劃策 などがあります。 「 工作」は「図画工作」や「土木・建築などの工事、作業」といった意味もありますが「目的を達するために前もって働きかけを行ったり下準備をすること」といった意味があります。 「工作員」と使われるように「悪い計画を立てる」といった意味も持ちます。 「 マヌーバー」とは元々軍隊用語で「巧妙な手段」「機動作戦」といった意味を持ちます。 窮地を逃れたり、相手を騙したりするための巧妙な手段といった意味合いが強くなります。 「 劃策」も実は「かくさく」と読みます。 「劃」という字は日本で載っておらず、書き換えは「画」です。 要するに「画策」となります。 「劃」には「区切る」「区分けする」といった意味があり、「劃策」は中国語の辞書だと「計画する」といった意味とされています。 例文 ・本当はもっともっと工作員がいるって噂だよ。 ・取引先の言っていたことが欺瞞に満ちていることがわかり、今までの努力が水の泡となる。 ・とりあえずいくつかマヌーバーを考えておいた方が良さそうだ。 「画策」の対義語は「偶発的」「無計画」「放埒」 「画策」の対義語は ・偶発的 ・無計画 ・無策 ・その場しのぎ ・放埒 「 偶発的」の意味は「たまたま起きること」です。 こちらの意図しないことや予想もできないときに出来事が起こる様子を指します。 「 その場しのぎ」の意味は「後のことを考えず、その場だけを取り繕うこと」です。 なんの計画もせず、将来的なことも考えずにその時だけをうまく切り抜ける様子を指します。 「 放埒」は「ほうらつ」と読み、「勝手気ままなこと」「だらしなく女色やお酒にふけること」という意味があります。 決まりやしきたりに従わない様子や、ふしだらな行いをすることを指します。 例文 ・彼女は無計画過ぎて、いつも期限ぎりぎりになって騒いでいる。 ・よくも無策で乗り込んできたね。 ・その場しのぎは、後々大変なことになるよ。

次の

【例文あり】情勢/状勢の意味とは?使い方と類語、状況との違いを解説!

策略 類語

「手練手管」の意味と読み方とは? 「手練手管」の意味は「思うように人を騙す方法や手段」 「手練手管」とは、「思うように人を騙す方法や手段」を意味する言葉です。 人を騙す目的で相手の心を操る手段や技巧を表し、また相手を上手に操作するという意味を持ちます。 「手練」は手際のよいこと、また「手管」は人を欺き騙すことを表し、この二つが組み合わさり「上手に手際よく人を騙す」という意味で使われるようになりました。 「手練手管」は基本的に相手を巧みに操り、騙すことを表すこともあり、良い意味を持つ四字熟語ではないと言えます。 そのため「手練手管」を好意的な意味で文章に用いることはほとんどありません。 「手練手管」は「てれんてくだ」と読む 「手練手管」の正しい読み方は「てれんてくだ」です。 「手練手管」を誤って「しゅれんしゅかん」と音読みしてしまわないように気をつけましょう。 「手練手管」の使い方と例文 「手練手管」は人を欺く時に使われる 「手練手管」は人を思い通りに操作し、騙すことを目的とした行動や手法を意味する言葉です。 そのため、損益や成果が左右するビジネスシーンや政治の世界などで、故意に人を欺く時に使われる表現でもあります。 結果や利益が重要なビジネスシーンや、縦横のつながりや外部とのやりとりが軸となる政治の世界では、純真な誠意よりも、やや曲がった感情を持って、相手に勝つ手段を選ぶことも多いでしょう。 そのような状況で手練手管」という表現を使うことがあります。 「手練手管」を使った例文• 彼が親のコネもなく、学歴も乏しい彼が出世できたのは、手練手管を尽くしたからだ。 手練手管が見え見えの営業戦略でも、大きな利益を出せば立派な業績となる• ライバル会社は手練手管に秀でているらしく、我が社は見事に罠にはまってしまった。 息子を溺愛する義理の母は、手練手管を屈して私と旦那の関係を壊そうとしている。 例文 お互い初めての契約とあって、虚々実々とした雰囲気が流れている。 「wiles」は策略や企み、「tricks」は専門的な技法や手法を意味します。 「手練手管」を使った英語例文• I have used full of wilesand tricks to move up to the corporate hierarchy. 私は手練手管を使って出世街道に乗った。 I lost the election even though I used full of wiles and tricks to win. 手練手管を尽くしたが、選挙に負けた。 まとめ 「手練手管(てれんてくだ)」とは、自分の思い通りに人を騙す手段や方法を表したり、相手を上手に巧みに欺くことを意味する言葉です。 言葉が持つ意味合いから、ほぼ良い意味で使われることはなく、むしろ社会生活で自分の地位や評価を得るために、策略や計略を尽くして相手を欺くときに使われます。 仕事を含む社会生活では、誰がいつ何時として「手練手管」を使って攻撃してくるかわかりません。 「手練手管」という四字熟語が存在するように、相手の行動や考えを見据えて、慎重に行動するのもスマートな生き方と言えるでしょう。

次の