ミリオン 映画。 11ミリオン・ジョブ : 作品情報

【最新】ミニオン映画・全5作品のあらすじ!最新作ミニオンズフィーバーも!

ミリオン 映画

この項目では、映画について説明しています。 キャラクターについては「」をご覧ください。 1億円 前作 次作 短編 () (イルミネーション作品全般) (ミニオンズシリーズ) 『 ミニオンズ』 Minions は、公開のの・。 とが組んだの作品で、『』()、『』()、『』()に登場するを主人公にしている。 ミニオン誕生から怪盗グルーとの出会いまでを描いている。 あらすじ 海で暮らす単細胞生物だった ミニオンたちは、種別関係なしに最強最悪の主に仕えることを生きがいとし、地球史の中で、、の、、といった様々な悪党や実力者に仕えてきた。 だがミニオンたちの主となった者は皆、彼らが起こしたアクシデントに巻き込まれ、ことごとく死んでいった。 仕えるべき主を次々と失った彼らは、偶然見つけた氷の洞窟内に居場所を移し、新しい生活を始めようとするものの、主 ボス のいない生活にやる気をなくしていた。 1968年、こうした状況を改善すべく立ち上がった ケビンは、仲間の スチュアートや ボブとともに、新たなる主を求めて旅立ち、へたどり着く。 ケビンたちをのへと連れてきた彼女は、彼らにから王冠を盗んでくるよう指示を与える。 彼女は王冠を手に入れることにより、自分がイギリスの君主となることを目論んでいたのだった。 早速ケビンたちはスカーレットの指示通り王冠を盗もうとするが、その際ボブが偶然伝説の剣を引き抜いてしまい、ボブはイギリスの国法に従い、新しいイギリスの君主として即位してしまう。 これを知ったスカーレットは、ケビンたちが裏切ったと思い込む。 ケビンたちはスカーレットをなだめるため、ボブに国法を改憲させ王位を譲渡するものの、スカーレットはケビンたちを王室の地下牢に閉じ込めてしまう。 そこから脱出したケビンたちはスカーレットの戴冠式に潜入するが、そこで彼女の頭上にシャンデリアを落としてしまい、怒りを買う。 彼女の手下の悪党たちに追い立てられ、取り押さえられるスチュアートとボブ。 一方、ケビンは逃げのびた先で謎の装置の中に入り込んでしまい巨大化。 スチュアートたちを助けるべく、スカーレットの元へ向かう。 ケビンはそこでスチュアートたちを救い出す事に成功したものの、スカーレットの放ったミサイルを飲み込んでしまい、彼女もろとも爆発。 生還し元の姿に戻るのだった。 その後、エリザベス女王に王位が戻されるが、その最中にスカーレットが乱入し、王冠を強奪し立ち去る。 そこへさらにグルーが現れ、スカーレットを冷凍光線銃で氷漬けにし王冠を盗み去っていく。 ミニオンズたちは グルーを新しい主 ボス とすべく、その後を追うのだった。 慎重な計画を練る思慮深さとリーダーシップがあり、仲間達のために新たなボスを探しに旅に出る。 周りの失敗に対してモノマネでからかうなど、多少見下しているような態度をとることもあるが、仲間を身を挺して守る男気も持ち合わせている。 『』にも登場している。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の長女・マーゴ。 常にウクレレを持ち歩いており、ロックスターになることを夢見ている。 ボス探しにはあまり興味がなく、周りに乗せられるまま旅のメンバーになる。 ケビン・ボブをバナナと見間違えて食べようとするほどバナナ好き。 『』『』にも登場しており、シリーズ3作全てに登場する唯一のミニオン。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の次女・イディス。 やる気はありボス探しに真っ先に立候補するが、ケビンに「ヤワすぎる」と思われており、なかなか認めてもらえなかった。 テディベアにティムと名付け大事にしていたり、自分より小さい生き物にプチと名付け可愛がったりと、無邪気で純粋。 『』エンディングロールにも登場しているが、デザインが若干異なっている。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の末っ子・アグネス。 幼少期は髪を結い、歯を矯正しているような普通の女の子だったが、13歳になる頃には悪の帝国を築き上げた犯罪の天才。 スカート部分が兵器に変形する特殊な赤いドレスを常に身にまとっている。 幼い頃からお姫様になることを夢見ており、エリザベス女王の王冠とイギリス君主の立場に非常に執着している。 大悪党大会にて、ミニオンズの3人を自らの右腕として迎え入れる。 スカーレット曰く「超天才でセクシー」。 普段はキザな態度だが、アイデアが閃くと突然はしゃぎだすなど実は陽気な性格で、自らの仕込みネタをひけらかさずにはいられない正直さも持つ。 スカーレットのことは心から愛しており、彼女が女王になることを何より願っている。 ミニオンズに発明品である「意外と伸び伸びスーツ」「溶岩飛ばし銃」「催眠帽子」を与える。 スカーレットは彼女の大ファン。 見た目は上品で穏やかだが、パレード中に王冠を盗むため乗り込んできたスチュアートを逆に返り討ちにするなど、実はパワフルな女性。 ボブに王位を奪われたあとも、屈強な男たち相手に腕相撲で圧勝しながらバーで大酒を飲んでいた。 ヒッチハイクのミニオンたちを車に乗せてくれ、「悪いやつに拾われなくてよかった」と語るなど、悪党のわりに親切で友好的。 「大悪党大会」に行くため、家族を車に乗せに向かう。 幼い子供たちに銀行強盗を手伝わせるなど、英才教育をしている。 警察の妨害をしたケビンたちを褒める。 大柄な腕白坊主だが、ミニオンたちを隣に座らせたり、リンゴをくれたお礼を言うなど、見かけによらず優しい。 銀行襲撃の際に失敗して嘆くが、「パパも昔はドジだった」と慰められた。 強盗一家には他にまだ赤ん坊とペットの猫がいて、犯行時に彼らはミニオンズと車内で留守番をさせられる。 コスプレ男(Wannabe) オーランドでもロンドンでも現れたスカーレットの大ファン。 いつも彼女と同じ仮装をしている。 古代魚(Hexanchus) 微生物だったミニオンたちの水中での最後のボス。 ボスとともに、ミニオンたちも海からに上がる。 最期は陸に上がった瞬間ティラノサウルスに踏み潰される。 ファラオ(Pharaoh) 紀元前にミニオンが仕えた文明人の最初のボス。 建造時にミニオンの不手際で事故死。 雪男(Antarctic Yeti) ケビンとスチュアートとボブが旅立っている頃に出会った残りのミニオン達のボス。 例によってミニオン自身のドジで殺してしまい、怒った雪男の家族に暮らしていた洞窟から追われてしまう。 実は大悪党大会に遊びに来て『冷凍光線銃』の一般公開を見ており、この時はミニオンズ達の存在を知らなかった。 ラストはスカーレットを出し抜き、王冠を盗み出し、ミニオンズ達に気に入られる。 この時のグルーはまだ若く、髪の毛がある。 キャスト 役名 原語版 日本語吹替版 ミニオン・ケビン ミニオン・スチュアート ミニオン・ボブ スカーレット・オーバーキル ハーブ・オーバーキル フラックス教授 ウォルター・ネルソン () マージ・ネルソン ウォルターJr. ・ネルソン (バナナマン) ティナ・ネルソン グルー ナレーター VNCスポークスマン 王冠係 スティーブ・クーガン 英キャスター ポール・ソーンリー ファブリース デイヴ・ローゼンバウム 日村勇紀 ホスト 魚人ギョギョーン ビッグ・グーン どうも・ザ・スモウ 窓口女性 エージェント 馬車の女 隙っ歯悪党 剣悪党 釣り餌店員 男ヒッピー 駅構内放送 悪党 日本語版制作スタッフ• 演出:宇出喜美• 翻訳:中村久世• 調整:金谷和美• 録音:槇洋介/都築寿文• 録音スタジオ:スタジオ・ユニ//• ダビングスタジオ:• 制作担当:高橋正浩/沖田真梨子/大塚慶介(ニュージャパンフィルム)• プロデューサー:安達佳孝/三樹祐太/松尾亘(東宝東和) 評価 この節のが望まれています。 興行収入 『ミニオンズ』の全世界での興行収入は11億5707万ドル(北米で3億3584万ドル、それ以外で8億2123万ドル)に達し 、『』に次ぐ世界歴代2番目に興行収入の多かったとなった。 日本国内での興行収入は52. 受賞 年 映画賞 賞 結果 2015年 第33回 外国映画部門 優秀銀賞 受賞 2016年 第27回 アニメーション映画部門 未決定 2016 お気に入りのアニメ映画 未決定 トリビア 作中では、1968年という時代設定を踏まえた場面が随所に挿入されている。 - 月面着陸の風景を撮影している映画スタジオを、ケビン一派を追うミニオンたちが横断する。 - ケビンたちがマンホールから顔を出したところへ、らしき四人組が通りかかる。 ・ムーブメント - ニューヨークで平和デモ行進が行われていたり、へ入ろうとするケビンたちが、ヒッピー風の服で変装する。 やのパロディが登場。 ニューヨークでのシーンにの選挙ポスター。 でのシーンの背景に建設中の。 最後の、スチュアートが女王から頂戴したギターで暴走する曲は、ヴァン・ヘイレン・デビューアルバムの「暗闇の爆撃 - "Eruption"」。 サウンドトラック 公式サウンドトラックがバックロット・ミュージックより2015年7月10日にリリースされた。 日本未発売。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「Universal Fanfare」 0:32 2. 「Happy Together」 2:54 3. 「I'm a Man」 3:05 4. 「You Really Got Me」 2:14 5. 「My Generation」 3:16 6. 「Mellow Yellow」 3:41 7. 「Revolution」 2:22 8. 「Minions Through Time」 4:34 9. 「Kevin, Stuart and Bob」 2:57 10. 「Minions Run Amok」 1:29 11. 「Tortellini」 0:21 12. 「The VNC」 1:11 13. 「Minions in the U. 」 2:13 14. 「Orlando」 0:46 15. 「Scarlet Overkill」 1:07 16. 「Ruby Fight」 2:58 17. 「Make 'Em Laugh」 0:44 18. 「Scarlet's Fortress」 3:31 19. 「Traveling Tribe」 0:49 20. 「Tower of London」 1:39 21. 「Hair」 0:54 22. 「Fighting the Crown Keeper」 1:43 23. 「King Bob」 0:57 24. 「 Theme From The Monkees」 0:29 25. 「Dungeon Mayhem」 0:35 26. 「Goodbye Fabrice」 2:28 27. 「Minion Mission」 4:56 28. 「Sneaking In」 2:34 29. 「King Kong Kevin」 3:30 30. 「Our Hero Is Back」 1:14 31. 「Minions Victory」 2:49 32. 「Greatest Renegade Unveiling GRU 」 2:39• Buchanan, Jason. 2015年7月8日閲覧。 Thompson, Kiley 2013年7月8日. Zap2it. 2013年7月13日閲覧。 2016年1月4日閲覧。 com 2015年12月2日. 2015年12月2日閲覧。 com 2016年1月6日. 2016年1月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月8日. 2016年2月8日閲覧。 外部リンク• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語) 予告編•

次の

ミニオンズ映画はこの順番で見よう:シリーズ全5作品の時系列・あらすじ・見どころ一覧【怪盗グルー】

ミリオン 映画

この項目では、映画について説明しています。 キャラクターについては「」をご覧ください。 1億円 前作 次作 短編 () (イルミネーション作品全般) (ミニオンズシリーズ) 『 ミニオンズ』 Minions は、公開のの・。 とが組んだの作品で、『』()、『』()、『』()に登場するを主人公にしている。 ミニオン誕生から怪盗グルーとの出会いまでを描いている。 あらすじ 海で暮らす単細胞生物だった ミニオンたちは、種別関係なしに最強最悪の主に仕えることを生きがいとし、地球史の中で、、の、、といった様々な悪党や実力者に仕えてきた。 だがミニオンたちの主となった者は皆、彼らが起こしたアクシデントに巻き込まれ、ことごとく死んでいった。 仕えるべき主を次々と失った彼らは、偶然見つけた氷の洞窟内に居場所を移し、新しい生活を始めようとするものの、主 ボス のいない生活にやる気をなくしていた。 1968年、こうした状況を改善すべく立ち上がった ケビンは、仲間の スチュアートや ボブとともに、新たなる主を求めて旅立ち、へたどり着く。 ケビンたちをのへと連れてきた彼女は、彼らにから王冠を盗んでくるよう指示を与える。 彼女は王冠を手に入れることにより、自分がイギリスの君主となることを目論んでいたのだった。 早速ケビンたちはスカーレットの指示通り王冠を盗もうとするが、その際ボブが偶然伝説の剣を引き抜いてしまい、ボブはイギリスの国法に従い、新しいイギリスの君主として即位してしまう。 これを知ったスカーレットは、ケビンたちが裏切ったと思い込む。 ケビンたちはスカーレットをなだめるため、ボブに国法を改憲させ王位を譲渡するものの、スカーレットはケビンたちを王室の地下牢に閉じ込めてしまう。 そこから脱出したケビンたちはスカーレットの戴冠式に潜入するが、そこで彼女の頭上にシャンデリアを落としてしまい、怒りを買う。 彼女の手下の悪党たちに追い立てられ、取り押さえられるスチュアートとボブ。 一方、ケビンは逃げのびた先で謎の装置の中に入り込んでしまい巨大化。 スチュアートたちを助けるべく、スカーレットの元へ向かう。 ケビンはそこでスチュアートたちを救い出す事に成功したものの、スカーレットの放ったミサイルを飲み込んでしまい、彼女もろとも爆発。 生還し元の姿に戻るのだった。 その後、エリザベス女王に王位が戻されるが、その最中にスカーレットが乱入し、王冠を強奪し立ち去る。 そこへさらにグルーが現れ、スカーレットを冷凍光線銃で氷漬けにし王冠を盗み去っていく。 ミニオンズたちは グルーを新しい主 ボス とすべく、その後を追うのだった。 慎重な計画を練る思慮深さとリーダーシップがあり、仲間達のために新たなボスを探しに旅に出る。 周りの失敗に対してモノマネでからかうなど、多少見下しているような態度をとることもあるが、仲間を身を挺して守る男気も持ち合わせている。 『』にも登場している。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の長女・マーゴ。 常にウクレレを持ち歩いており、ロックスターになることを夢見ている。 ボス探しにはあまり興味がなく、周りに乗せられるまま旅のメンバーになる。 ケビン・ボブをバナナと見間違えて食べようとするほどバナナ好き。 『』『』にも登場しており、シリーズ3作全てに登場する唯一のミニオン。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の次女・イディス。 やる気はありボス探しに真っ先に立候補するが、ケビンに「ヤワすぎる」と思われており、なかなか認めてもらえなかった。 テディベアにティムと名付け大事にしていたり、自分より小さい生き物にプチと名付け可愛がったりと、無邪気で純粋。 『』エンディングロールにも登場しているが、デザインが若干異なっている。 モチーフは怪盗グルーシリーズに登場する三姉妹の末っ子・アグネス。 幼少期は髪を結い、歯を矯正しているような普通の女の子だったが、13歳になる頃には悪の帝国を築き上げた犯罪の天才。 スカート部分が兵器に変形する特殊な赤いドレスを常に身にまとっている。 幼い頃からお姫様になることを夢見ており、エリザベス女王の王冠とイギリス君主の立場に非常に執着している。 大悪党大会にて、ミニオンズの3人を自らの右腕として迎え入れる。 スカーレット曰く「超天才でセクシー」。 普段はキザな態度だが、アイデアが閃くと突然はしゃぎだすなど実は陽気な性格で、自らの仕込みネタをひけらかさずにはいられない正直さも持つ。 スカーレットのことは心から愛しており、彼女が女王になることを何より願っている。 ミニオンズに発明品である「意外と伸び伸びスーツ」「溶岩飛ばし銃」「催眠帽子」を与える。 スカーレットは彼女の大ファン。 見た目は上品で穏やかだが、パレード中に王冠を盗むため乗り込んできたスチュアートを逆に返り討ちにするなど、実はパワフルな女性。 ボブに王位を奪われたあとも、屈強な男たち相手に腕相撲で圧勝しながらバーで大酒を飲んでいた。 ヒッチハイクのミニオンたちを車に乗せてくれ、「悪いやつに拾われなくてよかった」と語るなど、悪党のわりに親切で友好的。 「大悪党大会」に行くため、家族を車に乗せに向かう。 幼い子供たちに銀行強盗を手伝わせるなど、英才教育をしている。 警察の妨害をしたケビンたちを褒める。 大柄な腕白坊主だが、ミニオンたちを隣に座らせたり、リンゴをくれたお礼を言うなど、見かけによらず優しい。 銀行襲撃の際に失敗して嘆くが、「パパも昔はドジだった」と慰められた。 強盗一家には他にまだ赤ん坊とペットの猫がいて、犯行時に彼らはミニオンズと車内で留守番をさせられる。 コスプレ男(Wannabe) オーランドでもロンドンでも現れたスカーレットの大ファン。 いつも彼女と同じ仮装をしている。 古代魚(Hexanchus) 微生物だったミニオンたちの水中での最後のボス。 ボスとともに、ミニオンたちも海からに上がる。 最期は陸に上がった瞬間ティラノサウルスに踏み潰される。 ファラオ(Pharaoh) 紀元前にミニオンが仕えた文明人の最初のボス。 建造時にミニオンの不手際で事故死。 雪男(Antarctic Yeti) ケビンとスチュアートとボブが旅立っている頃に出会った残りのミニオン達のボス。 例によってミニオン自身のドジで殺してしまい、怒った雪男の家族に暮らしていた洞窟から追われてしまう。 実は大悪党大会に遊びに来て『冷凍光線銃』の一般公開を見ており、この時はミニオンズ達の存在を知らなかった。 ラストはスカーレットを出し抜き、王冠を盗み出し、ミニオンズ達に気に入られる。 この時のグルーはまだ若く、髪の毛がある。 キャスト 役名 原語版 日本語吹替版 ミニオン・ケビン ミニオン・スチュアート ミニオン・ボブ スカーレット・オーバーキル ハーブ・オーバーキル フラックス教授 ウォルター・ネルソン () マージ・ネルソン ウォルターJr. ・ネルソン (バナナマン) ティナ・ネルソン グルー ナレーター VNCスポークスマン 王冠係 スティーブ・クーガン 英キャスター ポール・ソーンリー ファブリース デイヴ・ローゼンバウム 日村勇紀 ホスト 魚人ギョギョーン ビッグ・グーン どうも・ザ・スモウ 窓口女性 エージェント 馬車の女 隙っ歯悪党 剣悪党 釣り餌店員 男ヒッピー 駅構内放送 悪党 日本語版制作スタッフ• 演出:宇出喜美• 翻訳:中村久世• 調整:金谷和美• 録音:槇洋介/都築寿文• 録音スタジオ:スタジオ・ユニ//• ダビングスタジオ:• 制作担当:高橋正浩/沖田真梨子/大塚慶介(ニュージャパンフィルム)• プロデューサー:安達佳孝/三樹祐太/松尾亘(東宝東和) 評価 この節のが望まれています。 興行収入 『ミニオンズ』の全世界での興行収入は11億5707万ドル(北米で3億3584万ドル、それ以外で8億2123万ドル)に達し 、『』に次ぐ世界歴代2番目に興行収入の多かったとなった。 日本国内での興行収入は52. 受賞 年 映画賞 賞 結果 2015年 第33回 外国映画部門 優秀銀賞 受賞 2016年 第27回 アニメーション映画部門 未決定 2016 お気に入りのアニメ映画 未決定 トリビア 作中では、1968年という時代設定を踏まえた場面が随所に挿入されている。 - 月面着陸の風景を撮影している映画スタジオを、ケビン一派を追うミニオンたちが横断する。 - ケビンたちがマンホールから顔を出したところへ、らしき四人組が通りかかる。 ・ムーブメント - ニューヨークで平和デモ行進が行われていたり、へ入ろうとするケビンたちが、ヒッピー風の服で変装する。 やのパロディが登場。 ニューヨークでのシーンにの選挙ポスター。 でのシーンの背景に建設中の。 最後の、スチュアートが女王から頂戴したギターで暴走する曲は、ヴァン・ヘイレン・デビューアルバムの「暗闇の爆撃 - "Eruption"」。 サウンドトラック 公式サウンドトラックがバックロット・ミュージックより2015年7月10日にリリースされた。 日本未発売。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「Universal Fanfare」 0:32 2. 「Happy Together」 2:54 3. 「I'm a Man」 3:05 4. 「You Really Got Me」 2:14 5. 「My Generation」 3:16 6. 「Mellow Yellow」 3:41 7. 「Revolution」 2:22 8. 「Minions Through Time」 4:34 9. 「Kevin, Stuart and Bob」 2:57 10. 「Minions Run Amok」 1:29 11. 「Tortellini」 0:21 12. 「The VNC」 1:11 13. 「Minions in the U. 」 2:13 14. 「Orlando」 0:46 15. 「Scarlet Overkill」 1:07 16. 「Ruby Fight」 2:58 17. 「Make 'Em Laugh」 0:44 18. 「Scarlet's Fortress」 3:31 19. 「Traveling Tribe」 0:49 20. 「Tower of London」 1:39 21. 「Hair」 0:54 22. 「Fighting the Crown Keeper」 1:43 23. 「King Bob」 0:57 24. 「 Theme From The Monkees」 0:29 25. 「Dungeon Mayhem」 0:35 26. 「Goodbye Fabrice」 2:28 27. 「Minion Mission」 4:56 28. 「Sneaking In」 2:34 29. 「King Kong Kevin」 3:30 30. 「Our Hero Is Back」 1:14 31. 「Minions Victory」 2:49 32. 「Greatest Renegade Unveiling GRU 」 2:39• Buchanan, Jason. 2015年7月8日閲覧。 Thompson, Kiley 2013年7月8日. Zap2it. 2013年7月13日閲覧。 2016年1月4日閲覧。 com 2015年12月2日. 2015年12月2日閲覧。 com 2016年1月6日. 2016年1月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月8日. 2016年2月8日閲覧。 外部リンク• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語) 予告編•

次の

映画ミリオンダラーベイビーの意味|あらすじネタバレと後味の悪いラスト結末も紹介|シネマテラス

ミリオン 映画

コンテンツ• ミリオンダラー・ベイビーの作品詳細情報 公開:2005年05月28日(全米公開2004年12月15日) 原題:Million Dollar Baby 上映時間:133分 監督:クリント・イーストウッド 製作:レイクショア・エンターテイメント 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 家族から愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族を愛してこなかった不器用な老年男性が、ボクシングを通じて、強い絆で結ばれていきます。 クリント・イーストウッドの25番目の監督作となる本作品は、第77回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)の4部門で受賞しました。 また人間の死生観を問う衝撃のラストは、多くの倫理的論争を巻き起こしました。 ミリオンダラー・ベイビーのあらすじ ロザンゼルスにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナーのフランキー・ダンのもとに、マギー・フィッツジェラルドという31歳の女性が訪れ、弟子入りを志願します。 マギーは亡き父親を除いて誰からも愛されたことなく、生活保護受給者の母アイリーンや兄弟と共にトレーラーハウスで貧しい暮らしを強いられていました。 そんな貧しい生活から抜け出そうと、プロボクサーになろうとしたのです。 フランキーはかつて止血係(カットマン)として活躍した後、トレーナーとなってジムを経営し、多くの優秀なボクサーを育ててきました。 しかし選手の身の安全面を考慮するあまり慎重な試合しか組まず、より大きな成功を掴みたいボクサーは別のジムに引き抜かれていくばかりでした。 また実の娘であるケイティとは、フランキーの不器用な性格から、長らく音信不通になっていました。 マギーは、フランキーに「トレーナーになって欲しい」と頼み込みますが、フランキーは「女性ボクサーはモノにならない」と断ります。 しかしマギーは必死でフランキーのジムでトレーニングに励みます。 そんなマギーの姿を見て、フランキーの親友であるスクラップは、ボクサーとしての素質を見出し、マギーにアドバイスを送り続けます。 フランキーもまた、彼女の熱意に折れて、本格的に指導を開始することになるのです。 以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。 プロデビューを果たしたマギーは、順調に勝ち続けて評判になり始めます。 父親を亡くしたマギーと、娘と疎遠になっているフランキー。 ふたりは練習を通じて、実の親子よりも固い絆が芽生えていました。 ある日、マギーは強さから階級をウェルター級に上げ、英国チャンピオンとのタイトルマッチに臨むことになります。 この試合で、アイルランド系カトリック教徒のフランキーは、背中にゲール語で「モ・クシュラ」と書かれた緑色のガウンをマギーに贈りました。 マギーは、言葉の意味を尋ねるも、フランキーは言葉を濁します。 マギーはタイトルマッチでも勝利を収め、ファイトマネーで家族のために一軒家を買います。 しかし母のアイリーンは生活保護が打ち切られると文句を言い、娘がボクシングをしていることを快く思いませんでした。 ある日、マギーのもとに、100万ドルものファイトマネーがかかったビッグマッチの話が舞い込んできます。 対戦相手はWBA女子ウェルター級チャンピオン、「青い熊」のビリーです。 彼女は、反則を使う危険な相手として、フランキーが避けていた選手でもありました。 試合では、マギーが優位になっていましたが、ラウンド終了後にビリーが放った反則パンチを浴び、マギーはコーナーにあった椅子に首を打ち付け、骨折します。 病院に搬送されるものの、マギーは全身不随となり、人工呼吸器が欠かせない身体になってしまいます。 フランキーは、自分がトレーナーにさえならなければ、マギーを救えたのではと後悔します。 そんなある日、リハビリ施設を移ったマギーの元に、マギーの家族がやってきます。 しかし家族はマギーを心配するどころか、マギーの家や財産を横取りしようとします。 ショックを受けたマギーは、家族に絶縁を叩きつけるのです。 家族からも見放され孤独となったマギーを見て、フランキーは彼女をサポートし続けようと密かに心に誓うのです。 マギーの病状は日に日に悪くなる一方でした。 ある日、マギーはフランキーに対して、「自分らしく死なせてほしい」と安楽死を懇願するようになります。 しかしフランキーは実の娘のように愛しているマギーを自らの手で殺すことはできません。 フランキーに安楽死の幇助を断られたマギーは、自分で舌を噛み切り、自殺を図ろうとします。 フランキーは安楽死を幇助することは罪でありつつ、生かすことはもっと彼女を苦しめることになるのではと苦悩します。 フランキーは苦悩の末、マギーのいる病室にひとりで向かいます。 そしてマギーのそばにより、マギーのガウンに綴られた「モ・クシュラ」は、「愛する人よ、お前は私の血」を意味していると告げます。 マギーは家族にさえ愛されなかった自分をフランキーは愛してくれたのだと知り、静かに涙を流します。 そしてフランキーはマギーの生命維持装置を外し、致死量のアドレナリンを投与します。 マギーは苦しむことなく、静かに息を引き取りました。 フランキーはその後姿を消し、二度とジムに戻ってくることはありませんでした。 フランキーのジムはスクラップが引き継ぎ、トレーナーとして若いボクサーを育成しています。 フランキーがマギーを育てたように。 ミリオンダラー・ベイビーをみての感想 — 2020年 6月月8日午前10時40分PDT 「ミリオンダラー・ベイビー」は、単なるボクシングのサクセスストーリーではありません。 この物語の主人公であるフランキーは娘と長年、音信不通の孤独な男です。 彼が教えるマギーもまた、家族から見放されて、ボクシングを始めました。 どちらも、帰る場所はどこにもありません。 そんな2人の唯一の居場所が「ボクシングをすること」でした。 ボクシングをすれば、マギーの近くには父親のようなフランキーが必ず現れ、フランキーのそばには失った娘のようなマギーが必ずいました。 しかし物語の中盤でマギーは頚椎を損傷し、全身麻痺になってしまいます。 マギーはボクサーになるという夢がなくなったと同時に、フランキーもまたマギーを教えることができなくなり、ボクシングをし続けるという夢が絶たれようとしていました。 マギーは、居場所のあるまま、安楽死をしたいとフランキーに幇助を頼みます。 フランキーは苦悩し、神父にすべてを打ち明け、相談します。 神父はフランキーにこう言います。 「何もせずに身を引き、すべてを神にお任せするのだ。 手を貸せば、君は自分を見失う。 永遠に自分を見失う」、と。 神父は決して罪を犯してはいけないと言っているのと同時に、マギーのいない世界で生きるフランキーを心配します。 しかしフランキーはマギーを救うため、安楽死の幇助をすることにします。 フランキーがマギーの安楽死を手伝おうとしていることに気づいたスクラップは、フランキーに対し、「人は毎日死ぬ、床掃除や皿洗いをしてね。 そして人生を悔いながら最期を迎える。 でもマギーには悔いはない。 それなら俺も満足だ。 」と言います。 しかし残されたフランキーはどうでしょう。 人生を後悔することなく、最期を迎えることはできるのでしょうか。 家族を失ったフランキーは、マギーの安楽死を幇助すれば、ボクシングも、そして娘のように愛したマギーも失います。 今度こそ本当に彼は露頭に迷ってしまうのです。 フランキーは致死量のアドレナリンを2本持って、マギーのもとに向かいます。 そしてそのうちのひとつを使って、マギーは静かに息を引き取りました その後、フランキーが何をしたかは誰にも分かりません。 しかしフランキーもまた、自死を選んだような気が私にはするのです。 「ミリオンダラー・ベイビー」には、2つの問題が隠されています。 ひとつは安楽死を倫理的にどうみるか?という問題。 そして、自死を選ぶことは罪なのかという問題です。 「ミリオンダラー・ベイビー」のラストは、私たちに「生きる」とは何なのかを教えているような気がするのです。 なんとなく観るのを躊躇してたけど💦 重厚で深みのある、素晴らしい映画だった。 人の尊厳とは何か、生きるとは何か… 不器用に生きるフランキー、貧乏ながらプロボクサーを目指すマギー。 栄光と影にやるせなさを感じつつも、2人の誇り高い精神に感動。 女ボクサーと、その老トレーナーの心の隙間を補い合う2人の姿は親子の様でもあり、人間らしい生き方の最良の選択を同時進行で苦悩できる作品でした。 — クラムボン gebokuminarai ミリオンダラー・ベイビーのキャスト情報 フランキー・ダン役(クリント・イーストウッド) — 2019年 7月月7日午後1時49分PDT フランキーのジムに住み込みで働くエディ。 フランキーとは20年来の親友です。 エディ役を演じるモーガン・フリーマンは、「ドライビングMissデイジー」や「ショーシャンクの空に」、「セブン」、「最高の人生の見つけ方」、「ダークナイト」など、コミカルな役からシリアスなものまでと幅広い役柄を演じ分けることのできる俳優のひとりです。 監督のクリント・イーストウッドとは、本作の他に「許されざる者」と「インビクタス/負けざる者たち」で、コンビを組んでいます。 まとめ 「ミリオンダラー・ベイビー」のあらすじについて、紹介しました。 驚愕のラストは、賛否が分かれますが、考えさせられるのも確かです。 興味のある方は是非、一度ご覧になってください。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

次の