朝ドラ 気仙沼。 おかえりモネのネタバレあらすじと登場人物の紹介【NHK朝ドラ2021】

NHK朝ドラ来春は清原果耶主演「おかえりモネ」

朝ドラ 気仙沼

2021年春から放送予定のNHK連続テレビ小説が、宮城県気仙沼市などを舞台にした「おかえりモネ」に決まった。 NHKが27日に発表した。 ヒロイン永浦百音(ももね)役を俳優の清原果耶さん(18)が演じる。 連続テレビ小説で東北が舞台になるのは14作目で宮城は4作目。 来年は東日本大震災から10年の節目でもあり、気仙沼市をはじめ被災地の人々を元気づける機会となりそうだ。 気仙沼市出身のヒロインが、移り住んだ同県登米市で「天気予報は未来を予測できる仕事」と教えられる。 難関を突破して気象予報士になり、人々に幸せな未来を届けていく物語。 脚本は「きのう何食べた?」などの安達奈緒子さん。 清原さんは「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい」とコメントした。 連続テレビ小説で宮城県が取り上げられたのは、鳴子温泉が登場する「繭子ひとり」(1971〜72年、青森県など)と、共に仙台が舞台となった「はね駒(こんま)」(86年)と「天花」(04年)の計3作。 東北を舞台とした作品は「繭子ひとり」「雲のじゅうたん」(76年、秋田県)「おしん」(83〜84年、山形県)「あまちゃん」(2013年、久慈市)などが高視聴率を挙げ、地元の観光振興に寄与した。 現在放送中の「エール」は、福島市出身の作曲家古関裕而さんがモデル。 主人公の故郷が福島市という設定になっている。

次の

NHK朝ドラ来春は清原果耶主演「おかえりモネ」

朝ドラ 気仙沼

清原は、気仙沼の島で育ち、家族と離れて登米に行ったことがきっかけで、気象予報の仕事に目覚める永浦百音を演じる。 ヒロインを演じることに清原は「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい。 そしてドラマを観て下さる皆様それぞれに芽生える朝が来ますよう今一度、作品創りの尊さとしっかり向き合いながらスタッフ・キャストの皆々様と誠心誠意お届けして参ります」と語った。 また、脚本は「きのう何食べた?」 2019年、テレビ東京系 や「透明なゆりかご」 2018年、NHK総合 などの作品で知られる脚本家・安達奈緒子が務める。 安達は「朝ですし、やさしくて温かい物語を作りたいと思っています。 若い主人公と、その存在に芯の強さとしなやかさを感じる清原果耶さんに、願いを託します」とコメントを寄せた。 「私、10分先の未来を予測したいです!」百音ちゃんのその言葉に、私は励まされました。 あの時 ああすれば良かった?なんて考えてしまうことも少なくないような世の中で、力強く生きる彼女だからこそ、ひらける空があるのではないかと思っています。 気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい。 そしてドラマを観て下さる皆様それぞれに芽生える朝が来ますよう今一度、作品創りの尊さとしっかり向き合いながらスタッフ・キャストの皆々様と誠心誠意お届けして参ります。 「おかえりモネ」宜しくお願い致します。 けれど舞台となる土地は、やさしさだけではどうすることもできない痛みを抱えていて、訪問者であるわたしがそれを真に理解することはできません。 他者の痛みは肉親でも友人でも恋人同士でも共有することはできない。 そんな現実をつきつけられたとき、「わからないから怖い」という言葉を聞きました。 自分の理解を超える現象、数秒後に変わってしまう未来、怖いです。 ですが人間は不器用ながら「わからないもの」とずっと向き合ってきて、その最たるものが『自然』だろうと考えたとき、描くべき物語が見えたように思いました。 気象予報はこの『自然』という完全掌握が不可能なものと向き合う仕事です。 コツコツと観測を続けデータを蓄積し、考え、最後は自分の身体でも感じることで、不確実な自然との共存の道を探ります。 誰かの痛みもそういうものではないかと考えました。 わからないことは怖い、けれど「あなたをわかりたい」と思い、努力し続けてさえいれば、わたしたちは笑顔を交わし共に生きていけるのではないか。 若い主人公と、その存在に芯の強さとしなやかさを感じる清原果耶さんに、願いを託します。 2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。 大学受験にことごとく失敗、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのだ。 将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事を始める。 そんな百音に、ある日転機が訪れる。 東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。 彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音。 「自分も未来を知ることができたら」。 そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強を始めるが、試験の合格率は5%。 勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになるが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破する。 上京し、民間の気象予報会社で働きはじめた百音は、この仕事が実に多岐に渡ることを知る。 日々の天気や防災はもちろん、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、さまざまな事情を抱えた個人…天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した彼女は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長していく。 数年後の2019年。 予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにする。 これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をする。 (ザテレビジョン).

次の

2021年度前期 連続テレビ小説「おかえりモネ」 ヒロインは清原果耶さん!

朝ドラ 気仙沼

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレ一覧 朝ドラ「おかえりモネ」の気になるネタバレ記事に飛べるように、ここに関連リンクを用意いたしました。 気になる項目からネタバレ記事をチェックしてみてください! 永浦百音(清原果耶)の誕生 永浦百音は、嵐の夜、産気づいた母を皆が命がけで船で運び、なんとか生まれました。 生まれたその時も嵐だったんです。 その事が切っ掛け?いや、まるで運命のように百音には色々な自然災害を目の当たりにします。 それもあり、百音の中でくすぶっていた魂が目覚めていきます。 永浦百音と「3. 11」 永浦百音のふるさとは、気仙沼湾沖に浮かぶ緑豊かな島(恐らく大島)。 永浦百音はこの島が大好きでした。 しかし「3. 11」の時、気仙沼は大きな被害を受けてしまいます。 その日、ある理由で島を離れていた百音は 「自分は何も出来なかった」と後ろめたさを抱き、やがて内陸の登米(とめ)へと移り住みます。 それ以来、ずっと誰かの役に立ちたいと思っている百音は、生き方を模索していきます。 11」とは 「3. 11」は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害で、東日本大震災のことです。 東日本各地に大きな揺れを引き起こし、大規模な地震災害であることから大震災と呼称されています。 同時に発生した大津波と火災によって、膨大な死傷者が発生し、宮城県、福島県、岩手県の沿岸部に並んでいた建物は全てが瓦礫となりました。 日本の街の一部を津波が破壊し尽くす様子と、福島原発におけるメルトダウン発生の報せは、日本国内のみならず世界中に大きな衝撃を与えることとなった・・・。 気仙沼では 気仙沼市では、介護老人保健施設「リバーサイド春圃」で59人が、杉の下地区の住民が避難した海抜12mの高台で93人が亡くなるなど、犠牲者は1,350人以上に及びました。 また、津波により漁船用燃料タンクが倒壊して広範囲に重油が流出して出火、大火災が発生し夜通し燃え続けた。 火がついた大量のがれきが気仙沼湾内を漂い、東北最大の有人島である大島にも燃え移り、島民たちが総出で延焼を食い止めました。 百音は恐らく、この大島がふるさとだと思われるので、島の人たちは火がついた大量のがれきの延焼を食い止めるのに必死でした。 しかし、その時百音は島には居なかった・・・。 これが、百音の中でずっと後ろめたさもあり、くすぶり続けます。 永浦百音の高校卒業後 2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことにする永浦百音。 大学受験にことごとく失敗し、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのでした。 そして、将来を模索する百音は新天地である登米で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめる。 そんな百音に、ある日転機が訪れる。 永浦百音の運命の出会い・転機 東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。 彼と一緒に山を歩く中で、 「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音。 「自分も未来を知ることができたら」 そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめるが、試験の合格率は5%。 勉強が苦手な百音はなかなか合格できず、くじけそうになる。 「私、10分先の未来を予測したいです!」 そして、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破する。 永浦百音の上京。 そして・・・ 上京し、民間の気象予報会社で働きはじめた百音は、この仕事が実に多岐に渡ることを知る。 日々の天気や防災はもちろん、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、さまざまな事情を抱えた個人・・・天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した彼女は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長してゆく。 そして数年後の2019年。 予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにする。 これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った百音は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をするのだった。 ふるさと、気仙沼へと戻る永浦百音 自分には何ができるのか、これまで得た知識と技術をどう活かせるのか、どうすれば故郷の役に立てるのか・・・。 これまで、「自分にできる事」を探してもがき、ようやく見つけた気象予報士としての自分。 そして、気象予報士になった自分に何ができるのか、ここから更に百音は不器用なりに考え、もがいていきます。 ふるさとに戻った百音が何をするのか、楽しみにしましょう!.

次の