トイ ファクトリー バーデン。 TOY

TOY

トイ ファクトリー バーデン

概要 株式会社トイファクトリーは岐阜県に本社を構えるキャンピング車両製作販売メーカーです。 そのほか車両・パーツの輸入販売、福祉車両の製作、自動車内外装の製作、消防指令車や検診車といった特殊車両の製作も行っています。 特徴 1995年より車両断熱に特化したキャンピングカーの製作から始まり 業界初の車載式ルーフソーラーパネルの採用やその他新機軸、新機構を積極的に採用するメーカーです。 2008年よりハイスペックバンコンにいち早く取り組み ハイエースバンコンブームの先駆けとも言えるメーカーになりました。 そのこだわりは変わらず 現在も多くのラインナップをハイエースが占めます。 断熱&静寂性を重視したアクリル二重窓やボディ内部のセラミック塗装 進化を続ける高断熱材、発砲シーリング材、二重合板、断熱フィルム、ウィンドウカバーなどなど、 これらの有効性やテストの実証からも多くのこだわりが見て取れ 自社製バンコンに対する自信と、安全面の疑問からキャブコンバージョンの開発を行わない独自のスタンスを貫きます。 ラインナップ 現在はフラッグシップのバスコンバージョン『SevenSeas』に続きバンコンバージョン、軽キャンピングやFENT製の輸入トレーラーがラインナップされています。 とくにメインストリームであるバンコンバージョンでは、ふたり旅行、家族、ペット、トイレの有無、ラケッジ重視など、 それぞれ異なるユーザーのニーズに合わせ、細かにチューニングされたモデルを豊富に持ちます。 SevenSeas• VOGUE ALTAMODA• BADEN ALTAMODA• GT ALTAMODA• CORDOBA CRUISE• BADEN• alcoba• Land Tepee• Hamilton• GT NV 350 CARAVAN• ecoro• FENT CARAVAN 評判 いまや大人気カテゴリとなったバンコンのパイオニアとして、多くの興味を惹きつけていますね。 — むぎ太 FNaru14 トイファクトリーって工場ぽいところをおもちゃ工場だ!!すげー!!って思ってたらキャンピングカーのお店だった。 いつも車を売ってる方のトイファクトリーの横通ってくのに恥ずかしい?? 』 — yotsuba4LC yotsuba4LC 悪い評価 所有数が多く、オーナーさんならではの貴重な意見を多数見ることができます。 これはありがたいことですね。 carview. トイファクトリー・オーナー専用のオートキャンプ場もオープン。 そのほか、RVランドをはじめとした全国の販売店でも展示・販売中です。

次の

BADEN

トイ ファクトリー バーデン

BADEN トイファクトリー - バーデン -(ガソリン 4WD) ¥6,960,800 (税込) 本社 即納車 8月初旬納車 表示の価格は車両本体価格に装着済みオプションを加えた価格です(諸経費別)。 新規でご注文いただく場合¥5,995,000(税込)からラインナップがございます。 表示の納車時期は最短の目安となります。 ご契約からご納車までに必要な手続きの進捗や追加オプションなどにより、ご納車までの期間が表示と異なる場合がございます。 詳しくはスタッフまでお問い合わせください。 BADENのお問い合わせ サマーシーズンに大活躍のクールコンプシステム装着モデル エアロウィンドウがもたらす断熱性と拡張された室内空間に、4名でテーブルを囲めるリビングスペース、大容量のリヤベッド下収納スペースをレイアウト。 デザイン性や機能性はもちろんですが、BADENのおすすめポイントは「多目的にあらゆるシーンで使いやすい万能型レイアウト」。 全体的なバランスの取れたバンコンタイプキャンピングカーです。 展示車はガソリン4WDベースで、夏の車中泊などで威力を発揮するクールコンプシステム(ルームエアコン)を装着済み。 空調の快適性が格段に上がっています。 クールコンプシステムは外部AC電源を接続して利用することを前提としております。 オートキャンプ場やRVパークのご利用をおすすめします。 主要諸元• ベース車両: トヨタ ハイエース スーパーロング キャンパー特装車• 登録ナンバー: 8ナンバー• 型式番号: CBF-TRH226K• 車台番号(下4桁): 4809• エンジン: ガソリン• 総排気量: 2,700cc• 駆動方式: 4WD• ミッション: 6AT• 乗車定員: 6人• 就寝人数: 5人• OPボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン ¥33,000• バックモニター内蔵インナーミラー ¥37,400• LEDヘッドランプ ¥66,000• リヤヒーター ¥47,300• 寒冷地仕様+ヒーターミラー ¥24,200• クールコンプシステム ¥374,000• サブバッテリー追加 ¥40,700• 外部映像出力(HDMI) ¥7,700• テレビステー ¥26,400 表示は消費税込価格です。 掲載している車両の価格には以下のオプション金額が含まれています。 展示車に装着されているオプションの変更はできません。 追加のオプション等につきましては別途ご相談・お見積りいたします。 BADENのお問い合わせ 主な標準装備• 助手席エアバッグ• イモビライザー・オートアラーム• リヤクーラー• スライドドアイージークローザー• フロントフォグランプ• フルエアロウィンドウ(右側・断熱加工)• EURO断熱アクリル2重ウィンドウ(網戸・断熱シェード)• フロアウイングスポイラー(フロント・リヤ)• シートベルト3点式(4ヶ所・フロントシート含む)• シートベルト2点式(3ヶ所)• セカンドシートREVOシート• サードシートREVOシート• 室内フルトリム• 常設ベッド• 小型ベンチレーター• トリプル断熱• トイファクトリーオリジナル天井・壁面断熱加工• トイファクトリーオリジナル断熱セラミック塗装• トイファクトリーオリジナル床面発泡注入断熱• 窓ガラス断熱フィルム• 脱着式テーブル• 上部収納• 遮光カーテン• 抗菌難燃重歩行クッションフロア• ガラスカバー付きステンレスシンク• 40L 冷蔵庫(上蓋)• カセットコンロ• EURO天井メイン照明• バゲッジ照明• ギャレー照明• EURO LEDダウンライト• スライドドア連動エントランスライト• オールインフォメーションボード• 外部充電システム• 100Vコンセント(2ヶ所4口)•

次の

トイファクトリーオプション打ち合せの前に

トイ ファクトリー バーデン

ハイエースをベースとしたバンコンバージョンブームのさきがけとして 国産品質のハイスペックバンコンを世に送り続けるビルダー。 今回はそんなトイファクトリーの評判や口コミについて見てみたいと思います。 トイファクトリーについてざっくりとおさらい (ToyFactory)は1995年創業、岐阜県に本社を持つ キャンピングカーならびに特殊車両の製作を行う企業です。 高性能バンコンの定番ビルダーとも呼ばれており 2018年現在は半年から1年の納車待ちも当たり前となっている人気ビルダー。 年間1000台売れる国産バンコンのうち なんと400台がトイファクトリー製なのだそうです。 シャープ製の車載式ルーフソーラーシステムを キャンピングカーで初めて実装したビルダーとしても知られていますね。 高い安全性と高品質なキャンピングカーを製作すべく 車両はすべて国内生産、パーツもメーカー純正品や国産部品のみを使用し また先述の理由から、車体に大きな加工を加えるカテゴリ(キャブコンバージョンやセミフルコンバージョン)のモデルが存在しない(あえて製作しない)のもこのメーカーの特徴です。 内装に使うファブリック(布材)なども すべて国内生産で仕上げるという、こだわりがすごいですね。 実際に乗って使ってた私から見ると、今回のブラッシュアップは、マイナーチェンジとも呼べるくらいのもの。 使い勝手は劇的にアップしてると思いますよ。 引用: コチラはBADEN元オーナーさんによる 2017-18年モデルと以前のモデル比較記事です。 バンコンモデルはすでに完成されているという声もありますが トイズファクトリーのように細かい気配りを行うビルダーにとっては まだまだ煮詰める場所が残されている、といわんとばかりですね。 ネットでもこのシャワーのレバーを誤って触れることによって、車内が水がとび散るといった記事を読んでいたが、私も初日にタンクにあった全ての水をまったく気づかないうちに放水してしまった。 その失敗から対策を考えていたが、100円均一で偶然見つけた計量カップを購入して、はめてみると見事に収まった。 快感… 引用: こちらもBADENオーナーさんの運用日記です。 バーデン、人気ですね。 写真を趣味とされており 愛車と名所旧跡を訪れる旅の様子とともに BADENの使用感や気になった点などもご紹介されています。 トラックベースのキャブコンよりは取り回しやすいとはいえ、 救急車サイズのスーパーロングを運転するにはやはり神経を使うようですね。 クールコンプのおかげで車内は快適そのもので、 午前中の4時間近くカフェ談義していましたが、 バッテリー電圧容量は半分を消費した程度です。 灼熱の名古屋の夏のお昼で トイのクールコンプは、 4時間以上は確実にもちます 過去ブログでも報告していますが、 夜なら 10時間以上は余裕で大丈夫ですから、しっかりキャラバンで使用できるのが、 トイのクールコンプです 鉛バッテリーが2個の ツインバッテリーでの駆動で ここまで使えるシステムは素晴らしいの一言です 引用: BADENとともにレース観戦や道の駅をめぐるブログです。 トイファクトリーでおなじみのソーラーシステムと 家庭用エアコンの強力なタッグが紹介されています。 得意とする車体断熱加工と相まってか、 デザインとともに空調関係に太鼓判を押すオーナーさんも多いですね。 ハイエースのキャンピングカーといえば、やっぱりトイファクトリーのバーデンシリーズだろうな。 これなら車中泊はもちろん、移動先でパソコン広げての更新作業も問題なしですわ!! — なるせひろのり narusehironori 上でご紹介したオーナーさんブログからも読み取れるように 10種類以上存在するトイファクトリーのバンコンモデルから BADENを選択される方が予想以上に多かったですね。 現在もブラッシュアップが続けられており 次の進化を待ち望んでいるファンも多そうです。 後ろ向きな評判 こちらはトイファクトリーの主力フラッグシップ BADENオーナーさんのインプレッション。 バンコン(BADEN)ならではの使い勝手の良さに触れられる一方、 後部ベッドの硬さがマイナスポイントのようで マットを追加して寝心地を改善する対策等がご紹介されています。 主力商品はまさしく、我がBADENなどのハイエーススーパーロングベースのバンコンですが、 定価は確かに530万円程度ですが、キャンピングカーに必要なテレビ、インバーター、FFヒーター、そしてトイ車の定番であるソーラーシステムやグランデ仕様とすると500万どころか、 750万円程度はあっと言う間です 実際に買うとなるとやはり700万円レベルは最低かかると言うことなんです〜 引用: やはりというか「高い」という声を多く見かけます。 一般的なハイエース(スーパーロング)ベースのバンコン価格帯が およそ500万~600万円(RVビッグフットのソーラーパネル付属モデルでも600万円未満)ほど。 それでも売れているのは 内装のデザインや国産品質の機能性が ステータスとして十分に受け入れられてるということなのでしょう。 下記の記事では国内キャンピングメーカーを一挙ご紹介しております。 ぜひぜひご参考にされてみてください。

次の