歴代総理大臣一覧表。 内閣総理大臣の一覧

日本歴代内閣年表

歴代総理大臣一覧表

凡例 [ ]• 初代と第2代は、明治18年太政官達第69号及びに基づいて任命された。 第3代から第45代までは、に基づいて任命された。 第46代以降は、に基づいて任命された。 なお、第45代は、同憲法103条により、同憲法に基づいて任命されたものとみなされた。 代は(内閣総理大臣)の代数、 人は何人目の内閣総理大臣かを表す。 期間、日数は在職期間と在職日数を表す。 ただし、在職期間が連続していない場合は、各次の在職日数を挙げ、最終次の在職日数の後に通算の在職日数を記した。 以下、内閣総理大臣臨時代理等も含める。 出生地はその人物が出生した場所であり、出身地や選挙区とは必ずしも一致しない。 なお、出生地と選挙区が異なる場合には注を付した。 所属政党: 一覧 [ ] ジャンプリンク• 代 人 内閣総理大臣 内閣 期間・日数 出生地 学歴 栄典・兼職 備考 1 1 いとう ひろぶみ 1885年12月22日 - 1888年4月30日 (861日) (現) のち 2 2 くろだ きよたか 1888年4月30日 - 1889年10月25日 (544日) (現) 従二位 勲一等 伯爵 単独で辞任 - () (さんじょう さねとみ) () (1889年10月25日 - 1889年12月24日) (現) 旧 内大臣のまま内閣総理大臣を兼任しているが 、現在の政府解釈では三条実美は代数に含まれない。 氏名 在任期間 生年月日 現所属政党 現在の政治活動 1989年—1991年 1931-01-02 (89歳) 1993年—1994年 1938-01-14 (82歳) 1994年—1996年 1924-03-03 (96歳) 党名誉党首 2000年—2001年 1937-07-14 (83歳) 会長 2001年—2006年 1942-01-08 (78歳) 2007年—2008年 1936-07-16 (84歳) 2008年—2009年 1940-09-20 (79歳) 衆議院議員 ・ 2009年—2010年 1947-02-11 (73歳) 無所属 理事長 2010年—2011年 1946-10-10 (73歳) 衆議院議員 党最高顧問 2011年—2012年 1957-05-20 (63歳) 衆議院議員 政治団体代表 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

歴代内閣総理大臣の成績表

歴代総理大臣一覧表

Contents• 内閣総理大臣の歴代一覧を見てみよう! 内閣総理大臣今まで何人いたか知ってますか? 明治時代の初代、伊藤博文から始まります。 そして、現在安倍総理大臣で、なんと、97代目なんです。 に何代も総理大臣をしている人もいます。 97代目だから、97人というわけではないのですが、62人いるんですね。 それでは、歴代内閣総理大臣の一覧を見てみましょう。 以下のように順番に総理大事について記載いたします。 x代目 x人目. 在籍期間(在籍日数• おもな出来事 xxxx年• 通算在籍日数 1.伊藤博文• 22-1888. 30 861日• 内閣制度発足 1988• (2700日 2 2. 黒田清隆• 1888. 30-1889. 25 544日• 大日本帝国憲法発布 1889• 544日 三條實美(兼任)1889. 25-1889. 24 3 3. 山縣有朋(第1次)• 1889. 24-1991. 6 499日• 第1回総選挙実施 1890 、• 教育勅語発布 1890 4 4. 松方正義(第1次)• 1991. 6-1992. 8 499日• 大津事件 1891 5. 伊藤博文(第2次)• 1892. 8-1896. 31 1485• 治外法権の撤廃 1894• 日清戦争起 1894• 下関条約締結 1895 黒田清隆 臨時兼任 1996. 31-1996. 18 6. 松方正義(第2次)• 1996. 18-1898. 12 482日• 八幡製鉄所設立 1897• 943日 7. 伊藤博文(第3次)• 1898. 12-1898. 30 170日 8. 5 大隈重信(第1次)• 1898. 30-1901. 8 132日• 隈板内閣 1898 と呼ばれる• 132日 9. 山縣有朋(第2次)• 1898. 8-1900. 19 711日• 清で義和団の乱 1990• 北清事変 1990• 1210日 10. 伊藤博文(第4次)• 1900. 19-1901. 10 204日• 足尾鉱毒事件発生 1885• 2720日 西園寺公望 臨時兼任 1901. 10-1901. 2 11 6. 桂 太郎 第1次• 1901. 2ー1906. 7(681日)• 日英同盟の締結 1902 、• 日露戦争 1904• ポーツマス条約締結 1905 12 7. 西園寺公望 第1次• 1906. 7-1908. 14 920日 13. 桂 太郎 第2次• 1908. 14-1911. 30: 1,143日• 大逆事件(1910)、• 韓国併合条約締結 1910 14. 西園寺公望 第2次• 1911. 30-1912. 21 480日• 明治天皇崩御 1912• 元号が大正に• 1,400 15. 桂 太郎 第3次• 1912. 21-1913. 20 62日• 第1次護憲運動開始 1912• 2,886日 16 8. 山本權兵衞 第1次• 1913. 20-1914. 16 421日• シーメンス事件 1914 17. 大隈重信 第2次• 1914. 16-1916. 9: 908日• 第1次世界大戦勃発 1914• 対華21カ条の要求 1915• 1,040日 18 9. 寺内正毅• 1916. 9-1918. 29: 721日• 米騒動 1918• 721日 19 10. 原 敬• 1918. 29-1921. 4: 1,133日• 初の本格的政党内閣 1918 、• 国際連盟に加盟 1920• 1,133日 内田康哉 臨時兼任 1921. 4-1921. 13 20 11. 高橋是清• 1921. 13-1922. 2 212• ワシントン会議 1922• 212日 21 12. 加藤友三郎• 1922. 12-1923. 24 440• 関東大震災 1923• 440日 内田康哉 臨時兼任 1923. 25-1923. 2 22. 山本權兵衞 第2次• 1923. 2-1924. 7 128• 549日 23 13. 清浦奎吾• 1924. 7-1924. 11 157日• 157日 24 14. 加藤高明• 1924. 11-1926. 28 597日• 普通選挙法の成立 1924 、• 治安維持法成立 1925• 597日 若槻禮次郎 臨時兼任 1926. 28-1926. 30 25 15. 若槻禮次郎 第1次• 1926. 30-1927. 20 446• 大正天皇崩御 1926• 元号が昭和になる。 26 16. 田中義一• 1927. 20-1929. 2 805日• 張作霖爆殺事件 1928• 805日 27 17. 濱口雄幸• 1929. 2-1931. 14 652日 ロンドン会議 1930• 652日 28. 若槻禮次郎 第2次• 1931. 14-1931. 13 244日• 690日 29 18. 犬養 毅• 1931. 13-1932. 16 156日 満州国建設 1932 、• 五・一五事件起きる 1932• 156日 30 19. 齋藤 實• 1932. 26-1934. 8 774日• 国際連盟脱退 1933• 774日 31 20. 岡田啓介• 1934. 8-1936. 9 611日• 二・二六事件起きる 1936• 611日 32 21. 廣田弘毅• 1936. 9-1938. 2 331日• 日独防共協定締結 1936• 331日 33 22. 林 銑十郎• 1937. 2-1937. 4 123日• 123日 34 23. 近衞文麿 第1次• 1937. 4-1939. 5 581日• 日中戦争勃発 1937 、• 国家総動員法発令 1938 35 24. 平沼騏一郎• 1939. 5-1939. 30 238日• ノモンハン事件 1939• 238日 36 25. 阿部信行• 1939. 30-1940. 16 140日• 140日 37 26. 米内光政• 1940. 16-1940. 22 189日• 南京政府 日本の傀儡政権 の樹立 1940• 189日 38. 近衞文麿 第2次• 1940. 22-1941. 18 362日• 日独伊三国軍事同盟締結 1940 39. 近衞文麿 第3次• 1941. 18-1941. 18 93日• 日ソ中立条約締結 1941• 1,035日 40 27. 東條英機• 1941. 18-1944. 22 1,009日• 太平洋戦争はじまる 1941• 1,009日 41 28. 小磯國昭• 1944. 22-1945. 7 260日• 260日 42 29. 鈴木貫太郎• 1945. 7-1945. 17 133日• 広島、長崎に原爆が投下• 終戦 1945• 133日 43 30. 東久邇宮稔彦王• 1945. 17-1945. 9 54日• 降伏調印する 1945• 54日 44 31. 幣原喜重郎• 1945. 9-1946. 22 226日• 財閥解体、農地改革、婦人参政権など• 戦後の民主化政策 1945-1952• 226日 45 32. 吉田 茂• 1946. 22-1947. 24 368日 46 33. 片山 哲• 1947. 24-1948. 10 292日• 初の社会主義政党の政権 1947-• 292日 47 34. 芦田 均• 1948. 10-1948. 15 220日 220• 昭和電工事件起こる 1948 48. 吉田 茂 第2次• 1948. 15-1949. 16 125日• 極東軍事裁判 1946-1948 49. 吉田 茂 第3次• 1949. 16-1952. 30 1,353日• サンフランシスコ平和条約を締結 1951 50. 吉田 茂 第4次• 1952. 30-1953. 21 204日 51. 吉田 茂 第5次• 1953. 21-1954. 10 569日• 2,616日 52 35. 鳩山一郎 第1次• 1954. 10-1955. 19 100日• 55年体制開始 1955• GATTに正式加盟 1955 53. 鳩山一郎 第2次• 1955. 19-1955. 22 249日• 日ソ共同宣言 1956 、• 国際連合に加盟(1956) 54. 鳩山一郎 第3次• 1955. 22-1956. 23 398日• 745日 55 36. 石橋湛山• 1956. 23-1957. 25 65日• 65日 56 37. 岸 信介 第1次• 1957. 25-1958. 12 473日 57. 岸 信介 第2次• 1958. 12-1960. 19 769日• 新安保条約締結 1960• 1,241日 58 38. 池田勇人 第1次• 1960. 19-1960. 8 143日• 所得倍増計画 1960 59. 池田勇人 第2次• 1960. 8-1963. 9 1,097日 60. 池田勇人 第3次• 1963. 9-1964. 9 337日• 東京オリンピック開催 1964• 1,575日 61 39. 佐藤榮作 第1次• 1964. 9-1967. 17 831日• 日韓基本条約締結 1965 62. 佐藤榮作 第2次• 1967. 17-1968. 14 1,063日• 非核三原則を表明(1967)、• 小笠原諸島返還 1968 63. 佐藤榮作 第3次• 1970. 14-1972. 7 906日• 沖縄が返還される(1972)• 2,798日 64 40. 田中角榮 第1次• 1972. 7-1972. 22 169日 65. 田中角榮 第2次• 1972. 22-1974. 9 718日• 日中共同声明 1972• 886日 66 41. 三木武夫• 1974. 9-1976. 24 747日• ロッキード事件発覚 1976• 747日 67 42. 福田赳夫• 1974. 24-1978. 7 714日• 日中平和友好条約締結 1978• 714日 68 43. 大平正芳 第1次• 1978. 7-1979. 9 338日 69. 大平正芳 第2次• 1979. 9-1980. 12 217日• 554日 伊東正義 臨時代理 1980. 12-1980. 17 70 44. 鈴木善幸• 1980. 17-1982. 27 864日• 参院選に比例代表制を導入 1983• 864日 71 45. 中曽根康弘 第1次• 1982. 27-1983. 27 396日 72. 中曽根康弘 第2次• 1983. 27-1986. 22 939日 73. 中曽根康弘 第3次• 1986. 22-1987. 6 473日• 国鉄が民営化される 1987• 1,806日 74 46. 竹下 登• 1987. 6-1989. 3 576日• 消費税導入 1989• リクルート事件発覚 1988• 昭和天皇崩御 1989• 元号が平成に• 576日 75 47. 宇野宗佑• 1989. 3-1989. 10 69日• 69日 76 48. 海部俊樹 第1次• 1989. 10-1990. 28 203日 77. 海部俊樹 第2次• 1990. 28-1991. 5 616日• 湾岸戦争起こる 1991• 818日 78 49. 宮澤喜一• 1991. 5-1993. 9 644日• PKO法成立 1992• 644日 79 50. 細川護煕• 1993. 9-1994. 28 263日• 55年体制の崩壊 1993• 263日 80 51. 羽田 孜• 1994. 28-1994. 30 64日• 64日 81 52. 村山富市• 1994. 30-1996. 11 561日 阪神大震災 1995• 地下鉄サリン事件 1995• 561日 82 53. 橋本龍太郎 第1次• 1996. 11-1996. 7 302日• 住専処理法成立 1996 83. 橋本龍太郎 第2次• 1996. 7-1998. 30 631日• 932日 84 54. 小渕恵三• 1998. 30-2000. 05 616日• 国旗・国歌法成立 1999• 616日 85 55. 森 喜朗 第1次• 2000. 05-2000. 04 91日 86. 森 喜朗 第2次• 2000. 04-2001. 26 297日• 387日 87 56. 小泉純一郎 第1次• 2001. 26-2002. 19 938日• イラク派兵を決定 2003• 1980日 88. 小泉純一郎 第2次• 2002. 19-2004. 21 673日 89. 小泉純一郎 第3次• 2004. 21-2006. 26 371日 90 57. 安倍晋三 第1次• 2004. 26-2007. 26 366日 91 58. 福田康夫• 2007. 26-2008. 24 365日• 365日 92 59. 麻生太郎• 2008. 24-2009. 16 358日• 358日 93 60. 鳩山由紀夫• 2009. 16-2010. 8 266日• 政権交代 2009• 266日 94 61. 菅 直人• 2010. 8-2011. 2 452日• 東日本大震災、福島原発事故 2011• 452日 95 62. 野田佳彦• 2011. 2-2012. 26 482日• 482日 96. 安倍晋三 第2次• 2012. 26-2014. 安倍晋三 第3次• 2014. 24-• 安保法可決 2015• 共謀罪成立(2017)• 1981日、2017. 28時点 一覧を見ただけで、おお~!というかんじですね。 何だか夏休みの自由研究みたいですね。 スポンサードリンク 歴代最長任期は誰? 第11・13・15代総理大臣の 桂太郎氏の通算在籍日数2886日です。 戦後では、第61・62・63代総理大臣の 佐藤栄作氏の2798日です。 現、総理大臣の安倍晋三氏が佐藤栄作氏を抜いて戦後最長任期になるかもしれません。 これから、どうなるでしょうね。 歴代内閣の覚え方を紹介します 覚え方は、色々あるようです。 その中で、一番よく聞くものを紹介しますね。 最初の一文字をまず、順番にならべます。 伊藤博文ならー い 黒田清隆ならばー く 初代から97代までいきますよ~! これは、子供たちの試験対策になりそうですね。 まず、私達が覚えて、自慢してみるのもいいかもしれません(笑)。 今回は、社会科の勉強会みたいでした。 長文ですが、最後までよんでもらえましたか? 近代史の勉強や首相交代のニュースがあれば、ぜひ、この記事を参考にしてみて下さいね。 スポンサードリンク.

次の

歴代総理大臣一覧表

歴代総理大臣一覧表

歴代の内閣総理大臣62人に成績を付けてみました。 首相在任中の仕事の評価です。 首相でなかったときの仕事は評価しておりません。 また、現職の安倍晋三氏は除外させていただきました。 意見がありましたらお願いいたします。 日本史上最悪の時期に尽力。 地方を意識した保守政治家。 遅れていた教育やインフラの拡充。 首相としては凡庸。 都市部と地方の格差を縮小させた。 汚職がなければもっと上位かも。 ただしバブルの元凶でもあり経済面は微妙。 平成では小泉とともにトップクラス。 国連加盟。 55年体制の父。 リクルート事件も低評価。 それだけ。 国民を翻弄した宇宙人総理。 鳩山と同類の宇宙人。 敗戦という責任は重いだろう。 ただ、付け加えたい点もいくつかあります。 個人的には吉田茂と入れ替えても良いくらい。 個人的には岸信介や池田勇人のほうが上位。 原野商法の荒れた土地が未だにある。 冷戦下で日本脱落を阻止しようとしたレーガンとサッチャーにヨイショされただけ。 ブレーンを見ると親ソ 中 派だったのがよくわかる。 野党時代の実力は認めるが、首相としては30点台でも高すぎ。 敗戦責任をとらず、終戦時にうまく立ち回っただけ。 個人的に近衛・東条の次に評価が低い首相。 河野談話が発表されたのもこの人が総理だった時。 【その他】 石橋湛山と小渕恵三にはもう少し長く首相を務めてほしかった。 戦争関係者と民主党の総理の評価は妥当。 どう考えても、桂太郎は90点以上でしょ。 間違っても、鈴木貫太郎や吉田茂より評価が低いとはありえない。 例えるなら、「負けた戦争の負け越しを防いだ首相」と「戦争に勝った首相」と比べてるようなもの。 たぶん、あなたは日露戦争をあまり知らない人なのでしょう。 日露戦争は、当時の対米開戦時よりも国力差がある戦争で、「日米では国力差があるが、その日米よりも国力差がある日露戦争にも勝ったのだからいけるんじゃね?」という誤った認識も対米開戦と言う結果を招く要因になった。 (勘違いしている人が多いので言うが、対米海戦直前の日米の比較ね。 終戦間際の比較と勘違いする人が多いので念のため。 ) それくらいの勝利不可能な戦争に勝った首相が、それよりも国力差が無い戦争に負けて、その負けの傷を深くしない事に努力した首相より評価が低いというのはありえない。 それと、戦後教育の影響で、日露戦争を「勝った戦争」と教えたくないようで、私が小学生の頃は「日露戦争はロシア革命が起きて勝手にロシアが自滅した戦争」と教わった。 これは誤り。 まず、日露戦争のロシア革命は、日本の明石大佐が仕掛けた工作。 そして当時の日本の戦争目的は、南下政策を推し進めるロシアを、朝鮮半島39度線(38度ではなく39度)まで追い払う事。 結果を見ると、39度よりももっと北、満州の方まで追い返したので、戦争目的を果たして勝利。 しかもそれ以上の成果なので大勝利になる。 (当時の国民は、戦争目的を理解しないで、賠償金を獲得できなかったなどの理由で、桂政権を批判し、後に桂内閣は退陣する。 物事が見えていない国民やマスコミのせいで桂太郎が正当に評価されていない節がある。 連戦連勝の戦争でしたが、これ以上の戦争継続は弾薬が無かったので不可能でした。 戦争目的も果たしたのでやる必要もありません。 しかし、弾薬が無くて継続できない事を国民に説明すれば、ロシアは即時講和を破棄して攻め込んできます。 よって桂は保身には走らず、甘んじて批判を受け入れ退陣しました。 ) それらの功績は、桂太郎の指導力の賜物です。 質問者の、伊藤博文と池田勇人の評価は妥当。 吉田茂は優秀な首相だと思うが、戦後教育のバイアスが強く反映している為、過剰評価になりがち。 「歴代首相で一番は、吉田茂」と思っている人も少なくない。 上げられたの首相ランキングを細かに突っ込んだらきりが無いので。 上位3位だけで気になったのを言いました。 ここから先、もっと勉強したいと思っていて、もし読んでいないのでしたら、升味準之助先生の『日本政党史論』を全部読むのをオススメします。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... 首班指名されてから,衆議院選挙後の首班指名まで,或いは辞職・死亡するまでが1期と言えるでしょう。 >何期できるのですか? 制限がないので,何年でもできます。 ただ,自由民主党では,総理には党の総裁が就くことになっています。 自由民主党の総裁の任期は現在,3年と定められており,2期までと定められていますから,最長6年ということになると思います。 でも,自由民主党は総裁公選規程をコロコロ改正しています。 昔,中曽根氏が総理総裁の時,総選挙で大勝したから,総裁任期を1年延長されたりしました。 kantei. html A ベストアンサー 史上最高の総理「田中角栄」 「理由・高等小学校だけしか出ていないのに、努力の人・平民宰相・などと就任時には持て囃されましたことは記憶に新しい。 天下の朝日新聞も褒め讃えました。 大蔵大臣就任時には並み居る東大卒業優秀幹部を前にして「僕は浅学非才・諸君は東大卒・学識では敵わないからドンドン仕事をしなさい。 責任は全部僕が負う」の名訓示は有名。 総理大臣在任中には日本列島全部を元気に明るくしましたね。 「史上最低の総理」「二人居ます」 1「田中角栄」「航空機輸入に関して「紅茶ン」なる得体の知れないガイジンから500000000円をもらった。 それを乗用車のトランクに入れて運んだ秘書官を自殺に追い込んだ」 2「三木武夫」「クリン・バルカン政治家を標榜して、田中角栄追い落としと、絶不況にも拘わらず「政治改革ザンマイ」と言って有効対策打ち出せず、イナバ法務大臣と釣り談義にかこつけて大物を網に入れる作業に没頭し、クリン三木とはホド遠く、三光汽船親玉である河本敏雄通産大臣の「ジャパンラインの買収」や「共栄タンカアの乗っ取り」を黙認して、そのアラカセギ利益をサイフ代わりにした総理。 クリンさが聞いて呆れるよ」 史上最高の総理「田中角栄」 「理由・高等小学校だけしか出ていないのに、努力の人・平民宰相・などと就任時には持て囃されましたことは記憶に新しい。 天下の朝日新聞も褒め讃えました。 大蔵大臣就任時には並み居る東大卒業優秀幹部を前にして「僕は浅学非才・諸君は東大卒・学識では敵わないからドンドン仕事をしなさい。 責任は全部僕が負う」の名訓示は有名。 総理大臣在任中には日本列島全部を元気に明るくしましたね。 「史上最低の総理」「二人居ます」 1「田中角栄」「航空機輸入に関して「紅茶ン」な... A ベストアンサー もう一つ付け加えておきましょう。 「犯罪(行為)の客体」という表現があります。 客体とは対象くらいの意味に思ってください。 これとは別に「保護の客体」という表現もあります。 それぞれどう違うのか?大体重なることがよくあるのですが、例えば公務執行妨害罪では、「犯罪(行為)の客体」は公務員です。 つまり、公務員に「対して」暴行脅迫を用いるので、「犯罪(行為)の客体」は公務員というわけです。 一方、「保護の客体」ですが、これは「国家(地方公共団体等も含む。 以下同。 )の作用」です。 公務執行妨害罪という犯罪類型が保護している対象は何かと言えば、これは「公務が適正に執行できること」つまり「国家の作用」であって、その公務を執行する公務員を保護することで、公務が適正に執行できることを実現するというわけです。 ですから、「保護の客体」は、「国家の作用」具体的には「適正な公務執行」ということになります。 この「保護の客体」こそが保護法益なのです。 ちなみに、「被害者」(特別な法律概念ではなく、当該犯罪行為によって直接に害を受けた者くらいの意味に思っておけば十分です)というのはまた別の話です。 公務執行妨害罪など国家的法益についての罪で、被害者は誰かを論じる実益はありませんが、あえて言えば、「国家」です。 もう一つ付け加えておきましょう。 「犯罪(行為)の客体」という表現があります。 客体とは対象くらいの意味に思ってください。 これとは別に「保護の客体」という表現もあります。 それぞれどう違うのか?大体重なることがよくあるのですが、例えば公務執行妨害罪では、「犯罪(行為)の客体」は公務員です。 つまり、公務員に「対して」暴行脅迫を用いるので、「犯罪(行為)の客体」は公務員というわけです。 一方、「保護の客体」ですが、これは「国家(地方公共団体等も含む。 以下同。 )の作用」です。 公務執...

次の