俺でいいのか レッスン。 日本舞踊のオンラインレッスンをZOOM、LINE、Skypeでやってみた|梅澤暁/俺の日本舞踊|note

第55話 一週間限定マンツーマンレッスン 中編

俺でいいのか レッスン

ぼくがアコギを弾き始めたのは中高生のころで、習いにいくという発想はなかったですね。 仮に思ったとしても学生だから費用は捻出できなかったでしょう。 (1年通えばその受講料で10万の楽器が買えるのだから、費用を捻出できても行かなかったでしょう。 ) まわりとと比べて、おぼえは遅かったかもしれないけれど、まあまあ弾けるようになったし(高校の文化祭で弾いたし、今思えば赤面ものだけど)、まあそれでよかったかなと思ってます。 そもそもギターってそういう敷居が低い楽器だと思うし。 ただし、質問者さんの年齢と経済的な事情は分かりませんが、もしも大人なら、習いに行く選択肢はアリだと思います。 ぼくの場合は学生だったからカネはないけど時間があった。 人前で弾く機会もあった。 大人は時間がない、だけどおカネは都合が付けられる。 そしてなにより人前で弾く機会がない。 上手くなればオープンマイクもあるけれど、練習過渡期の人は弾く機会がないんですね。 そういうギターを弾く状況トータルで考えると、習いに行くのはアリかなと思います。

次の

坂本冬美、YouTubeデビュー舞台裏を告白&「俺でいいのか」追撃盤配信スタート

俺でいいのか レッスン

"子供は早めに作るッ"と宣言した結婚をして、一年たっても子供が出来なかったんだけど、その時三日に一回ペースで催促電話来たよ。 自分達ももう長くないから、早く孫見せてくれって。 そんな焦る事無いだろうと思いながら病院いくと、どうやら彼女は少しばかり妊娠し辛い体質らしい。 自分は問題なし。 でも彼女も一杯一杯だったから、ご両親には自分の種が少ないんだっていってある。 今でも時々催促は来てる。 彼女とは、年齢が年齢だから子供が出来なくてもしょうがないかもねって話してるよ。 …ひょっとしたら、その言葉すらもプレッシャーになっていたのかもしれないな。 返信を返し終わったら、明日4時に起きなきゃいけないし少し眠っておくよ。 他の報告は帰国後かな…。 女って男と会う時って下着に拘るから、下着のチェックも忘れないように。 知らない勝負用の下着が幾つも出てきたら真っ黒だと思う。 服が派手になっているというから恐らく・・・・。 家のゴムの数のチェックとか、薬(ピル)等が無いかとか箪笥関係はさらった方がいい。 帰国直後のゴミもチェック、自宅での可能性. も高いからゴムが捨てられている可能性. も高い。 現状の状況証拠だけでかなり黒に近いんだが、上の内容のどれかが当てはまってたら確実に黒だと思った方がいい。 現場を押さえたいなら、帰国を早めて家を張り込むって手もある。 ただ、現場を押さえると興信所はいらなくなるが、ダメージは半端なく大きいから覚悟すること。

次の

Stand

俺でいいのか レッスン

これはオンラインレッスンを始めたい、日本舞踊教室の先生向けの記事です。 オンラインレッスンはメリットがたくさんあります。 教室に通えない人でも稽古できる(外出自粛・進学・就職・結婚・転勤など)• 移動時間が節約できる• 使うサービスによっては稽古の録画など便利な機能が使える などなど。 一方で、• オンラインレッスンを始めたいけど、どうしていいかわからない• 何か高い機器を買わなければいいけないんじゃないか• やってみたいけど勇気が出ない・・・ など悩んでいる教室の先生向けに 「これさえあれば、すぐにでもオンラインレッスンを始められる!」 という最低限の準備をご紹介します。 舞踊のオンラインレッスンは全国的に見ても、まだまだ始まったばかりの新しい取り組みです。 まずは、完璧に準備しようと思わずに、最低限の準備をして、小さくはじめてみるのが良いと思います。 さて、最初に結論ですが、オンラインレッスン始めるのに最低限必要なものはこれらになります。 ノートPCもしくはタブレット• Wifi(無線)インターネット環境• WEBコミュニケーションツール(Skype,ZOOMなど)• トライアンドエラーで良くしていこうという心構え さっそく見ていきましょう。 ノートPCもしくはタブレット オンラインレッスンは、教室とお弟子さんの家をインターネットで中継しながらお稽古することです。 インターネットにつながる機器が必要ですが、スマホだとちょっと画面が小さすぎます。 ですから、ある程度の画面サイズがあるノートPCか、タブレットが必要です。 疑問:デスクトップPCではオンラインレッスンはできない? デスクトップ型のPCでもオンラインレッスンはできます。 しかし、レッスンができる広い場所に移動することが難しいことと、ノートPCやタブレットにはたいてい、WEBカメラが内蔵されていますが、デスクトップPCにはカメラがついていないので、外付けのカメラを購入する必要があります。 ですので、ノートPCやタブレットのほうが便利です。 あればなおよし corei5以上のCPUがあるPC PCと言っても、いろんな性能があります。 動画の滑らかさや、画質の良さなどは、PCの性能によっても左右されます。 もし本格的にオンラインレッスンを続けていこう!となったら、「corei5以上のCPU」のPCを買いましょう。 ここで詳しくは解説しませんが、動画再生に充分な力を発揮するPCの性能だと思ってください。 機器の高さを調整するための器具 稽古風景をしっかりカメラに収めるためには、機器の高さを調整することが重要です。 稽古できる場所の広さにもよりますが、腰の高さから目の高さくらいまでの間に置くことになると思います。 意外とこれが難しいのです。 三脚と、三脚にPCやタブレットを固定するための器具などがありますので、稽古の質を高めるためにそういったものを準備すると、よりよいお稽古になると思います。 Wifi(無線)インターネット環境 オンラインレッスンにはインターネット環境が必要です。 ノートPCやタブレットを使う場合は、Wifi(無線)インターネット環境が必要になります。 有名なところだとNTTや、au光、NURO光、ケーブルテレビのインターネットなどです。 ワイモバイルやワイマックスといった、モバイルルーターでも無線でインターネットが使えます。 疑問:家にインターネットを引いてないけどできる? タブレットでインターネットはできるけど、家に固定回線のインターネットは引いていない、またモバイルルーターも契約していないという人もいると思います。 そんな場合でもオンラインレッスンはできます。 注意してほしいのは、タブレットで契約しているインターネットの「通信制限」。 一定以上インターネットを使うと、速度が遅くなってしまう可能性があります。 オンラインレッスンは動画を使い、通常のメールや検索よりもたくさん通信容量を使用します(筆者が以前1時間オンラインレッスンをしたときは1Gの容量を使用しました)。 レッスンを行う場合は、通信制限に注意して行いましょう。 そして本格的にオンラインレッスンを始めたいときには、家に光回線引くことをお勧めします。 あればなおよし 光回線のインターネット環境 オンラインレッスンではインターネットを通じて「動画」という大きな情報量をやりとりするので、インターネットの回線速度が重要です。 やはり一番いいのは光回線を引くことです。 速度も速いし、通信制限もありません。 初期段階ではまずあるものでテストする事が重要ですが、本格的にオンラインレッスンを継続する場合は光回線を引くことをお勧めします。 WEBコミュニケーションツール(Skype,ZOOMなど) オンラインレッスンでは動画での通話ができるサービス(アプリ)を使います。 SkypeやZOOMといったサービスを聞いたことがありますか?テレビ電話ができるもの、と思ってもらえればよいと思います。 LINEでもOKです。 どのサービスも無料で使えるので、始めるのに費用は一切かかりません。 ZOOM Skype LINE あればなおよし 外付けスピーカー・マイク PCやタブレットに内蔵のマイクやスピーカーで、画質や音質、音量が小さすぎる、など問題を感じた場合は、外付けのマイクやスピーカーを買う方法もあります(内蔵のもので問題なければ、わざわざ買う必要はありません)。 トライアンドエラーで良くしていこうという心構え オンラインレッスンを始めるにあたって、大切なことは、「トライアンドエラーで良くしていこう」という気持ちです。 慣れないサービスを使う、対面では簡単にできることが、オンラインだと難しい、機器やインターネットのトラブルでレッスンが止まってしまう、ということも起こりえます。 しかし、ほとんどの問題は解決できます(またそのようなトラブル・解決集の記事も公開していきます)。 苦手なら、得意な人に頼ろう もしあなたがPC操作や、新しいツールを使うことが得意ではなくても、お弟子さんの中にお一人くらい、そういったことに慣れている方はいませんか?または新しい取り組みに積極的に取り組んでくれそうな方がいませんか?そういう人に頼るのも、一つの手段です。 お弟子さんに頼るのは少し抵抗があるかもしれませんが、意外と師匠に頼られるのは嬉しいかもしれませんよ。 最初の協力者を見つけてオンラインレッスンのテストをする いきなり大々的にオンラインレッスン始めました!と宣伝するのは勇気がいりますし、本当に上手くいくかもわかりませんよね。 まずは最低限の機器・環境の準備が出来たら、最初にテストでオンラインレッスンをやってみましょう。 お弟子さんでもいいですし、家族でもいいと思います。 まずPCやタブレットを準備して、インターネットに接続して、アプリケーションを開いて、実際にお稽古してみる。 そのテストが重要です。 きっと、「あ、こういう風にカメラにうつるんだ」「こういうところが難しいね」「こうしたらいいんじゃない?」など、うまくいかないことも、改善のアイデアも両方たくさん出てくると思います。 それがとても重要です。 まとめ オンラインレッスンに最低限必要なものは、• ノートPCもしくはタブレット• Wifi(無線)インターネット環境• WEBコミュニケーションツール(Skype,ZOOMなど) でした。 また、始めるにあたっては、最初から完璧を目指すのではなく、 「トライアンドエラーで良くしていこう」というくらいで始めるのが良いと思います。 そしてまずは 協力者を見つけてテストするところから始めるのが良いと思います。 それでは、オンラインレッスンにぜひ、チャレンジしてみてください! 追記・オンラインレッスンで遠く離れた弟子と稽古を再開 私の知り合いの教室で、オンラインレッスンを導入した話です。 3年前に仕事の都合で長野に引っ越した弟子がいるお師匠さんがいます。 始めは数か月に一度、東京に来てお稽古をして、発表会にも出ていましたが、やはり距離も遠いし、だんだんと足が遠のいてきました。 そこへきて今年のコロナショックです。 お師匠さんがオンラインレッスンのアイデアを相談すると、真っ先に手を挙げたのがこの長野のお弟子さんでした。 久しぶりに画面越しに顔を合わせて会話をしてお稽古をして、お師匠さんは「やっぱり、顔を見て話せるのはいいね」とおっしゃいました。 オンラインレッスンは対面での稽古とまったく同じにはなりません。 しかし技術に進歩により、それに近いパフォーマンスは可能ですし、なにより教室の一体感が遠く離れた場所でも生まれていることにとても嬉しい想いでした。 , , ,• 俺の日本舞踊の管理人です。 日本舞踊を始めて6年、もっとたくさんの人に日本舞踊と出会ってほしい、そして深めていくきっかけを提供したい。 そういう想いで「俺の日本舞踊」を運営しています。 Twitterもやっていますので、フォローしていただけると喜びます! 関連する記事• 2020. 01 オンラインレッスンにおいて、「稽古をする場所」がひとつのネックになります。 前後左右に動き回れるだけの広さが必要だからです。 そして、ある程度広さが確保[…]• 2020. 22 2020年6月20日(土)、一般社団法人 インバウンド ビジネス協会主催の、インバウンドビジネスフェスタ2020に「オンライン日本舞踊」の紹介で参加し[…]• 2020. 01 ZOOMが流行ってるみたいだけど、どうやって使うんだろう? こういうサービスはなんか抵抗があるけどオンラインレッスンをするために使ってみたい。 この[…].

次の