不思議ドットネット。 .NET(ドットネット) とは? 意味・説明 (IT辞典)

不思議ネット・オカルト情報

不思議ドットネット

良かったら ご利用 を。 動画・ トピックス項目 の 下 に 記載 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 注目記事 * 上記 5つの記事 について。 宇宙時代 になって 人々の意識 が 宇宙 ・ 空 に 向き 、 人々 の 思い が 視覚化 ・ 具現化? ・物象化? した 結果 ではないでしょうか? 空・空間 の スクリーン化 宇宙人 に 関しまして も、 想像 の 視覚化 ・具現化? ・物象化?が あるのかも。 他生命系 からの 訪問者 である 可能性 も、もちろん あります。 また、 地球人 が 思い によって 変態 ・浮遊 したか、 幻視 および 集合意識 を 反映 させ、 可視化 された 可能性 も あります。 公安 的 にいいますと、 騒動集団 にならないよう 注意 しないといけませんね。 * 大国 が UFOの存在 を 匂わせ 利用したりする のは、 暗に、時には 無意識 に、 わが国 は すごい兵器 を 持っていて 残骸 を 回収 したり、 宇宙人 と を とっていて、 技術供与 を 受けている うんぬん [ 大国的迫力・ロズウェル・ロシア ダリネゴルスク事件・エリア51・軍事・気象兵器 ] 逆らったら大変だぞ、 つまり いろいろ できうる限り の さまざまな分野 でも 大国感 を かもしだす ため などというような を 示し 潜在的 に 大衆 の 心理を操作 している 可能性 も 否定できない ので、 その視点 にも 気づき 注意したい ですね。 大国大衆マネジメントの一環・事実の利用、再利用 事実そのものの作り上げ [ フィクション の 利用・ドラマ・映画 ] それに従う心理も含め。 そういう意味 では、 問題 を かかえていたり 、 大国意識 ・影響力 を 持ちたい と 強く願う国 ほど 超常現象 も おこりやすい? 、おこしやすい? と いえるのかも しれませんね。 自作自演 も 含め。 このサイト的 にいうと、 大衆 や 支配層 の 「 思 」 い 的 にも。 このサイト の オカルト に 関する 見解 につきましては、 下記 の 記述 参照 です。 日本 においては、 エンタメ的 に 推移 している? 映画 や 番組 等 国の運営 や、大衆の意識 を しっかりコントロール しないと、 何かおこる かもしれませんね。 意識の深層・使徒襲来? *日本・アメリカ・ヨーロッパ・バチカン・ユーラシア・南米・アフリカ・中国・北朝鮮。 たとえば、物も物として 思い、秩序 を 形成。 [ 物 にも 思い がないと、 私達 の 思い も 論理的 に 生まれ得ない。 神・有無 ですら 思い の 内。 ] 一人一人 が 思い の 神。 宇宙 の 統一力・結合力・凝繋力。 物的 分断 切り分け 無消 の 構造体・集合体 概念 が、 エネルギー という 思い 0割禁則念 の 位置づけ です。 エネルギー についての 見解 は、 の 項目 を 参照。 神 ・幽霊 ・生霊 ・妖怪 ・妖精 ・天使 ・悪魔 ・UFO ・ 宇宙人・UMA ・ 超能力 ・ 予言・奇跡 ・厄災 等 の オカルト的 な 現象 は、 めったに起こらない事 だと 思います が、 人々個々 や 全体 が 変革 を 欲し 求め、 心の内 を 投影 するのならば、 必要 に応じて 視覚化、そして、 場合によって は、 創造 ・物象化 されうる のではないか と。 これ が このサイト の 現時点 での 見解 です。 もちろん フェイク ・偽物 ・CG 等による創作 は、 多い ことでしょう。 そもそもが、フェイク に 近い という考え方 も いえるかもしれません。 ですが、それが作られる 背景 というのも、 同時代的 な さまざまな 思い ・心理 の 発露 ということも いえるのではないでしょうか? 想像・幻想・空想 も、創造 への 第一歩? また、 さまざまな現象 や 神話 ・伝承 などは、 的 に 考察 しても 面白い かもしれません。 社会をうまく回すための・英知・仕組み・構造 ・ 全て が 思い の 神。 思いとして 一つにつながり、宇宙を形成・思一全繋 多様存続 性。 全て が 全て で 全て を 創っている。 宇宙の凝集力・凝繋力・凝一力・思念の結晶・全ての思い を 大切に。 あの世 が あるならば、 自分 で 自分 を、また、 お互い に 審査 お互い が お互い で お互い を し、 たもとを分かつ でしょう。 存在 ・生存 に 貢献 すれば、 良き所 に 行けるかもしれません。 全て が 神 というわけですから、個人的・特定集団的 な 全能感 ごとき では、 びくともしない、 通用しない ということは、付け加えておきましょう。 ・ 神 が 万能 なら、 宇宙全体 が 神。 万能 とは 全ての事象 を さすわけですから。 悪 ・無 は、 滅び の 核 地獄。 悪 は 原因 を 読み解き 浄化 、 根治 無 は 幻 とすれば 安泰。 無幻 無 から 生まれ 無 に 返る、というのは 矛盾。 無 からは 何も生まれえず、 返ることすらもできない というのが 無 なのですから。 無 とは 幻。 すべては 思い の 内。 有無・神 ですら。 自ずから 作り出し ては 本末転倒。 それこそ 無間地獄 です。 悪霊浄散・ 無滅幻成。 ・ 平和 への 祈り を ささげる 主体 は あっていい と 思いますが、 全地球的・全宇宙的 集団 神らしき振る舞い を 誇示するもの は、 個々 や 特定集団 の いやしさ が 往々にして 混ざったもの なのではないでしょうか? 気をつけましょう。 神 ・幽霊 ・生霊 ・妖怪 ・妖精 ・天使 ・悪魔 ・UFO ・ 宇宙人・UMA ・ 超能力 ・ 予言・奇跡 等 いろいろと 理解 ・ 情解・分析 ・創造 される と 面白そう ですね。 もちろん その過程で おかしな人 に 利用されず、 命 に 別状のない エンターテイメント的 な 範囲内 で。 つまり 何が言いたいかというと、 宇宙人 こないかな。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------.

次の

焦点:新型コロナでネット利用急増、なのに通信株低迷の不思議

不思議ドットネット

4月14日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的なロックダウン(都市封鎖)でインターネット利用が拡大し、ゲームや食事デリバリーといった企業のオンライン販売が増える中、通信株の株価はネットサービスを利用している企業をアンダーパフォームしている。 アジア、アフリカ、欧州、南北アメリカでの高水準の固定費や債務に市場混乱が加わったためだ。 アムンディ・アセット・マネジメントの株式部門責任者、カスパー・エルムグリーン氏は「ややサプライズだ。 伝統的なディフェンシブ銘柄は役割をこなしているが、通信株はあまりディフェンシブではない」と指摘。 欧州市場全般にほぼ沿って株価が下落していると説明した。 通信事業者のサービスがこれまでになく重要になっているが、株価は各社が直面する困難な環境を示している。 世界中で何百万人の人々が自宅に閉じ込められ、企業は閉鎖されている。 このため事業やエンタテインメントはオンラインで行われ、通信各社は高まる需要に対応するため支出を強いられており、固定的な価格構造の中、こうした投資がすぐさま収益につながるわけではない。 また、旅行需要が減る中でローミング関連収入が干上がっているほか、通信各社は企業閉鎖に伴う失業拡大を受けた新規契約の不振も見込んでいる。 GFMアセットマネジメント 香港 のマネジングディレクター、タリク・デニソン氏は「 通信会社は 第5世代 5G 向け設備投資があるだけでなく、債務支払いもある。 そのため、キャッシュフローが落ち込めば、 株主ではなく 債券保有者を優先しなければならない」と語る。 通信株はディフェンシブの特性を失っているわけではない。 今回の下げで割安感が出ており、デニソン氏は安定した利益があり、債務も少ない中国移動株を買い入れたという。 一方で、ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムといった通信インフラを利用する企業がアウトパフォームしており、ネットワークオペレーターを置き去りにしている。 ブリスベン在住の独立系通信アナリスト、ポール・ブッデ氏は「こうしたトレンドは新型コロナ危機後に強まると思う」と述べた。 デフォルトリスクも 新型コロナで配当の先送りや引き下げ、見通し下方修正を行った通信大手はドイツテレコム、ブイグ、テリアなど一部にとどまる。 ただ、投資家は先行きを懸念。 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは先週、カリブ・中米・太平洋地域のネットワークオペレーターであるデジセル・グループの債券デフォルト 債務不履行 リスクが高まっていると発表した。 デニス・オブライエン会長はロイターに対し、債務再編は6月までに完了し、収入は総じて安定していると説明。 嵐が過ぎ去り、将来的にデータへの需要が大きくなると期待する。 オーストラリアでは、テルストラがコスト削減を棚上げ、無料データの配布や延滞料の請求停止に踏み切った。 ただ、最終利益見通しは達成できるとみている。 アルフィニティ・インベストメント・マネジメント シドニー のプリンシパル・ポートフォリオマネジャー、ブルース・スミス氏は「通信企業の中核事業 モバイルとブロードバンド に対する需要は非常に強い。 テルストラのような 現在の取り組みで評判が高まり、市場シェアが増すだろう」と述べた。

次の

直播選択ドットネット

不思議ドットネット

4月14日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的なロックダウン(都市封鎖)でインターネット利用が拡大し、ゲームや食事デリバリーといった企業のオンライン販売が増える中、通信株の株価はネットサービスを利用している企業をアンダーパフォームしている。 アジア、アフリカ、欧州、南北アメリカでの高水準の固定費や債務に市場混乱が加わったためだ。 アムンディ・アセット・マネジメントの株式部門責任者、カスパー・エルムグリーン氏は「ややサプライズだ。 伝統的なディフェンシブ銘柄は役割をこなしているが、通信株はあまりディフェンシブではない」と指摘。 欧州市場全般にほぼ沿って株価が下落していると説明した。 通信事業者のサービスがこれまでになく重要になっているが、株価は各社が直面する困難な環境を示している。 世界中で何百万人の人々が自宅に閉じ込められ、企業は閉鎖されている。 このため事業やエンタテインメントはオンラインで行われ、通信各社は高まる需要に対応するため支出を強いられており、固定的な価格構造の中、こうした投資がすぐさま収益につながるわけではない。 また、旅行需要が減る中でローミング関連収入が干上がっているほか、通信各社は企業閉鎖に伴う失業拡大を受けた新規契約の不振も見込んでいる。 GFMアセットマネジメント 香港 のマネジングディレクター、タリク・デニソン氏は「 通信会社は 第5世代 5G 向け設備投資があるだけでなく、債務支払いもある。 そのため、キャッシュフローが落ち込めば、 株主ではなく 債券保有者を優先しなければならない」と語る。 通信株はディフェンシブの特性を失っているわけではない。 今回の下げで割安感が出ており、デニソン氏は安定した利益があり、債務も少ない中国移動株を買い入れたという。 一方で、ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムといった通信インフラを利用する企業がアウトパフォームしており、ネットワークオペレーターを置き去りにしている。 ブリスベン在住の独立系通信アナリスト、ポール・ブッデ氏は「こうしたトレンドは新型コロナ危機後に強まると思う」と述べた。 デフォルトリスクも 新型コロナで配当の先送りや引き下げ、見通し下方修正を行った通信大手はドイツテレコム、ブイグ、テリアなど一部にとどまる。 ただ、投資家は先行きを懸念。 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは先週、カリブ・中米・太平洋地域のネットワークオペレーターであるデジセル・グループの債券デフォルト 債務不履行 リスクが高まっていると発表した。 デニス・オブライエン会長はロイターに対し、債務再編は6月までに完了し、収入は総じて安定していると説明。 嵐が過ぎ去り、将来的にデータへの需要が大きくなると期待する。 オーストラリアでは、テルストラがコスト削減を棚上げ、無料データの配布や延滞料の請求停止に踏み切った。 ただ、最終利益見通しは達成できるとみている。 アルフィニティ・インベストメント・マネジメント シドニー のプリンシパル・ポートフォリオマネジャー、ブルース・スミス氏は「通信企業の中核事業 モバイルとブロードバンド に対する需要は非常に強い。 テルストラのような 現在の取り組みで評判が高まり、市場シェアが増すだろう」と述べた。

次の