ペイペイ 店舗。 ペイペイが使える熊本のお店を一挙紹介【お得に決済】【PayPay】

PayPayが使えるお店

ペイペイ 店舗

CHAPTER(チャプター)• 「PayPay(ペイペイ)」の始め方・使い方 「PayPay(ペイペイ)」の使い方は、「スマホ」にインストールした「専用アプリ」を使って、「PayPay(ペイペイ)」対象のお店に「QRコード」や「バーコード」を提示したり、「お店にあるQRコード」を「専用アプリ」で読み取ることで、「電子マネー」や、登録した「クレジットカード」からの支払いが、完了します。 PayPay(ペイペイ)の使い方「2つの方法」• 電子マネー• 「PayPay(ペイペイ)」は、今の「キャッシュレスブーム」の火付け役と言っても過言ではない「スマホ決済」サービスです。 2019年5月末までに約60万店を自力で開拓し、2019年7月には「セブンイレブン」にも対応し、「ローソン」「ファミリーマート」を含めた「3大コンビニチェーン」も制覇しました。 (2019年8月時点で、加盟店は100万ヵ所を突破しています) この勢いに乗って、現在は、「ドラッグストア」も、着々と囲い込んでいる最中だそうです。 あとは、「コンビニ」「スーパー」「ドラッグストア」などの大手チェーンだけではなく、街中にある「小さな店舗」にも、広がりつつあります。 「PayPay(ペイペイ)」の「QR決済」を使いたい人は、「専用アプリ」をダウンロードすると、誰でも、すぐに「無料」で使えるようになります。 「PayPay(ペイペイ)」スマホ決済の「メリット」 「PayPay」の「アプリ」をインストールする 「アプリ」を「インストールする」だけで、スタートするハードルも低く、利用者にとっては、かなりお得になる「キャンペーン(キャッシュバックなど)」にも、頻繁に参加できるようになりますので、是非、この機会に「PayPay(ペイペイ)」を、皆さんも、始めてみてはいかがでしょうか。 「PayPay」の「専用アプリ」をインストールする PayPay(ペイペイ)専用アプリ キャッシュレスを推進する為の「ポイント還元サービス」もあり、今、登録して使うと、かなりお得です。 「PayPay(ペイペイ)」の使い方 ここからは、「PayPay(ペイペイ)」の「アプリ」を登録した人を対象に、「PayPay(ペイペイ)」の使い方について、解説していきたいと思います。 「PayPay残高」に「現金」をチャージする方法 「PayPay残高」とは、買い物時に、1円単位から使用できる、PayPay専用の「電子マネー」のことです。 自分の「銀行口座」から「PayPay」にチャージする 「PayPay残高」に「電子マネー」をチャージしたい人は、アプリのダウンロード時に登録した「自分の銀行口座」から、「現金」を直接チャージすることが出来ます。 ただし、この「銀行口座」の「連携」には、「Yahoo! JAPAN ID」が必要になりますので、まだ連携していない人で、「Yahoo! JAPAN ID」との接続方法を知りたい人は、以下の解説を、ご覧ください。 ジャパンネット銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• イオン銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• りそな銀行• 愛知銀行• 秋田銀行• 阿波銀行• 青森銀行• 足利銀行• イオン銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• 愛媛銀行• 大分銀行• 北日本銀行• 紀陽銀行• 京都銀行• 関西みらい銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 京葉銀行• 埼玉りそな銀行• 山陰合同銀行• 滋賀銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 七十七銀行• 親和銀行• 十六銀行• 常陽銀行• スルガ銀行• 仙台銀行• 大光銀行• 第三銀行• 大東銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 中京銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東北銀行• 徳島銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行• 長野銀行• 南部銀行• 西日本シティ銀行• 百五銀行• 百四銀行• 広島銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 北越銀行• 北洋銀行• 北陸銀行• 北海道銀行• 山梨中央銀行• 横浜銀行 「クレジットカード」から「PayPay」にチャージする 「PayPay残高」に「電子マネー」をチャージしたい人は、「自分のクレジットカード」から、「現金」をチャージすることも出来ます。 「クレジットカード」を使ったチャージについても、「Yahoo! JAPAN ID」との連携は必須となりますので、まだ連携していない人は、前項の「Yahoo! JAPAN IDとの接続方法」をチェックしてから、進めてください。 「クレジットカード」は、「直接入力して登録する方法」と「Yahoo! ウォレットから登録する方法」の「2種類」が存在しますので、それぞれを説明していきます。 「クレジットカード」の登録方法(直接入力)• ホーム画面の「支払い管理」をタップします• 「クレジットカードを追加」をタップします• 「Yahoo! ウォレットからインポート」をタップします• インポートしたい「クレジットカード」を選択します• 本人認証サービス(3Dセキュア)の「本人認証用パスワード」を入力すると、クレジットカードの登録が完了します 「Yahoo! ウォレット」とは、Yahoo! JAPANの有料サービスの決済を管理するサービスのことで、「クレジットカード払い・口座自動振替・ソフトバンクまとめて支払い」などの支払い方法を、あらかじめ登録しておくことで、支払いを簡潔にできる、ヤフーのサービスのことです。 「PayPay残高」その他の「チャージ方法」 その他、「セブン銀行のATM」「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」などでも、「PayPay残高」に現金をチャージすることが可能になりましたので、それぞれの「チャージ方法」も、合わせて解説しておきます。 「セブン銀行ATM」から「PayPay」にチャージする• 「PayPayアプリ」トップの「チャージ」をタップします。 「チャージ方法」をタップし、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択します。 チャージしたい金額を入力し、「チャージする」をタップすると、チャージが完了します。 「PayPayアプリ」トップの「チャージ」をタップします。 「チャージ方法」をタップし、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択します。 チャージしたい金額を入力し、「チャージする」をタップすると、チャージが完了します。 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」の携帯電話を使っている人で、「携帯電話回線」を利用して「PayPayアプリ」の連携をしている場合、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を利用して、「PayPay残高」へのチャージが出来ます。 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を利用して、「PayPay残高」へチャージすると、「月々のスマホ利用料金」と「PayPay残高へのチャージ金額」を、まとめて支払うことが可能です。 「PayPay残高」を使って「店舗」で支払う方法 先ほども説明しましたが、対象店舗での買い物で、「PayPay残高」を使って支払いをしたい場合は、以下の「2つの方法」のどちらかで、支払いを行います。 PayPay(ペイペイ)の使い方「2つの方法」• ホーム画面中央にある「送る」をタップします• 「友だちのQRコードを読み取る」をタップします• 「受け取り側」も、ホーム画面の「受け取る」をタップすると「QRコード(マイコード)」が表示されます• 「受け取り側」に表示された「QRコード(マイコード)」を読み取ります• 渡したい金額を入力し、「支払い方法」を選択して、「次へ」をタップします• 内容を確認し「〇〇円を送る」ボタンをタップします• 受取依頼の送信が完了しました 「携帯電話」や「PayPay ID」宛てに送る 「携帯電話の番号」や「PayPay ID」を宛先にして「PayPay残高」を送ることも出来ます。 送る相手が、離れた場所にいる時などは、便利な方法となります。 ホーム画面中央にある「送る」をタップします• 相手の「PayPay ID」か「携帯電話の番号」を入力して「検索する」をタップします• 送りたい金額を入力し、「次へ」をタップします• 内容を確認し「〇〇円を送る」をタップします• 「受取依頼」の送信が完了します。 誤って別の人が受け取ってしまう事を防ぐために、「パスコード」を設定している場合は、「受け取り側」にパスコードを伝えてください 「受け取りリンク」を作成して送る 「SNS」や「メール」を使って「PayPay残高」を送ることも可能です。 「SNSアプリ」でやり取りをしながら残高を送りたい時や、メールの文面に「挨拶」などをしっかり書いて、送りたい時に、使用します。 送る相手が、離れた場所にいる時などは、こちらも便利な方法となります。 ホーム画面の「わりかん」をタップします• 「割り勘を作成する」をタップします• 「割り勘(わりかん)」のタイトルを決めます• 1人あたりの、おおよその支払い額を入力します。 後で、個別に修正できます• 「割り勘(わりかん)」の参加メンバーを設定するため「メンバーを追加する」をタップします• 「PayPay ID・携帯番号で検索する」か「友だちのQRコードを読み取る」の、どちらかの方法で、メンバーを追加します• 「PayPay ID・携帯番号で検索する」場合は、受け取り側の「PayPay ID」か「携帯電話番号」を入力し「検索する」をタップします• 「友だちのQRコードを読み取る」場合は、追加したいメンバーに「QRコード(マイコード)」を表示してもらい、それを読み取ります。 追加するメンバーの支払額を調整します• 参加メンバーが追加されました。 この操作を繰り返して、メンバーの設定が終わったら「割り勘の内容を決定する」をタップすると、作成が完了し、メンバーに通知が届きます• 「作成した割り勘」から、それぞれ作成した「割り勘(わりかん)」の支払い状況が、確認できます。 「PayPay」の「割り勘(わりかん)」参加メンバー• 支払い側に「PayPay」に登録した「携帯電話番号」か「PayPay ID」を伝えます• 「わりかん」から通知を確認し、支払いの操作を進めてください PayPay(ペイペイ)店舗に導入する方法 2019年10月1日からの消費税引き上げに合わせて、キャッシュレス化を支援する国の事業が始まり、「PayPay(ペイペイ)」が、その「キャッシュレス事業者」に登録されました。 これにより「PayPay(ペイペイ)」を利用する「ユーザー」はもちろんのこと、加盟する「店舗」にも、「補助金」などの「メリット」を受けることが可能となったので、「PayPay(ペイペイ)」は、さらに普及していくことが、予想されます。 「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」になる方法 「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」になると、国が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の「補助金」などの「恩恵」が、「お店側」も、受けられるようになります。 「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」に申し込みたいお店は、「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」に申し込んでから、審査が通れば、約1週間で、「PayPay(ペイペイ)」の利用が、開始できます。 もちろん、「加盟店」への申し込みは「無料」です。 「PayPay(ペイペイ)」では、「加盟店」の「決済システム手数料」は「2021年9月30日」までは「無料」になると発表しています。 それ以降、いくらの「決済システム料」が取られるかは、まだ決まっていないようですが、「2021年9月30日」までは、「PayPay(ペイペイ)」を導入することによる、「店舗側」の費用は、いっさいかからないために、「PayPay(ペイペイ)」を、他の店舗に先駆けて、早期に始める「メリット」は、「お店」の側にも多くあると言えるでしょう。 また、「PayPay(ペイペイ)加盟店」の場合、「ジャパンネット銀行」に入金口座を指定しておけば、「入金手数料」が「永年」、「無料」になります。 これは、かなりお得ですよね。 その他、銀行を選択してしまうと「2020年6月30日までは無料」ですが、それ以降は「入金手数料」を取られてしまいます。 ですので、「PayPay(ペイペイ)加盟店」は、お得な「ジャパンネット銀行」の口座を開設して、入金口座は「ジャパンネット銀行」で登録しましょう。 「ジャパンネット銀行」の口座開設は、「ジャパンネット銀行」の公式ホームページで、簡単に作成可能です。 「キャッシュレス・消費者還元事業」とは 「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、2019年10月の消費税率引き上げに伴い、「キャッシュレス支払いを行った消費者に、ポイントが還元される国の事業」です。 「キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費税率が10%に引き上げられる、2019年10月からの「9か月間」、キャッシュレス決済をした消費者に、「最大5%」が還元される「国の補助金事業」となります。 「消費者」にとっての「メリット」のみならず、「キャッシュレス決済用の端末導入費用補助」や「手数料補助」など「事業者」にとっての「メリット」もありますので、「消費者」「お店」の両方で、「キャッシュレス決済」が盛り上がることは、間違いないでしょう。 「キャッシュレス・消費者還元事業」の店舗メリット 「キャッシュレス・消費者還元事業」は、キャッシュレス決済を利用する「ユーザー」だけではなく、「お店(店舗)」にも、「メリット」があります。 店舗がキャッシュレス・消費者還元事業になるメリット• 決済システムの利用料の「3分の1を国が負担」してくれる• 「消費者の負担減」で「購買促進」が期待できる• 「釣り銭の準備が不要」で「現金関連業務からの解放」される 決済システムの利用料の「3分の1を国が負担」してくれる 「消費者(キャッシュレス決済の利用者)」が、キャッシュレス決済を利用することによって発生する「決済システム利用料(3. 25%以下)」の「3分の1を国が負担」してくれます(一部対象外あり)。 また、「PayPay(ペイペイ)」では、2021年9月30日まで「決済システム利用料無料キャンペーン」を実施してくれています。 「消費者の負担減」で「購買促進」が期待できる 「PayPay(ペイペイ)」などの「キャッシュレス決済」を導入した場合、実質的に、「消費者(利用者)」にとっては、「現行の8%の消費税率よりも負担額が減る」ため、「PayPay(ペイペイ)」加盟店などの「キャッシュレス決済導入店舗」では、「消費者(利用者)」の購買意欲向上が見込まれます。 「キャッシュレス決済」をした消費者へは、決済事業者(PayPayなど)から、ポイントなどの形で還元されます。 「釣り銭の準備が不要」で「現金関連業務からの解放」される 「キャッシュレス決済」の導入に伴い、「両替」をしたり、「閉店後に現金を確認したりする、現金の運用にまつわる手間」を、大幅にカットできます。 日本でも「キャッシュレス決済」が進むことによって、「作業時間の短縮」や、「レジ締めにかかる人件費の削減」などが、業務効率化され、今後、人件費を減らすことが出来るようになっていきます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」に申請するには? 「キャッシュレス・消費者還元事業」の「対象店舗」になるには、最初に「PayPay(ペイペイ)」などの「決済事業者」経由での「申請・登録」が必要になります。 つまり、まずは「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」に申込んで、「PayPay(ペイペイ)」の審査に合格する必要があるのです。 まず、「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店に申し込む(無料)」と、申し込んだ「加盟店」へ、「PayPay(ペイペイ)」から「事業参加の手続き用URL」が「メール」で送られてきます。 「PayPay(ペイペイ)」に既に加盟している店舗ではなく、新規で申し込みをする「お店」は、「PayPay(ペイペイ)加盟店の審査」終了後に、「キャッシュレス・消費者還元事業」の案内が、「メール」で、届くようになっています。 その案内から申請を行い、見事、「キャッシュレス・消費者還元事業」の「対象店舗」に認定された「加盟店」の情報は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の「対象店舗」として、「キャッシュレス・消費者還元事業」のホームページに、公表される予定になっていますので、お店の宣伝にもなり、露出も増えることが想定されています。 本格的には、2019年10月1日より、「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートします。 ただし、「キャッシュレス・消費者還元事業」の「対象店舗」への申し込み自体は、2020年5月30日まで受け付けされていますので、遅れて申請してしまったお店も、安心してください。 しかし、「キャッシュレス・消費者還元事業」が開始される直前になると、申し込み店舗が急増して、審査がスムーズに下りない可能性もありますので、今から、早めに申し込んでおくと、確実に「メリット」が、受けられると思います。 まずは、「PayPay(ペイペイ)」の「加盟店」へ申し込み、「PayPay(ペイペイ)」から審査が下りて、「キャッシュレス・消費者還元事業」の手続き用のメールが届いたら、その指示に従って、申請の手続きをするようにしましょう。 まとめ 「キャッシュレス決済」は、大きく分けると「QR決済(スマホ決済)」「電子マネー」「クレジットカード」の「3つの種類」に分類されます。 今回、紹介した「PayPay(ペイペイ)」は、この中の「QR決済」に分類され、最も新しい「キャッシュレス決済」の分野となります。 正直、「キャッシュレス決済」に関しては、「もはや難しいとか、面倒くさいとか、現金が良いとか言ってる場合じゃない」というのが、現実的な感想です。 現在、日本の国をあげて、「キャッシュレス決済」の普及を後押ししているので、「やらなきゃ大損」と言えるくらい、「利用者」や「加盟店」にも、多くの「メリット」があります。 「キャッシュレス決済」の「メリット」.

次の

PayPay(ペイペイ)の使える対応店舗一覧!利用可能店舗の検索方法も解説!

ペイペイ 店舗

ユーザーはポイントがもらえたりするので使う方が得ですが、お店側は手数料を持って行かれるので 損をするのが普通です。 そもそも、決済会社もボランティアではないので手数料をとって当たり前ですよね!? クレジットカードや電子マネーが使えるお店は、ユーザーは大金を持ち歩かなくても良いし、財布の中身が小銭だらけになる事もありません。 『利用客にはカードや電子マネーが使えるお店に行きたい』 と言う方もいるのでお店としては導入するメリットがあります。 導入に抵抗がある店舗はやはり 手数料の部分ではないでしょうか? 決済システムにもよりますが、通常手数料は3%以上かかることが多いです。 利益が3%以上減ると考えるとかなりの金額になりますよね!(それ以上にお客さんが来てくれればいいですが・・・。 もちろん有償になる場合は事前に告知が来るようです。 入金に関してはであれば手数料0円で、その他の金融機関でも2019年9月末までは手数料0円です。 ペイペイを導入するのであれば がオススメです。 電子決済の導入をためらっていた店舗でも導入しやすいですよね! メリットだらけのペイペイですが、デメリットを言うとすれば・・・。 導入してから、慣れるまでの時間くらいですかね?? 電子決済にすることで、売上情報もデータ化されるのでやはりメリットの方がかなり大きいかと思います! PayPay(ペイペイ)を導入前の問い合わせ (ペイペイ)の公式サイトからチャットができるようになりました。 オンラインの申し込みフォームも設置されています。 この動画をアップしているという事は、すでに問い合わせが殺到している事が予想されますよね!? やはり導入するメリットが大きいですよね! お客さんは 得!お店に 負担はなし!! 2019年11月に 加盟店170万店、 ユーザー登録は2,000万人を突破しています。 圧倒的なシェアを獲得していると言えます。 PayPay(ペイペイ)を導入する方法 (ペイペイ)の公式サイトより『オンラインでお申し込み』をクリックします。 申し込みに必要な入力項目は下記の通りです。 メールアドレス(必須)• 名前(必須)• 屋号(必須)• 連絡先(必須)• ご連絡可能な時間帯(任意)• キャンペーンコード(任意) キャンペーンコードとは、ペイペイの加盟店になると紹介コードが登録され、そのコードを入力すると紹介した方に1,500円、紹介してもらった方に1,000円もらえる仕組みになっています。 申し込み後、入力したメールアドレスにメールが届くので審査情報を入力します。 メールの件名は 『件名:【PayPay】お申し込みを開始しましょう』 メールのドメインは 『 paypay-corp. jp』 と公式サイトに記載されています。 メールが届かない場合は、迷惑メールに入っているか、記入したメールアドレスが間違っている可能性がありますよ!? その後、審査が入りOKであれば初期設定の手順となります。 審査は約2日かかるそうです。 結果はメールが送られてきます。 また、審査が完了するとPayPayコードキットが発送されます。 店頭にバーコードを設置すれば利用できるようになります。 ユーザーの多い電子決済システムを導入する事は、お店を利用される可能性も高まります。 業種にもよりますが、 新規顧客=常連客 になる業種ってありますよね? (ペイペイ)が使えるからこのお店に行ってみよう!!があり得ますよね! 美容業界なんかは近年かなりの店舗数で廃業率も高くなっています。 他の店舗の差別化を考えるなら、の導入はアリな選択だと思います。 しかも、ペイペイのアプリは使える店舗が 地図検索できます。 これも導入した店舗は メリットですよね。 原因のひとつは 電子決済の導入が影響しているそうです。 サイゼリアと言えばリーズナブルな価格で食事ができるお店で、学生でも気軽に利用できます。 店舗における客層にもよるかも知れませんが、インタビューを受けていた大学院生は 電子マネーが使えないお店には行かないと言ってました。 逆にコンビニやマクドナルドは比較的、決済方法が豊富だと思います。 電子マネーの導入が進み利用者が増えると、 『あの店は電子マネーが使えないから』 と言う理由で客離れになる可能性がありますね。 新元号と共に2019年は日本国内における電子マネー商戦が激しくなりそうです。 現在は通貨を使わずに買い物できる時代の境目なのかも知れませんね。 電子マネーが普及すると、 『お金=電子マネー』となるかも知れません。 そうなると、通貨でしか買い物できないお店は 『お金が使えない店』と思われるかも知れません。 客離れが進んでから導入がしても、電子マネーを導入したことを 知ってもらえないかも知れません。 このような事態はできるだけ避けたいですよね? キャンペーンでは20%くらいお得に買い物ができる場合があります。 電子マネーの利用者からすれば、 キャンペーン期間中だけでも使いたくなるのが人間心理と言うものではないでしょうか? 本来、決済システムを導入するとお店はシステム料金がかかります。 しかし、PayPayの場合は当分無料なのでお店の負担はありません。 ポイントはすぐには付与されず、基本的には翌月の20日前後に付与されます。 その為、 キャンペーンが終わってからも、ポイントを利用するユーザーがいると言うことです。 電子マネー 導入メリットとしては客離れを抑えてくれそうですね。 PayPay(ペイペイ)を導入したタイミングは第1弾のキャンペーン時に申し込みをして、2日後にPayPay(ペイペイ)の担当者が直接お店に来てくれたそうです。 お客様にバーコードを読み取ってもらうタイプのシステムですが、導入まで 1週間もかからなかったとの事です。 PayPay(ペイペイ)を導入するならやはりですね。 そのお店も手数料を考えてそうしていました。 ちなみに閑静な住宅街にある美容室なのですが、導入後PayPay(ペイペイ)を利用される方がいますので、導入してよかったとの事です。 しかも、 導入費用がかからないので大きな魅力です。 決済手数料は2021年の9月末まで無料となっています。 その後は未定。 そして、急激にキャッシュレスが進んでいるのも事実です。 銀行は手数料を考えればにするのが良いと思います。 ペイペイ導入される方はこの機会に手続きをした方が良いと思います。

次の

PayPay(ペイペイ)加盟店登録方法(導入方法)について

ペイペイ 店舗

タップできる目次• 店舗向けPayPay(ペイペイ)とは 運営会社 PayPay株式会社 導入手数料 無料 決済手数料 ユーザスキャン方式は2021年9月30日まで無料 支払いサイト ジャパンネット銀行の場合、翌日入金 それ以外は最短翌々営業日入金 店側に必要な機器 ユーザースキャン方式ならば専用端末必要なし 2019年12月から100億円還元キャンペーンを打ち出し、社会現象を起こしたキャッシュレスサービス! 驚異の20%還元で、キャンペーンは10日間で終了しました。 現在も次々と対応店舗を拡大させています。 周りでもPayPay対応店舗が増えてきていることを実感しませんか…? 乗り遅れると店舗の売上に関わることかもしれません…。 キャッシュレス事業者とは、キャッシュレス支払いを行った消費者に対してポイント還元を行う事業を指します。 普段でさえもPayPayボーナスがつきお得なのですが、さらに最大5%のポイントが付与! 消費者はポイント還元で得をし、導入店舗はキャッシュレス用の端末代金、手数料の補助が受けられるようになりました。 2018年12月13日、大洗町商工会館で地元事業者向けにPayPayの導入説明会が行われました。 その結果、飲食事業、ホテル事業、小売店などの約60人が参加したとのこと。 質問も多く、前向きに検討する方が多かったようです。 出典:水戸経済新聞 キャッシュレス・消費者還元事業実施による影響 2019年10月から消費税増税に伴い、店舗向けにキャッシュレス・消費者還元事業が実施されています。 (原資は国負担) その事業に参加している企業の現状を紹介します。 引用: このような調査結果が出ています。 なので、ぜひこの機会にキャッシュレスへの対応を進めていきたいですね。 店舗がコードを読み取るストアスキャン方式は手数料がかかります。 ただし、今回の記事の対象である飲食店や個人経営のお店では、ストアスキャン方式を導入する必要はないと思っているので、問題なしです。 入金手数料は、ジャパンネット銀行で永年無料、その他の場合は2020年6月30日まで、あと1年近く無料となっています。 たとえば、月末締め翌25日入金のサービスだとすると、7月10日に売上があっても、実際に口座に入金されるのは8月25日です。 手元にお金が来るまでに1か月以上かかっていますね。 入金が遅いキャッシュレスでは、会社のキャッシュフローが悪くなる可能性が! 中には入金まで2か月かかるサービスもあり、黒字倒産してしまうかもしれません……。 PayPayの入金はスピーディーです。 ジャパンネット銀行:翌日入金• ジャパンネット銀行以外の金融機関:最短翌々営業日入金 7月10日(水)に決済をしたとすると、ジャパンネット銀行(決済口座)なら翌日11日入金、それ以外の金融機関なら最短で翌々営業日で12日に入金になります。 飲食店や個人店舗で主流な決済方法は、先ほどの「お店のQRコードをお客さんが読み取るユーザースキャン方式」となっています。 ユーザースキャン方式なら 店舗に端末は必要なく、店舗用のQRコードを貼り付けておくだけで店舗もお客さんも使うことができます。 これから導入を考えている方は、まずはユーザースキャン方式ではじめてみるのが賢いやり方ですね。 特に観光客などの外国人が来るエリアでは重宝されますね! アリペイとは: 中国・台湾・香港に約8億人のユーザが利用するスマホ決済アプリです。 お店のQRコードをお客さんが読み取る• お客さんのスマホのバーコードをお店で読み取る 以上の2つがあるわけですが、決済手数料が無料になるのは、お店のQRコードをお客さんが読み取った場合に限ります。 とはいえ、大規模チェーンでなければストアスキャン方式を選ぶ必要はないので選択肢はなし。 ユーザースキャン方式を選択すれば問題ありません。 それ以降は有料になる予定です。 とはいえ、あと1年は手数料が無料なのでその恩恵を受けたほうがいいですね。 店舗向けPayPay(ペイペイ)の評判・口コミ 多くの方が申込み、利用されています。 ガッチリマンデーでキャッシュレスの店舗側メリットが放映されてた。 レジスペースが要らない、レジ締め作業も無い。 もちろん現金狙いの犯罪も無くなる!確実に普及していくんじゃないかと感じた。 キャッシュレス決済に関してはLineペイは検討しています。 今後も皆様により良い環境を整備できるよう努力します。 おはようございます。 開店してます。 — ラビット・クリーク rabbitcreektea 導入したお店ではPayPayユーザーの多さに驚いていますね。 クリニックにPayPay導入しました! — うしじび院長🐮耳鼻咽喉科医 ushijibi 病院でもPayPay! 診療報酬は国で定められていますが、自由診療は高額になります。 キャッシュレス決済セミナーが終わり💖 質問の中で「どのサービスが良い?」って聞かれますが、結論はひとつ。 全部入れる。 今はみんな使うサービスはバラバラ。 しかも国が補助してくれるので導入費用や手数料もほぼかからない。 こんなことしたらみんなPayPayかLINE Pay使うに決まってんじゃん。 — 炒飯 genthalf コンビニ独自のキャッシュレスはあるものの、PayPayは大手コンビニで使えます。 メールアドレス、氏名、法人名、連絡先番号の入力を行います。 メール内のリンクから引き続き登録をしましょう。 jpが受信できるように設定が必要です。 画像ファイル jpg,gif,png形式 で準備しましょう。 法人:法人番号• 個人事業主:運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、保険証 法人・個人事業主の共通事項:下記の業種の方は許認可証の写真が必要• 【中古品・リサイクル品・古物の取扱有】古物商許可証• 【施術所に該当】開設届出済証明書• 【旅行代理店に該当】旅行業登録票• お店のQRコードをお客さんが読み取る「ユーザースキャン方式」• お客さんのスマホのバーコードをお店で読み取る「ストアスキャン方式」 以上の2つの使い方があります。 ユーザースキャン方式なら店舗に端末は必要なく、店舗用のQRコードを貼り付けておくだけで店舗もお客さんも使うことができます。 どちらにしろ、これから導入を考えている方は、まずはユーザースキャン方式ではじめてみるのが賢いやり方ですね。

次の