かんじ ろう。 山陰中央新報社|陶芸家 河井 寛次郎(かわいかんじろう)(安来市出身)

「ロウ」という読み方を持つ漢字一覧

かんじ ろう

学校での研究 [ ] 当時の安来町(現在の)の大工の家に生まれる。 松江中学(現)を経て、、東京高等工業学校(現)へ入学する。 寛次郎には師と仰ぐ者がなく、師弟関係を重んじるの世界にあって、学校という教育機関にて指導を受けた新しい世代の陶工となる。 東京高等工業学校では、陶芸家のの指導を受けたほか、の科学的研究を行った。 1914年、東京高等工業学校卒業後は、京都市陶磁器試験場 に入所し、東京高等工業学校の後輩でもあるとともに1万種以上のの研究や、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究も行った。 、五代の技術的顧問を務めていた縁で・五条坂にあった彼の窯を譲り受け、「鐘渓窯」と名づけ自らの作品制作を開始する。 同年、京都のの娘・つねと結婚する。 華麗な作風からの転換 [ ] 、「創作陶磁展覧会」を東京と大阪ので開催した。 このとき東京高島屋の宣伝部長であったと知り合い、生涯にわたり親交をもつ。 高島屋での陶磁展では、・の陶磁の名作に倣い、科学的研究の成果を取り入れた超絶技巧の華やかな作品を発表、新人にして名人と一躍注目を浴びた。 しかしやがて世評に反し、自身の制作に悩むようになる。 創作陶磁展覧会と同時期にの集めたの陶磁展「朝鮮民族美術展」を展観し、無名の陶工が作り出す簡素で美しい作品に感銘を受ける。 、から帰国した濱田庄司に現地で収集した雑器・を見せられ、濱田から柳を紹介されその民芸理論に深く共感し実用的な陶器制作を新たな目標とした。 民芸運動、日用の美へ [ ] 河井寬次郎記念館 、柳、濱田とともに日本民芸美術館設立趣意書を発表。 古い日用品を発掘しその制作のための技術を復活させ、無名職人による日用の美を世に広め、新しい日用品を制作し普及しようとした「」に深く関わるようになる。 、、らとも合流し、に長い沈黙を破って開いた高島屋の個展では、古典から日用の器へと路線を変更した。 寛次郎は各地を訪れ、手仕事の制作現場や、日本や朝鮮やイギリスの器から受けた影響をもとに、実用的で簡素な造形に釉薬の技術を生かし、美しい発色の器を次々と生み出して再び注目を浴びた。 この時期以降、寛次郎は作家としての銘を作品に入れないようになる。 で五条坂の自宅が損壊したことを契機に、故郷の民家の形をもとに、の形に対応するかのような構造をした新しい自宅兼仕事場を自ら設計し、大工である実家とも協力してに完成させた。 この自宅兼仕事場が現在の河井寬次郎記念館になっている。 同じ年、川勝堅一の計らいで「鉄辰砂草花図壷」がでグランプリを受賞する。 より奔放な作風へ [ ] 後、世界の民族芸術に関心を深めた寛次郎は木彫の制作も開始する。 陶の造形も日用の器から簡素ながら奔放な造形へと変化を遂げた。 材料の入手が困難であった戦時中より詩、詞の創作を始め、には寛次郎の詞「火の誓い」をの板画で制作。 随筆「いのちの窓」を陶土に刻んだ陶板を完成させる。 老境にいたり深い思慮を重ねた文章を多数残した時期だったが、壷や皿などの陶の作品は、荒々しい素地で用途にとらわれない自在な形状に、のように釉薬を刷毛で打ちつけるような作品を残している。 またあらゆる釉薬や造形を試し、その創作意欲が生涯枯れることはなかった。 を辞退する。 、会員などへの推挙もあったが、同様に辞退している。 には川勝堅一の計らいで「白地草花絵扁壷」が、国際工芸展グランプリを受賞するも、無位無冠の陶工とし晩年まで創作活動を行いに76歳で没した。 著書 [ ]• 『六十年前の今』 東峰書房、1964年、新版1990年• 抜粋版『近代浪漫派文庫28 河井寛次郎/』、2004年• 『いのちの窓』 東峰書房、1975年、新版1990年• 『炉辺歓話』 東峰書房、1978年、新版1990年• 『陶技始末』 、1981年• 『手で考え足で思う』 文化出版局、1981年• 『火の誓い』 、1996年• 『蝶が飛ぶ葉っぱが飛ぶ』 講談社文芸文庫、2006年• 新版『いのちの窓』河井寛次郎記念館監修、、2007年 参考および関連文献 [ ]• 河井須也子 『不忘の記(わすれじのき) 河井寛次郎と縁の人々』 青幻舎、2009年• 『陶工 河井寛次郎』 、1994年• 『河井寛次郎の宇宙』 河井寛次郎記念館編、〈講談社カルチャーブックス〉、1998年• 新装版・河井寛次郎記念館編、、2014年• 『河井寛次郎作品集 - 所蔵 川勝コレクション』 編、東方出版、2005年• 『河井寛次郎 炎の造形展 図録』 、2007年• 『柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし』 丸山茂樹( 2015年)• 志賀直邦 『民藝の歴史』 〈〉、2016年 脚注 [ ] []• 物故者記事. 1967年. 2019年9月8日時点のよりアーカイブ。 2019年9月9日閲覧。 河井寬次郎記念館. 2015年2月5日閲覧。 足立美術館. 2019年12月8日閲覧。 1903年より前は京都市陶磁器試験所。 asahi. com 2010年2月17日. 2011年3月8日閲覧。 および 佐藤一信「 」 『愛知県陶磁資料館研究紀要』第15号、2010年3月、 43-54頁。 関連項目 [ ]• - 河井作品の収集家• - 弟子()• - 弟子(陶芸家)• - 助手(陶芸家)• - 甥(陶芸家)• - (旧、宇賀荘村)にあるの元 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (公式ホームページ)•

次の

民宿かんしろう 宿泊予約【楽天トラベル】

かんじ ろう

近代芸術はいかに展開したか。 その根幹から把握する、美術史的傑作。 戦後美術史の不分明を晴らし、現在こそ、その力を発揮するはずの抽象芸術の可能性を明らかにする」 本書より 批評的視点による大胆かつ刺戟的な近代美術論。 そして何よりも「美術の力」理解のための絶好の案内書。 本書は素早く脳内に入り込むと爆弾のように破裂して悦ばしい驚きと混乱で満たし、 交換台のように機能して無数の異質な情報から新しい世界像を紡ぎ出す。 読み終えたとき、あなたと世界は完全に更新されているだろう。 分かるようになるとも思っていませんでした。 この領域は生まれつきの問題だと考えていました。 また、リアルに描くなら写真でも撮れば良いと考えていました。 しかし、この本を読んで美術は科学のような領域だと感じています。 科学のように知りたい対象があってそれを記述する。 矛盾や問題を明らかにして、問う。 とても科学と似ていると思います。 特に美術が分からない理由が、物理が分からない理由に似ていると感じました。 これは単なる私の解釈ですのでわかりませんが、おそらく物理では真理と呼ばれるような秩序が世界には存在し、それらは自然界で様々な現象を生み出していると考えています。 そして、それらの見事さは驚嘆、賞賛に値する。 従って、それを明らかにすることには意義があるという発想があると思います。 私はこれを理解してから物理がまあまあできるようになりました。 つまり、運動量や質量などの定義、数学や論理などの枠組みは、これらを表現するための道具として機能しているという理解です。 美術も同様に驚嘆や賞賛に値するような圧倒される現象や作品、問題意識、矛盾からその本質、原因を探り、それを明らかにする、問いかける装置として様々な表現技法を用いていると考えれば理解できる範疇だと感じました。 美術館で様々な作品を見てただただ凄いと感じる子供を無意識に馬鹿にしていましたが、馬鹿は自分の方だと感じました。 なぜ凄いと感じるのかを考えるためには、まず目の前の作品を感じることが重要だと思います。 そして、その背景を味わうことが重要であると感じました。 ごちゃごちゃ書きましたが、要するに、この本は私の視野を広げてくれた素晴らしい本です。 後期モダニズムへと通じる近代美術について、その周縁とみなされてきた作家・作品群から、ときに中心領域に近接しながら、「抽象芸術」の可能性の核心を掴み得ようとする渾身の書です。 本書を読むと、これまでわたし自身が思い描いていた戦後美術史は何だったのだろうと、ある種の態度変更を余儀なくされました。 著述の進め方や膨大な情報の取り扱い方も、著者の強靭な抽象力を感じさせるものです。 たとえば第一部の「本論」も、定石のキュビスムの問題設定からはじまり、かと思うと舞台は一気に本邦へと飛び、夏目漱石の文学論による経験の本質について触れられ、それからその論に最も近い画家として熊谷守一が登場、さらには恩地孝四郎、そして長い脚注(主にヒルマ・アフ・クリントについて)を挟んで、フリードリヒ・フレーベルの幼児教育遊具の思想へと話は展開します。 以降も、著者の思考(記述)は滞留することなく、広汎な情報をあざやかな手さばきで精査分類し、やや性急な部分もありながらも、「抽象の力」の核心に迫っていきます。 もちろん、それらの主張をすべて額面通りに受け取ることはできません。 本書で最も強く訴えたいことのひとつであろう、アンリ・マティスと熊谷守一の同期性については、どうしても首肯しがたいものがあります。 これは比喩的にしか言えないのですが、抽象性を、旋律を圧縮した和音であるとすれば、熊谷守一のそれは、ルネサンス以降の「ドミソ」であって、アンリ・マティスは、それ以前の中世の「ドソ」の響き(完全協和音ではあるが不穏を醸している)なのではないかと思えます。 ともあれ、わたしにとっては、同時代に手に取ることのできる幸せを感じさせる示唆に富む書物であることには違いありません。 著者が説く抽象の力とは、絵画の脱構築(デリダ)ではないかと思った。 絵画における「抽象」などということを考えたことはなかったが、地元の展覧会でも抽象絵画作品を発表している人は結構いるのである。 その作品を理解するのはなかなか困難である。 その理由はその作品が持つ「抽象の力」を読み解かなければ理解出来ないからである。 図4「ギター」を観ると、輪郭はギターの胴の丸みが描かれているが、立て掛けたギターの左側の輪郭、もう一つ別なギターの立て掛けた右側の丸みが描かれ、そのギターのフレット(指板)と見せかけたものは、よく見ると立て掛けた筒状の物体(オブジェ)であり、その丸い駒(孔)は、ギターの駒ではなく、筒である。 つまり、ギターに見せかけた、互いに垂直になるように置かれた二つの筒状の物体(オブジェ)でギターに見せかけているだけなのだ。 仮象としてのギターのを実物の筒で表現している。 二つの筒を垂直に並べてギターらしく見せかけているのである。 しかし、このギター弾きは、白骨化していて、死んでいる。 その証拠は髑髏として頭部とギターを爪弾く右手が白色で描かれている。 黒(胴体)と白(頭蓋骨・右手)を塗り分けてギター弾きの老人が死者であることを表現している。 ビカソの作品は鑑賞者に本物が何なのかを「考えさせる力」を与えてくれる。 これが著者の言う「抽象の力」なのではないかと思われる。 抽象画の作品鑑賞の手引きとなる本だ。 著者の展覧会にも行きたいと思う。 最高にお勧めの一冊だ。 アーツ(arts esp. liberal arts)とは、抽象する力である。 本書の基本的テーゼでありますが、それはいかなる事態を指しているのでしょうか。 芸術というのは本来自然の成り行きを写し取ることを生業とし、 写実的なものほど作品としての価値が高いとされてきたこととも関連しますが、 実は範型化した陳腐な近代芸術を壊し、再構築する現代芸術の営みの原動力は、 やはり「抽象力」です。 大岡信も『抽象絵画への招待』(岩波新書)なる本を書いていますが、 抽象という営みには思考がつきものです。 哲学的なこのもの・あのものを一個、二個…と数える仕業すら、 結局は抽象性という人間の特権を発動しています。 また一説に近代芸術は適度に具体的でバランス(プロポーション)もよいとされますが、 対する現代芸術はその崩れのようなアンバランスをば表現しえており、その点何かの誇張というか、 啓示的象徴のようなものとしても受容されるでしょう。 その差は芸術活動じたいの変革を物語っており、 興味深いものですが、結局表現力における力動間のバランスというものが、 静的な芸術領域をつくって君臨していたところ、 それをやおら突き崩すこれまた根源的な力(magical power of reconstruction)によって、 再構築してゆく動的な芸術領域に取って代わられるわけです。 おもな芸術領域の交代といっても支障なく、その動因こそが「抽象力」だといいたいのでしょう。 芸術的萌芽とされる古代芸術でさえ、 何かスピリチュアルなものの象徴や化体を巧みに表現しえていますが、 それはやがて被写体全体とのバランスやプロポーションを重視するものへと変貌し、 さらにまた文化や社会の進化と相俟って、個性化・多元化しています。 その点、本書は現代芸術論や思考論としておすすめであります。 今までは抽象芸術というのは、想像力豊かな人たちが頭の中で思い描いた映像を、平面なり立体に落とし込んでいるものだと思っていた。 しかし、本書を読んで認識が変わった。 「絵というものの私の考えはものの見方です」(p176) という熊谷守一の言葉にあるように「ものの見方」「考え方」、それらを表現し直接伝達するものが、抽象芸術なのだ、ということらしい。 それらを言葉で表現するのが哲学者であり、芸術で表現するのが芸術家ということだ。 それは本書の冒頭の緒言でも明確に述べられている。 「キュビズム以降の芸術の展開の核心にあったのは唯物論である。 (改行)すなわち物質、事物は知覚をとびこえて直接、精神に働きかける。 その具体性、直接性こそ抽象芸術が追求してきたものだった。 アヴァンギャルド芸術の最大の武器は、抽象芸術の持つ、この具体的な力であった。 」(p8) 世界に対する認識の切り口、それを脳に直接ぶつける具体性をもった物質としての芸術。 それゆえに認識の仕方が変われば芸風もそれにあわせて変化する。 本書の登場人物の主役の一人である熊谷守一は作風が年を重ねても時代の先端を走っていたというが、それは常に世界の見方が変化していたということらしい。 夏目漱石の文学理論からモンテッソーリやシュタイナーの教育理論、そしてもちろん芸術理論と話は大きく展開しながら抽象芸術という明確な焦点に収斂する。 芸術は理屈ではない、という反論もありそうだが、芸術家である著者が、他の芸術家の思考を追体験する様を、我々読者がさらに追体験するのは面白い。 お薦めです!.

次の

河井寛次郎【陶芸】の作品、経歴、家族、記念館を紹介。名言が心に響く。

かんじ ろう

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg• 基本情報• 住所 〒501-5126岐阜県郡上市白鳥町向小駄良978• TEL 0575-82-2307• FAX 0575-82-2204• 交通アクセス 東海北陸自動車道白鳥ICより5分/長良川鉄道美濃白鳥駅下車• 駐車場 有り 8台 先着順 無料• チェックイン 15:00 (最終チェックイン:24:00)• チェックアウト 10:00• 総部屋数 7室• 館内設備• コインランドリー 有料• 貸自転車• スキー乾燥室• ファックス送信可• 宅配便• 部屋設備・備品• テレビ• 衛星放送• 衛星放送(無料)• インターネット接続 無線LAN形式• ドライヤー 一部• アイロン 貸出• ヘルスメーター• 洗浄機付トイレ 一部• 石鹸(固形)• 石鹸(液体)• ボディーソープ• シャンプー• リンス• ハミガキセット• タオル• バスタオル• スリッパ• 湯沸かしポット 貸出 その他設備・サービス• 時間外チェックイン可• 時間外チェックアウト可• 将棋無料貸出• 食事場所• [朝食]• [夕食]• カード• VISA• JCB• American Express• Diner's Club• NICOS• Master Card• 条件・注意事項• キャンセル料は頂きませんので前日までには必ずご連絡下さい。 お風呂は24時間入浴可です。 キャンセルポリシー キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。 当日 8時から :宿泊料金の50%• 連絡なしの不泊について 不泊については以下の通り頂戴いたします。 その他•

次の