パプリカ コード ウクレレ。 パプリカ ウクレレ初心者レッスン動画・無料楽譜 ソロ・弾き語り 歌詞・コード【米津玄師】

「パプリカ」を 3コードだけで弾いてしまう動画|ウクレレ平魚泳|note

パプリカ コード ウクレレ

「」では、ドレミファソラシドを単音で弾く方法、そして弦の押さえ方を紹介しました。 今回紹介するのは コードです。 コードとはずばり 和音(わおん)のこと。 コード演奏では、左手でいくつかの弦をいろいろな形で押さえ、それらを同時に鳴らします。 ウクレレ演奏の基本中の基本ですが、これができれば弾き語りや伴奏もできてしまうので、ウクレレ初心者がまっ先に覚えたい内容です。 そして、世の中の名曲と呼ばれる曲には、実は 簡単な4つのコードさえ覚えれば弾けてしまうものがたくさんあります。 この記事では、• 超簡単な定番コード4つ• コード演奏の右手の動き• キレイな音を出すための弦の押さえ方• 定番コード4つで弾ける2曲の練習動画と、そのほか58曲のリスト などなどを紹介します。 ウクレレのコード演奏での右手の動かし方 実際に左手でコードを押さえる前に、まずは右手の音の出し方を確認しましょう。 ウクレレの右手を使った音の出し方にはいろいろありますが、定番なのは単音弾き・ストローク・アルペジオの3つです。 単音弾き 親指、または人差し指や中指を使って、弦を1本ずつ・1音ずつ弾くこと。 主旋律やメインフレーズに使われます。 ストローク 右手を上下に一気に振り抜いて、4本の弦全てを同時に鳴らすこと。 弾き語りの伴奏からソロウクレレまで使われ、ウクレレ演奏の基本となる奏法です。 アルペジオ 複数の弦を、1本ずつ流れるように順番に弾くこと。 それぞれの音の余韻が重なり合うように弾くことで、美しく情緒のある印象を出せます。 静かな曲によく使います。 コード演奏ではまず ストロークをマスターします。 親指を使ったストローク ストロークは、弦を 親指か 人差し指で弾くのが一般的です。 最初に 親指を使ったストロークにチャレンジしてみましょう。 親指を使ったストロークは、主に ダウンストローク(=4弦から1弦にむかって、下方向に弦を鳴らすストローク)で使います。 【親指を使ったストローク】• まずは基本の持ち方で、右手首の力を抜いてブラブラと動かしてください。 このときに手首の力が抜けなかったり、ウクレレ自体が大きく動いてしまうようであれば、ウクレレの持ち方を見直す必要があります。 (ストラップを使ったり、膝の上で弾く場合は気にしなくて大丈夫です)• 次に、手のひらの力を完全に抜いて、親指と人差し指を写真のような形にします。 (力を抜くと、人差し指は自然にカーブするはずです)• 次に、残りの3本の指を、力は抜いたまま軽く握りこんでください。 あるいは、人差し指よりちょっとだけ外に開きます。 (どちらでも好きなほうで大丈夫です)• この状態で、まるで 人差し指についた水滴を払うかのように、サッと手を振ります。 このとき、「手を振ったら、人差し指の爪が弦をなでていた」という感覚で弦を鳴らしてみてください。 全ての弦がほぼ同時にうまく鳴ります。 弦にあたるのは爪の横側です。 弾くところはネックの根もととボディの境目あたりの、ちょっとボディ寄り。 (ネック側に寄りすぎると、人差し指がネックに当たって引っかかってしまう)• リズムにのって、均等なペースで繰りかえし振ってみましょう。 慣れてきたら、下に振った手が上に返ってくるときにも、人差し指が弦をなでるように弾いてみましょう。 これが アップストロークです。 アップストロークでは、指の右写真の部分が弦にふれます。 ダウンとアップが均等なリズム、音量になるように繰りかえし練習しましょう。 【演奏動画】 POINT2 「ドアノブを回すように」と言う表現をよく見かけますが、これだけだと余計な力が入ってうまく弾けません。 スナップを効かせて人差し指の水を払うイメージの方が近いでしょう。 いますぐできる、4つの定番コードを弾いてみよう それでは待ちに待った コード(和音)の演奏に挑戦してみましょう。 ここでは初心者でもすぐに押さえられる、4つの簡単なコードを紹介します。 簡単ですが、とても多くの曲で使われているコードです。 ウクレレのコード一覧表を見ると数えきれないほどの種類のコードがありますが、実際にはめったに使わないものがほとんど。 まずはこれから紹介する4つのの基本的なコードで、音を鳴らす楽しみを知ってください。 右手は親指を使ったストロークでそれぞれ鳴らしてみて、慣れてくれば人差し指を使ったストロークにチャレンジしてもOKです。 C(シー) ドの和音である、基本の C(シー)コード。 押さえ方もシンプルで、薬指で1弦3フレットを押さえるだけ。 写真では人差し指と中指が被って見えますが、弦を押さえているのは薬指だけです。 簡単なコードですが、それでも次のポイントをしっかりチェックしておきましょう。 POINT• 指が太めの人だと少しきゅうくつに感じるかもしれませんが、指を柔軟にすれば押さえられます。 練習前に指をストレッチしておくと良いですね• 指先のどの部分で押さえると、他の弦を邪魔しないか、人・中・薬指それぞれで研究しましょう。 力がもっとも安定して伝わる、軸のようなポイントが見つかるはずです ウクレレのコードを指で押さえるコツ いかがですか?慣れないと、左手の指で弦を押さえるのが結構難しいですよね。 キレイな音を出すためには左手の指のフォームがとても重要。 とくに できるだけ少ない力でしっかりと弦を押さえるのがポイントです。 そのために気をつけないといけない項目は次の5つ。 指は曲げて、指板に立てるように弦を押さえる 指の関節はゆるく曲げて、指先が指板に立つように弦を押さえましょう。 こうすることで、適切な力(一番リラックスした状態)で押さえることができます。 握りこんでしまったり親指が指板に飛び出たりすると、左手がスムーズに動かせません。 また指がうまく立てられずに音が不安定になってしまいます。 フレットの近く(サドル側)を押さえる たまに「フレットを押さえる」という表現を聞きますが、弦を押さえるとき厳密には フレットとフレットの間を押さえます。 たとえば、「3フレットを押さえる」というときは2フレットと3フレットの間を押さえます。 このとき、 できるだけ 3フレットに近い場所を押さえるのがコツです。 ここで基礎的な話をひとつ。 弦を押さえると、弦はフレットに触れます。 これによりフレットからサドルまで、つまり弦の振動する部分の長さが変わり、音程も変わります。 このときフレットとフレットの間の サドル側のフレットに近い部分を押さえることで、• 押さえる力が小さくても、弦とフレットが触れ合う• 弦とフレットの触れ合う部分が安定する といった理由で、美しく安定した音が鳴らせます。 指は曲げて、指板に立てるように弦を押さえる• ネックは握りこまない• フレットの近く(サドル側)を押さえる• 弦を上下にずらさない• 左手の爪は切っておく 4つのコードをつなげて鳴らしてみると・・・ コードの指の形をそれぞれくり返し練習して、なにも見ずともすぐにその形に出来るようにしましょう。 慣れてきたら、CからAm、AmからF、そしてFからG7と、コードからコードへ移動する練習をしてみましょう。 指をできるだけ滑らかに動かして、コードの合間に音が途切れる時間をできるだけ短くするのが重要です。 最初は難しいと思いますが、どれだけゆっくりでもいいので「これなら確実にできる」というくらいのスピードで、くり返し練習してみてください。 余裕がでてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。 そうするうちに必ず上達します。 4つのコードで弾ける曲リスト 「名曲と呼ばれるポップソングは、たいてい4つのコードで弾けてしまう」と言われるほど、このコード進行は定番です。 ちなみに、この4コードを並べ替えたりするだけで弾ける楽曲は以下のとおり。 夢の中へ(井上陽水)• ルージュの伝言(荒井由美)• ともだち(吉田拓郎)• 知床旅情(加藤登紀子)• 僕の胸でおやすみ(かぐや姫)• 竹田の子守唄(赤い鳥)• 日曜日よりの使者(ザ・ハイロウズ)• おどるポンポコリン(ちびまるこちゃんエンディング)• スタンドバイミー(ベン・E・キング)• カントリーロード(ジョン・デンバー)• アロハオエ• タフワフワイ• 青葉城恋歌• 雨あがりの夜空に• きらきら星• ちょうちょう• しずかな湖畔• 夜汽車• ロンドン橋• ジャンバラヤ• 夕焼小焼• ふるさと• たき火• ハッピーバースデー• 茶色の小瓶• 森のくまさん• ジングルベル• 春の小川• 春が来た• 夏は来ぬ• われは海の子• 虫の声• 野ばら• 浜千鳥• 故郷を離るる歌• 故郷の廃家• スワニーリバー• 雨降りお月さん• モーツアルトの子守歌• サントワマミー• Let It Be(ビートルズ)• Please Mister Postman(マーヴェレッツ)• Can You Feel The Love Tonight(from The Lion King (エルトン・ジョン)• Paparazzi(レディ・ガガ)• Pokerface(レディ・ガガ)• With Or Without You(U2)• She Will Be Loved(マルーン5)• No Woman No Cry(ボブ・マーリー)• Take On Me(アーハ)• Africa(トト)• If I Were A Boy(ビヨンセ)• Complicated(アヴリル・ラヴィーン)• たった4つのコードでこれだけたくさんの曲が弾けるのですから、ヤル気がでてきますね。 さらにコードの種類やストロークのバリエーションを増やしていくと、ありとあらゆる曲が弾けるようになります。 ウクレレのコードの覚え方 ただコードの種類を増やすと言っても、コードの種類はまさに無限ほどもあります。 なにかコードの覚え方のコツがあれば良いのですが・・・残念ながら、初心者におすすめできる裏技のようなものはありません。 例えば、「ルートさえ覚えれば、そこから5度と7度の場所を押さえれば良いだけ!」なんてアドバイスもできなくはありません。 しかしこの時点ですでに「ちょっと何言ってるかわかんないんですけど・・・」となってしまいませんか?基礎的な音楽知識がないとかなり飲み込みずらいです。 管理人もこれを理解したのは弾き始めて1年くらい経ってからでした。 おすすめは、まずAからGまでのメジャーとマイナーだけ先に全部覚えてしまいましょう!ひたすら弾いて暗記して、あとは好きな曲に出てくるコードをその都度覚えるのが一番挫折しない方法です。 そうやってるうちにちょこちょこ音楽理論の勉強もすれば、ルートとか7度とかがなんのことかわかってくるはずです。 少なくとも4つの定番コードが弾けるようになったら、脱初心者は目の前!頑張りましょう!.

次の

パプリカ ウクレレ初心者レッスン動画・無料楽譜 ソロ・弾き語り 歌詞・コード【米津玄師】

パプリカ コード ウクレレ

軽やかで陽気なサウンドが魅力的なウクレレは、サイズも小さくお手頃な上に基本的なコードは初心者でも押さえやすくなっている楽器初心者に優しい楽器です。 ウクレレは初心者向けの基本コード【C・F・G7】3つのコードさえ弾けるようになれば、適当に弾いてるだけで十分それっぽく聴こえますが、せっかくなら自分のレパートリーにもなるように知ってる曲で練習したいですよね。 今回は初心者に優しい楽器であるウクレレの練習を更に楽しくするためのオススメの練習曲をご紹介させていただきます! その前に初心者向けのコードについて知りたいという方には、「日曜日よりの使者」など簡単な定番コードのみで演奏可能な練習曲を紹介しています。 是非チェックしてみてください! まずはハワイアンサウンドのド定番曲から 楽譜のダウンロードはこちら ハワイアンサウンドの代表的な曲である「アロハ・オエ」は初心者でも簡単に抑えられる 【C・F・G7・C7】の4つのコードだけで演奏可能!弾くリズムも一定で大丈夫なので初めての曲練習には最適です。 まずはこの曲で基本的なコードの指の位置感覚と指にチカラを入れずに綺麗に鳴らす練習をしましょう。 基本的なコードはどの曲にでも組み込まれていますので、このコードに慣れておけばコード移行もスムーズになると思います。 基本的なコードで弾ける簡単な曲 アロハ・オエ以外にも基本的なコードのみで構成されている曲はあります。 アロハ・オエで基本的なコードが身についたら、続いては一定にしていた弾くリズムを曲に合わせて工夫してみましょう。 リズムの変え方や弾き方をまずチェックしたいという方はこちらの動画で確認してみましょう。 コード移行が少なく落ち着いて演奏できる曲ですが、 G・D・Emと押さえるのがやや難しいコードが構成の大半を占めており、最初は上手く鳴らせない弦が出たりと苦戦するかもしれません。 しかしこの3つのコードは様々な曲で頻繁に出てくるウクレレの定番コードです。 4本の弦がそれぞれしっかり鳴っているか、指にチカラが入り過ぎていないかを確認しつつ、コード移行が少ないこの曲でしっかり練習しておきましょう。 コード移行のタイミングと弾くリズムには工夫が必要です。 弾くリズムに関しては実際の原曲のギターの演奏を聴いて参考にしてみるとイメージしやすいと思います。 慣れてきたらストロークの練習曲として活用しましょう。 コード移行の練習になる曲 曲を通しでうまく演奏するにはコード移行をいかにスムーズに出来るかが大事な要素になってきます。 しかし、移行するコードとコードの指の位置関係が離れていれと移行時に音が途切れやすく、曲の流れが止まってしまいます。 移行時に音が途切れないようにするには残念ながら練習あるのみですが、最初はコード毎に自分が押さえやすいポイントを探っていけるように、ゆっくりとしたリズムの曲で練習するのが良いでしょう。 楽譜のダウンロードはこちら 数々のアーティストがカバーしてきた名曲です。 弾き語りの練習にもおすすめですが、一本の指で複数の弦を纏めて押さえる セーハコード バレーコード の多い曲となっております。 サビ前のD dim・Bmのは押さえるのが難しく、なかなか1弦がしっかり鳴らないコードです。 世代問わず誰もが知っている名曲ですので、レパートリーにしておくと良いかもしれません。 楽譜のダウンロードはこちら 今まで出てきたことのないコードが多く、コード移行も細かいやや難易度の高い曲です。 しかしその分単調でないので弾きごたえは十分、 内容の濃い練習になる一曲です。 特に F 7は4本の指を全部使って押さえるコードですが、非常に綺麗な明るいサウンドを持ったコードです。 その他にも魅力的なコードの多い曲なので是非活用していただければと思います。 ウクレレの音色が良く似合う曲 ウクレレの最大の魅力といえば明るく軽快なサウンドですが、せっかく練習するのであればウクレレのサウンドの良く似合う曲もレパートリーにしたいですよね。 最後にウクレレと相性抜群の島唄からご紹介します。 楽譜のダウンロードはこちら 島唄といえばまさにこの曲! 使用されているコードは全て1~3フレットまでしか使用しないコードなので、落ち着いて丁寧に演奏すれば習得まではそんなに時間はかからないと思われます。 楽譜のダウンロードはこちら こちらも定番ソングですが、セーハコードが構造の中心に入っているのでコード移行をスムーズにおこないつつ、 F dimなども4本の弦をしっかり鳴らせるかが重要になってきます。 この曲は一定のリズムで弾き続けても大丈夫な曲ですので、 セーハコードの練習曲として活用するのがいいでしょう。

次の

パプリカ(Foorin) / コード譜 / ギター

パプリカ コード ウクレレ

ウクレレのチューニングの仕方 続いて演奏において欠かせないチューニングです。 チューニングとはウクレレの4本の弦をそれぞれ決められた音程に合わせていくことです。 それぞれの弦の音程は上図の通りで、チューナーが無い場合は動画を見ながらチューニングをしていきましょう。 チューニング時の注意点 購入したての新しいウクレレ、もしくは弦を張り替えて間もない状態のウクレレは、チューニングをしてピンと張っている状態に弦が馴染んでいません。 そのためそういったウクレレは演奏しているうちに弦のチカラで チューニングが崩れいってしまいやすいです。 使っていくうちに慣れてきますがもしなかなか直らない場合は、ヘッドの裏側にあるそれぞれの弦調整部の ネジを締めてみましょう。 より詳しいについてはこちらの記事で解説しています。 Fコード 人差し指と中指の二本で押さえる落ち着いたサウンドのコードですが、指の間隔が離れているので最初は少し苦戦するかもしれません。 それでも次に紹介するG7コードと指の位置・構えが似ているのでコード移行がしやすく、合わせて練習すると良いかもしれません。 G7コード 3本の指で押さえるため難しそうな印象を受けますが、それぞれの指が近いので比較的押さえやすいコードです。 単体で練習すると苦戦してしまいますが、先程紹介したFコードから移行しやすく、またこのコードから最初のCコードにも移行しやすい曲の中核となるコードです。 C7コード この4つのコードの中では頻出度としては低いですがCコード同様に人差し指一本で押さえられる簡単コードです。 明るくもどこか魅力的な落ち着いたサウンドで小説つなぎに持ってくる抑揚が付けられるコードです。 ウクレレ初心者におすすめのウクレレコードブック・教本 初心者の方が知っておくべきC,F,Gコードをご紹介しましたが、少し練習に煮詰まっている方、映像を見ながら練習したいという方にピッタリのウクレレ教本をご紹介します。 入門編の教本ですが、わかりやすく、ご紹介する教本をマスターすれば『脱・初心者』をすることができますよ。 できる ゼロからはじめるウクレレ超入門 (教則DVD付き) 様々な楽器で作られている『できるシリーズ』のウクレレ版です。 本を読む前に見るDVDがついており、まずウクレレの練習のイメージをつけることができます。 ウクレレは始める方の教本として『はじめの1冊』に適しています。 コードの押さえ方や注意点 初心者向けのコードをご紹介しましたが上手く鳴らすには少しばかりポイントがあります。 主にFコードや・G7コードなど複数の指を使うコードを押さえる上でのポイントとなりますのでチェックしていきましょう。 フレットの近くを押さえる コードが上手く鳴らない原因の一つは 弦を押さえるチカラが弱いため、弦が正しく鳴らせていないという点にあります。 今回は分かりやすくCコードを押さえておりますが、上手くコードが鳴らないときは上図のようにフレットの近くを押さえるようにしましょう。 フレットの近くを押さえることで深く弦を押さえなくてもフレットの出っ張りが弦に触れてくれるので少ないチカラでも綺麗に鳴らすことが出来ます。 Cコードのような複数の指を使わないコードではあまり留意しなくても大丈夫なポイントですので困った時に活用しましょう。 指を立てて弦を押さえる コードを弾くときは右図のように指を立てて弦を押さえる事を意識しましょう。 左図のように指を寝かせてしまうと図でいうところの3弦を押さえている中指が2弦に触れてしまい2弦がしっかり鳴ってくれませんので要注意です。 定番コードだけで弾けるおすすめの簡単な曲 飽きずに楽しく練習を進めるには、 知ってる曲で練習するのが一番だと思います。 早い段階でレパートリーが出来れば自信にも繋がります。 Aloha Oe(アロハ・オエ) 楽譜のダウンロードはこちら ハワイ!アロハ!と言えばこの曲という定番曲。 ゆっくりとしたリズムで初心者にも優しいですね。 慣れてきたらコードの位置感覚とスムーズなコード移行という点も意識しながら練習していきましょう。

次の