背中 が 痛い。 【医師が監修】背中が痛い原因って?もしかして、病気のサイン?

ストレスが原因?背中の痛み|息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?

背中 が 痛い

突然起きる背中の痛み、こんな状況に遭遇したことはありませんか。 体を動かした瞬間、急に背中が痛くて動けなくなった• 背中や腰が痛いし、なんだか寒気もする• 背中や腰の痛みに加えて、足のしびれがある など、背中の痛みにも色々あります。 背中の痛みと関係のある病気には、どのようなものがあるのでしょうか。 背中の痛みと関係のある病気 背中の痛みと関係のある病気には、内臓に関係しているもの、骨や関節に関係しているもの、それ以外のものなどがあります。 背中の痛みの原因となる内臓の病気 背中の痛みを起こすことのある内臓の病気には以下のようなものがあります。 いずれも、症状が強い場合には急を要することが多いのが特徴です。 心臓の病気 心臓の病気でも背中が痛むように感じることがあります。 たとえば、や、大動脈解離、などです。 激しい胸の痛みや息苦しさなどを伴うことが多く、肩や首など他部位に痛みが出ることもあります。 特に、心臓から背中への血管が裂ける大動脈解離では安静にしていても引き裂かれるような強い痛みが生じ、痛みが移動するという特徴があります。 いずれも急を要する病気です。 症状が激しいときには救急要請を含めて検討しましょう。 膵炎・胆嚢炎など は膵臓から分泌される膵液によって、膵臓周囲や膵臓自体に炎症が起きる病気です。 主な症状は、みぞおちや背中の痛みです。 多量に飲酒する人、の人などはかかるリスクが高いといわれています。 胆嚢炎は、何らかの原因で胆嚢に炎症が起きる病気です。 主な症状は右上腹部の鈍い痛みですが、吐き気・嘔吐、背中の痛みが現れることもあります。 ・胆嚢炎共に早期の治療が必要な病気のため、激しい痛みがある場合には早期の受診を検討しましょう。 尿路結石 とは、尿管などの尿の通り道に石ができる病気です。 年代としては30~50代、女性よりも男性に多い傾向にあります。 の症状は石が詰まった場所によって異なりますが、背中や腰回りの痛みは比較的多い症状です。 背中や脇腹に激しい痛みを伴うこともあるため、そのような場合には早めに受診を検討しましょう。 腎盂腎炎 とは、やなどが原因で腎盂(腎臓の一部)に細菌などが感染し炎症を起こす病気です。 主な症状は、寒気、発熱、背中や腰の痛みですが、頻尿や排尿時の痛み、嘔吐などが現れることもあります。 早期の治療を必要とする病気のため、早めに受診を検討しましょう。 背中の痛みの原因となる骨や関節の病気・けが 椎間板ヘルニア 背骨は椎体という骨がいくつも連なってできていますが、この骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が潰れたり、変形して飛び出したりした状態がです。 背骨のどこでが起こっているのかにもよりますが、背中や腰の痛み、手や足のしびれなどが主な症状です。 尿や便が出にくい、両足に力が入らないときなどは注意が必要です。 圧迫骨折 圧迫とは、骨が負担に耐え切れずに潰れてしまうで、主に背骨で起こります。 特に骨がもろくなっている高齢者で多いで、少ししりもちをついただけなのにずっと背中や腰の痛みが続くなどの場合、実はしていたなども珍しくありません。 急性腰痛症 ぎっくり腰 は何らかの動作をきっかけに突然腰が痛くなる病気で、とも呼ばれます。 ただし、まず、上記のようなほかの病気やけががないか検査する必要があります。 運動習慣のない人や、重いものを持ち上げる機会の多い人に起こりやすいとされています。 主な症状は腰や背中を中心とした痛みです。 痛みの程度には幅がありますが、ひどい場合には動けなくなることもあります。 背中の痛みの原因となる皮膚の病気 皮膚の病気が原因となって背中の痛みを感じることもあります。 帯状疱疹 とは、過去ににかかったことがある人の体内に潜んでいたウイルスが、何らかのきっかけで再び活性化した状態です。 とは症状が少し異なり、皮膚の一部分にピリピリとした痛みを感じ、水疱を生じます。 背中から脇腹にかけてはが比較的できやすい範囲のため、注意が必要です。 基本的には体の右側のみ・左側のみなど、片方に横方向に広がることが特徴で、両側や上下方向に広がることはあまりありません。 受診の目安とポイント 激しい痛みがある場合にはなるべく早期に受診の検討をしましょう。 痛みが長引く場合や繰り返す場合、発熱などほかの症状がある場合にも早めの受診を検討しましょう。 そのため、救急要請を含めて検討しましょう。 受診先は原因によって異なりますが、痛みのほかに手足のしびれがある、転んだ・重いものを持ち上げようとしたなどのはっきりしたきっかけのある場合には整形外科が適しています。 また、背中の皮膚に水疱ができている場合には皮膚科を受診を検討しましょう。 それ以外の場合や、発熱などの体の症状を伴う場合、もしくは自分ではよくきっかけが分からないような場合には、まず近くの内科やかかりつけの医療機関で相談するのがよいでしょう。 受診の際には、いつから・きっかけとなる出来事があったかどうか、背中の痛みのほかに症状があるかどうかなど、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣などが原因で背中が痛むこともあります。 長時間の同じ姿勢 長時間同じ姿勢をとり続けると筋肉が緊張してこるため、背中に痛みを感じやすくなることがあります。 長時間同じ姿勢が続いたら ストレッチなどの軽い運動をして、こりをほぐしましょう。 両手を上にあげて背筋をのばしたり、肩を大きく回したりするだけでも効果的です。 また、入浴などで血流をよくすることも、背中のこり解消に役立ちます。 急な運動 急な運動により背中の筋肉を傷めたり筋肉が疲労したりすると、背中に痛みを感じることがあります。 体を動かす前には 体を動かす前にはストレッチングなどでウォーミングアップをしましょう。 まずは、全身の筋肉をのばしてほぐします。 足は肩幅よりやや広め、両手は組んで頭の上にあげ、手のひらを上にむけてのびをするように全身をのばしましょう。 続いて背中のストレッチングです。 全身のストレッチングが終わったら、ひざを軽く曲げます。 そのまま腰から背中を丸めながら両手を前に押し出しましょう。 このほか、軽く散歩やジョギングをして体を温めておくのも効果的です。 難しい場合には、その場で足踏みをしてもよいでしょう。 よくならないときには 自分でできる対策をしても背中の痛みがよくならない場合には、一度受診しましょう。 思いもよらない原因で背中の痛みが出ている可能性もあります。

次の

背中が痛いのは病気かも?真ん中や左に急に違和感を感じたら要注意!

背中 が 痛い

日常生活の中で急に背中が痛くなることがありますよね。 デスクワークが多い人は特に多いと言われています。 筋肉痛や疲れかな?と思ってそのままにしている人がほとんどかと思いますが急に背中の痛みを感じた場合は病気の可能性があります。 特に真ん中や左側、そして肩甲骨付近に痛みを感じた場合は注意が必要です。 その他にも背中の痛みは場所によって様々な病気を引き起こしている可能性があります。 場合によっては胃がんや膵臓がん、心筋梗塞などの重い病気にかかっている恐れもあるのです。 頻繁に背中に痛みを感じたり、我慢できないほどの痛みを感じた場合は早めに病院で診察を受けることをおすすめします。 ここでは背中に痛みを感じた場合の原因と病気について解説していきます。 背中が痛いのは病気の前兆?場所によっては大変なことになる 前述したように背中が痛い場合は何かしらの病気にかかっている可能性があります。 打撲や筋肉痛など心当たりがあればまだ安心ですが、頻繁に痛みを感じたり、我慢できないほどの痛みを感じた場合は要注意です。 人によっては痛みでめまいや吐き気を伴うこともあるそうですが、そのような場合は高確率で病気の可能性があります。 我慢せずにすぐに病院に行くべきです。 また、背中の痛みは痛む場所によって病気が異なります。 代表的な症状や病気を紹介していきますので、参考にしてください。 背中の真ん中が痛い場合 背中に痛みを感じる人の中で最も多いと言われているのが真ん中の痛みです。 これはなぜかというと筋肉痛や疲れによる痛みは背中の真ん中に表れやすいからです。 デスクワークや長時間同じ体勢で仕事をしている人などに多く見られる症状です。 しかし、だからといって安心してはいけません。 思わぬ病気を患っている可能性があります。 胸郭出口症候群 筋肉痛や疲れが原因の場合は自然と痛みが治まりますが、急に我慢できないほどの痛みが生じた場合は注意が必要です。 特に肩甲骨と肩甲骨の間に痛みを感じた場合は要注意です。 この場合、胸郭出口症候群という病気の可能性があります。 胸郭出口症候群の特徴としては神経を圧迫しているため刺すような痛みや痺れがあります。 症状が進行すると動脈が圧迫され血行が悪くなり、腕や手が青白く変色していきます。 最悪の場合は手を動かすことができなくなる場合もあります。 背中の左側が痛い場合 次に背中の左側が痛い場合ですが、こちらは危険がたくさん潜んでいます。 取り返しのつかない重病を患っている可能性もあります。 特に背中の痛む部分と対になっている胸部が同時に痛みを伴う場合はかなり危険な状態かもしれません。 このような症状がある場合は一刻も早く病院で診察を受けることをおすすめします。 胃炎 胃炎が原因で背中の左側が痛む場合もあります。 胃炎の場合は暴飲暴食や風邪などが原因です。 胃のむかつきなどが生じますが、安静にしていれば治るでしょう。 胃潰瘍 胃潰瘍の場合、左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 また背中だけではなく、みぞおち辺りに強い痛みを伴います。 血便などがある場合はすぐに病院へ行きましょう。 膵炎 膵炎の場合、胃潰瘍と同じく左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 さらにわき腹辺りからみぞおちにかけても痛みが伴います。 膵炎が悪化するとさまざまな臓器に障害が生じます。 最悪の場合は多臓器不全で死に至る場合もあります。 膵臓がん 膵臓がんの場合、左の横腹付近の背中やお腹の辺りに痛みが生じます。 体がかゆくなったり、尿が黄色くなるといった症状が現れます。 それに加え、体に黄疸が出る場合は要注意です。 糖尿病や血糖値のコントロールができなくなり最悪の場合、死に至る場合があります。 胃がん 胃がんの場合、胃腸炎や膵炎と同じく左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 さらにみぞおちの上部に痛みを伴います。 黒い便が出る場合は胃がんの初期症状です。 こちらも最悪の場合、死に至る場合があります。 早期発見、早期治療が鉄則です。 心筋梗塞 心筋梗塞の場合、左の肩甲骨辺りに痛みが生じ、胸部に激痛が走ります。 胸の痛みが30分以上続くようであれば、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。 一刻を争う状況です。 背中の右側が痛い場合 最後は背中の右側に痛みを生じた場合に考えられる病気を説明していきます。 背中の右側が痛い場合は肝臓や胆のうといった臓器に障害が生じている恐れがあります。 こちらも背中と対になっている胸部や腹部に痛みを伴います。 場合によっては命にかかわる病気を患っている可能性があります。 自身に似たような症状がないか確認し、心当たりがある場合は早めに病院で診察を受けましょう。 肝炎 肝炎の場合、右側の肩甲骨付近に痛みが生じます。 さらに右の胸にも痛みが伴います。 体がだるいと感じ、発熱や嘔吐を起こすようであれば注意が必要です。 肝臓がん 肝臓がんの場合、肝炎と同じく右側の肩甲骨付近と胸部に痛みを伴います。 体がとても疲れやすくなり、胸部のしこりやお腹の張りを感じた場合は要注意です。 一度、病院で診察を受けましょう。 胆のう炎 胆のう炎の場合、右側の肩からわき腹付近にかけて広範囲で痛みが生じます。 みぞおちや肋骨の下にも痛みを伴います。 こちらは発作的な強い痛みが長い時間続きます。 発熱や嘔吐を起こすこともあります。 胆管がん 胆管がんの場合、右側の肩甲骨からわき腹にかけて痛みが生じます。 右の胸に痛みが伴い、しこりができます。 発熱や黄疸の症状が出たらすぐに病院で診察を受ける必要があります。 背中の痛みは体の危険信号 このように背中が痛い場合は、病気を患っている可能性があります。 心当たりがないのに急に痛みが生じたり、強い痛みが続く場合は要注意です。 また、病気の場合は体の痛み以外の症状も出てきますので、おかしいと思ったらすぐに病院を受診しましょう。 体を動かさなければ痛まないという場合は、整形外科でもよいかもしれません。 しかし、どうしても痛いという場合は内科をおすすめします。

次の

背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

背中 が 痛い

突然起きる背中の痛み、こんな状況に遭遇したことはありませんか。 体を動かした瞬間、急に背中が痛くて動けなくなった• 背中や腰が痛いし、なんだか寒気もする• 背中や腰の痛みに加えて、足のしびれがある など、背中の痛みにも色々あります。 背中の痛みと関係のある病気には、どのようなものがあるのでしょうか。 背中の痛みと関係のある病気 背中の痛みと関係のある病気には、内臓に関係しているもの、骨や関節に関係しているもの、それ以外のものなどがあります。 背中の痛みの原因となる内臓の病気 背中の痛みを起こすことのある内臓の病気には以下のようなものがあります。 いずれも、症状が強い場合には急を要することが多いのが特徴です。 心臓の病気 心臓の病気でも背中が痛むように感じることがあります。 たとえば、や、大動脈解離、などです。 激しい胸の痛みや息苦しさなどを伴うことが多く、肩や首など他部位に痛みが出ることもあります。 特に、心臓から背中への血管が裂ける大動脈解離では安静にしていても引き裂かれるような強い痛みが生じ、痛みが移動するという特徴があります。 いずれも急を要する病気です。 症状が激しいときには救急要請を含めて検討しましょう。 膵炎・胆嚢炎など は膵臓から分泌される膵液によって、膵臓周囲や膵臓自体に炎症が起きる病気です。 主な症状は、みぞおちや背中の痛みです。 多量に飲酒する人、の人などはかかるリスクが高いといわれています。 胆嚢炎は、何らかの原因で胆嚢に炎症が起きる病気です。 主な症状は右上腹部の鈍い痛みですが、吐き気・嘔吐、背中の痛みが現れることもあります。 ・胆嚢炎共に早期の治療が必要な病気のため、激しい痛みがある場合には早期の受診を検討しましょう。 尿路結石 とは、尿管などの尿の通り道に石ができる病気です。 年代としては30~50代、女性よりも男性に多い傾向にあります。 の症状は石が詰まった場所によって異なりますが、背中や腰回りの痛みは比較的多い症状です。 背中や脇腹に激しい痛みを伴うこともあるため、そのような場合には早めに受診を検討しましょう。 腎盂腎炎 とは、やなどが原因で腎盂(腎臓の一部)に細菌などが感染し炎症を起こす病気です。 主な症状は、寒気、発熱、背中や腰の痛みですが、頻尿や排尿時の痛み、嘔吐などが現れることもあります。 早期の治療を必要とする病気のため、早めに受診を検討しましょう。 背中の痛みの原因となる骨や関節の病気・けが 椎間板ヘルニア 背骨は椎体という骨がいくつも連なってできていますが、この骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が潰れたり、変形して飛び出したりした状態がです。 背骨のどこでが起こっているのかにもよりますが、背中や腰の痛み、手や足のしびれなどが主な症状です。 尿や便が出にくい、両足に力が入らないときなどは注意が必要です。 圧迫骨折 圧迫とは、骨が負担に耐え切れずに潰れてしまうで、主に背骨で起こります。 特に骨がもろくなっている高齢者で多いで、少ししりもちをついただけなのにずっと背中や腰の痛みが続くなどの場合、実はしていたなども珍しくありません。 急性腰痛症 ぎっくり腰 は何らかの動作をきっかけに突然腰が痛くなる病気で、とも呼ばれます。 ただし、まず、上記のようなほかの病気やけががないか検査する必要があります。 運動習慣のない人や、重いものを持ち上げる機会の多い人に起こりやすいとされています。 主な症状は腰や背中を中心とした痛みです。 痛みの程度には幅がありますが、ひどい場合には動けなくなることもあります。 背中の痛みの原因となる皮膚の病気 皮膚の病気が原因となって背中の痛みを感じることもあります。 帯状疱疹 とは、過去ににかかったことがある人の体内に潜んでいたウイルスが、何らかのきっかけで再び活性化した状態です。 とは症状が少し異なり、皮膚の一部分にピリピリとした痛みを感じ、水疱を生じます。 背中から脇腹にかけてはが比較的できやすい範囲のため、注意が必要です。 基本的には体の右側のみ・左側のみなど、片方に横方向に広がることが特徴で、両側や上下方向に広がることはあまりありません。 受診の目安とポイント 激しい痛みがある場合にはなるべく早期に受診の検討をしましょう。 痛みが長引く場合や繰り返す場合、発熱などほかの症状がある場合にも早めの受診を検討しましょう。 そのため、救急要請を含めて検討しましょう。 受診先は原因によって異なりますが、痛みのほかに手足のしびれがある、転んだ・重いものを持ち上げようとしたなどのはっきりしたきっかけのある場合には整形外科が適しています。 また、背中の皮膚に水疱ができている場合には皮膚科を受診を検討しましょう。 それ以外の場合や、発熱などの体の症状を伴う場合、もしくは自分ではよくきっかけが分からないような場合には、まず近くの内科やかかりつけの医療機関で相談するのがよいでしょう。 受診の際には、いつから・きっかけとなる出来事があったかどうか、背中の痛みのほかに症状があるかどうかなど、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣などが原因で背中が痛むこともあります。 長時間の同じ姿勢 長時間同じ姿勢をとり続けると筋肉が緊張してこるため、背中に痛みを感じやすくなることがあります。 長時間同じ姿勢が続いたら ストレッチなどの軽い運動をして、こりをほぐしましょう。 両手を上にあげて背筋をのばしたり、肩を大きく回したりするだけでも効果的です。 また、入浴などで血流をよくすることも、背中のこり解消に役立ちます。 急な運動 急な運動により背中の筋肉を傷めたり筋肉が疲労したりすると、背中に痛みを感じることがあります。 体を動かす前には 体を動かす前にはストレッチングなどでウォーミングアップをしましょう。 まずは、全身の筋肉をのばしてほぐします。 足は肩幅よりやや広め、両手は組んで頭の上にあげ、手のひらを上にむけてのびをするように全身をのばしましょう。 続いて背中のストレッチングです。 全身のストレッチングが終わったら、ひざを軽く曲げます。 そのまま腰から背中を丸めながら両手を前に押し出しましょう。 このほか、軽く散歩やジョギングをして体を温めておくのも効果的です。 難しい場合には、その場で足踏みをしてもよいでしょう。 よくならないときには 自分でできる対策をしても背中の痛みがよくならない場合には、一度受診しましょう。 思いもよらない原因で背中の痛みが出ている可能性もあります。

次の