マネー ボール 実話。 映画「マネーボール」をフル動画で無料視聴する!見どころや評判も

マネーボール/映画のあらすじ&感想

マネー ボール 実話

Vol. 270 『マネーボール(2011)』 実話の映画化。 それまでの常識にとらわれない統計を重視した戦略で、低迷していた球団を生まれ変わらせたゼネラルマネージャー(GM)、ビリー・ビーンの姿を描く。 成績は振るわず、資金も不足していたオークランド・アスレチックスでGMを務めるビリーは、現状を打破するため、斬新な方法を取り入れるが……。 マネーボール [DVD] 販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント Cut the crap. ビリー: よせよ、ピート。 ビリーは、イェール大で経済学を学び、独自のデータ分析による選手評価を行っていたピートを他球団から自分の補佐に引き抜いた。 ある時彼は、選手としての自分の評価をピートに尋ねたが、ピートは正直ではないコメントをしたため、これを一喝する。 このフレーズは「でたらめを言うな」「バカにするな」ときつく言う場合に、よく使われる俗語表現。 crap は「たわ言、ナンセンス、うそ、ふざけた態度」などを意味しているが、そもそもは「くそ、汚物」を表す語。 そのため、安易に使うべきではないが、覚えておきたい表現の一つだ。 同じフレーズは『ゴッドファーザー』(72)、『メリーに首ったけ』(98)、『ブルース・オールマイティ』(03)、『バタフライ・エフェクト』(04)、『マイアミ・バイス』(06)など多数の作品に登場している。 なお、「くそっ」「ちくしょう」を表す感嘆詞の一つに、Crap. もある。 Baxter: Cut the crap, General. (バクスター: ふざけないでください、准将) 『ザ・ロック』(96)より アメリカやカナダの女の子にとって、16歳は一人前の女性として認められる重要な年。 盛大な誕生日パーティーを開いて祝う人も多くいます。 この習慣は「Sweet 16(直訳:甘い16歳)」と呼ばれるのですが、ここで説明したのは、本作の劇中にユニークな形で登場していたからです。 2002年9月4日、ビリーらが率いるアスレチックスが、劇的なサヨナラ勝ちでア・リーグ新記録の20連勝を達成しました。 劇中には球団の快進撃を表すのに、16勝時には「Sweet 16」、17勝時は「Sweeter (もっと甘い)17」という応援ボードを掲げるファンの映像が盛り込まれています。 ギルモア・ガールズ(2000-2007)•

次の

マネーボール/映画のあらすじ&感想

マネー ボール 実話

マネーボール 基本情報• 主演:ブラッド・ピット• 監督:ベネット・ミラー• 公開:2011年9月23日• メジャーリーグの常識を覆した、これは、真実の物語。 選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。 当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!! 動画配信されているサービス• Netflix• Amazonプライム・ビデオ(追加課金)• U-NEXT(追加課金)• ビデオマーケット(追加課金)• TSUTAYA TV(追加課金) データオタク、ピーターとの出会い 物語序盤、ブラッド・ピット演じるオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャー(GM)ビリー・ビーンは、イェール大学卒のピーター・ブランドから、野球に統計学を用いて分析する「セイバーメトリクス」を使った戦略を教えてもらいます。 セイバーメトリクス自体はピーターが作ったものではなく、1970年代にアメリカの野球ライターであるビル・ジェームズによって作られたものです。 ただ、ビル自身が野球選手だったわけではなく、無名ライターだったことにより、批判的な意見が多かったようです(識者であることって大切なんですね…) 実際に映画の中でも、セイバーメトリクス導入当初は機能しなくて「理論に問題がある」と指摘されてしまいます。 ちなみに、このピーターのモデルになったのは、ポール・デポデスタ(ハーバーランド大学卒)という人物なのですが、ピーターがオタクで肥満体型に描かれていることから、本名を使わせなかったのだとか(なかなかのプライドの高さを見せてくれています笑)。 『マネーボール』に流れる音楽について 『マネーボール』にはしばしば流れる素敵な音楽があります。 『マネーボール』の音楽はマイケル・ダナさんが手がけているのですが、この音楽はアメリカのバンドThis Will Destroy Youによる「The Mighty Rio Grande」という曲です。 ファースト・アルバム『This Will Destroy You』に収録されています。 『マネーボール』のサウンドトラックの23曲目にも収録されています。 すべてを包みこんでくれるようなギターサウンドが最高ですよね。 ちなみにこの曲は、映画『ルーム』でも重要なシーンに使われています。 古い考えの人たちとビリーのやりとりの描写 統計学を使った戦術を取り入れたビリーは、さっそく球団のスカウトの人たち(?)とミーティングをします。 この描写がすごく滑稽です。 あいつは攻めの野球をやる。 ああいう選手が必要だ スカウトはあくまで経験上の肌感覚といったものを大切にしているように描かれます。 また、年齢がいっていかにも頭が固くなってそうなオッサンたちというのも皮肉です(笑)。 スカウトが、ミーティングに同席しているピーターを指して「こいつは?彼はここに必要か?」と言うも、ビリーは「必要だ」の一言。 いつの時代も新しい価値観を持った若者を怖がる前時代の人間が描かれます。 しかし、ここでビリーが一言。 今話しているのは出塁率だ 感情論を持ち込まないというのは、ライブドア事件のときもイヤというほど見てきましたよね。 また、故障をして投げられない・打てない選手でもどんどんスカウトしようとします。 ビリー:塁に出てる スカウト:四球でだ ビリー:よく出塁する。 四球かヒットか関係あるか? こういう描写がすごく気持ち良いのって僕だけでしょうか(笑)。 ビリーの娘、ケイシー・ビーンがギターで弾く曲(劇中歌) 『マネーボール』には、ビリーの娘、ケイシーがちょこちょこと出演します。 物語中盤ではギターの弾き語りを聴かせてくれたり。 実は、この曲が最後、すごく良いムードを作ってくれたりします。 さて、そんなケイシーが弾く曲(劇中歌)は「 The Show」(オリジナル曲です)。 サントラの22曲目にも収録されています。 開幕戦で演奏される「The Star-Spangled Banner」.

次の

【マネー・ボール】セイバーメトリクス理論を用いて野球を変えたビリー・ビーンGMの実話を描いた映画!|コクソンズ×ブログ

マネー ボール 実話

貧乏野球チームのGMが、セオリー無視の理論を採用して下剋上を狙う、という物語。 野球の事はてんでわからないが すいません! 、主人公が、業界全体や自分のチームすらも抵抗する中で自分の信念を貫いていく様は素直にカッコいいと思えた。 本作が素敵なのは、主人公の苦悩の描き方。 何かに溺れるでもなく、ヤケになるでもなく、静かに逆境に耐える姿と、全く上手く行かない現実が淡々と提示されるのには、妙なリアリティがあって、自分を省みてしまう 笑 もちろん、映画的な「逆転大勝利!」は待っているのだが、その「噛みしめ方」が、ブラッド・ピットの好演とあいまって、また良い。 華やかではないのが素晴らしいのだ。 それにしても『リバー・ランズ・スルー・イット』のブラッド・ピットから「ここで辞めたらオレは中卒の四十代ってだけだ」(意訳)って台詞を聞くとは思いもしなかった 笑 (役者とはいえ年齢を重ねるのは当たり前の事ではあるのだけれど。 ) 思わず画面を見直すと、普通に渋くカッコいいブラッド・ピットが! …いやぁ、良い年の取り方をしてる役者ってのはいいもんですなぁ。 ネタバレ! クリックして本文を読む ブラッド・ピットの演技がしっかり堪能できる作品でした。 原作のボリュームをコンパクトにしないといけない事情はあったと思うけど、具体的な数字がほとんど出てこなかったのが、残念でした。 セイバーメトリクスという単語も、原作で登場した様々な指標もほとんどなく、出てきたのは出塁率のみ。 投手指標については、1つも出てこなかったんじゃないかな。 なので、特に投手に関しては、なぜその選手がいいのかがイマイチ伝わって来なかった。。 選手の良さが伝わって来なかったから、いつの間にか連勝して、いつの間にかプレーオフに出て、いつの間にか負けてしまったという印象でした。 あと、ドラフトの選手選び、他球団との駆け引きがなかったのも残念・・。 (原作ではここが一番おもしろかったので。。 ) ネタバレ! クリックして本文を読む ブラッド・ピット主演の野球映画。 とはいえ野球の描写は必要最小限に抑えられており、メインは弱小球団のGMであるブラピが、いかにしてチームを強化するか、そして彼の内面的回復・成長が描かれています。 弱小チームのジャイアントキリングかつ、負け犬達のワンスアゲインものという個人的な好みにドンピシャなテーマを扱っているはずなのですが、イマイチノれなかった… いい映画だとは思います。 ラストシーンにはホロっときましたし、クリス・プラット 今とイメージが違ってキャストを見るまで気がつかなかった… が代打でかっ飛ばすシーンは熱くなりましたが、全体的に静かで正直つまらなかった。 ブラッド・ピット扮するビリーは傍若無人で粗野な男。 キレやすくすぐに物に当たる乱暴なところがあるが、頭は抜群にキレる優秀なGM。 指パッチンとかホワイトボードに選手のネームが書かれたマグネットをなげて貼り付ける所とかいちいちカッコいい。 まさにブラピのために作られたようなキャラクター。 野球選手として期待されながらも、活躍することが出来ず夢半ばでマウンドを去った経験が彼の心に大きな傷となって残っており、そのため野球への愛情を失ってしまっています。 そんな彼がデータに強い男ピーターと出会い、バディを組んでチームを強化し、リーグを闘っていくというお話し。 ピーターを演じるジョナ・ヒルの冴えない感じが凄く良かった。 映画はビリーに関する描写が多く、他のキャラクターは脇役と言っていいでしょう。 そのためビリーとピーターのバディ感が薄くなっていたのが残念。 選手はチームを勝たせるためのコマとして一貫して描かれており、個々の選手の掘り下げなどはありません。 これがないのでアスレチックスというチームに愛着が湧かなかったのも、この映画にノれなかった理由の一つだと思います。 故・フィリップ・シーモア・ホフマン演じる監督の無能っぷりにイライラ。 まぁブラピに従えない気持ちもわかるけどさー。 チームが軌道に乗り始めるきっかけも描写が薄く、なんで急に調子良くなってんのかイマイチわからなかったのもよくないかなぁ。 全体的にはノれなかったが、ビリーのキャラクターは凄く良かったし、娘の歌がビリーの心境と重ね合わさるエンディングは美しい。 明日への活力をもらえるいい映画なのは間違い無いです! ビーンは、引退の決断を下した。 退団を迫られたわけではなかった。 自ら引退を決め、オークランド・アスレチックスの球団スタッフとなったのだ。 この決断とその後に起きたことは、野球界のほとんどの人にとっては予想外の出来事だった。 野球では見かけは成功を推測する良い指標にはならないという自らの経験に基づき、ビーンは、スカウトの際の採用決定プロセスに革命を起こしたのである。 (中略) ビーンが探していたのは「今までの野球人生で、注釈付きでしか理解してもらえなかった選手だ。 注釈には "この人物はメジャーリーガーには見えないので、たいした活躍はできない" と書かれている」。 だが、そうした選手は活躍して成功した。 なぜならビーンは見かけを超えた真実を見抜くことができたからだ。 彼は「ユニフォームが似合うかどうかという最初のテストに失敗した若者」、つまり過小評価されていた若者を探していた。 これこそ、ビーンをゼネラル・マネージャーとして大成させた理由だった。 ビーンは、裕福なチームよりずっと少ない予算で偉大なチームを作り上げることができたのだった。 』) あなたが生まれた日に、神様がコインを投げて賭けをしたとしよう。 表が出たら、あなたは生涯究極の正直者を通すが、あらゆる人々からならず者だと思われる人になる。 裏なら、常習的なうそつきなのに、模範的な人物と見なされる。 さああなたは、どちらの人生を選ぶだろうか? 西洋哲学史で、人類にもっとも大きな影響を与えてきた書物の一つ、プラトンの『国家』は、表を選ぶべきだとする議論を長々と展開している。 彼によれば、徳が高く見えるより、実際そうであるほうが重要なのだ。 上級者は、あえて「成らず」という手も使います。 成らないことで、香車や桂馬や銀は、金よりは、動きが制限されますが、その駒独自の動きを、生かすことができるのです。 成金になれる時でも、あえて「成らず」を選べば、人生の有段者。 GMとはゼネラルマネージャーの略で、チーム編成やマーケティングなど球団経営における重要な決定権を持ち、いわばチームという枠を超えた球団そのものを強化していく設計図を描く役割。 私たち野球ファンはグラウンド内の戦いに一喜一憂しますが、グラウンドの外でも色んなドラマが起きていたんだなと感じ、とても新鮮でした。 マネージャーの部分が色濃く描かれており、私も会社で部下を持つ立場として参考になる部分が多くありました。 ブラッド・ピッドとジョナ・ヒルの二人もそれぞれ良い味を出していてハマり役でしたし、要所で挿入される音楽も素晴らしく思わず泣きそうになりました。 色んな視点から見て楽しめる映画だと思います。 野球好きな方はもちろん、あまり野球に興味がない人にもぜひお勧めしたい映画です。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の