プロローグ 歌詞 意味。 Uru「プロローグ」歌詞の意味は?ドラマ『中学聖日記』主題歌

Uru『プロローグ』禁断の恋の「始まり」

プロローグ 歌詞 意味

Contents• 中学聖日記とは 中学聖日記はかわかみじゅんこ原作の漫画です。 2019年10月にTBS系でドラマ化されたことでも話題に上がりました。 主演は有村架純で多くの人が注目した作品です。 原作とドラマでは異なる部分があるも、多くの人がみて感動したドラマとなりました。 大まかなストーリー 教師になることが夢だったことを叶えた主人公・末永聖は中学校教師として赴任します。 その中学校で担任をしたクラスの中学生・黒岩晶に不思議な魅力を感じます。 末永聖は川合勝太郎という婚約者がいましたが、大学生の頃からの付き合いでプロポーズを受け婚約をしたのち今は遠距離恋愛状態でした。 聖は身近で頻繁に恋心をぶつけてくる黒岩晶と大人で成熟した川合勝太郎の間で迷ってしまいます。 川合勝太郎との恋愛には自分がまだ子供っぽさがあることで引け目を感じてしまう部分があり、そこに目をつけた勝太郎の同僚の原口律は関係をつついていきます。 また黒岩晶が教師の末永聖に対して恋心を抱いていることに対し、母親は自分の息子を止めようと行動しますが、失敗してしまい焦りを感じていきます。 youtube. Uruはドラマを全て見てから曲を作成したのか原作を読んでいたのかはわかりませんが、とてもドラマにあった楽曲になっています。 恋愛の切なさや秘密の恋の苦しさがメッセージとして込められた歌詞です。 歌詞の中の物語の進行と中学聖日記の物語の進行がとてもマッチしているので、ドラマと主題歌がかなりマッチしていると思った人も多いと思います。 特にプロローグの歌詞は、ワンフレーズでドラマのあのシーン!と思い出せる部分がたくさんあります。 またプロローグの歌詞と主人公の聖の心情とマッチしている部分も多く見られます。 少しピックアップして紹介します。 冒頭「 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた」は聖が晶と出会った時にとても印象的に映ったこととリンクしているように取れます。 「 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中」というだけでも情景が浮かんできます。 サビの部分「 あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら」の部分は、恋愛をしたことがある人はみんな共感できるのではないでしょうか。 好きな人がいるとついつい目で探してしまいます。 でも見つからない時もあります。 その時誰にも悟られないように目が泳いでしまうこともあった経験がある人も多いでしょう。 共感ができる部分とドラマとあっている部分もあったりと相待って、とても素敵な歌詞になっています。 是非この機会にUruの「プロローグ」を聴いてみてください。

次の

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

プロローグ 歌詞 意味

同楽曲は、有村架純主演、TBS系 火曜ドラマ枠で放送される 『中学聖日記』の主題歌になっています。 今回は、「プロローグ」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「プロローグ」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 彼女は、ずっと彼と一緒にいたかったのです。 いつもと違う彼の表情と体温を感じた彼女は 別れが近いことを自覚したのでした。 そして、彼は彼女の前から姿を消しました。 彼女は冷たい風が吹く中、自分を失ったように さ迷い歩きました。 彼への熱い想いを胸に秘めたまま。 苦しくて辛くてたまらない彼女は、 彼を忘れようと思いますが、気付くと、 彼の名前を何度も呼んで、彼を探している自分がいます。 今日も彼を想って夜空を見上げると 淡く光る小さな星がひとつだけ輝いています。 いつか終わる恋だと思っていても、 実際に愛する人が目の前からいなくなると 過去の思い出はキラキラ輝きだし、余計に胸を締め付けてきます。 恋は、いつの世も切ないものです。。 関連記事.

次の

Uru プロローグ 歌詞&動画視聴

プロローグ 歌詞 意味

安泰も将来も恋愛も関係も携帯も金ももうくだらねぇ• 眠りつくことまでも惜しんでなんで歌ってるんだろう?• やってきたことさえも全部 意味も無いよな そうやってまた逃げる• 生きるって面倒くさいな• 心覗いたら 今も本当は 本当は熱くなりたい• 自信証明 ダメ元 雲に飛び乗ってみりゃいいだろう パッと見ただけでも、かなりネガティブな歌詞が散りばめられています。 では、どのような意味が込められているのか、解説していきます。 安泰も将来も恋愛も関係も携帯も金ももうくだらねぇ 1番の初めの方から、 かなりネガティブというか投げやり感がある歌詞です。 この歌詞の前後の部分を見てみると、どういう意味 なのかがわかります。 uta-net. 音楽に 真面目に向き合っている彼らだからこその、悩みや本音がこの歌詞に反映されています。 私たちも何かに熱中し、向き合い続けることができれば、なおこの歌詞に 共感することができるのでは!? 眠りにつくことまでも惜しんでなんで歌ってるんだろう? アーティストである彼らならではの悩みと言えます。 眠りつくことまでも惜しんでなんで歌ってるんだろう? 腐れきった music market ならば殻をポイ get please! uta-net. 毎日普通に聴いている曲には、アーティストの絶え間ない努力と、人生をかけて作った想いがあることに、 気づかせてくれます。 やってきたことさえも全部 意味も無いよな そうやってまた逃げる 今までの努力さえも無駄に思えてきてしまう。 誰でも1度は、この歌詞にあるような気持ちになったことがあるかと思います。 しかしUVERworldはそこで 「そうやってまた逃げる」と自虐的に言っているんです。 今までやってきたことさえも 意味が無いと言いつつも、自らが自らを奮い立たせているように思います。 生きるって面倒くさいな 今までの気持ちを、この1フレーズに込めているかに思えます。 と私もあなたも思うことがあるはずです。 決してcrewの前では見せないような、顔や表現が、この歌詞に込められています。 彼らのような雲の上の存在の人達でも、私のような凡人と同じように、「生きるって面倒くさいな」と思っていると思うと、身近に感じることができます。 心を覗いたら 今も本当は 本当は熱くなりたい ネガティブや投げやり感のある歌詞を歌いながらも、本当の気持ちは「熱くなりたい」と思っている。 「今の気持ちや気分は本当のものではなく、取っ払いたい」 そんな歌詞に見えます。 uta-net. uta-net. 畢生皐月プロローグの歌詞からわかる意味 ぼくは「畢生皐月プロローグ」には、次のような意味がある曲だと思います。 5月病と言われる、何もかもやる気が出ない日々は、全て投げ出して現実逃避したくなるけど、初心の頃を思い出して、ダメ元でやってみよう! 今やっていることから投げ出したくなったり、もう辞めようか悩んでいる時は、 「畢生皐月プロローグ」を聴いて、また初心のころを思い出すのも良いかもしれませんね! また、ぼくのように毎日UVERworldを聴いている人は、うたパスかdヒッツを利用することでお得に聴くことができるのでおすすめですよ。 詳しくは、で解説しているので、ご覧ください。

次の