ざつだんたぬきさ。 【閲覧注意】アンチ大量!?すとぷりの「たぬき」での評判はどんな感じ?

雑談たぬきとは?ルールや投稿されている内容まとめ

ざつだんたぬきさ

「雑談たぬき」とは 「雑談たぬき」とはどのようなサイトなのでしょうか。 「V系初代たぬき」との違い 「雑談たぬき」は、公式説明によると「V系以外の雑談をするためのたぬき掲示板」ということです。 一方、本家の「V系初代たぬき」では、V系に関する情報交換をするためにファンが集うこと目的としています。 ファン同士が交流できたり、好きなバンドの情報交換ができたりするため、V系ファンにとっては利用しやすい掲示板となっています。 V系とは異なる内容でスレッドが続く場合は「雑談たぬき」で話を続けてもらい、V系話は本家で行うという棲み分けをするために作られた掲示板となります。 ただ、V系のスレッドを立てることができないわけではなく、V系、ギャ、麺、ライブ、遠征、ネタ、物販などに関する軽い雑談程度であれば「雑談たぬき」「V系初代たぬき」問わず立てることが可能です。 関連性のないネタが「V系初代たぬき」で続くと、掲示板の住民に嫌がられることもあるので、このような対策をとったようです。 関連性のないネタについては、時事ネタ関連のニュースから、アイドル関連の内容、宝塚、野球などまで幅広くあります。 このように、「雑談たぬき」は「V系初代たぬき」の雑談用掲示板ということになります。 「雑談たぬき」の誹謗中傷の特徴 次は、「雑談たぬき」の利用者層と誹謗中傷被害の実例を見ていきましょう。 本家「V系初代たぬき」との違いはあるのでしょうか。 書き込むユーザー層は、若年層 ではまず、利用者にはどんな層が多いのでしょうか。 基本的には、「V系初代たぬき」と同じ層となりますが、具体的に言うと、 10代後半から20代前半の若年層が多いようです。 「V系初代たぬき」と同様に、バンド情報をキャッチしたい人や、V系ファッション、バンドの話で盛り上がりたいというV系ファンが多いようです。 もっとも、ファン同士の交流目的だけではなく、 出会い目的の利用者も一定数いるようです。 同じような趣味を持つ恋人を探したいというケースもありますが、援助交際などの違法な出会いを求めて書き込みが行われるケースもあります。 これについては、管理人も明確に禁止しています。 「V系初代たぬき・雑談たぬき」のネット誹謗中傷の特徴 本家の「V系初代たぬき」では、メールツール機能を利用することが可能です。 これにより、ファン同士が写真や連絡先を交換することができます。 ただ、先ほどお話した「出会い目的」で掲示板で知り合った相手とメールツールを使って個人情報や写真などの交換し、後に、喧嘩などにより、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を掲示板に晒され身バレする問題が多発しています。 また「ファン同士の交流」でも問題となることがあります。 バンドメンバーと関係をもったファンが掲示板で自慢をすることにより他のファンの怒りを買う、あるいはライバルバンドのメンバーやファンに対し掲示板上で誹謗中傷を行うということもあります。 これらはV系初代たぬきだけではなく「雑談たぬき」でも同様に行われることがあり、プライバシー侵害や誹謗中傷被害に遭う方が実際にいます。 被害に遭ってしまった方は、ライブに行けなくなってしまったり、精神的に障害を抱えてしまったりする方もいるようです。 このように、実際の被害事例は深刻であり、仮に自分が被害に遭ってしまったという場合には、ネットであるという特性上、拡散される可能性もあるため、早めに対処した方が良いでしょう。 「雑談たぬき」の誹謗中傷・晒しコメントの削除は自分でできる 次は、誹謗中傷コメントや個人情報の晒しコメントの「削除方法」についてです。 自分でできるのか、またネット誹謗中傷・晒し問題に強い専門家に相談した場合についても解説します。 「雑談たぬき」の利用規約 削除の前に、まずは押さえておきたい「利用規約」を解説致します。 禁止事項には「出会いの募集・呼びかけ」や「パンピの利用 たぬき共通ルール 」の記載があります。 具体的な例であげると、以下のような行為が禁止されています。 出会い目的の一般人の利用• 売買春・援助交際目的の利用 特に、未成年の売春については、本家と同様に厳しく対応しています。 「平成ギャと…、制服ギャと…。 」などという書き込みがある場合には、警察やプロバイダに連絡されることがあります。 また、明確に規定されていませんでしたが、本家と同様に、「個人の写真をさらす行為」などのプライバシー侵害についても規制されると推定できます。 これ以外の違法行為やそれに繋がるような行為は、通報される可能性が高いでしょう。 「雑談たぬき」での削除依頼申請方法 では、誹謗中傷や晒しコメントなどを「自分で削除」することはできるのでしょうか。 結論から言うと管理人に削除依頼を申請すれば、削除は可能です。 削除依頼申請方法は以下の通りです。 まず、削除依頼に関する記載がある以下のURLに移動します。 ・ 次に「お問い合わせはこちら」をクリックします。 最後に下記内容を送信すれば、削除依頼は完了です。 」という内容を記載します。 実名・電話番号・住所などの個人情報が晒されて身バレするような恐れがある場合は、これを指摘すればすぐに対応してもらえるようです。 なお、削除依頼内容は、2ちゃんねるのようにネット上に公開されませんので安心してお問い合わせをしましょう。 削除の申請時の注意点としては、下記3点を押さえておきましょう。 本文内の「管理用文字」は削除しない• タイトルの「問い合わせ」は変更しない• スレッドに関する記載は漏れがないように注意 対応は、約3日~2週間で行われます。 また、対応後の完了報告はありませんので、期間経過後に自分でチェックする必要があります。 警察用窓口に関して 「雑談たぬき」では、メールフォームによる削除依頼受付以外に警察用窓口を設けています。 これは、事件性がある場合に、警察がやりとりをする窓口です。 「」をご参考ください。 運営者は、警察が投稿者の人物を特定したい場合、対応しているようです。 「雑談たぬき」の削除を弁護士に依頼した場合の削除費用 自分で削除申請をしても、運営側が削除をしない場合があります。 その場合は、ネット誹謗中傷に強い弁護士に法的な申請について任せる必要があります。 仮に、弁護士の申請で削除が完了した場合、着手金として 5万円〜10万円程度、そして、成功報酬として、 5万円〜10万円程度がかかります。 「雑談たぬき」の削除を弁護士に依頼するメリットは、削除依頼の成功率が上がる点です。 弁護士を通して削除依頼を行うと、違法行為の可能性や侵害行為として認識されやすいという事情があります。 なお、運営側が任意の交渉に応じなかった場合は、「裁判所に削除の仮処分」を申し立てます。 晒しコメント・悪口・誹謗中傷コメントを削除をしたい場合、できる限り自分で行い、削除が実行されない場合に弁護士に依頼しましょう。 「雑談たぬき」の犯人特定方法|誰が書いたかわかる?バレる? では、犯人の特定は自分でできるのでしょうか。 弁護士なしの申請での犯人特定は難しい 犯人を特定するためには、削除依頼の連絡フォームから自分で管理人に連絡する必要があります。 しかし実際に犯人を特定するためのIPアドレスを提供してもらえるのかは不明です。 よほどの違法行為でない限り、個人情報でもあるIPアドレスを提供してもらえることはないと考えるべきです。 弁護士によるIPアドレス提供に運営側が応じた場合 仮に弁護士に依頼した場合は、次のような方法をとり、誰が悪口を書いたかわかります。 まず、依頼した弁護士から管理人に連絡をとり、 IPアドレスの公開を任意で請求します。 公開が行われた場合には、プロバイダに対し、任意で投稿者の情報提供を請求します。 全て任意でIPの開示が行われた場合には、早ければ2週間-1ヶ月程度で犯人の身元が特定できます。 弁護士によるIPアドレス提供に運営側が応じなかった場合 仮に、管理人が応じてくれなかった場合には、裁判所にては発信者情報開示(IPアドレスの開示)の仮処分を請求することになります。 削除の仮処分も同時行われることもあります。 ネット上で名誉毀損されたり、悪口を書かれた場合、どのような対策方法を執ることが出来るのでしょうか。 名誉毀損の慰謝料相… 「雑談たぬき」の書き込み特定を弁護士に頼んだ場合の費用相場 では、「書き込み犯人特定」について弁護士に依頼した場合、費用の相場はどのくらいなのでしょうか。 まず、任意で投稿者情報の特定を行う場合です。 この場合は、着手金として5万円〜10万円程度、成功報酬として15万円程度が相場となります。 全体としては、 20万〜25万円程度かかると想定しておきましょう。 次に、裁判所に仮処分を申し立てる場合ですがこの場合、着手金として20万円〜30万円程度、成功報酬として20万程度が費用相場となります。 これ以外にも裁判所費用として数千円程度かかると計算しておきましょう。 やはり裁判所に対して申し立てるという手続き上、金銭面でのコストは上がってしまいます。 また、何件も誹謗中傷・名誉毀損行為があり、それぞれの投稿者情報を特定したい場合は、件数に応じて金額も上がっていきます。 このように「雑談たぬき」の犯人特定を行うためにはいくつかのステップを踏まなければいけません。 弁護士費用も、削除より高めに設定されています。 費用面で、躊躇する方も多いと思いますが、犯人特定後に損害倍賞請求(慰謝料請求)できる金額相場も考慮ししつつ、依頼を検討されると良いでしょう。 誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。 書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた• SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている• 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている• 書き込み犯人を特定したい• 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。 弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。 1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

次の

【閲覧注意】アンチ大量!?すとぷりの「たぬき」での評判はどんな感じ?

ざつだんたぬきさ

"雑談たぬき"というサイトにて、私個人を誹謗中傷するスレが立っています。 既に本名も晒されており、その都度運営に削除依頼しているんですが、某フリマサイトのアカウント等も特定されていて購入者を装って私の住所 を特定するのも簡単な状況です。 現在結婚しており夫の勤め先も晒されていました。 削除依頼はその都度していますが、その人たちのipを割って特定する、注意喚起することは不可能なのでしょうか? 先日警察にも相談したのですが、事件性がないから侮辱罪、名誉毀損にも問えないと半ば流されてしまいました。 仮にその勤め先に郵便物が届いても動いてくれないのか?と聞くと、 殺す、燃やす等の脅しがない限り嫌がらせとしか扱えず、それでも警察は何も出来ないとのことでした。 このような被害で困っている場合どちらに相談するのが良いでしょうか。 自分自身のことはともかく、夫や親にまで迷惑が及ぶのは避けたいです。 晒されてからの削除依頼、このままでは永遠にいたちごっこです。 宜しくお願いします。 あなたのスレが立つほどなら、良くも悪くも目立つことをするからです IPで特定というのは事件にならないと無理ですからほぼ不可能です 裁判所の許可が下りた司法関係者が運営に対して開示させない限り無いと思ってください 裁判所の許可が下りるということは、既に事件に発展しているか。 身の危険に晒されているという明白な事実があるということになるんですね 相談そのものは弁護士になるでしょうが、運営に対してスレッドの削除要請する程度です 削除するということは、相手を刺激することになるので余計悪化しますんでね 放置しておけばそのうち飽きてくるもんですよ ということで、あなたは自己主張が強めでネットに不向きなようですので、配信・掲示板・SNSの類は控えたほうが宜しいかと思います 人の噂も75日、思い切って一度ネットから消えて、二度とそのスレッドを覗いてはいけません 家族に迷惑を掛けるような趣味はやめることです.

次の

雑談たぬきとは?ルールや投稿されている内容まとめ

ざつだんたぬきさ

雑談(ざつだん)とは、特にを定めないで気楽にすること。 なお雑談のとして (せけんばなし)ともいうが、こちらは元々形式で伝えられてきたの一形態で、雑談を指していうのは転用である。 また、以降に、の同好の士が寄合で交わした芸談を「雑談( ぞうたん)」という。 雑談のなかで語られた芸の秘訣や苦労話など、有用な談話を書き留めてまとめたものをという。 概要 [ ] 雑談は、特にテーマを定めず、気楽に会話することを指し、でもあまり重要ではない事柄をやり取りする様式のものである。 専ら相互の親睦を深める行為に位置付けられ、元々親しくない間柄では当り障りの無い内容を、親しい間柄では忌憚の無い話題が出ることはあっても、やなどのフィルターを介することで、感情的しこりを残さないよう配慮された内容となる。 一般的に、とりとめのない話である事が多い。 主に雑談は、的な話題を中心に自分や相手に関する身近なテーマが選ばれる。 こういった過程を通して相互の親密度を高め、さらに高次の人間関係を築くための社会的ツールであるとも解される。 また、重要な問題について話す目的がある場合も、その前段階としてまずをし、それから雑談をするところからはいることがままある。 これは人間関係を確認し、互いの気分や立場を探るとともに、それらを落ち着かせる役割が期待される。 なお、やといった曖昧模糊とした「特に明確にされていない集団内における共通認識」が、実際にはこういった雑談の中に織り込まれた様々な会話内にその片鱗を覗かせることもあり、その一方で極小なレベルにおいては、こういった雑談の中でやの並列化が図られていく傾向も見出せる。 脚注 [ ].

次の