湯豆腐 レンジ。 電子レンジ温めで作れる!湯豆腐の簡単アレンジレシピ5選

人気のレンチン3分湯豆腐シリーズ!『チーズたまご湯豆腐〜中華風〜』の作り方

湯豆腐 レンジ

Contents• レンジで爆発しない豆腐の温め方! 豆腐は鍋で温めるのが基本ですが、鍋を準備したり、お湯が沸騰するまで待ったりするのが面倒な方も多いのではないでしょうか。 そんな時に電子レンジで温められたら便利ですよね。 電子レンジで豆腐を温める場合、注意しなければいけないことがあります。 電子レンジは、食品内の水分を振動させて熱を発生させます。 水分が多いものは、温まりやすいですが、 爆発の危険があります。 卵を殻のまま電子レンジに入れると爆発することをご存知の方は多いのではないでしょうか。 これは、殻の中で膨張していった水蒸気により高圧状態になることで爆発が起きています。 豆腐も卵のように爆発することがあるのか、気になりますよね。 調べてみたので、ご紹介します。 豆腐は電子レンジで爆発することがある? 卵の殻のように閉じ込められた状態になってしまうと、 豆腐でも爆発する可能性があります。 豆腐の中には、隙間があり、その隙間が多いものは電子レンジで加熱すると爆発する危険が高まります。 隙間が少なければ、ボンという音がすることはあっても、爆発にはなりません。 隙間が多いかどうかは、豆腐によって変わります。 どの豆腐が爆発するかどうかは、正直やってみなければわかりません。 じゃあ爆発覚悟で加熱しなければいけないの?と思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 温め方を注意すれば、どんな豆腐でも爆発を防ぐことは可能です。 では、どのようなことに気をつければ、爆発しないで豆腐を温めることができるのでしょうか? 豆腐がレンジで爆発しない温め方! 電子レンジ内で爆発が起きると、掃除も大変だし、極力爆発は避けたいですよね。 ではさっそく注意点を見てみましょう! パックのまま温めない! 豆腐が入っているパックのまま電子レンジで加熱すると爆発する可能性があります。 スーパー等で市販されている豆腐は、密閉状態のパックに入っています。 加熱した時に、水蒸気が閉じ込められた状態になると、卵のように爆発します。 そうならないように、電子レンジで温める際は、 パックから出して温めましょう。 水蒸気の逃げ道があれば、爆発を防ぐことができます。 深めの容器に入れる! 平たいお皿に乗せて加熱すると、豆腐が電子レンジの熱を直接受けることで、爆発しやすくなります。 豆腐の高さが収まるくらい 深めのお皿や容器に入れて温めましょう。 耐熱ガラス製の容器のセットです。 市販されている豆腐の高さ(厚み)はだいたい3センチ程度なので、これくらいの容器があると安心です。 レンジやオーブンで使えて、保存する時にも便利です。 ガラス製のため、汚れやニオイもとれやすく、使い勝手もいいのでおすすめです。 水をたっぷり入れる 深めの容器に豆腐を入れたら、 豆腐がひたひたになるくらい水をたっぷり入れてください。 水に熱が伝わり、周りから温めることで豆腐の爆発はしにくくなります。 ラップをかける時はふんわりかけるようにするとラップが破れるのを防ぐことができます。 このように、注意して温めれば、爆発を防ぐことができます。 手早く豆腐を温めたい時は、気をつけながら電子レンジで温めてみてください。 1. 深めの容器に豆腐を入れ、豆腐が ひたひたになるまで水を入れます。 2. ラップをふわっとかけ、 500wで1~2分加熱します。 3. ラップに爪楊枝などで穴をあけて 水を捨てます。 4. めんつゆや ポン酢など、お好みの味でお楽しみください。 一気に加熱しすぎると、形が崩れることがあるので、気をつけましょう。 こちらは、とてもシンプルな湯豆腐の作り方になります。 本格的な湯豆腐が作りたいという方は、昆布や顆粒だしなどを容器に一緒に入れて温めると出汁が出て美味しくなります。 湯豆腐に白菜などの野菜も入れたいという場合は、事前に野菜だけを電子レンジで加熱してから一緒に入れると美味しく食べられます。 さっそく作り方を見てみましょう。 1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、電子レンジ 500wで1分加熱して水切りします。 2. 水切りした豆腐の上にチーズを乗せて電子レンジ 500Wで1分温めます。 3. お好みで 塩胡椒や 醤油、 オリーブオイルなどをかけてお楽しみください。 とても簡単で、アレンジも可能です。 出汁醤油と鰹節をかけると和風になります。 めんつゆだけでもあっさりとしていて美味しいです。 ごま油やラー油をかけると中華風に。 ケチャップとパセリを乗せれば、一気にイタリアンになります。 このように、アレンジがたくさんできるので、お好きなものを見つけてみてください。 材料 2人前 スポンサーリンク 卵豆腐の温め方!豆腐と違う? 卵豆腐は豆腐という名前がついていますが、 実際は豆腐ではありません。 卵と出汁からできていて、豆腐に似ているから卵豆腐という名前になったそうです。 豆腐は電子レンジで温めることができますが、卵豆腐の場合はどうなのでしょうか? 調べてみたところ、 卵豆腐も電子レンジで加熱できるものが多いようです。 ただ、容器から出すと、崩れてしまうことがあります。 さらに、 豆腐よりも破裂する危険性も高いので、あまり電子レンジでの加熱はおすすめできません。 どうしても 電子レンジで加熱する際は、慎重に容器から出し、深めの容器に入れ、1~2分から試してみてください。 あまり加熱しすぎると、すが入り、ぼそっとした食感になったり、硬くなったりしてしまうので、気をつけましょう。 卵豆腐を温める方法で、一番おすすめなのは、容器ごと湯せんする方法です。 湯せんだと、中まで均一に温まり、美味しく食べられます。 沸騰させた状態で茹でるのではなく、水から温め、沸騰してきたら火を消します。 蓋をした状態で 5~10分程度温めるとちょうどいいです。 卵豆腐を温めて食べる際は、湯せんしてみてください。 スポンサーリンク 豆腐を温めると栄養は減るの?効果は? 豆腐は低カロリーで高タンパクの栄養満点の食品と言われています。 せっかく食べるなら栄養をしっかり吸収したいものです。 豆腐を温めたら栄養が減ったり、壊れたりしないか気になりますよね。 調べてみたので、さっそく見てみましょう。 豆腐を温めると栄養は減るの? 一般的にタンパク質は熱で変性すると言われています。 ただ、変性したからといって栄養価が変わるわけではありません。 市販されている豆腐は製造工程でだいたい加熱されているので、家で加熱する程度なら全く問題ないと言えます。 熱で分解される栄養素として有名なものに、ビタミンCがあります。 このビタミンCは、豆腐にはもともとあまり含まれていないため、心配する必要はありません。 そのため、 豆腐を温めても栄養が減るという心配はしなくてよさそうです。 豆腐を温めた時の効果は? 冷奴は定番ですが、豆腐を温めた温奴が最近人気になりつつあります。 温めた豆腐を食べると体全体の代謝が良くなると言われています。 代謝アップはダイエットにも効果的なので、ダイエット中の方にもおすすめの食べ方です。 また、体を芯からじんわりと温めてくれるので、 冷え性改善にも効果的です。 寒い時期や、冷え性の方が食べる場合は、温めるといいですね。 温めた豆腐にあんかけをかけたり、スープをかけたりと、アレンジできます。 生姜やキムチなどを入れると、体を温める効果がさらにアップするのでおすすめです。 1. キッチンペーパーを2枚重ねて豆腐を包みます。 2. キッチンペーパーの重なっている側を下にして、 500wで3分加熱すれば完成です。 ラップはかけなくて大丈夫です。 手順はこれだけなので、とっても簡単ですよね。 しかも時短にもなるので、忙しい方にもぴったりです! 水切りすると、加熱前の3分の2程度の大きさになります。 もっとしっかり水切りがしたい時は、様子を見ながら加熱時間を増やしてみてください。 豆腐の上に水を入れた容器を乗せて重しをしてから加熱すると、さらにしっかり水が切れます。 しっかりと水切りすると、豆腐がチーズのような食感に近づきます。 チーズのようになった豆腐をトマトと一緒にオリーブオイルと塩胡椒をかけてカプレーゼ風にすると、おしゃれで美味しいです。

次の

疲れた胃腸に! レンジで簡単「レンジ湯豆腐」

湯豆腐 レンジ

豆腐は水切りすると美味しい 豆腐はとても美味しいですよね。 冷ややっこ、湯豆腐、麻婆豆腐などたくさん料理のバラエティーもあり1つ家にあると便利でしょう。 さらに安値で買えてしまう食材なので家庭の味方になり主婦にはありがたい食材です。 ところで皆さんは豆腐料理を作るとき、水切りをせずそのままの豆腐を料理に使っていませんか? それでは豆腐本来の美味しさを引き出せていないかもしれないですよ。 どうしてかというと豆腐の約9割は水分でできています。 水切りしていない豆腐を使ってしまうと豆腐から水分が出てきてしまい、料理の味が薄くなったり、豆腐がぐずぐずに崩れてしまったりします。 冷ややっこにしても、そのままの豆腐を使ってしまうと豆腐独特の臭いがしてしまっていて豆腐本来の美味しさが半減してしまっているのです。 手間ではありますが、豆腐を水切りすればこれらを簡単に解消できてしまいます。 またそれだけではありません。 水切りをすることによって豆腐本来の濃厚な味わいやクリーミーさを出すことができますので絶対水切りするのがオススメです。 でも水切りをする方が豆腐を美味しく食べれるということは分かったけれど、水切りは時間が掛かって面倒くさいというイメージがありませんか? 実は電子レンジで温めるだけで簡単に時間もかけずに水切りをすることができてしまうのです。 豆腐をレンジで温めると水切りできる ということで電子レンジでたった3分温めるだけで豆腐を簡単に水切りできる方法を紹介したいと思います。 用意するものはキッチンペーパーだけです。 方法もとても簡単です。 キッチンペーパーを2枚重ねて、豆腐を包みます。 そのまま500Wの電子レンジで3分間程加熱してください。 これだけで豆腐の水切りができて加熱前より3分の2程に小さくなります。 もっとしっかり豆腐を水切りしたいときは様子を見ながらもう少し加熱していってくださいね。 この方法さえ覚えておけば短時間で簡単に水切りができてしまいます。 これで料理が美味しくなるなら試すしかないですよね。 豆腐をレンジで温めるときの注意 これで電子レンジで水切りする方法はもういつでもできますよね。 でも豆腐をレンジで温めることだってもちろんできます。 ですが豆腐をレンジで温めるときには少し注意が必要です。 卵を電子レンジで温めると爆発してしまうというのはとても有名ですが、実は豆腐も爆発してしまうからです。 ところでなぜ電子レンジを使うと爆発する食材があるのでしょうか。 電子レンジは食べ物が含む水分を膨張させることで食べ物を加熱します。 ですので食材の外側に殻や膜があると、膨張した水分は外に逃げることができなくなってしまい、中でだんだん膨張し、限界に達したとき爆発が起こってしまうのです。 つまり豆腐の表面にも隙間がないため、この爆発が起こってしまうのです。 ですので、パックのまま電子レンジで温めないように注意してくださいね。 次からは電子レンジと豆腐でできる簡単で美味しい料理を紹介したいと思います。 豆腐を水切りするだけでチーズができる 皆さん大好きなチーズ。 おつまみ等にもピッタリですが、チーズは結構高いですよね。 そこで水切り豆腐の出番です。 作り方は豆腐をがっつり水切りするだけです。 レンジで温めるだけなので簡単ですよね。 これだけで豆腐が箸で簡単に持ち上がるほど固くなり、モッチリとして完全に食感が完全にチーズになるのです。 SNSでも話題になりたくさんの人が作りその美味しさにハマりました。 しかも豆腐でできているから低カロリー低脂質で、さらに安くチーズを食べた気分になれるなんて女性には嬉しすぎますよね。 また小さく切ってオリーブオイルにつけて冷蔵庫で数時間置いてから食べると、さらに風味が出て一段と美味しくなります。 もちろんそのまま食べても十分美味しくおつまみにもなりますが、トマトと一緒にオリーブオイルと塩胡椒をかけてカプレーゼ風にしたり、サラダに添えてみたりしたりしても美味しいです。 何にでも使えてアレンジの利く豆腐とは少し違った便利な食材にもなります。 簡単に作れてしまうので是非試してみてください。 豆腐をレンジで温めると簡単湯豆腐 豆腐料理で寒い冬には是非とも食べたくなるのは湯豆腐ですよね。 湯豆腐といえば普通、鍋で湯を沸かしてパックから豆腐を取り出して茹でてと、なかなか面倒くさいです。 そこで電子レンジの出番です。 電子レンジを使えば簡単に湯豆腐を作ることができてしまいます。 作り方はとても簡単。 深めの容器に豆腐を入れ、水を豆腐が浸るまで入れてラップします。 そして電子レンジ500Wで1分から2分の間温めます。 温め終わったらラップにつまようじなどで穴を開けて、水を切ってポン酢等お好みで味付けして完成です。 長く温めすぎたり、電子レンジの出力を上げ過ぎてしまうと、型崩れしてしまう可能性があるので温めすぎには注意してくださいね。 しかしこちらだけですと、しっかり作った湯豆腐の味には少し劣ってしまいます。 お好みで薬味を入れることでさらに美味しく湯豆腐を食べることもできますし、さらに本格的な味に近づけたいならレンジで温める前に塩昆布やだし、鰹節などを一緒に入れて温めると出汁が出て美味しいのでオススメです。 こちらもとても簡単ですのでぜひお試し下さい。 豆腐とチーズをレンジで温めるだけで美味しすぎる料理 豆腐がチーズの代わりになると紹介しましたが、本当のチーズと豆腐の組み合わせもとても美味しいとtwitterで話題になりました。 作り方は簡単です。 軽く水切りした豆腐の上にチーズを乗せて電子レンジ500Wで1分温めて塩胡椒、醤油やオリーブオイルをかければ完成です。 調理器具も使わず簡単で手軽にできるのに、とにかく美味しすぎるとたくさんの女性を虜にさせた1品です。 またかけるものを少し変えるだけでもたくさんの味が楽しめます。 出汁醤油+鰹節で和風テイスト、めんつゆにすればあっさりと、ケチャップ+パセリでイタリアン風等々、さまざまな工夫ができて試してみたくなること間違いなしです。 これまで豆腐をレンジで温めることで水切りも料理もできることを紹介しました。 レンジで豆腐を温めるだけで美味しくしたり、料理になったりするのは主婦にとってとても嬉しいですよね。 これからはぜひ豆腐を電子レンジで簡単に水切りして、美味しい料理を作ってみてください。 レンジで温めるだけで美味しい豆腐を いかがでしたでしょうか? 水切りが面倒くさくて豆腐をそのまま料理に使う人も多いのではないでしょうか。 でもレンジを使う方法なら簡単ですので面倒くさがりの人もすぐにでも試せますよね。 水切りをするだけで今までの豆腐とは本当に変わります。 誰だってどうせ食べるなら美味しく食べたいものです。 ぜひレンジを使って簡単に豆腐を水切りしたり料理したりして楽で美味しい食卓にしてくださいね。

次の

レンジで温豆腐

湯豆腐 レンジ

スポンサードリンク 湯豆腐を電子レンジで作る方法をご紹介今ではダイエットの定番食材となった 豆腐は、ヘルシーなうえに低カロリーで栄養満点なため、健康志向の方々を中心に絶大な人気を誇っています。 そんな豆腐ですが、実は日本発祥の食べ物ではなく、7世紀から8世紀頃に大陸から仏教と共に伝来したと言われています。 伝来した当初は貴族や僧侶といった特別階級の方のみが口にすることが許された食べ物だったと言われています。 その後、京都府にある南禅寺の精進料理にて焼き豆腐を煮詰めたおでんのような煮豆腐という料理が僧侶たちの食事に提供されるようになり、この煮豆腐こそが湯豆腐のルーツではないかと言われています。 現在では、 湯豆腐といえば酒の肴やちょい足し料理として気軽に食べられるようになり、寒さの厳しい冬の季節には欠かすことの出来ない1品となりました。 そんな湯豆腐ですが、ご自宅で作ろうと思うと出汁を取ったり、薬味を用意したり、火加減の調整など意外と一筋縄ではいかない料理ですよね。 そこで、忙しい朝でも 電子レンジで簡単に湯豆腐を作る方法をご紹介したいと思います。 そこで、今回は多忙な方でも簡単に湯豆腐を作る方法をご紹介したいと思います。 あとはお好みのタレや薬味を乗せてお召し上がりください。 スポンサードリンク 野菜たっぷり!湯豆腐の作り方 朝から野菜たっぷりの栄養満点湯豆腐を召し上がりたいという方は、ジップロックコンテナーなどを用いて作ると良いでしょう。 湯豆腐ダイエットを世間に広めたのは、元モーニング娘で現在は3児の母でもある辻希美さんです。 彼女は湯豆腐が大好きで毎日食べていたら、いつの間にか痩せていたということをご自身のブログで公表したのです。 また、豆腐の原材料は大豆ですので、新陳代謝を促す大豆イソフラボンやコレステロールの吸収を抑制させる大豆レシチン、血圧及びコレステロールの上昇を抑えるリノール酸など健康と美容維持に大切な栄養成分が豊富に含有されており、尚且つ少し食べただけで満腹になる効果も有しているので、 ダイエットメニューとして非常にオススメです。 湯豆腐に使用する豆腐ですが、 木綿豆腐ならば100gあたり70kcal前後、絹ごし豆腐ならば100gあたり56kcal前後ですので、湯豆腐を作る際の参考にして頂けたら幸いです。 湯豆腐をダイエットメニューで用いる場合、湯豆腐だけを召し上がるのではなく、しっかり栄養バランスを考え、1日の摂取カロリーを如何に抑えるかがポイントとなります。 決して湯豆腐を食べたから痩せるというわけではありませんのでご注意ください。 これから寒い冬がやってきます。 こちらのバナーからご覧下さい。 スポンサードリンク.

次の