ビデオカメラ おすすめ。 ビデオカメラおすすめランキングTOP10!小型で人気のメーカーはソニー?【2017年最新版】

ビデオカメラに4kは必要か。4KとフルHDのおすすめ機種 [デジタルビデオカメラ] All About

ビデオカメラ おすすめ

YouTubeの動画といっても、その種類は千差万別。 とにかく幅広いジャンルの動画を撮影したいのであれば、アクションカムがおすすめです。 元々は、スポーツやアウトドアシーンなどの撮影用に開発されたカメラでした。 しかし、そのタフさと使い勝手のよさから様々なアイデアを実現してくれるカメラとして、幅広いシーンで使用されるようになったのです。 アイデア次第で個性的な映像を撮影することも可能。 まさしく、YouTuberにぴったりなカメラといえるでしょう。 サイズ的にもコンパクトで軽量ですので、どこにでも持ち歩くことができますし、アクセサリーも豊富。 YouTuberの相棒であり、心強い味方となってくれるはずです。 現在はアクションカムの中でも「GoPro」が人気を博しています。 様々なyoutuberがGoProを外での撮影に用いています。 youtubeだけでなく、テレビ番組でも外での撮影に用いられることもあります。 それほど使い勝手がよく、高性能なアクションカムです。 GoProは、3万円ほどで購入可能です。 しかし、決して、安い買い物ではないため、一度レンタルして試してみてはいかがでしょうか?もあるため、利用してみてはいかがでしょうか? 画質にこだわりたいYouTuberにぴったりなのが、です。 上記のアクションカムに比べると機動力の面ではやや劣りますが、その分だけセンサーサイズも大きく、レンズ交換も可能。 より高品質で多彩な映像の撮影ができるようになります。 なお、ミラーレスではなく通常のデジタル一眼レフでも問題ありませんが、自撮りが中心となる場合は話が別です。 コンパクトなミラーレスなら取り回しもよく、よりYouTuber向きといえるでしょう。 ここ数年でミラーレス一眼は劇的に進化し、35mmフルサイズセンサーを搭載したモデルなども登場しています。 より美しく、クオリティの高い映像を撮影することができるようになりました。 上記のアクションカム同様アクセサリーも豊富ですので、うまく使いこなすことができれば、あなたのアイデアを明確な形にすることができるでしょう。 動画撮影に特化したハンディカムにアドバンテージはある? 一昔前まで、動画を撮影するといえばハンディカムが一般的でした。 しかし、今日では上述のミラーレス一眼はもちろんのこと、コンパクトデジタルカメラなどでも高品質な動画の撮影が可能となっています。 それでは、ハンディカムならではのアドバンテージは無くなってしまったのでしょうか。 基本的に、ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラのセンサー・エンジンは、静止画の撮影を前提に設計されています。 そのため、ピント移動のスピードにおいては、動画撮影に特化したハンディカムにアドバンテージがあるケースも多いのです。 撮影する動画の質に合わせ、使い分けるのがベストといえるでしょう。 どれか1台あれば事足りますが、2台用意しておけばさらにクオリティの高い映像を撮れるかもしれませんね。 スマートフォンでも動画の撮影はできる? 本格的な動画撮影をするためには、専用のカメラを購入しなければならない。 そんなイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。 確かに、画質や使い勝手などにこだわるのであれば、上述したミラーレス一眼やハンディカムを購入すべきです。 しかし、今日ではスマートフォンのカメラもかなり高性能になっています。 当たり前のようにフルHD画質の動画も撮影できますし、YouTubeに投稿するための動画撮影であれば、スマートフォンで十分です。 実際に多くのフォロワーを抱えるトップYouTuberの中には、スマートフォンで動画を撮影し、そのまま編集して投稿している人も少なくありません。 動画の撮影や編集に挑戦してみたいけど、専用のカメラまで購入するのはちょっとという方は、まずはスマートフォンを用いた映像制作に挑戦してみましょう。 動画編集に特化した無料アプリなども増えていますので、気軽にクリエイターデビューできるはずです。 についてはこちらの記事で解説しています。 それぞれのカメラの特徴を知りたい方はぜひ確認してみて下さい。 あの人気YouTuberはどんなカメラで撮影してる? 人気YouTuberがどのようなカメラで撮影しているのかをご紹介します。 画質にこだわるトップYouTuberになると、当然カメラにもこだわりを持っているケースが多く、常に新しいものにアップデートしているようです。 なお、ここでご紹介するのは、2018年9月現在で周知されている情報となります。 その点をご了承ください。 日本No. 1YouTuber!HIKAKINが使用するカメラは? 日本におけるYouTuberのパイオニア的な存在として、圧倒的な人気を誇るHIKAKIN。 現在でも、日本国内のYouTubeシーンを牽引し続けています。 彼の動画は主に室内で撮影されており、決して特殊な映像というわけではありません。 その分非常に画質が高く、画面全体にピントの動画が多く見られます。 彼がメインで使用しているカメラは、CanonのiVIS HF G20です。 ハイエンドデジタルビデオカメラの1つで、多くのトップYouTuberに愛用されているカメラとして知られています。 サイズ的に少し大きめなこともあり、出先での食レポ撮影においてはiPhone SEなどを使用するケースが多いようです。 スマホでもトップクラスの映像を制作することができる、素晴らしい例といえるでしょう。 YouTuberはどうやって動画を編集してる? カメラはもちろんですが、人気YouTuberの動画編集環境も気になるところ。 上述の通り、今日ではスマートフォンで簡単に動画編集ができるようになっています。 とはいえ、やはりトップYouTuberになると高度な編集を行うケースが多く、1日に何本もの動画編集を行う必要もあるようです。 作業効率も考えながら活動していることでしょう。 YouTuberは基本的に、スマートフォンではなくパソコンで編集を行っています。 気になるソフトですが、やはりAdobeのPremiere Proが人気のようです。 あらゆるフォーマットでハイクオリティな編集が可能で、トップYouTuberの間でスタンダードとなっています。 もちろん、近年では無料で使用できる編集ソフトなども登場していますので、最初は気軽に使えるものから試してみるのがおすすめです。 YouTuberのカメラを参考に、自分にぴったりの相棒を見つけよう 人気YouTuber達が使用しているカメラについてご紹介しました。 動画内容にそれぞれの個性が見られるのと同様、カメラにも個性が出るものです。 あなたもお財布と相談しながら、自分にぴったりのカメラを探してみましょう。 を使うと、購入する前にカメラの性能や使い心地などを確認することができます。 カメラは高額な買い物になりやすいので、購入前にレンタルで性能を試してみることがおすすめです。 また、レンタルサービスを使うと、必要な時にだけカメラを利用することができます。 例えば、外で撮影をするときだけ外用のカメラを借りることもできます。 では、GoProをレンタルすることも可能です。 カメラのレンタルサービスはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

次の

【2020年版】サッカーなどスポーツ撮影に最適なビデオカメラの選び方とコスパの高いおすすめ3選|お父さん、育児ブログはじめるってよ。

ビデオカメラ おすすめ

Wi-Fi機能とクアッドプルーフを備えた上位モデル。 Wi-Fiでスマホやタブレットと接続すれば、離れた場所からカメラの操作をすることも可能です。 64GBの大容量メモリーを備え、長時間撮影にも向いています。 防水仕様のため、プールや海での使用もOK。 Y字型のグリップベルトがしっかり手にフィットして、快適に撮影できます。 撮影後は大きな液晶モニターでみんなで映像を楽しめるのもポイントです。 高い防水性能を備え、水深5mで約30分間の撮影が可能です。 また マイクがキャッチする音を自動検出し、風の音を抑えて人の声をクリアに記録する、 自動風音キャンセラーを搭載。 ビーチや風が強い日にも役立ちますよ。 CMOSセンサーを採用しているので、暗い場所での撮影も安心。 さらに液晶メニューの表示を大きな文字にできるなど、細かい部分まで使いやすさを追求しています。 コンパクトにもかかわらず、連続約4時間40分の撮影ができるのは驚きですね。 液晶画面を閉じたままの撮影が可能なため、ロードバイクにこのビデオカメラを設置して風景を撮影するなど、ハードなシーンでの撮影にも最適。 また時間経過や計測タイムを映像上に表示することができるので、アウトドアやスポーツでも活躍するでしょう。 この製品には、 抗菌仕様の塗装が使用されており、細菌の繁殖を抑える効果が期待できます。 本体は150gの超軽量で、ストレスなく持ち運べるのは嬉しいですね。 また 29. 4mmの広角撮影が可能で、教室内など距離が取れない場所でも広々と撮影することができますよ。 お子さんの大切な思い出を残したいときに役立つ1台です。 内蔵メモリーは32GBと大きめで、さまざまなシーンでの撮影に活躍します。 ワンタッチでお気に入りのズーム倍率にできるズームポジションメモリー機能や、液晶のメニューを大きめの文字表示に変更できるなど、使いやすさにこだわった1台です。 タイムプラス撮影や個人認識、顔追尾機能など、機能面も充実していますよ。 Wi-Fi機能を内蔵しているため、スマホなどに映像を転送できるのもこの製品のポイント。 約1時間の水中撮影も可能な高度防水で、マリンスポーツの撮影にも最適です。 内臓バッテリーは64GBとたっぷりなうえに、バッテリー容量も大きく、長時間撮影にぴったりですよ。 アクティブシーンで撮影を楽しみたい人は、ぜひこの製品をチェックしてくださいね。 遠くの表情もはっきり映し出し、手ぶれ補正効果で大切なシーンを逃しません。 インテリジェントオート機能を使えば、誰でも簡単にうまく撮影できますよ。 カラーはピンクとブラウンの2種類。 温かみのあるカラーは女性にぴったりです。 ビデオ撮影に慣れていない人でもきれいに撮影できるので、ぜひこの製品を使って思い出を残してみてくださいね。 アクティブモード搭載で、動いている被写体もクリアに撮影。 インテリジェントオートがシーンを自動判別し、最適なモードに設定してくれます。 CMOSセンサーが感度をアップさせ、暗い場所でもきれいに撮影できますよ。 さらに、ムービーの操作音をOFFにして、液晶画面の明るさを抑えるマナーモードも搭載。 お子さんのコンサートなど、静かに撮影したいときに活躍するでしょう。 防水・防塵・耐衝撃・耐低温を実現したクアッドプルーフで、アウトドアシーンでも活躍します。 高精細な動画から、800万画素以上の静止画を切り出すことも可能。 切り出した静止画はA3サイズにもプリントできる高画質で、 撮影モードを切り替えることなく写真と動画を撮れるのは嬉しいですね。 4Kタイムプラス撮影やフルHDスローモーション撮影も可能で、プロ並みの動画を手軽に撮ることができますよ。 水深5mの防水仕様で、海の中を泳ぎながらの撮影にも。 とにかく性能にこだわりたい人におすすめです。 インテリジェントオート機能搭載で、シーンに合わせた設定が自動的に完了し、誰でも高画質な動画を撮影できます。 バッテリー容量は小さめですが、本体は195gととても軽量で、持ち運びのストレスになりません。 長時間の連続撮影をしたい場合は、追加で容量の大きなバッテリーを購入すると良いでしょう。 機能性と価格のバランスが取れた製品なので、初めてビデオカメラを購入するという人は、まずはこの製品から始めてみてはいかがでしょうか。 女性らしいカラーもポイント Wi-Fi搭載でスマホへの動画転送も楽に!長時間撮影に...

次の

人気YouTuber使用カメラを紹介!動画撮影に最適のカメラ

ビデオカメラ おすすめ

ハンディカメラの特徴 ビデオカメラと聞くと多くの人が真っ先に想像するであろう、片手で持って液晶モニターやファインダーを覗きながら撮影する、昔ながらの「ビデオカメラ」の形をしています。 ハンディカメラは、一言でいえば被写体を追うことが得意です。 多くがズーム機能を搭載していますので、旅行先の記録や運動会・発表会などの「写したい被写体」が決まっていて、その被写体をしっかりきれいに収めたいといった場合に役立つカメラといえるでしょう。 アクションカメラの特徴!小型モデルが多い? アクションカメラは、被写体を狙って撮るカメラではなく、小型で体や乗り物などに固定して記録撮影を行うものです。 例えば、山登りやスカイダイビングなど、両手が空いた状態で撮影できることがメリットです。 撮影中は撮る行為を意識することはなく自動で撮影されるため、思いもよらない風景や瞬間を収めることがある点も、このカメラを使う楽しみの一つです。 その性格上、撮影は長時間となりがちで、機種選択の際にはバッテリーの持ち時間を確認することが重要です。 ビデオカメラおすすめ人気ランキングTOP10 ここからは、プロカメラマンとしても活躍する筆者がおすすめするビデオカメラを、ランキング形式で10アイテムご紹介します! 10位. inkint フルハイビジョンビデオカメラ Amazonの情報を掲載しています 【基本性能】 ・タイプ:ハンディカメラ ・撮像素子:CMOSイメージセンサー ・ディスプレイ:3. 0 ・レンズF値:f3. 2 ・焦点距離:7. 公式には32GBのSDメモリーまでとなってますが、実際は64GBも使えたという情報が見られました。 なお、このビデオカメラを10位にした理由は価格にあります。 本体は送料込みで約10,000円という驚きの低価格で販売されているんです。 もちろん国産メーカーの上位機種と機能を比べるのは酷ですが、お手軽なビデオカメラとして検討する価値はあると思います。 8型 ・ディスプレイ:3. 0 ・レンズF値:f1. 8~6. 3 ・焦点距離:40. 5~2757mm(ダイナミックズーム ON)40. 屋外でのイベントやスポーツにもってこいなのがこのJVCのGZ-RX600。 このビデオカメラの特徴は、なんといってもその防水性能と防塵性能、そして1. 5mから落下させても問題ない耐衝撃性能にマイナス10度までの耐低温性能という優れたタフネス性能にあります。 内蔵されているメモリーも64GBと十分にありますから「うっかりカード家に忘れてきた」なんてときも本体に記録できるので助かりますね。 バッテリー駆動も4時間50分使えますので、普通のイベントであれば問題なく撮影できるのではないでしょうか。 堅牢な作りに安心感が持てるビデオカメラです。 アクションカメラなので基本は体や乗り物などに付けっぱなし&撮りっぱなしの使用法になります。 GoProはカメラを取り付ける為のブラケットが豊富に出回っているので、ほぼすべての場所や物に取り付けが可能です。 画質も、このモデルは4K撮影に対応しているためとてもきれいですね。 防水機能付きということもあってハンディタイプとは違った使い方になりますが、撮影時に両手が空くのでアウトドアレジャーなどだけでなく、料理や趣味の講習会などでの記録にも活用できるアクションカメラです。 9mm ・重量:約130g(本体のみ) このカメラもGoProと同じくアクションカメラです。 アウトドアスポーツだけでなく、引っ越し先を検討しているときに候補の部屋を録画し、VRグラスで見てゆっくり比較するといった使い方もできそうです。 通常のアクションカメラよりも先進的なカメラと言えますね。 3 ・ディスプレイ:2. 0 ・レンズF値:f1. 8~4. このモデルには、きれいな動画で定評のあるパナソニックのデジタルカメラと同等の技術が使われており、例えば通常よりも1ランク解像度を上げたままズームが行える「超解像ズーム」や、強力な手ぶれ補正でおなじみの「5軸ハイブリッド手ぶれ補正」などが搭載されています。 ユニークなところでは、無接点充電規格の「Qi」に対応しているので、別売りのQiバッテリーを購入すれば充電ポイントへカメラを置くだけで充電できてしまいます。 また、パパ・ママにうれしいのは、赤ちゃんの生年月日を登録することで撮影動画を月齢(何ヶ月)ごとにサムネイル表示してくれる機能。 成長は後戻りしませんから、しっかり記録してくれるこういった機能は非常に便利ですね。 0 ・レンズF値:f2~3. 8 ・焦点距離:26. SONY製ビデオカメラは、デジタルカメラの技術をフィードバックさせたような機能がたくさん採用されています。 オートフォーカスの速度を従来機より約40%も高速化した「ファストインテリジェントAF」はその代表ですね。 15倍ブレないという「新空間光学手ブレ補正」は光学ユニット全体がまるで空間に浮かせたような状態で姿勢を維持します。 また、SONYのカメラで最も特筆すべきはそのレンズ。 ZEISS(ツァイス)のバリオゾナーという、カメラを知ってる方なら知らない人はいない名レンズが何気なく付いているのはすごいことです。 0 ・レンズF値:f1. 8~3. 6 ・焦点距離:30. デジタル記録方式となって実現した機能で、動き回るお子さんやペットの動画を撮るのに非常に便利ですよ。 このモデル最大の特徴はボイスコントロールでしょう。 声で録画開始・停止だけでなく電源のオン・オフなどの操作までできるので、両手が使えない状況でもカメラの基本操作が可能です。 アウトドアレジャーなどでは両手が塞がっている状況が多々あるので、そういった場面で非常に重宝しますね。 8 ・ディスプレイ:2. 0 ・レンズF値:f1. 8~4. 0 ・焦点距離:26. 「5軸手ブレ補正」やZEISSのバリオテッサーレンズを採用するなど動画撮影における基本性能が高い上に、バッテリーを小型化したおかげで前モデルから14%削減となる大幅な軽量化に成功。 お年寄りや女性、子供でもさらに楽に持ち運んで操作ができるようになりました。 USBコネクターからの充電機能も便利で、パソコンや車でもUSBポートがあれば充電可能です。 また、充電しながらの録画も可能なので、旅先で充電を忘れたといった最悪の事態でも、携帯電話等のモバイルバッテリーがあれば撮影することができます。 8~4. 0 ・焦点距離:26. 最大26. 8mmの広角撮影ができるZEISSのレンズを搭載しているのも魅力です。 この機種最大の特徴は、撮影した動画をBGM付きのショートムービーに自動編集してくれる「ムービーメーカー」機能に対応していること。 ズームや笑顔などからカメラが自動でハイライトポイントを判断してムービーを勝手に作ってくれるのは先進的ですね。 カメラが作ったムービーには新鮮な楽しさがありますよ。 Amazon&楽天のビデオカメラ人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック! ビデオカメラで思い出をきれいに残そう! 昨今のデジタル技術の向上により、ただ録画するだけでなく、いろいろな機能を装備したデジタルビデオカメラが次々に登場しています。 パナソニックのあとから編集する機能などはその最たる例と言えるでしょう。 こういった機能はデジタルビデオカメラの特権ですが、動画撮影ということを趣旨として考えるのであれば、コンパクトカメラなどデジタルカメラも検討対象に入れるのもアリだと思います。 現在のデジタルカメラはほぼ動画撮影機能がついており、コンパクトカメラでも4K動画撮影しながら写真を撮影したり、動画からお気に入りのシーンを静止画として切り取ったりできます。 また、一眼であればレンズ交換も可能な上、センサーサイズやレンズ自体の質もよいので、テレビや映画並みの動画がカメラ一台で撮れたりします。 ビデオカメラなどを活用して、楽しい思い出を動画でたくさん記録しましょう!.

次の