長文失礼しました 例文。 長文失礼しましたの使い方!お詫びのビジネスメールを解説

お詫び・謝罪の例文(失言)

長文失礼しました 例文

取引先の方や目上の方とお話をするときに、場の盛り上がりや相手への甘えの気持ちなどから、うっかり口を滑らせてしまうことがあります。 一度口にした言葉は、取り返すことができず、最悪の場合は相手を酷く怒らせてしまうこともあるでしょう。 失言に対するお詫びというのはとても難しいものです。 自分でも言い過ぎたと感じた言葉が、自分の本心ではないということを、相手に信じてもらうまでには時間がかかります。 しかし、だからこそ失言に対するお詫びは口頭だけでなく、文書でもきちんと伝える必要があります。 失言に対するお詫びの例文 たとえば、取引先との懇親会の場などで相手に対して失礼なことを言ってしまった場合です。 お酒が入っていたり、相手の方の気遣いによってこちらがリラックスしすぎてしまったりしたときに発生することが多いでしょう。 自分の失言に気が付いたらその場で直接お詫びをすることは最低限のマナーです。 その後、文書やメールで改めてお詫びをするとともに、自分がどのような気持ちで相手と接しているのかということも伝えます。 〇〇課 田中肇 謹啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 DEF株式会社の田中肇でございます。 本日筆を取りましたのはほかでもない、先日の私の発言についてでございます。 私の不用意な発言により、山本様に大変不愉快なお思いをさせてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。 私の発言はあまりに考えのない、幼稚で非常識な発言でございました。 山本様へは、他のお取引様には無い特別な想いを持って誠心誠意、本音でお付き合いをさせていただきたいと願う気持ちが強く、それが全く見当違いの言葉となって口から出てしまいました。 日頃より数々のご温情をおかけくださる山本様に対して、私の中で甘えの気持ちがあったのだということを今回のことで痛感し、深く反省いたしております。 山本様が私に大きく失望されたのは当然のことでございます。 私の未熟な発言によって山本様のお気持ちにつけた傷を想うと、お詫びの言葉もございません。 しかし、勝手ながら私は今後とも山本様にご指導を賜りながら、これまで以上のお付き合いをさせていただきたいと心より願っております。 今の私が申し上げる立場でないことは重々承知いたしておりますが、今後の私にご期待いただきたいと伏して心よりお願い申し上げる次第でございます。 後日改めてお詫びに伺わせていただきたく存じます。 ご多用のところ、重ねてご迷惑をおかけすることになるかと存じますが、ご面会いただければ幸いにございます。 まずは取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます。

次の

お詫び編/伝わるメール・例文【英語ビジネスメール】

長文失礼しました 例文

White, I am truly sorry for the misunderstanding. I thought that the documents I sent you were right. I appreciate your pointing out my error. I will attach the correct documents again and be more careful in the future. Thank you for understanding. Sincerely, Ken Suzuki --- 件名:書類の誤りについてのお詫び ホワイト様 このたびは私の認識に誤りがあり、大変申し訳ありません。 先にお送りした書類が正しいと思っておりました。 ご指摘いただき、ありがとうございます。 あらためて正しいものをお送りいたします。 以後、気を付けます。 ご理解よろしくお願いいたします。 最もシンプルなのは「I am sorry for ~」ですが、カジュアルな謝罪表現です。 ニュアンスとしては「ごめんなさい」「すみません」といった日本語が近いでしょう。 ビジネスでは、もう少し丁寧なお詫び表現を使いたい場面が多いですよね。 そんなときは、「very」「deeply」「truly」といった 副詞を用いることで謝罪の気持ちを強調でき、丁寧な言い方になります。 また、よりかしこまった単語「apologize」を使うことで、さらにフォーマルなお詫び表現になります。 例)I apologize for the inconvenience. (ご不便をおかけし申し訳ありません) 「英語では簡単に謝ってはいけない」との思い込みからか、なかなかお詫びが出てこない人がいますが、ミスをしてしまったのなら 英語だろうと責任を認めて謝罪するのが当然です。 過剰にお詫びの言葉を並べるのではなく、ミスの原因を素直に反省し、今後はどう改善するかを合わせて伝えましょう。 Portman, We apologize for the delay in delivery. We confirmed that we had some problems with our system. We are currently working to solve the problem and deliver in this week. Please accept our apologies for causing such inconvenience. Thank you for your patience. Sincerely, Takashi Kobayashi Customer Service Center --- 件名:遅配に関するお詫び ポートマン様 このたびは配達に遅れが生じておりますこと、深くお詫びいたします。 弊社システムに障害があったことを確認いたしました。 現在、障害を解消し、今週中にお届けできるよう対応しているところでございます。 このようなご不便をおかけしまして申し訳ございません。 ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 迅速に調べたうえで、こちらに非がある場合は責任を認めて、しっかり謝罪しましょう。 主語を「We」とすることで、会社としてのお詫びであるニュアンスを伝えられます。 ただお詫びするだけでは、苦情を寄せた相手は納得しません。 本文では、苦情の理由となっている状況が起きた 原因、今後どんな 対応をするのか、改善までの 見込みなどを説明します。 これらの説明がきちんとあることで、謝罪の言葉にも誠実さが伴うものです。 (返信が遅れて、すみません) ・I am sorry to hurry you. (急がせてしまってすみません) ・I apologize for the misunderstanding. (私の認識に誤りがあり、申し訳ありません) ・I apologize for the flaws in the document. (書類に不備があり、失礼いたしました) ・We would like to apologize for the mistake in our email we sent yesterday. (昨日弊社よりお送りしたメールに誤りがありましたこと、お詫びいたします) ・We are very sorry for the inconvenience. (ご不便をおかけしましたこと、誠に申し訳ございません) ・We sincerely apologize for causing such trouble. (このようなご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます) ・Please accept my deepest apologies for causing this inconvenience. (ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます).

次の

お詫び・謝罪の例文(失言)

長文失礼しました 例文

・他人に接する際の心得をわきまえていないこと。 ・礼儀に欠けること。 また、そのさま。 上記のような意味します。 つまり「失礼しました」は、「相手に対しての礼儀を欠いた事に対して・失敬に対して許しを得る」状態を指す言葉です。 また「失礼します」で相手と別れる時の丁寧な言葉や、人に何かを頼む、尋ねる時の言葉としても使用されます。 「失礼する」を丁寧語にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼いたしました」=「申し訳ありません」ではない ビジネスシーンで「失礼いたしました」をお詫びの言葉として使う事がありますが、これは間違いです。 前述の通り「失礼しました」は、相手に礼儀を欠いたことに対するお詫びの気持ちを表現する言葉ですので、お詫びそのものへの言葉として使う事はできません。 お客様からのクレームをいただいた時など、相手に対してお詫びをする場合には「失礼いたしました」は失礼に当たります。 「申し訳ありません」を使いましょう。 上司に「失礼いたしました」は使える 上司など目上の方に対して「失礼いたしました」を使用することは可能です。 例えば、狭い所を通る時に上司と少しぶつかってしまった時や、 会議中に咳をしてしまった時など、 上司に対して失礼なふるまいをしてしまった時に「失礼いたしました」を使うのは適切です。 また、お詫びの言葉として「すみませんでした」があります。 これはより近しい間柄の上司なら使用可能です。 けれども近しい間柄の上司や先輩に対しても、 自分の重大な失態に対するなど、 本心からのお詫びの際には「申し訳ありませんでした」を使う様にしましょう。 「失礼いたしました」の代わりに使える言葉 ご無礼をお許し下さい 「失礼いたしました」の状況をより丁寧に表した言葉に 「ご無礼をお許し下さい」があります。 文書での無礼を許してもらう時にも使われる表現です。 お詫びいたします・すみませんでした・申し訳ありませんでした 近しい間柄の相手にお詫びをする時には 「失礼いたしました」ではなく、「すみませんでした」あります。 お客様や取引先の方など、目上の方に対しては 「お詫びいたします・申し上げます」「申し訳ありませんでした」を使います。 「失礼いたしました」とその類義語の例文 相手への失礼を詫びる気持ち・許してもらう時に用いられる例文 挨拶や連絡の返信が遅れた場合 「失礼いたしました」 「ご挨拶が遅れ、大変失礼いたしました」 別れの挨拶に用いられる例文 自分が相手より先にその場を去る場合。 「お先に失礼いたします」 「お先に失礼させていただきます」 相手に依頼・相談する時に用いられる例文 先方の会社の案内を受けたり連絡を取り付けたりする場合 「失礼いたしますが、第一会議室への道順を教えていただけませか」 「失礼いたします、〇〇課長にお取次ぎをお願いできますでしょうか?」 相手にお詫びをする時に用いられる例文 相手側に迷惑をかけたりしてしまった場合 「歓迎会会場の予約を代わりに手配してもらい、 お手数をかけてしまいすみませんでした」 「この度は弊社〇〇で大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」 まとめ.

次の