相鉄 jr。 <相鉄・JR直通線>開業は2019年11月末、まずはJR武蔵小杉駅と相鉄線が直結

【JR・相鉄直通】当初予想の半数程度⁉︎東京・品川方面利用のPR開始

相鉄 jr

広告 西谷~羽沢横浜国大間が開業 相鉄・JR直通線は、相模鉄道西谷駅と羽沢横浜国大駅を結ぶ2. 7kmの新線です。 相鉄とJR線の列車が相互直通運転をして、新宿~二俣川間を最短44分で結びます。 一部列車は、埼京線にも乗り入れて、武蔵浦和、大宮、川越まで直通します。 開業日は2019年11月30日です。 相鉄とJR東日本は、2019年9月6日に、相鉄・JR直通線の開業時の時刻表を発表しました。 直通列車は1日あたり46往復の運転で、朝ピーク時は毎時4本、それ以外は毎時2~3本程度の設定です。 列車種別は特急と各駅停車の2種類。 特急は相鉄線内で、大和、二俣川、西谷に停車します。 特急運転は相鉄線内のみで、JR線内では全ての列車が各駅停車となり、武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷に停車します。 画像:JR東日本プレスリリース 広告 新宿~海老名間890円 最速の所要時間は、二俣川~新宿間が44分、大和~渋谷間が45分、海老名~武蔵小杉間が36分です。 相鉄は12000系電車、JR東日本はE233系電車がそれぞれ充当されます。 列車は10両編成で、グリーン車はありません。 運賃は新宿~海老名間で890円(IC874円)、新宿~大和間が840円(同822円)、新宿~二俣川間が780円(同769円)、新宿~羽沢横浜国大間が570円(561円)などとなっています。 定期券を利用する場合、横浜経由(乗り換え)と羽沢横浜国大経由(相鉄・JR直通線)では価格が異なります。 新宿~二俣川間の通勤定期1か月を例に取ると、横浜経由が25,200円、羽沢横浜国大ルートが24,760円です。 複数ルート定期券は発売されません。 定期券の経由と異なる路線を利用する場合、別途運賃が必要になります。

次の

通勤特急・通勤急行を新設、特急・快速は西谷停車 JR直通線開業で相鉄がダイヤ改正

相鉄 jr

データイムは1時間2~3本 相鉄・JR直通線は相鉄西谷駅(横浜市保土ケ谷区)から、新規開業する羽沢横浜国大駅(同神奈川区)を経由し、JR線と接続する。 相鉄・JR間を直通する列車は相鉄海老名駅~JR新宿駅間の運転を基本とし、朝の一部列車はJR埼京線・大宮駅方面へ直通する。 運行本数は1日46往復、朝通勤時間帯は1時間あたり4本、その他の時間帯は1時間あたり2~3本の運行となった。 停車駅と所要時間をさらに見てみよう。 JR区間(羽沢横浜国大以北)は全列車が各駅に停車し、相鉄線内は特急と各駅停車を運行、横浜方面と新宿方面の分岐駅になる西谷に新たに特急が停車する。 所要時間は二俣川~新宿を44分、大和~渋谷を45分、海老名~武蔵小杉を36分で結ぶ(いずれも最速)。 相鉄がアピールした所要時間の一つが「海老名~新宿」ではなく「海老名~武蔵小杉」なのは、いかなる狙いからだろうか。 「対新宿」にこだわらない相鉄 海老名~新宿間は既に小田急小田原線が乗り換え無しで47分(昼間時快速急行利用)で結んでおり、所要時間では小田急優位なのは確実。 海老名・大和から新宿という「点と点」の競合ではなく、相鉄沿線各駅から渋谷・大崎・恵比寿など東京南部へ乗り換え無しで移動できる点にメリットを見出す沿線ユーザーが多そうだ。 また相鉄・JR直通線は、JR武蔵小杉で横須賀線・湘南新宿ラインと合流する。 武蔵小杉は特急「成田エクスプレス」も停車し、南武線・東急線と乗り換えできる川崎市内のジャンクションに発展している。 同駅を通る横須賀線・湘南新宿ラインの増発や、同一ホームで横須賀線に乗り換えられることで品川・新橋・東京方面への利便性向上も期待される。 相鉄いずみ野線列車の横浜行きと、相鉄本線からの新宿方面列車を二俣川で接続させるダイヤとなったのも、本線・いずみ野線双方から都心方面への需要を取り込む狙いがあるだろう。 乗り入れ車両はJRが埼京・川越線用のE233系、相鉄が12000系を使用する。 実質的には相鉄とJR埼京・川越線の相互直通運転に近い形ながら、相鉄側からは原則新宿折り返しというダイヤになったのも、競合路線の存在や旅客の流動を考慮したものと考えられる。 相鉄としては新宿への直通ももちろんだが、それ以上に途中の武蔵小杉・渋谷などのターミナルへの直通性をもアピールしていくという姿勢だろう。 JR通勤型の特急も? 直通列車は相鉄線内では特急と各駅停車の2種別が運行予定とのことで、他社線とはいえ、JR通勤型のE233系が「特急」として走行する可能性が高い。 通常、JRであれば特急列車は有料かつ専用の特急型車両が充当される中で、通勤型車両が特急として走行する例はない。 鉄道マニア的な視点では、JR通勤型が「特急」の表示を掲出するシーンも、この新線開業の見どころとなるかもしれない。 また横須賀線・湘南新宿ラインが停車する新川崎駅には、この相鉄・JR直通線のホームはない。 これは西谷からJR貨物線を経由した同線が、新川崎駅付近ではまだ貨物線を走行しているためで、それゆえ羽沢横浜国大の次が、武蔵小杉となっている。

次の

都市鉄道利便増進事業 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線

相鉄 jr

相鉄とJR、東急が直通運転!神奈川東部方面線とは? 神奈川東部方面線は、現在整備中の新しい鉄道路線で、相鉄本線とJR線を連絡する「相鉄・JR直通線」と相鉄本線と東急東横線を連絡する「相鉄・東急新横浜線」という2本の路線を一体的に整備する計画です。 相鉄・JR直通線と相鉄・東急新横浜線の路線図 青色の路線が相鉄・JR直通線、黄色の路線が相鉄・東急新横浜線です。 相鉄・JR直通線について 相鉄・JR直通線は、相鉄本線西谷駅からJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近までの区間に新線を整備する計画です。 運行列車は、相鉄本線西谷駅からJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近に設けられる新駅「羽沢横浜国大駅」を経由して、JR東海道貨物線を経由し、JR横須賀線を経由し、大崎駅からはJR山手線を経由し、新宿駅方面まで直通運転を行います。 相鉄・JR直通線の整備効果 相鉄・JR直通線の開業によって、相鉄線沿線から東京都心 新宿方面 への直通運転が行われ、東京都心への移動時間が大きく減少します。 二俣川駅から新宿駅までの所要時間は現在59分程度ですが、15分短縮され、44分程度で到着できるようになります。 山手線西側のみならず、企業のオフィスが集積する山手線東側方面へのアクセスも良くなり、東京都心方面への通勤負担が軽減されます。 相鉄・JR直通線の列車本数 朝ラッシュ時間帯は1時間に4本 15分に1本程度 、それ以外の時間帯は1時間に2〜3本 20〜30分に1本 の列車が設定される見込みです。 東京都心への直通本数が少ないような気がしますが、これは後述の「相鉄・東急新横浜線」への直通列車も設定されるためです。 相鉄・JR直通線の開業時期 2019年11月30日の開業を予定しています。 相鉄・JR直通線用新型車両「12000系」は2019年春登場 相鉄・JR直通線開業に向けて相鉄は、新しい車両「12000系」を2019年春より運行開始します。 車両の開発コンセプトは「安全・安心・エレガント」で、「獅子口」をイメージした力強い顔型デザインに横浜を象徴するカラー「横浜ネイビーブルー」で塗装した近未来的で上質な車両となっています。 画像引用元: 相鉄・東急新横浜線について 相鉄・東急新横浜線は、相鉄・JR直通線の「羽沢横浜国大駅」から新横浜を経由し、東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間に新線を整備するものです。 運行列車は、相鉄本線から西谷駅・羽沢横浜国大駅・新横浜駅・新綱島駅を経由し、日吉駅から東急東横線・目黒線へ直通します。 東急東横線直通の列車は渋谷駅を経由し、地下鉄副都心線へと直通します。 東急目黒線直通の列車は目黒駅を経由し、都営三田線・東京メトロ南北線方面へと直通します。 相鉄・東急新横浜線の整備効果 相鉄・東急新横浜線の整備により、相鉄・JR直通線の開業だけでは拾いきれない東京都心への直通需要を拾い、相鉄沿線住民に複数の東京都心直通の選択肢を提供します。 二俣川駅から目黒駅までの所要時間は現在54分程度ですが、16分短縮され、38分程度で到着できるようになります。 また、東海道新幹線のぞみ停車駅である新横浜駅を経由することで、相鉄沿線や東急東横線、東急目黒線沿線の住民の新幹線利用が乗り換え無しで新横浜駅へ到達できることにより、大きく便利になります。 相鉄・東急新横浜線の開業によって、新横浜駅周辺の繁華街のビジネス・商業的価値も高まることが予想されます。 新横浜駅周辺への企業のオフィス立地が加速する可能性があります。 相鉄・東急新横浜線の列車本数 朝ラッシュ時間帯は1時間に10〜14本、それ以外の時間帯は1時間に4〜6本の列車が設定される見込みです。 相鉄・東急新横浜線の開業時期 2022年度後半の開業を予定し、工事が進められています。 相鉄・東急新横浜線用新型車両「20000系」は2018年2月に運行開始 相鉄・東急新横浜線用の新型車両「20000系」は、相鉄を象徴する車両として、これまでの通勤型車両に は見られない斬新なデザインやアイデアを随所に取り入れています。 相鉄の新たなブランドカラーである、「横浜ネイビーブルー」をまとった、力強い顔立ちの通勤車両のイメージを打ち破る新しいデザインの車両です。 周辺一帯は近くに鉄道駅のない鉄道空白地帯となっていましたが、利便性が一気に向上します。 この開業により鉄道空白地帯の解消はありませんが、新横浜の拠点性が一気に高まり、ビジネス拠点としての価値、商業拠点としての価値が上がりそうです。 綱島駅からはあまり離れていないので、鉄道空白地帯の解消効果はあまりありません。 相鉄線沿線や新横浜から綱島へのアクセスが向上するので、綱島エリアの拠点性が高まります。 綱島にはAppleの研究開発センターApple YTCがありますが、このような研究開発やオフィスの拠点として綱島が選ばれることが増えるかもしれません。 新綱島駅の直上では「新綱島駅前地区 第一種市街地再開発事業」が進行中で、タワーマンションを中心とした複合開発が行われます。 進化する首都圏の鉄道網 神奈川県では横浜市あざみ野〜川崎市新百合ヶ丘まで、が、2030年の開業を目指して進行中です。 東京都心で注目の計画は、2029年開業予定のJR線が羽田空港と直結するです。

次の