スター ウォーズ パルパティーン。 スターウォーズ9|パルパティーンがスノークでアナキンの父親?【スカイウォーカーの夜明け】|MoviesLABO

スターウォーズ9のパルパティーンはクローン!小説で暴露

スター ウォーズ パルパティーン

アナキンのフォースの強さを考えると、強力な血縁があるのかと考えられましたので、これから、「 パルパティーンがスノークでアナキンの父親か?」について考察します。 【スノーク】 スノークは、エピソード7から登場した ダークサイドのファーストオーダーの最高指導者です。 少しファースト・オーダーについて話をすると、シスのパルパティーンがルークとダースベイダーによって解体された後、ダークサイド面のフォースを台頭する勢力として台頭した集団になります。 当時は、シスとは関係ないと言われていましたが、エピソード9で関係していることが分りました。 スノークは、ハン・ソロとレイアの息子であるカイロレンをダークサイドに導いた人物です。 最終的には、レイとカイロ・レンの戦闘中に、カイロ・レンに裏切られ、ライトセイバーで切られ殺される結末になっていました。 スノークの正体(ネタバレ) スノークは、最初、シスと関係ない人物と紹介されていました。 そのため、最初のジェダイの末裔であることなど、様々な噂がファンの中でされました。 つまり、パルパティーンの操り人形で合ったことになります。 エピソード8 最後のジェダイで殺されたシーンも人形のような感覚はしたので、ここで繋がった感じがしました。 と言うことで、 シスと関係ないとされていたスノークは、シスに関係していました。 シディアスの裏切りで死ぬ寸前にシミ(アナキンの母親)に身篭っていたと言う内容です。 時系列的にも合致するので、有力な説だと言えます。 個人的にもこの説が有力かなと思っています。 アナキンがオビ=ワンに見出される際も、シスは、アナキンのフォースが強いことを知っているようだったので、父親はいないと言いつつもその可能性が高いと思えました。 時系列的には合致しますし、ダース・ベイダーにかなりこだわったことを考えると、親子の可能性があったのかと考察できます。 しかし、本作で、レイの祖父であることが明らかになったので、さすがにパルパティーン物語では悲しいので、この説は無くなったと言えます。 アナキンのポテンシャルを考えると、何者ではない説は無いと考えられます。 せめて、ジェダイの末裔の誰かの血縁は持っているはずです。 しかし、シリーズを通じて、適任たる人物が出てこなかったので、謎に包まれています。 個人的にはヨーダであって欲しかった想いが強いのですが、シスとヨーダ(宇宙人)の子供が人間になるかは微妙なので無いでしょう。 まとめ 「アナキンの父親が誰だったのか?」について解説しました。 様々な説がありますが、やはり、昔から有力なダース・プレイガス説が有力だと思います。 今回の作品で、シディアス説が消えたと思うので、より強固になったと考えられます。 また、何者でも無い説は、ロマンがなくなる感じがするので無いかな〜と思っています。

次の

スターウォーズスカイウォーカーの夜明けのレイの正体はパルパティーンの孫!結末やネタバレについても

スター ウォーズ パルパティーン

スター・ウォーズ 作者 初作品 『』(1977年) 所有者 () 期間 1977年 - 出版物 小説 漫画 映画・テレビ 映画 (1977年 - 2019年) 『』(2008年) (2016年 -) テレビシリーズ テレビ映画 その他 遊園地アトラクション 『 スター・ウォーズ(Star Wars)』は、の構想を基にが製作するのである。 「 遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に、、、、、など複数の媒体で展開される。 世界で最も興行的成功を収めた映画シリーズ、の一つであり、『』に次ぐ世界歴代2位のを記録している。 その他、外伝的なスピンオフ作品が多数発表されている。 からにかけて公開された。 スピンオフを含むスター・ウォーズ全作品の大元となる作品群である。 第1作『』(1977年)は ()、続編『』()、『』(1983年)も世界的にヒットした。 1971年、はルーカスが監督を務める2作品について契約を結んだ。 最初に製作された『』は成功を収め、ルーカスはアカデミー賞にノミネートされた。 数か月後、ルーカスは2作目の草案を提出したがユニバーサルは草案を拒否したため、20世紀フォックスと契約を結んだ。 1974年までにルーカスは草案を下敷きにして脚本を書き上げ(この時点で、、アナキン・スターキラー()などの要素が加えられた)、物語が全9部作になると主張して20世紀フォックスと交渉し、監督として5万ドル、脚本家として5万ドル、プロデュース費用として5万ドルを受け取った。 製作を確実なものとしたルーカスは、監督としての報酬を抑える代わりに、の権利は全てが持つと認めさせ( ()は、「交渉において、我々は20世紀フォックスのビル・ラーマンとの間で契約を立案しました。 我々はジョージが権利を所有することで合意しました」と述べている )、自らの管理でキャラクターやメカのグッズを製造・発売し、巨額の富を得た。 この利益を基に、後の『プリクエル・トリロジー』はの自己資金で製作されている。 映画が時系列では4番目にあたる『新たなる希望』から制作されたのは、まず1作目が商業的に成果を収めねばシリーズ化が望めず、その意味で一番「冒険活劇」としての完成度が高かった『新たなる希望』を最初に世に出すことが得策だと判断されたためである。 また『エピソード1・2・3』の時代は、全銀河の首都である大都市惑星の描写や、との間で勃発した大規模戦争であるの描写が必須にも関わらず、当時の映像技術と予算では映画化が不可能だったのも理由にある。 ルーカスの製作意図に一層近づいた形にするべく、フィルムの物理的な洗浄や素材フィルムまで戻ったシーンのによるやり直し、再撮影及びによる新規シーンの追加等が行われた。 音響効果もバラつきが統合され、全体もヒスノイズ低減処理を経て再編集された。 一方で、行われた変更の中にはいわゆる「」など、旧来のファンの間で論争を引き起こしたものもある。 その後に、にと新規の映像ソフトが発売されるたび、新三部作との整合化など、この特別篇にさらに修正が加えられていった。 現在はテレビオンエアもこちらのバージョンが標準になっており、初公開時のオリジナル版を鑑賞することは困難となっている(ただし、2006年にDVDが発売された際に、初公開時のオリジナル版が特典として同梱されたことはある)。 新三部作 を主人公とするシリーズ。 からにかけて公開された。 旧三部作の前日譚に当たる。 1987年、ルーカスはとの離婚和解で財産を失い映画製作の意欲をなくし、『ジェダイの帰還』以降の続編計画は中断してしまう。 しかし、1990年代の映像技術の進歩に触発され、シリーズの再開を考えるようになった。 この間、スター・ウォーズはの『スローン三部作』やの『ダークエンパイア』などのスピンオフ作品によって人気を回復した。 スター・ウォーズ人気が衰えていないことを知ったルーカスは、再び監督として製作に復帰する。 1999年に『』が公開され、2002年に『』、2005年に『』が公開された。 旧三部作と比較すると遥かに発達した特撮・技術や派手なカメラワークが目立ち、シリーズの見所の一つであるライトセーバーの殺陣も非常にアクロバティック化した。 その後、映画界では撮影機材のデジタル化が急速化し、映画の歴史に一つの転換期をもたらすことになった。 ルーカスは長年スター・ウォーズシリーズのために作成した資料の量を誇張しており(その理由をマイケル・カミンスキーは宣伝と情報保安を目的にしていると述べている )、「ルーカスが『ジェダイの帰還』の後に続く物語を企画している」という憶測が生まれた。 しかしルーカスは『シスの復讐』以降の作品は製作しないと明言し 、「私はよく"『ジェダイの帰還』の後に何が起きるんですか? "と聞かれますが、それに対する答えを持っていません。 映画はアナキンとルークの物語であり、ルークは銀河を救い父を取り戻して物語は終結しています」と語ったことにより 、スター・ウォーズシリーズは全9部作の予定を全6部作と修正して一旦の完結を迎えた。 公開年 タイトル 監督 ジョージ・ルーカス 続三部作 を主人公とするシリーズ。 からにかけて公開された。 旧三部作の後日譚に当たり、の上位を塗り替えるヒットを記録している。 2011年に入り、ルーカスは『スター・ウォーズ』の新しい映画作品について仕事を始めた。 2012年にがを買収してスター・ウォーズシリーズの著作権を取得 、配給会社もからに変更され、新体制での再スタートとなった。 2015年に『』、2017年に『』、2019年に『』が公開され、本来想定されていた全9部作が完結した。 買収後のルーカスフィルム社長にはが就任。 作品自体は引き続きルーカスフィルムが製作するが、ルーカス本人は今までのように製作総指揮は行わず、製作現場から退き「クリエイティブ顧問」という特別な役職に就任した。 マーク・ハミルはディズニーの制作について、「ルーカスの頭のなかでは、第7作から第9作までの粗筋ができていた。 そしてディズニーが実際に作った作品は、 ルーカスの構想していたのとは大きく異なるものだ」と言及した。 2013年に親会社()の分社化によりが設立され、20世紀フォックスは傘下となり、その後2017年12月14日にウォルト・ディズニー・カンパニーは21世紀フォックスのエンターテインメント部門を総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することに最終合意したと発表。 公開年 タイトル 監督 (エピソード7) (エピソード8) (エピソード9) J・J・エイブラムス デジタル3D版 2010年に本シリーズの『エピソード1~6』の化が発表された。 そのためのデジタル3D変換技術の開発が社において行われたが、これは人物や背景などのシーン中の全対象物の3次元形状をモデルで再現し、そこに元映像をマッピングして3Dレンダリングするという非常に手間のかかるもので コストの問題が解決出来ずキャンセルされ、ルーカスとILMの監修の下社においてデジタル3D変換が行われることになった。 完結後の予定 ライアン・ジョンソン 11月9日にウォルト・ディズニー・カンパニーにより、シリーズ完結後に新たな三部作の実写映画の制作が予定されていることが発表された。 『』の監督が主導し、ルーカスフィルムに「三本の映画、一つの物語、新たな登場人物、新たな場所。 フレッシュに始めよう」と提案。 スカイウォーカー・サーガからは離れた、新たな別の人物を主人公とする三部作を予定している。 ライアンは1作目は監督する予定だが、全作を監督するかは不明とのこと。 三部作の方向性について「唯一のゴールは、子供として『スター・ウォーズ』により、どう感じさせられたかを考えることだ」と語った。 2018年2月3日、ルーカスフィルムはジョンソンの三部作とは異なる新シリーズを製作することを発表した。 脚本・製作はテレビドラマ『』のとが担当し、は物語について「『スター・ウォーズ』シリーズのある時点に焦点を当て、そこから始まる物語になる」と語っている。 2019年5月7日、ウォルト・ディズニー・スタジオがタイトル未定の新作3本を2022年から1年おきに全米公開すると発表した。 全米公開日はいずれもクリスマス前の週末で、第1作が2022年12月16日、第2作が2024年12月20日、第3作が2026年12月18日となる。 アンソロジー・シリーズ 実写映画本編を補完する実写映画シリーズ。 2013年、ルーカスフィルムがスター・ウォーズのメインストーリーとは別の劇場映画をいくつか製作すると報じられ 、2015年にアメリカので開催された本シリーズのオフィシャルファンイベント「アナハイム」で、これらの実写映画スピンオフ作品群は「 アンソロジー・シリーズ」のレーベル名の下で公開されることが明らかにされた。 3Dアニメーション タイトル シーズン 話数 公開年 監督 1 13 1985年 ケン・スティーブンソン レイモンド・ヤフェリチェ TV スペシャル 1986年6月7日 クライヴ・A・スミス 1 13 1985年 2 22 1986年 デイブ・フィローニ 1 22 2008年 - 2009年 2 22 2009年 - 2010年 3 22 2010年 - 2011年 4 22 2011年 -2012年 5 20 2012年 - 2013年 6 13 2014年 - 2014年 7 12 2020年 -2020年 ショート 4 2014年 デイブ・フィローニ 1 15 2014年 - 2015年 2 22 2015年 - 2016年 3 22 2017年 - 2018年 ジャスティン・リッジ 4 16 2019年 - 2020年 デイブ・フィローニ ショート 12 2018年 ジャスティン・リッジ 1 21 2018年 - 2019年 2 19 2019年 - 2020年 2Dアニメーション タイトル シーズン 話数 公開年 監督 1 10 2003年 2 10 2004年 3 5 2005年 Star Wars Blips 1 8 2017年 1 16 2017年 キャリー・ベック デイブ・フィローニ 2 16 2018年 スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー 1 36 2018年- 2019年 ジョシュ・ライムス 2 2020年 - スター・ウォーズ ロール・アウト 1 2019年 糸柳英郎 実写ドラマ 2018年10月3日、実写ドラマがを描く『』になると製作、脚本を務めるが自身ので発表した。 10月4日、スター・ウォーズ公式サイトにて、作中の画像と共に、一作目の監督を、その後のエピソードの監督を、、、が、プロデューサーには、、、エグゼイティブ・プロデューサーにはが参加することが発表された。 日本では劇場用映画として公開された。 子供向けに実写映画本編より対象年齢を下げて制作されている。 作品名 公開日 監督 脚本 製作 製作総指揮 1984年11月25日 1985年8月17日 ジョージ・ルーカス ジョージ・ルーカス 1985年11月24日 1987年3月21日 ケン・ウィート ジム・ウィート 主なストーリーの時系列 前述の通り、映画の公開は時系列通りになっていない。 また、「オリジナル・トリロジー」における最大の敵でもある。 惑星タトゥイーンで暮らす奴隷の少年だったが、フォースの資質を見出されて銀河共和国を護るに「予言にあるフォースにバランスをもたらすもの」として迎えられる。 を弟子にとりクローン対戦で活躍。 ジェダイと共和国を滅ぼし、新たに成立した銀河帝国をシディアスと共に統治していく。 のちに息子によって改心、とシスを滅ぼし、その際受けた攻撃が仇となり死亡。 しかしシディアスを殺したことで結局予言通りにフォースにバランスをもたらした。 その後はアナキン時代の姿で霊体として復活。 エクセゴルの戦いではや、アソーカらとともにレイに呼びかけた。 Luke Skywalker 「オリジナル・トリロジー」の主人公。 アナキンの息子として生まれるが、シディアスのジェダイ狩りから逃れるため父の故郷タトゥイーンで育てられる。 成長後、自身がジェダイの血を引く存在であると知り、帝国への反乱軍に協力することを決意。 戦闘を経験する中で秘めたる才能が徐々に覚醒する。 ベイダーは父親を殺害した怨敵だと聞かされていたが、そのベイダーこそが実の父親だった。 深いショックを受け、かつてのアナキンのように心が暗黒面へと出向いていく。 しかし最後はその誘惑を撥ね返してベイダーとシディアスを討ち、銀河に一時的な平和を取り戻す。 レイに修行をつけフォースの幻影を使い甥のカイロ・レンと対決、疲れ果てて息を引き取った。 しかしフォースの霊体として残りレイアの霊体とともにレイを見守った。 Rey Skywalker 「シークエル・トリロジー」の主人公。 惑星ジャクーにて一人暮らす少女。 幼少期に家族と離れ離れになり、廃船から奪った部品を売って生活しながら再会を待ち望んでいた。 実は生まれながらに高いフォースの資質を持ち、訓練を受けていない段階でも戦士として高い能力を発揮する。 BB-8やフィンとの出会いをきっかけにレジスタンスと、ファースト・オーダーとの戦いに関わるようになる。 さらに、復活したシディアスの後を継ぐ未来を予知してしまう。 その後はレイ・パルパティーンではなくレイ・スカイウォーカーを名乗っている。 Leia Organa アナキンとパドメの娘、ルークの双子の妹として生まれたが、ベイル・オーガナ夫妻に引き取られオルデランで育てられる。 外交官としても活躍していてその頃に反乱者のエズラ・ブリッジャーとも接触している。 その後は反乱同盟のリーダーとして銀河帝国との戦いに参加し、ルークやハン・ソロ、オビ=ワンとともに第一の設計図を届ける任務をやり遂げヤヴィンの戦いに勝利した。 帝国滅亡後、実兄ルークに師事し修行中に妊娠、ハンとの間にベン・ソロをもうける。 その後もレジスタンスを率いて息子達が率いるファースト・オーダーと戦った。 カイロ・レンとなった息子にフォースを使い働きかけ改心させやがて疲れ果てレジスタンスをポー・ダメロンに任せて息を引き取った。 その後もフォースの霊体として残り、レイを支えた。 See-Threepio 金色の装甲を持つヒューマノイド型のプロトコル(儀礼・通訳用)ドロイド。 R2-D2と共に、全エピソードに登場しているキャラクター。 Artoo-Detoo 宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイド。 C-3POと共に、全エピソードに登場しているキャラクター。 Han Solo 密輸船「」の船長。 帝国軍の歩兵であったがチューバッカと出会い共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。 その後ルークやレイアと出会い反乱同盟軍に参加、将軍となる。 帝国滅亡後にレイアとの間に後のカイロ・レンとなるベン・ソロを設ける。 しかし彼によってスターキラー基地の戦いで殺される。 その後、デス・スターの残骸でレイに敗北したベンの記憶の中の存在として現れ、彼を改心させた。 Chewbacca ハン・ソロの相棒であるウーキー族の戦士。 エピソード3以降の全作品に登場。 帝国の捕虜となって処刑人となっていたときにハンと出会い共に帝国を逃走、ベケットの盗賊団に参加した。 その後反乱同盟軍に参加し帝国を滅ぼす。 ハンの死後はレイと行動を共にした。 ダース・ベイダーに惹かれたためルークに鍛えられるが、スノークに誘惑され、ルークに暗殺されかけたのも影響しダークサイドに転落。 スノークを殺害しレイを誘ってファースト・オーダーを率いろうとするが拒絶された。 感情に任せルークの幻影と戦闘、レジスタンスを取り逃してしまう。 その後ファースト・オーダーの最高指導者となったがレイや両親の働きかけが効きライト・サイドへ帰還。 蘇ったダース・シディアス、シス、ファースト・オーダーの後継組織ファイナル・オーダーをレイとともに葬り、フォースを使い果たし息絶えた。 劇中用語 基本的な用語のみ記述する。 その他の用語、及び詳細は「」「」「」「」「」を参照。 銀河の万物をあまねく包み込んでいるエネルギー体。 目には見えないのような概念だが、強い意思と精神集中によってその「流れ」を感じ取り自由に操作することで、身体能力や空間認識能力の強化に留まらず、未来予知、念力、心理操作、テレパシーなどの超感覚的な能力による現象を起こすことができる。 使用者の感情に伴って性質は二つに別れ、ジェダイは穏やかで冷静な心から引き出される「 ライトサイド(光明面)」、シスは怒りや憎しみといった負の感情によって引き出される「 ダークサイド(暗黒面)」を用いる。 プラズマの光刃を形成する剣型の武器。 主にジェダイとシスが接近戦で用いる。 何らかの物体に接触すれば膨大な熱エネルギーを放出し、溶断する。 レーザーやビームの類を跳ね返すこともできる。 基本的にジェダイの光刃は青や緑、シスは真紅であるのが通例である。 フォースのライトサイドを駆使して戦う、銀河系の自由と正義の守護者たち。 清廉潔白かつ気高い精神が求められ、恋愛の禁止、無抵抗な者への攻撃の禁止など、教条主義的な厳しい掟がある。 人間性を排した体質に憤慨し、シスに寝返ったアナキンによって銀河共和国もろとも滅ぼされてしまうが、結果として、ルークという全く新しいジェダイが誕生することになる。 作中では、「シスの暗黒卿」とも呼ばれる。 フォースのダークサイドを信奉する者達の総称。 ジェダイと相反する存在であり、欲望を貫徹させる精神的解放性と明らさまな権力欲を持ち、防御よりも攻撃を重視する傾向にある。 シスとなった者は、それまでの名を捨て「 ダース」(Dark Lord of the Sithの略称)の称号を冠する。 ドロイド 人間と同程度か、それ以上の知性(特に専門分野では)を持つロボット全般を指す。 基本的に与えられたプログラムに従って行動するが、長い稼動時間の中で経験や知識を積むことにより個性を得て自己主張し、更には嘘をついたり怒ったり喜んだりといった、極めて「人間的な」行動を見せるものも少なくない。 独立心や自我を削ぐ遺伝子調整を施され、成長速度を速めて生産された銀河共和国軍のクローン兵士。 総兵力約320万ユニット。 バトル・ドロイドを凌駕する戦闘能力により、共和国の主力軍隊となった。 個性がないと思われがちだが、ジェダイと任務を共にしたことで多くのクローンに個性が芽生え、人間と遜色のないクローンが多く生まれた。 そのためジェダイとの間にも強い絆が生まれている。 だがはに暗殺され、計画は伯爵により続行された。 後の銀河帝国軍のストームトルーパーの前身でもある。 帝国に忠誠を誓い、絶対的に服従する銀河帝国軍の機動歩兵。 総兵力20億ユニットともいわれている。 サバイバル装備や温度調節機能を備えた白いアーマーに身を包み、ブラスターにより集団攻撃で敵を圧倒する。 帝国樹立初期の数年間はクローン・トルーパーで構成されていたが、クローンは短命であり費用も莫大なことから、クローン戦争終結後すぐに製造が中止され、ほとんどのクローンは退役した。 また、銀河帝国の支配権が広がったことによる人員不足等の理由から、士官学校から充当された普通の人間が主な構成員となっている。 スノートルーパーやスカウト・トルーパーなど、任務に応じた様々なバリエーションが存在する。 関連映像作品 公開年 タイトル 監督 1977年 1983年 1987年 1999年 - 2010年 - 2012年 2014年 2015年 2016年 歴史• 4月、が「スター・ウォーズ」の構想を開始。 5月、とに企画を提出するが却下される。 と交渉し合意を得る。 3月、『スター・ウォーズ』の脚本完成。 12月、20世紀フォックスと正式に契約。 - 3月、『スター・ウォーズ』の撮影開始。 - 5月、映画『』公開。 後に9部作の『エピソード4』と『新たなる希望』という副題がつけられる。 - テレビドラマ『スター・ウォーズ ホリデー・スペシャル』()放送。 - 映画『』(エピソード5)公開。 - 映画『』(エピソード6)公開。 映画『スター・ウォーズ 特別篇』(エピソード4)公開。 映画『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 特別篇』(エピソード5)公開。 映画『スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇』(エピソード6)公開。 - 映画『』公開。 - 映画『』公開。 - テレビアニメ『』放送。 - 映画『』公開。 - 映画『』公開。 続編となるテレビアニメ『』放送開始。 日本ではより放送開始。 10月、ディズニーによるルーカスフィルムの買収とエピソード7以降の製作を発表。 テレビアニメ『Star Wars Rebels』の制作を発表。 - テレビアニメ『』放送。 日本では2015年放送開始。 - 12月、映画『』(エピソード7)公開。 - 12月、映画『』公開。 - 12月、映画『』(エピソード8)公開。 11月、ディズニーによるエピソード9終了後の制作を発表。 -5月、映画『』 公開。 -12月、映画『』 公開。 反響 音楽 には『スター・ウォーズ』のテーマを ()がアレンジでカバーした「スター・ウォーズのテーマ〜カンティーナ・バンド(酒場のバンド)」が発売され、で1位を獲得した。 には、イメージソングとしてが歌った 「スター・ウォーズのテーマ〜カンテナ・バンド 」が発売された(、DR-6186)。 これは上記MECOのアレンジカバー版を基にが日本語詞をつけたものであった。 新しい吹替バージョンとして、番組内でにも紹介された。 2010年7月には、にて5. 1chにエピソード順での放送が行われた。 特に2010年の放送では、6月末より関連番組や便乗CMをほぼ毎日放送するなどこれまでの日本におけるどの放送よりも力を入れて行われ、『エピソード2』の7月18日の放送直後に外伝作品の『スター・ウォーズ クローン大戦』を放送するなど時系列順を徹底し(『エピソード』1~6の順に、それぞれ7月17日~7月22日まで毎日)、パロディ作品の『』も『エピソード3』の直後に放送している。 データ放送ではそれら関連番組の視聴時間に応じて「フォースポイント」というポイントが溜まり、オリジナルグッズへの応募が可能だった。 『フォースの覚醒』が2015年12月18日に公開されることを記念して、日本テレビで『エピソード1』から『エピソード6』までの6部作が放送された。 映画番組「金曜ロードSHOW! 「映画天国」と特別枠は関東ローカルでの放送となった。 『最後のジェダイ』が2017年12月15日に公開されることを記念して、日本テレビの映画番組「金曜ロードSHOW! 視聴率は関東地区で『帝国の逆襲』が9. 視聴率は関東地区で8. その他メディア 詳細は「」を参照 本シリーズは、多種多様な媒体を通じて沢山のスピンオフ(外伝)を世に送り出してきた。 ジョージ・ルーカス自身が他の作家による二次創作に寛容だったこともあり、映画本編と整合性が取られていない独創的な作品も多く存在する。 しかし2012年にウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収した際、膨大な数のスピンオフが新規ファンに混乱を与えてしまうという配慮から、スピンオフ作品は全て「 カノン(正史)」と「 レジェンズ(非正史)」に分別されることとなった。 「カノン」に属するスピンオフ作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムの買収後に設立した「ルーカスフィルム ストーリー・グループ」の監修を受けた作品が該当する。 パチンコ この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) 、から『フィーバースター・ウォーズ』として登場した。 に本機のゲーム性をさらにアップした『CRフィーバースター・ウォーズ ダース・ベイダー降臨』も登場した。 に『CR FEVER STAR WARS Battle of Darth Vader』が登場した。 キャスト• 、ナレーション -• - [ ]• - [ ]• ザム・ウェセル - [ ]• 、 - [ ]• - [ ] キャストはソフト版と劇場公開版とほぼ同じだが、代役のため変更されている。 パチスロ この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) にパチンコと同じSANKYOから発売。 イベント・テーマパーク• - 1999年からディズニーによって開催されている本シリーズのオフィシャルファンイベント。 スター・ウォーズ・ウィークエンド - 1997年から2015年までで開催されていた本シリーズのファンイベント。 - 、、、にある、本シリーズを題材にしたフライトシミュレータータイプの。 時系列はエピソード6の後の世界。 現在はすべて後述のリニューアル版に更新されている。 - 上記のディズニーパークにある、スター・ツアーズのリニューアル版。 メガネをかけるタイプの3D映像となり、固定だった飛行ルートが数パターンのルートの組み合わせにより数十種類に増えた。 時系列はエピソード3と4の間だが、期間限定イベントでエピソード7、8、9の映像が増えたりするなど曖昧になっていることもある。 新作映画が公開されるたびに飛行ルートが追加されている。 - とを除く 世界のディズニーパークで行われている、ジェダイの騎士になる為にライトセーバーの訓練を行う体験型エンターテインメント。 - ディズニーランドやをはじめとする本シリーズに関する小道具の展示やキャラクターとのグリーティングを行うことができる施設。 - 本シリーズの初の。 2019年海外のディズニーパークにて、「スター・ウォーズ ホテル」と同時オープンした。 また、アトラクションは「」「」がある。 デジタル配信 、オリジナル&プリクエル・トリロジー6部作のデジタル配信が開始された。 による買収後の配信であるため、のロゴは表示されない(『エピソード4』を除く)。 それまでの映像ソフトには未収録のボーナス映像も収録されている。 その後、シークエル・トリロジーやアンソロジー・シリーズの作品がソフト化される際は、デジタル配信も同時に行われるようになった。 また、『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』などのアニメーションも配信されている。 脚注 [] 注釈• 2016年9月7日閲覧。 , p. 2017年11月10日閲覧。 『エピソード1』『エピソード2』『エピソード4』オーディオ・コメンタリー• 2018年4月9日閲覧。 , p. 227. , pp. 294—95. Star Wars 2004年4月5日. 2008年4月15日時点のよりアーカイブ。 2008年3月27日閲覧。 Arnold, William 2005年5月12日. Seattle Post-Intelligencer• Movieweb 2004年9月10日. 2008年10月18日閲覧。 Killer Movies 2004年9月13日. 2008年10月18日閲覧。 Showbiz. Industry Central. 2008年10月18日閲覧。 Davis, Erik 2008年5月7日. Cinematical. 2008年10月18日閲覧。 Schou, Solvej 2012年12月21日. Entertainment Weekly. 2012年12月22日閲覧。 , StarWars. com, October 30, 2012. Retrieved May 25, 2013. , MEN'S CLUB, 2017年12月15日, 2018年2月18日閲覧。 プレスリリース , , 2017年12月14日 , の2017年12月14日時点におけるアーカイブ。 , 2017年12月14日閲覧。 Additional , December 14, 2017. シネマトゥデイ 2017年9月6日. 2017年9月18日閲覧。 映画ナタリー 2017年9月13日. 2017年9月18日閲覧。 T-SITE NEWS 2015年8月10日. 2016年4月24日閲覧。 『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』フィルムアート社• STAR WARS WEBLOG 2013年7月26日. 2016年4月24日閲覧。 STAR WARS WEBLOG 2013年7月28日. 2016年4月24日閲覧。 STAR WARS WEBLOG 2015年1月4日. 2016年4月24日閲覧。 com. 2017年11月10日. THE RIVER 2018年2月7日. 2018年2月8日閲覧。 CNBC 2013年2月5日. 2013年2月5日閲覧。 Fischer, Russ 2015年4月19日. 2016年8月27日時点のよりアーカイブ。 2016年9月7日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年10月4日。 2018年10月5日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年10月5日。 2018年10月5日閲覧。 2012年10月31日. 2012年10月31日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2016年9月6日閲覧。 2018年4月9日閲覧。 2008年9月12日閲覧。 2018年1月21日閲覧。 2018年6月10日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2019年2月7日閲覧。 2019年2月7日閲覧。 2018年1月20日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月14日閲覧。 2016年9月3日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2019年1月30日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 2018年5月29日閲覧。 映画ナタリー 2015年11月27日• 映画ナタリー 2015年12月3日• THE RIVER 2018年1月30日. 2018年2月1日閲覧。 スター・ウォーズ|STAR WARS| 2017年5月25日. 2017年7月13日閲覧。 参考文献• Kaminski, Michael 2007. The Secret History of Star Wars 関連項目• - 本シリーズの製作会社。 - 本シリーズの・製作会社。 - 別名スター・ウォーズ計画。 - スター・ウォーズについてのオンライン百科事典。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - チャンネル• starwars -• starwars -.

次の

スター・ウォーズシリーズ

スター ウォーズ パルパティーン

このページは書きかけのページです。 今後の追記が予定または期待されています。 Sheev Palpatine 別名または別表記 別名 Darth Sidious 人物に関する情報 出身地 誕生 47BrS:8:11 死亡• オリジナルの肉体は 4 ABY 39 、• 45 、• 10 ABY 45 、• 最後のは 11ABY 46 、 身体に関する情報 種族 性別 男性 身長 1. 73 m、以前は1. 78 m 髪の色 赤色、後に灰色、白色() 目の色 青色、黄色() 年代および政治に関する情報 時代• (パルパティーンとして)• (シディアスとして)• (パルパティーンとして)• (シディアスとして)• (パルパティーンかつシディアスとして) 師匠 弟子• (ダーク・ジェダイの弟子)• (ダーク・ジェダイの弟子)• [非表示] シーヴ・パルパティーン、またの名を ダース・シディアスは、最後のであり、の初代でもある。 また、彼はの掲げたに従った最後のであり、これまでに存在したなかで最強のシス卿であると考えられている。 パルパティーンは何十億もの知的生命体を犠牲とした規模の抗争、を勃発させるなど、複雑な計画を駆使して自らの帝国を築き上げたのだった。 の下で修行中のパルパティーン 若き日のパルパティーンに関する正確な情報を得ることは難しく、したがって彼がいかにしてシスとなったのか、どのようにしてのに魅入られたのかは完全に謎である。 しかし、どういうわけか彼のはに気づかれることがなく、代わりにのシスの暗黒卿、の関心を引いたのだった。 プレイガスはパルパティーンの資質を慎重に見極め、彼をシス・オーダーのカルトへと招き入れた。 そして、ダース・ベインの時代からの伝統に従い、プレイガスは彼にを冠するシスの名前を与えたのである。 パルパティーンはシス・アプレンティス、ダース・シディアスとなったのだ。 ダース・シディアスは何十年にもわたってプレイガスの下で修行を行ったが、それがいつから始まり、いつ終わったのかを示す証拠は一切残されていない。 その間、プレイガスはシディアスにダース・ベインの伝統に則った訓練を与え、ベインの時代について記録された数多くのシス・を与えたのだった。 ジェダイはこれらのホロクロンがのに保管されていると誤解していたが、それらは精巧に造られた偽物であり、シスに関する誤った情報が記録されていた。 その後、本物と偽物のホロクロンがそれぞれ誰の手に渡ったのかは分かっていない。 プレイガスの下で、シディアスはシスの歴史を深く学び、古代シス卿やベインをはじめとする最近のシス卿に関する知識を身につけた。 ベインの教えはオーダーの基本を顕著に表したものであり、プレイガスの教えは厳しいものだった。 だがその結果、パルパティーンはベイン以来最強の暗黒卿の1人となったのである。 ダース・プレイガスの殺害 ダース・プレイガスは不老不死の研究に取り付かれていた。 彼は禁じられた教えを探求し、死に瀕した者を救える、あるいは死んだ者を蘇らせることさえできる知識を手に入れようと考えていたのだ。 とシスは共に何千年にもわたって死から逃れる方法を追及してきたが、いずれも成功を見なかった。 やといった最強の古代シス卿たちがこの秘密を掴んでいたとされるが、それらは既に失われていた。 その後、プレイガスは無から新しい生命を作り出すという究極の秘術の研究に着手する。 そしてついに、プレイガスはに影響を与え、そのものから直接生命を生み出す実験について、シディアスに語ったのだった。 プレイガスはこうしてできた子供に驚異的な潜在能力があるはずだと考えていたのだ。 シディアスは即座にプレイガスの真意を疑った。 彼の目的は新しい弟子を作ることであり、自分とその子供を置き換えるつもりであると考えたのだ。 シディアスはプレイガスから学べるだけのことを学び、既に密かに自分の弟子を準備していた。 その直後、彼は寝ているプレイガスを殺害し、シス・マスターの称号を手にしたのである。 彼は同じことを繰り返さぬよう自分の弟子に目を光らせ、モールにはプレイガスに関する知識をほとんど教えなかった。 シディアスは常に用心し、プレイガスのように迂闊に寝りにつくことさえ避けたのだった。 プレイガスは死んだが、辺境の砂漠の惑星に彼の実験の成果を示す証拠が存在した。 当時30歳の奴隷の女性、がという名の男の子を出産したのである。 アナキンの少年時代には謎が多いが、シミは彼の父親についてまったく知らず、やがてアナキンは歴史上最も強いフォース感知力を持つ人物として知られることになる。 シディアスはいずれ彼がダース・モール以上に強力な弟子となることに期待し、彼の成長を注視し続けたのだった。 ダース・モールの訓練 にタトゥーを入れるシディアス プレイガスを殺害する直前に、パルパティーンは若いの少年をの家族のもとから連れ去り、シスとしての訓練を始めていた。 シスがザブラクを弟子に選んだことは前例がないわけではない。 太古の昔、ザブラクの武勇に気づいていたシスはイリドニアと価値ある接触を行い、法外な報酬でザブラクを傭兵として雇っていたのだ。 そのため、シスの文化が滅びて久しい時代にも、ザブラクの文化にはシスの影響が残されていた。 ザブラクには大きな苦痛に耐える力が備わっていたのだ。 だが、若いモールにはパルパティーンの非情な訓練に対する準備ができていなかった。 それでもモールは師に絶大な尊敬の念を抱いており、完璧な忠誠を誓っていたのである。 やがて、モールの最後の試練のときが訪れた。 パルパティーンは彼を辺境の隔離された惑星へと送り出し、そこで1ヶ月にわたって彼をアサシン・の標的とさせたのである。 そして最後の日、モールは洞窟の入り口で待っていたパルパティーンを発見する。 モールは数日間飲まず食わずで疲れきっていた。 それでもパルパティーンはモールに戦いを挑み、モールはなす術なく敗れてしまう。 パルパティーンは無様な弟子を見下ろし、モールがこの様では別の弟子を用意するしかないと語った。 するとモールは激怒し、殺意を持ってパルパティーンに襲い掛かった。 パルパティーンは油断したが、モールの武器を取り上げる。 だが、モールは素手でも攻撃を続け、最終的には敗れたが、あわや師の腕に噛み付こうかという勢いだった。 この結果に満足したシディアスは、モールに修行の終わりを告げ、彼がシス卿であると宣言したのである。 シディアスの計画は極めて複雑であり、無意識に動いてくれる手駒がその計画に気づいたり、あるいは干渉したりすることを決して許さなかった。 その点でダース・モールは優れた道具だった。 彼はシディアスの真の計画に対するあらゆる障害を排除するため、密かな暗殺者として銀河系の各地に派遣されることになる。 一例として、最終目標を実現させるため、シディアスはモールに銀河系で最大の犯罪シンジケートであるを攻撃させた。 シス卿は周到に準備した計画を彼らに台無しにされることを懸念していたのだ。 最後の準備 パルパティーンはジェダイ絶滅の壮大な計画に着手する前に、、、の従者たちなど、数多くのダークサイドの支持者たちと接触を行い、直接の支配下に組み入れた。 実際には、ツンドの魔女たちは最後のメンバーであるによってほぼ壊滅させられていたが、パルパティーンはの秘密に関心を示し、ゲプタにのの称号を与えたのだった。 さらに、パルパティーンはダーク・フォースの関係者を集め、元のをリーダーに任命した。 後に彼らはたちと呼ばれるようになる。 政治家パルパティーンの台頭 パルパティーンはダース・シディアスとしての素性を慎重に隠しつつ、若いときから政治家としてのキャリアを歩み始めた。 ナブーでは12歳から20歳までの間、公共の奉仕に就くことが義務付けられており、彼もこの流儀に従って政治の世界へ足を踏み入れたのである。 しかしナブーの多くの人々とは異なり、彼は通常許容される以上の年齢になるまで政界にとどまっていた。 彼はナブーの地方政界に入り、さらに上を目指したのである。 だが、実際には当選よりも落選することが多く、一連の政治的地位をことごとく逃していったのだった。 やがて、でナブーを代表する議員がに乗った正体不明の狙撃犯によって暗殺されると、30歳のパルパティーンは彼の後継者として立候補した。 このとき、ナブーの人々は、彼をナブーとの他の35の提携惑星を代表するセクター議員に選んだのだった。 この暗殺事件にパルパティーン、プレイガス、あるいは他の仲間が関わっていたかどうかは不明である。 しかし、この事件で利益を得たのはパルパティーンだけだった。 多くの腐敗した議員が数々の不正を行い私腹を肥やしているなか、パルパティーンはコルサントの元老院を蝕むあらゆる疑惑や汚職から一線を画していた。 彼は物静かで口数も少なく、野心や狡猾さとは無縁の政治家だったのだ。 彼の有益な助言や聡明な政策はときとして政敵たちをも懐柔し、やがて彼自身も議会で一目置かれる存在となったのである。 の33年前、シディアスの影の同盟者副総督は、彼の故郷で開催されたで、シディアスの画策したの虐殺に加担した。 このサミットを主導するを襲撃した海賊もパルパティーンが黒幕であり、その結果、が連合のとして権力を得たのだった。 その直後に、パルパティーンはによってから盗まれたとされる700万を秘密裏に動かし、の口座へと送金した。 同時に、パルパティーンの補佐官は、この不正な金の動きが議長の政敵によって暴かれるよう手配する。 そして、議員がでこの事実を暴露し、これによってヴァローラムの権力は極めて不安定な状態へと陥ったのだった。 その1年後、シディアスは通商連合のの幹部たちに、元老院決議案BR-0371、すなわち主要な辺境の交易ルートに対する関税法案への抗議行動として、ナブーの封鎖を行うよう指示した。 シディアスはニモイディアンたちに自分がパルパティーンであることを隠していたが、自らがシス卿であること、そして元老院に対してある程度の影響力を持っていることを明かしていたのである。 ナブー危機 ダース・シディアス 数年後、パルパティーンはナブーの元首という難敵に直面した。 両者に政治的合意はほとんどなく、彼はヴェルーナに対し、外交により積極的になるよう説得していた。 結局、これは外交政策における危険な懸念を生じさせ、ついにはヴェルーナの失脚を招くことになる。 パルパティーンはヴェルーナの後継者が彼の有益な助言を熱心に聞いてくれると感じ、喜んだ。 彼が初めてアミダラと対面したのは彼女の戴冠式のときである。 その後、アミダラが銀河元老院に嘆願するためコルサントを訪れるまで、2人は一度も直接顔を合わせていなかった。 扱いやすい君主を得たパルパティーンは、予定通りに計画を実行に移した。 通商連合は憤り、恐怖し、その弱い心を彼に操られていた。 ヴァローラム最高議長も実質的に彼の影響下にあり、これも優位な点だった。 パルパティーンは状況のあらゆる側面を掌握していたのである。 ゲームは次の一手を打つべきときを迎えた。 このは他のあらゆる計画の交差点であり、共和国に最初の大きな一撃を与えることになる。 関税問題に端を発する通商連合のナブー封鎖事件は、パルパティーンを銀河政治の主役に抜擢することになる。 元老院にはナブーの悲劇に対する同情だけでなく、腐敗しきった共和国を変えることができるのは彼だけだという期待感もあった。 その一方で、元老院が調停のためジェダイの特使、とをナブーへ派遣すると、シディアスはニモイディアンたちに彼らの抹殺を命令する。 しかし、ニモイディアンはこれに失敗し、ナブーでもアミダラ女王を取り逃がすという失態を演じたのだった。 シディアスは弟子のダース・モールを投入してアミダラの捜索を行うが、彼女は元老院で故郷の惨状を訴えるべくコルサントへと逃れ、皮肉にもパルパティーンとの対面を果たすことになる。 このとき彼は、アミダラの一行が途中で立ち寄ったタトゥイーンで、フォースから生まれたアナキン・スカイウォーカーを発見したことに驚きを隠せなかった。 パルパティーン議員 ナブー問題について協議する特別議会の最中、パルパティーンはアミダラ女王に、リーダーシップを失ったヴァローラム最高議長の不信任案を動議するよう勧めた。 議会は満場一致で動議を受け入れ、続く選挙にはパルパティーンの他、の、のが候補者として選出された。 だが、状況は悲劇の主役となったパルパティーンが圧倒的に優勢であり、彼はついに最高権力の座を手に入れる。 議長となったパルパティーンは、共和国にはびこる不正を一掃し、銀河系に正義と秩序をもたらすと公約した。 そしてこのときは、誰もがそのとおりになると信じていたのである。 シディアスはその後のでダース・モールを失うが、この一連の計画での最大の目的は達成されていた。 シディアスの真の目的はヴァローラム元老院議長を失脚させ、銀河元老院の新議長の座を手に入れることにあったのだ。 彼にとってはモールも通商連合も、そのための道具に過ぎなかった。 このときジェダイ・オーダーはシディアスの正体はおろか、その存在に関する手掛かりさえ何一つとして掴んでいなかったのである。 パルパティーン政権下の共和国 ヤヴィンの戦いの28年前、パルパティーンが官邸での任期を終えると、通常通りが行われることになった。 しかし、彼の改革に向けた最善の努力が妨害されているという事実(もちろんこれは彼自身が画策したことである)、彼自身による陰謀、そしてより優れた資質を持つ有力な対立候補がいなかったこともあり、パルパティーンは難なく再選を果たす。 同時に、これは共和国の歴史における最後の議長選挙となった。 4年後に行われるはずだった次の選挙の直前に、彼はの改定を断行し、自身の任期を無期限に延長したのである。 新たなる弟子の捜索 シディアスとの会合 モールを失った後、シディアスは早急に新しい弟子を探す必要性に迫られた。 共和国を分裂させ、征服するための計画を続けるには、必要な準備を行い、共和国の加盟惑星に紛争の種をまくことのできる弟子が必要だった。 モールには明らかにこのような政治的手腕が欠けており、狡猾で雄弁な話術も持ち合わせていなかった。 理想としては、シディアスの要求に沿ったフォース感知力の高い若者を見つけ出すことだったが、それは不可能だった。 辺境の惑星出身の議員だった当時は、ダース・モールを幼少時代から鍛え上げる時間があったが、議長として多忙を極めているときに同じようなことはできなかった。 シスとしての使命のために政治家としてのキャリアを危険に晒すわけにはいかず、かといって政治的キャリアのためにシスの使命を犠牲にするわけにもいかなかったのだ。 しかし、運命は彼に完璧な候補者をもたらした。 共和国とに不満を持つジェダイ・マスター、である。 シディアスの望みどおり、このジェダイは既にフォースの道を十分に熟知しており、モールのような獰猛さはないものの、剣士としても完成された腕を持っていた。 さらに、彼は忍耐強く、知性に溢れ、カリスマ性をも持ち合わせていた。 これらはすべてシディアスが計画の次の一手を打つために必要としていたものだったのだ。 そして最も重要なことは、シディアスが彼をシスとして利用するための内面の弱さを持っていたことである。 一方で、パルパティーンは同時に他にも数人のシスの候補者を訓練していた。 その1人がである。 彼女はパルパティーンの計画と誇大妄想に気づいたとき、彼を殺害しようとした。 しかし、彼女は失敗し、銀河系から逃亡したのである。 ドゥークーはジェダイ評議会に対し、シスの脅威が想像以上に深刻であると説いていた。 シスは常に2人で行動している。 1人はナブーで死んだが、ジェダイはもう1人の捜索になかなか乗り出そうとしなかった。 ドゥークーには彼らの先見性の無さを受け入れることができず、もはや意見の一致を求める必要性さえ失っていた。 彼はかつての弟子だったクワイ=ガン・ジンによって見出されたスカイウォーカー少年よりむしろ、自分こそがなのではないかと信じるほど傲慢になっていたのである。 ドゥークーは自ら謎のシスの捜索を開始したが、先に彼に接近してきたのはシディアスの方だった。 ドゥークーは明らかにシスに魅了されており、少なくともジェダイにシスの脅威から銀河系を救う力はないと信じていた。 長い議論の末、シディアスは共和国が内部から腐敗しており、それを食い止めるには新しい秩序が必要であるとドゥークーを説得したのだった。 ドゥークーは自分たちの分離主義思想による改革案が同一のものであると確信し、ほどなくしてシディアスの申し出を受け入れた。 ドゥークーの助力と引き換えに、シディアスは彼にダークサイドの知識を与え、彼はそれを自分たちの描く理想の実現のために利用することになる。 ドゥークーは自分とシディアスはパートナーであると信じていた。 しかし実際には、初期から主導権を握っていたのはシディアスである。 シディアスにとって、ドゥークーはモールと同様に必要な道具に過ぎなかった。 彼は自分と対等のパートナーなど必要としておらず、求めてもいなかった。 これはシスの手法ではなく、特に彼の手法ではなかった。 彼にとってドゥークーは、アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに転向する準備が整うまでの便利な代替物でしかなかったのだ。 クローン軍 として採用され、後にの部隊の中核となるの創設に関しては謎が多いが、一般にはジェダイ評議会の元メンバーで、ドゥークーの親友でもあったマスター・の発案であると考えられている。 他のジェダイたちに幻滅していたドゥークーは、サイフォ=ディアスにだけは多くを打ち明けていた。 しかし、ドゥークーの幻滅が深まるにつれ、サイフォ=ディアスの困惑は増していった。 彼は暗黒の時代の到来を予見していたが、ジェダイ評議会がそれに対してほとんど対策を講じていなかったのだ。 そこでサイフォ=ディアスはパルパティーンに、闇の到来によって共和国の運命が危機に瀕していること、そしてジェダイがその事実から目を背けていることを相談する。 彼らは混乱を避けるため、平和に慣れきった共和国に警笛を鳴らさぬよう、秘密裏に行動する必要があるという認識で一致した。 パルパティーンはジェダイに何も告げず、未来の共和国を守るべき大規模なクローン軍の開発を依頼するため、サイフォ=ディアスを遺伝子工学に長けたの元へ派遣したのである。 しかし、シディアスはサイフォ=ディアスが沈黙を守れるとは考えていなかった。 そのため、シディアスは彼を殺害させるためにドゥークーを送り込み、ドゥークーは一切躊躇することなくかつての親友を殺害したのだった。 これによって彼はシスが求める古代の契約を満たし、ダークサイドに祝福されたのである。 シディアスは彼にシスの名、ダース・ティラナスを与えた。 一方で、クローン計画はそのまま進んでおり、ティラナスがサイフォ=ディアスの役割を引き継ぐことになる。 計画の第一段階は成功し、ジェダイはそのことにまったく気づいていなかった。 サイフォ=ディアスは口を封じられるまで、誰にも計画のことを口外していなかったのだ。 この状態を保つため、ドゥークーは惑星の情報を、シディアスがシスにとって潜在的な価値があると判断した他の37の星系(やなど)と共に、ジェダイ公文書館から完全に消し去ったのだった。 ティラナスの次の任務はクローン軍のためのDNA提供者を探すことだった。 いずれはシスの敵と戦うことができるよう、彼らのテンプレートとなる人物には高い闘争本能と卓越した訓練、そして経験が必要だった。 シディアスは新しい弟子にこうした基準に沿う人物の捜索を命じ、多くの考察と厳しい試練の末、ティラナスは旧の最後の生き残りである完璧な候補者、を見出した。 フェットは莫大なクレジットに加え、彼のであり弟子となる自分の純粋なクローンの提供を条件に申し出を受け入れる。 ティラナスは同意し、パルパティーンのストームトルーパー部隊の前身が創設された。 この軍隊は共和国の崩壊後、パルパティーンの帝国の創設に役立つことになるのだ。 分離主義危機 ヤヴィンの戦いの24年前、パルパティーンの指示のもと、ドゥークー伯爵は通商連合を中心とするいくつかの巨大企業を統合した。 パルパティーンの議長としての権力を磐石のものとするための道具、が創設され、が始まったのだ。 これらの組織は自衛のために所有していた大規模な軍隊をドゥークーに提供することを約束していた。 共和国を転覆させる力を持つようになった連合は、元老院にとって脅威的な存在となったのである。 パルパティーンの任期の終わりに革命的政府が出現したことによって、元老院はこの年の銀河共和国議長選挙を中止し、分離主義危機への対抗策として彼の任期を無期限に延長することを決定する。 しかし、分離主義運動はパルパティーンの平和的交渉や、共和国の団結と理念を守ろうとするの設立といった試みに反して激しさを増していったのだった。 こうしたなか、共和国に防衛のための軍隊を求める意見が広がりはじめたが、軍隊設立法案への支持は元老院の多数を占めるには至らなかった。 しかし、その後2年の間に、マラステアのをはじめとする多くの議員が暗殺される。 これらの事件に犯行声明を出したテロリスト・グループは一切なく、パルパティーンの予想した通り、激しさを増す分離主義勢力に疑いの目が向けられることになる。 さらに、ジェダイもこの暴力の連鎖に対して後手に回ってしまい、エインリー・ティームは元老院でジェダイを痛烈に批判したのだった。 もはや結論は明らかであり、ジェダイと司法省に秩序を維持する力がないのであれば、軍隊にそれを求めるしかなかった。 人々は結論を決めかねていたが、パルパティーンだけはこの議論を楽しみながら見届けていたのである。 軍隊設立法案の採決の直前に、パルパティーンは再び共和国の多数の加盟惑星を訪問し、交渉による平和的解決を目指すと宣言した。 だが、それは完全な欺瞞であり、彼がしぶしぶながら元老院が法案に賛成することを期待しているのは明らかだった。

次の