リモートプラス 内職。 事務・経理・会計スタッフの求人情報(在宅・リモート・業務委託)

エンジニアにおすすめの副業は?休日にリモートでもできる案件を紹介!

リモートプラス 内職

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国はリモートワーク(テレワーク)の導入を企業に推進している。 最新のデータ(総務省の『』)によると、日本国内の企業のテレワーク導入率は13. 9%だそうだ。 オリンピックが開催される東京都は、『』)の中で、従業員30人以上の都内企業のテレワーク導入率を2020年度までに35%に引き上げたいと公表。 働き方改革や生産性向上、育児や介護による離職を防ぐ側面からも注目を集めているが、実際に導入している企業はどうやって運用を行っているのだろうか。 今回はリモートワークに早い段階から取り組み、さらにリモートワークから発展した「リモート忘年会」「リモート飲み会」などのチャレンジ企画も開催している、株式会社ポップインサイトの代表取締役社長 池田朋弘さんと取締役CHOの木島啓介さんに話を聞いた。 ポップインサイトは、日本で初めてリモートユーザテストを提供し始めた企業。 現在は、東証一部上場ののグループ会社でもある。 フルリモートの社員もいる中でコミュニケーションや仕事の割り振り方など、課題点はないのだろうか。 リモートワークを取り入れたきっかけから、紐解いていく。 リモートワーク導入のきっかけは、社員の「離職防止」 リモートワークを導入するきっかけや経緯は、企業によってそれぞれ。 ポップインサイトでは、どういったきっかけからリモートワークを取り入れることになったのだろうか。 代表取締役社長の池田さんは、「当時のエースの一言がきっかけ」と話す。 池田さん(以下、敬称略):まだ社員数が数名の頃に、当時のエースが「中国で働きたい」と言い出したんですよ。 彼が抜けてしまっては会社として非常に困るので、「リモートワーク的な取り組みを試験的にしてみよう」と提案したのがきっかけですね。 それ以来、リモートワーク前提で社員の採用をしてみようということになり、シングルマザーで優秀な方を採用したんです。 最初は「週2出勤、週3リモートワーク」といった勤務形態でしたが、徐々にリモートワークの割合を増やしていきました。 このような流れがポップインサイトに発生したのは2014年のこと。 当時はまだそこまで普及していなかったリモートワークを導入したのは、手放したくなかった社員のひと声によるものだったようだ 「採用ブランディング」にもなったリモートワーク 昨今は、採用戦略の一環としてリモートワークを推進している企業もあるが、ポップインサイトに当初、その考えは全くなかったようだ。 しかし、リモートワーク導入は採用ブランディングや会社の危機に対し、プラスに寄与する結果を招いた。 池田:2015年(創業3年目)に、財政的な経営危機を招いてしまい、コスト削減の一環としてオフィス解約を決断しました。 だから、2016年はオフィスがなかったんです。 機材などの一式は私の自宅に移動し、都内で会議室を週1回借りている状況だったんですね。 なので、毎週違う会議室を借りて、「ノマドカンパニー」的なことを自虐的な面白さも含めて、取り組んでいたんです。 そうしたら、ポップインサイトは「リモートユーザテスト」というサービスを提供していることもあってか、「リモートワーク」などのキーワード検索結果で自社採用ページが上位表示されるようになり、優秀な人が応募してくるようになったんです。 リモートワークは「切り出された業務をすること」ではない ポップインサイトでは、具体的にどのような仕事をリモートワークで進めているのだろうか。 取締役CHOの木島さんは、「リモートワークは『ホワイトカラー頭脳労働』」だと語る。 木島さん(以下、敬称略):よく誤解されがちですが、リモートワーク=クラウドソーシングの仕事に多い内職系業務など「切り出された業務」ではないんですよね。 ポップインサイトのリモートワークは、あくまで勤務形態が「在宅」であるというだけで、多くの企業の総合職と同様の「ホワイトカラー頭脳労働」を行っています。 「この人はリモートワークだからこの仕事は振れない」といった区別をしないことで、全員が躊躇なくリモートワークできる環境構築に成功しているようだ。 Zoomというチャットツールを使い、リモートランチをしている様子(ポップインサイトブログ『』より) 木島:イメージしてください。 会社員であれば、「仲間と仲良くなるために飲みに行きたい」と考えますよね?「じゃあ、リモートでもやりましょう!飲みましょう!!」ということで、リモート忘年会やリモート飲みなどのチャレンジ企画がごく自然に始まりました。 リモートワークに魅力を感じ入社した社員は、介護や育児、副業などに忙しい人もいるはず。 果たして、新しい企画はスムーズに立ち上がったのだろうか。 木島:最初はみんな訝しげでしたね。 「どうやってやるの?何をやるの?」といった声もありました。 なので、まず一度、普通に飲み会っぽくお酒をPC前に持ち寄って、10人くらいでZoomを使って 、リモート飲み会をやってみたんですよ。 そうしたら、よくしゃべる人が2・3人と、その人たちの会話を聞く6・7名といった構図になってしまいました。 もっと全員が主体性をもって楽しむにはどうしたらいいかを考えた結果、全員参加型のコンテンツを用意することにしたんです。 例えば、フリップを画面に表示し、『クイズ王ゲーム』や、『絵心ゲーム』などをしてチーム戦で楽しんだり、コンテンツの合間に談話の時間を設けたり……。 それはすごくヒットしましたね。 笑いあり、(笑いすぎて)涙ありで大盛況でした!経営陣は、そんな盛り上がりを「ええやんええやん」って感じで見守っています(笑)。 ちなみに、リモート飲み会にはこんな試行錯誤もあったようだ。 木島:居酒屋にリアルに集まっている5名とリモート5名という組み合わせで飲み会を実施した時は、リアル組とリモート組の温度差が発生してしまうことが分かりました。 環境に差が出ないよう、全員リモートでやる方が良いんだろうなと思っています。 リモート参加する社員を特別扱いするのではなく、全員リモートで参加してみる。 区別をなくすことで、こういった企画もスムーズに回っていくようだ。 リモートワークの課題は、「働きすぎてしまう」こと リモートワークを進めていく中で、課題が明確になり、対処法も考えられてきたと池田さんは言う。 池田:リモートワークだとわかりやすい時間の仕切りがないので、働こうと思えばいくらでも働けてしまうんですよね。 具体的な対処法として、毎週金曜に「キャパシティチェック」という社内アンケートを送り、各自の働き方が理想とずれていないかをチェックしています。 子育てとの両立は、現在検討中ですね。 子どもがいる時にも仕事が発生する、もしくは子育てがひと段落した深夜に仕事をしてしまうことで、寝ていた子どもが起きてしまうというケースもあるんです。 いつでもどこでもできるリモートワーク。 便利な反面、目の前にある仕事を片付けたいと思うが故に、「子育てと仕事の境目が分かりづらく、子供にストレスがかかってしまう」といった課題もあり、改善の余地はまだまだあるとのこと。 早くからリモートワークを導入する企業でも、日々制度をより良いものにしようと努力は欠かせない。 リモートワークを成功させる秘訣は、「情報格差をなくすこと」 池田さんは、「リモートワークを成功させる秘訣」について、こう考えていると言う。 池田:リモートワークが「ごく一部の社員」にしか浸透していないと、「リモートをしている社員」と「リモートをしていない社員」の間で、大きな情報格差が生まれてしまうんです。 これを避けるには、「リモートワークをメインストリームとし、出社しなくても情報が同じように得られる状態にできるかどうか」が最も重要だと思います。 実際に、ある会社でリモートワークをしていたけれど、リモートワークをしていない社員との間に格差を感じて退職してしまったという方が、ポップインサイトの転職面接に来ることも多いんですよね。 先述のリモート飲み会のように、「リモート組」と「現地組」の二極化が発生すると、互いに気を遣い、働きづらさを招いてしまうことになるようだ。 では、リモートワークが生む「格差」や「寂しさ」という点について、ポップインサイトはどう乗り越えたのか。 木島:これは意外だったのですが、「寂しさ」を解消する動きが社員から自発的にたくさん発生したんですね。 雑談チャットやガス抜きチャット、オンライン対戦できるゲーム部などが発足しました。 リモートワークだと「何か軽い困り事があった時に、隣の席の人にちょっと聞く」ということにハードルがあるので、それならそういう時にすぐに話せるようにと、常時接続可能Web会議室「」が設けられたりもしています。 今では、一般の会社よりもコミュニケーション量は多いくらいかもしれませんね。 リモートワークを社内の働き方のスタンダードにしたことで、社員全体でリモートワークの仕組みを支える風土も生まれたようだ。 企業がリモートワークを導入しようとすると、セキュリティーなどの技術的な課題を乗り越える必要もあり、メインストリームとすることはハードルが高い。 しかし、導入する際には中途半端に取り組むのではなく、思い切ってリモートワークを会社の働き方の中心に据える。 そんな覚悟も必要なのだろう。 取材・文: 取材協力: 株式会社ポップインサイト 代表取締役社長 池田朋弘 2008年、早稲田大学卒業した後、Webユーザビリティのコンサルティングファーム(株式会社ビービット)に入社。 2013年1月、株式会社ポップインサイトを創業。 代表取締役CEOに就任し、現在に至る。 HP: 自社Media: Twitter: Facebook: 株式会社ポップインサイト 取締役CHO 木島啓介 兵庫県出身。 アパレルの専門学校を経て大学卒業後、株式会社ジョブウェブ入社。 新卒採用コンサルタントとして大小様々な規模の会社の採用支援に従事。 副業で人事支援のフリーランサーとしても活躍。 2017年1月、株式会社ポップインサイト取締役CHO(Chief Human Officer )就任。 ポップインサイトの人事制度設計やリクルーティングを担当。 Facebook:.

次の

リモートワークとは? 働く前に絶対に知っておきたいことを完全網羅! 派遣・求人・転職なら【マンパワーグループ】

リモートプラス 内職

エンジニアが副業をした方がいい理由 エンジニアの中にも今の給料に満足していない人は多いですが、実は エンジニアのスキルを生かせば副業で大きく稼げることはご存じでしょうか。 今の収入にプラスして稼げる 本職とは別に、収入源があると、心の安定 にもつながります。 「ボーナスが思ったよりもらえなかった」「残業代をカットされた」なんてことは、よくある話。 でも、今の本職とは別に、収入が入ってくるだけでも、安心感がありますよね。 副業で数万円稼ぐことは、今の時代、難しくはありません。 そして、今からでも始められる副業は、いくらでもあります。 しかも、 生活の負担がずっとラクになるのも、大きなメリット。 スマホ代• 飲み代• 光熱費 毎月かかる出費がチャラにできたらうれしいはず。 今の収入プラス副業で、生活レベルを上げることにつながるんです。 エンジニアは売り手市場 IT業界は、深刻な人手不足。 企業側からしたら, エンジニア経験者は、のどから手が出るほど欲しい人材なんです。 理由は、WEB業界がどんどん広がっているから。 IT市場が広がるスピードに、人材の補給が追いついてない状況なんです。 スキルがあるだけで、需要ありなので、務めている会社だけで、給料をもらうには、もったいなさすぎます。 時代が求めているうちに、一気に稼ぐことはとっても大切。 かしこいエンジニアは、稼げる可能性を広げてるのです。 自分の価値がわかると、勤務先だけで頑張る意味がどんどん薄れていきます。 しかも、今後の成長にとっても、副業は重要な役割を持ってます。 スキルアップを望める どんどん新しい技術が進歩して、特別なスキルを必要とするエンジニア職。 自身のスキルアップをし続けることが、欠かせない職です。 同じ事務作業を繰り返す仕事ではなく、どんどん新しい案件をさばかないといけない業務です。 そのため、今のスキルで満足していたら、視野も狭くなり成長スピードも遅くなりがち。 エンジニアで長く生き残るためにも、 副業を通してスキルアップへつなげるって選択もできるのです。 副業は、 別の収入源を確保するだけでなく、自分の技術力をアップさせることができるので、今、注目されています。 エンジニアで副業をするデメリット 注意 激務すぎる職場でやると、体を壊すかも 「今の職場、かなりのブラックだ」ってあなたは、気をつけたいです。 アレもコレも任されて、いつも帰りは、終電。 とにかく目の前の仕事で精一杯。 って状況が続いているなら、副業に手を出す場合ではないかも。 本業のギリギリの作業内容に、副業の仕事がのっかってくると、体が悲鳴を上げます。 無理をしすぎると、最終的には、体を壊してしまうデメリットも。 エンジニアで副業をする場合、まずは 「体に支障が出ない作業量か?」をチェックしたいです。 副業でも、色々な案件があるので、自分に合う仕事内容を見つけることが、カギです。 以下で、具体的な案件の探し方を紹介します。 エンジニアの案件の探し方 「探すのが大変なんでしょ?」って思いますが、難しく考えないことがポイント。 エンジニアで副業を探す方法は、さまざまあります。 仕事の需要がある場所を見つけるだけなので、 ツテやツールをうまく使いながら、最適な案件を探していきましょう! IT業界の友人からの紹介• 経営情報学• 情報工学科• 機械工学 など、ITに関連する学科で学んできたって人がほとんど。 別のIT会社で、働いてる友人は多いはず。 友人の職場でも、人手が足りず、作業ができる職員を探しているかもしれません。 すでに関係のある友人からプッシュがあれば、即、仕事を得ることも可能。 まずは、久しぶりに飲みに誘い、務めている職場がどんな状況かを探ってみるのも選択の1つ。 「そんな大変な業務やってんだね。 」「自分に協力できる案件があったらやるよ」なんて、 話の流れで、副業の仕事をゲットできる可能性もあります。 もし、相手が協力を求めてきたら、事前の交渉が必要ない点もありがたいです。 winwinになる案件なら、友達との関係も強くなるので、まさに一石二鳥。 の記事もご参考ください。 クラウドソーシングを使う 「クラウドソーシングとは?」 働く場所を選ばず、ネット上で• 仕事の依頼を受けたり• 仕事を探したり できるサービス。 子育てなどの理由で、会社には行けないけど、「スキマ時間に働きたい!」って人は大勢います。 エンジニアの募集案件もたくさんあり、手間なく副業につながる仕事を見つけることができます。 「在宅ワーク的な小遣い稼ぎでしょ~?」ってイメージを持つ人もいますが、 IT業界に関するの依頼は、高単価が多い傾向にあります。 「報酬はいいから、ぜひうちに協力して!」って、猫の手でも借りたい職場が多いため、募集も豊富なんです。 それだけ、どこの現場でも人手が足りないってこと。 スキルがないと、取り組めない内容ばかりなので、今の技術が即活かせます。 ざっくり見てみるだけでも、効率的に稼げる副業が見つかるかもしれません。 あとは、行動に移すか移さないか。 最後に、休みの日にできるおすすめの副業をまとめてみました。 エンジニアならではの案件もあるので、チェックしましょう! 土日でできるエンジニアにおすすめの副業 くたくたになって、帰宅後に作業するのは、続けにくい。 副業がしたくても、平日しかできないと、厳しいです。 休みの日をうまく使って稼げる案件探しが、大切。 そのため、土日でもできる副業を探すことが、重要です。 土日でも取り組める案件を、以下で紹介します。 と合わせて参考にしてください。 セレクト エンジニアが副業をするならセレクトというサービスを使うのが一番おすすめ。 無料アプリを使って、利益を出すことができることで話題になっています。 稼ぎ方もカンタンで、スマホでゲームをしたり、写真加工できる人なら、問題なし。 ハードルが低いので、誰でも取り組むことができます。 特にエンジニアの仕事をしてる人なら、作業に悩むことはないです。 副業をするなら、ストレスなく始めたい。 ノルマもないので、気軽に始められるのも、人気の理由です。 プログラミングスキル• 言語知識 エンジニアにとっては基本的なことでも、一般的な職業の人から見たら、チンプンカンプンな流域。 知識や経験力で、一歩を行っているエンジニア生活で得たスキルを活かすことができます。 HP作成 「簡単なホームページなら1人で作れる」ってエンジニアの人は多いです。 でも、ある人からしたら、ホームページ作成なんて、手が出ない作業。 無料ブログなどで、知識のない中でも作成できるサービスはあります。 でも、 見た目の良いホームページを作るのは、やはり基本的な知識が必要不可欠。 「お店を出したけど、ホームページがない。 」って、困ってる人は多いです。 HP作成できるスキルがあるなら、 作業に時間はかからないけど、報酬は高めに設定できると、人気な案件です。 自社システム開発 自社システム開発についても、「うちの人材だけでは回せない」って、追い込まれている会社も多いです。 外部からの協力を求めてる企業へ、自身のスキルを提供する形で、副業につなげることもできます。 正社員にこだわらず、 フリーランスから単発の仕事を受注する企業も増えてるため、案件も多いです。 副業ガイド 誰でも、今の収入では、満足できない人が多いってことです。 そのため、 副業の案件も、めちゃくちゃ増えてるんです。 例えば、 \副業選びに迷ったら!/ エンジニアが副業をする前の注意点 いざ副業をスタートさせようと思っても、事前の下準備や確認をしておかないと、失敗しがち。 内容だけでなく、気をつけるべき点も知っておきましょう。 「こんなはずじゃなかった!」なんて思わないために、始める準備ができてるかチェック!すると後悔しません。 時間の捻出ができるか ただでさえ、激務なエンジニアの職場。 そのため、 副業の時間を作れるか?が大きな問題です。 「残業続きで、休みがほとんどない」ってタイプの会社なら、今は副業に手を出すタイミングではないかも。 でも、 「スキマ時間なら作れる!」 ってあなたは、工夫しながら副業を並行させることができそうです。 副業がOKな会社か.

次の

ついに来月からテレワークが開始されます。会社で説明を聞いたところリ

リモートプラス 内職

リモートワークとは?テレワークなどとの相違点 リモートワークと似たような言葉にテレワークや在宅勤務がありますが、いずれも大きな違いはありません。 しかし、リモートワークとテレワークには、言葉の定義の一部に異なる部分もあります。 以下では、言葉の使い方の観点で解説します。 リモートワークとは リモートワークとは、オフィスから離れた場所で仕事をする働き方を指します。 メールやチャット、電話などを使って業務を進める勤務形態で、時間や場所を制限しないスタイルが特徴です。 基本的には、企業が自社の社員に導入した際に使う言葉です。 フリーランスで働く人がオフィス外で仕事をする場合はリモートワークとは呼びません。 「フルリモートワーク」になると、一切出社せず、オフィス以外の場所で仕事をすることになります。 リモートワークは、「遠隔」を意味するリモート(Remote)が由来です。 テレワークとの違い テレワークもリモートワークと同じく、メールやチャット、電話を通じて、自宅や出先など、オフィスから離れた場所で仕事をする働き方です。 リモートワークは、企業に勤める会社員に限定して使われる言葉です。 一方、テレワークは会社員だけでなく、個人事業主や内職、副業など、ICTを活用して自由に働く人も含まれます。 一般社団法人日本テレワーク協会では、テレワークを「情報通信技術(ICT)を活用して場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」と定義しています。 メールやチャット、電話など、使用するツールはリモートワークと同じですが、働く場所は自宅に限られます。 日本のリモートワーク・テレワーク普及率 総務省の「平成29年通信利用動向調査」(2018)によると、2017年の企業のテレワーク導入率は13. そのうち、在宅勤務は29. テレワークという言葉を聞いたことがある人は全体の69. また、テレワークを積極的に利用したい、今後利用したいと考える人は20代が最も多く、半数以上が前向きな回答をしています。 一方で年代が上がるにつれて、テレワーク導入には消極的であることがわかりました。 フルタイム(完全)テレワーク制度のある企業は4割弱です。 アドホック(適時)テレワーク制度まで含めると、8割以上の企業がテレワークを導入しています。 イギリスも中小企業の4割弱が在宅勤務を可能としています。 ここでは、リモートワークで働く人が得るメリットについて解説します。 メリット さまざまなライフスタイルに対応できる 出産、育児、介護などにより出社できない場合でも、リモートワークなら場所を選ばずに働くことができます。 従来の働き方では、家庭の事情により出勤ができない、長期休暇が必要など、さまざまな弊害がありました。 しかし、リモートワークであれば自宅でも働けるため、家庭事情との両立が可能です。 仮に両立ができず休職しても、ブランクを最小限に抑えられます。 リモートワークなら家庭の事情が落ち着き次第、自宅にいながら仕事に戻ることが可能です。 社会復帰しやすいのもリモートワークのメリットです。 通勤のストレスがなくなる リモートワークはオフィスへ出社しないため、通勤ストレスがなくなります。 朝早く起きて満員電車に乗る必要がありません。 精神的にも体力的にも余裕が出てくれば、健康にもプラスになります。 また、通勤時間に充てていた時間を、資格取得の勉強や趣味の時間など、有効活用することも可能になります。 家族と過ごす時間を増やすことができる 在宅で仕事ができれば、通勤時間はなくなり、その分、家族と過ごす時間を増やすことができます。 ゆとりができた時間を家族とのコミュニケーションに充てられれば、家庭環境も良好になるでしょう。 帰宅時間が遅い、休日出勤があるといった人には、特にメリットがあります。 デメリット 情報共有などのコミュニケーションが取りにくい リモートワークにおける最も大きな懸念点は、情報共有などのコミュニケーションが取りにくいことです。 仕事上での意見交換やアイデアの創出は、同僚や上司と顔を合わせることで生まれる面もあります。 メールやチャットの文面は淡泊な印象になりがちです。 電話をかけるにも相手の状況がわからないため、かけづらいと遠慮することもあります。 顔が見えない分、ちょっとした雑談や質問がしづらくなるというのは、リモートワークにおける最大のデメリットといえるでしょう。 仕事とプライベートの境界がなくなる オフィス以外の場所で働くと、仕事とプライベートの線引きが難しくなります。 個人差はありますが、場合によっては時間管理をうまくできず、出社時よりも生産性が下がってしまうこともあります。 リモートワークには、出社よりもオン・オフの切り替えの難しさがあります。 孤独感を感じやすい リモートワークは誰かと会話する機会が減るため、孤独感を感じることがあります。 チームで仕事をしていても、実際は隣に同僚や上司はいません。 一日誰とも口を利かずに一人で業務を進めることが、デメリットに感じる人もいます。 リモートワークでしっかり働くために大事なこと リモートワークでしっかり働くには、以下の点に注意して働くことが大事です。 ここでは、リモートワークを円滑にするための、3つの注意点について解説します。 情報共有の頻度と質を高める リモートワークでは、コミュニケーションをしっかり取るために、情報共有の頻度と質を高めることが大事です。 そのためにも、誰がどの案件に関わり、どのような知識をもった人物なのかを把握しましょう。 社員一人ひとりの情報がわからないと、相談や報告を誰にすればよいのか判断できません。 また、リモートワークは文章でのやり取りが中心になるため、短い文章で要点をまとめて伝えられるように工夫することも大切です。 業務に集中できる環境を整える 業務に集中するためには、仕事とプライベートを線引きすることが大切です。 リモートワークには通勤時間がなく、勤務時間も曖昧になりがちです。 以下の方法を実践して、集中力と生産性を維持しましょう。 ・自宅に仕事用のスペースをつくる ・休憩時間は家の周辺を散歩するなど、なるべく体を動かす ・スーツや仕事用などモチベーションが保てる服を着る ・テレビはつけない ・間食はお菓子ではなくヘルシーな軽食をとる 時間の管理をいつも以上に意識する リモートワークで仕事をするときは、時間管理をいつも以上に意識しましょう。 同僚と勤務時間をあわせて働くようにすれば、連絡や相談もしやすくなります。 昼夜が逆転した勤務時間になると、他の社員と連絡が取りにくくなります。 また、長時間勤務にならないように、「この仕事は13時まで仕上げる」など、時間を決めて作業するやり方も有効です。 リモートワークを導入している企業は、コアタイムを設定している場合が多いです。 時間管理を意識しながら働きましょう。 リモートワークで働きやすい職種 リモートワークは、すべての職種でできるわけではありません。 ここでは、リモートワークで働きやすい職種をご紹介します。 ライター・編集者 ライターや編集者は、ブログ記事やレビュー記事を書く仕事です。 原稿や写真などのデータをパソコンでやり取りすることが主なため、リモートワークに向いています。 未経験者でも働くことができ、経験とともに報酬が上がっていくのが特徴です。 エンジニア・プログラマー エンジニアやプログラマーは、パソコンでシステムやソフトウェアをつくる仕事です。 仕事にはプログラミングの知識や開発ソフトを扱うスキルが必要になります。 リモートワークで働く場合、誰がどこまで作業をしたかを共有ファイルで管理したり、チャットツールや音声通話でコミュニケーションを取ったりします。 デザイナー・イラストレーター デザイナーやイラストレーターは、製品やポスターなどのデザインを手がける仕事です。 製作がほぼひとりで完結するため、リモートワークに向いています。 企業に就職するパターンと、フリーランスで働くパターンの両方がある職種です。 まとめ リモートワークとは、オフィス以外の場所で時間にとらわれずに働くことです。 さまざまなライフスタイルに対応でき、通勤ストレスも軽減できるなどのメリットがある一方で、コミュニケーションの取りづらさや孤独感といったデメリットもあります。 リモートワークは、環境の整備や時間管理を徹底し、働きやすい職場や職種で実践するとよいでしょう。 では、さまざまな業界や職種の派遣求人情報を掲載しています。 全国に100以上の拠点を持ち、キャリアサポートも充実しています。 ぜひ登録してみてください。

次の